FC2ブログ
2020.02.17

愛しのタヌちゃん

前の投稿に書いたロン毛の猫ちゃんとすっかり仲良くなりました。

fc2blog_20200217233350161.jpgfc2blog_20200217233414aad.jpg


こういう長毛鼻ペチャの猫って馴染みがなかったのですが、ファニーフェイスで可愛い。ブルーアイの女の子です。大きく見えるけど、抱っこすると5.5キロのたまちゃんより軽い感じ。人懐っこくて、撫でるとゴロゴロブーブー言います。扉を開けると当たり前のように家の中に入ってきます。


fc2blog_20200217233439d13.jpg女の子同士だからか、あまりいい雰囲気ではありません。タヌちゃんがシャーっと言っていました。


どこの家の猫か確認は取れていませんが、2日に1回くらい遊びに来ます。気配を感じてふと外を見ると、いつのまのかいるという感じ。雨上がりで下が濡れている時も気にする様子はなく、ロン毛を風になびかせて佇んでいるタヌちゃん。すっかりうちのアイドルです。
2020.01.11

猫にまみれて

私は夏でも冬でも、こんな感じで猫にまみれて寝ています。私が布団に入った瞬間にこの状態になります。

fc2blog_202001120319029e1.jpg猫に囲まれて幸せ。猫可愛い。
でもね、そのうちすごく暑くなるのです。朝まで両腕をがっしり抑えられているので寝返りも打てない。掛け布団を蹴飛ばして脚を出すくらい。毎晩汗だく。朝起きたら体がコチコチ。でも、どいてって言えないよね。


最近、庭に猫が遊びに来ます。

fc2blog_202001120321208d2.jpgfc2blog_20200112031951e46.jpg


狸みたいに大きくてロン毛で目がブルーの猫。人懐っこくて、家に入ってきそうになります。イギリスは意外と外と中の両方で飼われている猫がいます。野良猫は見たことありません。

こんなに大きい猫でも完全にフェンスで囲まれたうちの庭に入ってきてびっくり。木のドアの横板に手をかけたり、ゴミ箱に乗ったりしてフェンスを越えていきます。庭で何をしているのかというと、写真にも写っているシュッとした長い葉っぱ(ススキみたいな植物)を齧っています。きっと猫草代わりね。
2019.12.25

イタリア旅行

クリスマス前に9日間のイタリア旅行をしてきました。私にとっては初めてのイタリアです。

ミラノから空路で入り、電車でフィレンツェ、ローマに行き、そこからまた飛行機で戻ってきました。ローマにいる間に、日本人ガイド付きバスツアーを利用して、日帰りでナポリとポンペイにも行きました。団体行動が好きではないので、旅行でこういうのを利用したのは初めてですが、やっぱり楽ちん。これからはたまに利用するのもいいな、と思いました。

たいした旅行記は書けそうにもないので、イタリアで感じたことや気付いたことを箇条書きで記します。


・レストランや駅のトイレには便座がほとんどない。蓋はもちろんのこと便座もないので、空気椅子状態で用を足しました。旅行後は太ももがパンパン。

・イタリア人は意外とせっかち。乗っている特急電車が駅に近づくと、到着のずいぶん前からドア前に並んで待っていました。

・料理はどこで食べてもまあまあ美味しい。パスタもちゃんとアルデンテで出てきます。特にミラノの食事はよかった。イタリア人じゃない人がやっているバールのピザはイマイチ。

・フィレンツェでは東南アジア系の人が沿道で革製品の屋台を出していて、その数が半端ない。イメージしていたフィレンツェと少し違った。

・去年できたイタリア初のスタバ(ミラノ)がすごく良かった。パンはその場で焼いていてどれも美味しい。ミラノには数軒のスタバがあったけど、他の街には全然なかった。気軽に入れるセルフのカフェは存在しなくて、その代わりになるのがバール。バールには必ずジェラートが売っており、カウンターでコーヒーやお酒が飲むことができ、テイクアウトできるお惣菜やパニーニなどもある。もちろんテーブル席で飲み食いすることもできるが料金がかなり高くなる。

・イタリアではタクシーが割と安い。Uberはもちろん、ミラノの空港でタクシー乗り場にたどり着く前にうっかり捕まってしまった大型ハイヤーでさえ、そんなに高くなかった。

・石畳が歩きにくい。エディンバラ並みの石畳の歩道。お天気が悪かったせいもあるけれど、持っていったランニング道具一式をまったく使わなかった。

・ナポリに行く高速道路がクリスマス前の帰省ラッシュで渋滞していたため、ナポリ滞在時間がとても短くなった。暴風雨だったこともあり、「ナポリを見てから死ね」と言われるほどの景色を見ることができなかった。

・ポンペイの遺跡は素晴らしく、遠くまで行った甲斐があった。タイムスリップしておとぎの国に行った気分。あんな大昔からパン屋さんや酒場があり、サウナ付きの公衆浴場があったことが信じられない。傘もさせないほどの暴風雨だったけど、楽しかった。


写真はイタリアで出会った犬猫たち。

fc2blog_20191226022038803.jpgミラノのイタリアンレストランで隣のテーブルにいた柴犬。まさかイタリアで柴犬に出会うとは。


fc2blog_201912260221002ee.jpgローマのホテル近くのバールの猫。いつも同じ席に座っていました。


fc2blog_20191226022124516.jpgバスでナポリに行く途中に寄ったドライブインには猫がたくさんいました。このドライブインの店員さんはみな片言の日本語を話し、お土産売場にも日本語が溢れていました。日本人ツアー契約ドライブイン?


fc2blog_20191226022145651.jpgポンペイの遺跡の中のカフェ近くにいた犬。猫も数匹いました。カフェでごはんをもらっているのかな。
2019.12.09

イルミネーション点灯イベント

11月の話になりますが、マーロウのハイストリート(目抜き通り)のイルミネーション点灯イベントがあり、見に行ってきました。どうやら毎年この時期に行われているようです。

全長300メートルほどのハイストリートが車両通行禁止になり、綿菓子を売る小さな屋台が出たり、雪を降らせるマシンなどもありました。

fc2blog_201912100021475c1.jpg写真は地元の情報サイトから拝借。マーロウでこんなたくさんの人を見たのは初めてかもしれません。今年の点灯スイッチを押す人は、マーロウ在住20年のおじさんマルチタレント。バスの上で少々のトークの後、カウントダウンをして、スイッチが押されました。


fc2blog_20191210002031554.jpgイベント後、人がいなくなってから撮った写真。


そう、これだけなのです。イベントのわりにイルミネーションは超地味。点灯の瞬間、さすがに歓声はそれほど上がらないけれど、穏やかに拍手をし、あっという間に解散。雰囲気を楽しむという言葉がぴったり。みなさん、大人だわ。

12月になり、うちでもささやかなクリスマスの飾りつけをしました。年の瀬が近づいてきましたね。
2019.11.03

マーロウハーフマラソン

開催日の10日ほど前に、街中の交通規制の看板を見てマーロウでハーフマラソンが開催されることを知り、ギリギリでエントリーしました。

トムも私も、最近は6〜7キロの距離をゆっくりジョグしているだけなので、練習兼ねて先週末にコースの3分の1くらいを試走しました。

fc2blog_20191108184534eb0.jpg


コースの高低差がエグい!スタートとゴールは街中、コースは主に丘陵エリアです。一応すべて舗装道路ですが、畑や牧場を巡る農道といった感じです。

fc2blog_2019110818433720b.jpgスタートはマーロウのメインストリート。トムと私のハーフマラソンのベストは1時間46分くらいですが、今日は2時間10分〜2時間半のエリアにひっそりと並びました。目標は、どんなきつい坂でも絶対歩かない!


もう本当に笑ってしまうほどの激坂の連続。中間地点くらいの上り坂では、見える範囲の人は全員歩いていましたが、それでも私は歩きませんでしたよ。意地と根性。後ろから聞き覚えのある息遣いが聞こえると思って振り返ったら、トムも頑張って走っていました。ちなみにトムは、珍しく一昨日の夜から体調を崩し昨日は発熱。熱はなんとか下がりましたが、鼻水を垂らしながらの参加です。しかも一緒に走ろうと言っていたのに、いつのまにか置いていってしまっていた。ごめん、トム。

下り坂もペースを抑えきれないほどの斜度。体が勝手に転がり落ちていく感じ。途中でマーシャラーのおじさんに「ここがヒルトップだから、もう上りはないよ」と言われてガッツポーズをしたのに、そのしばらく後に急な上り坂が現れて、みんなで嘘つきー!と叫びました。ほんとにガッカリだった。歩かなかったけど。

最後の2キロくらいは下り基調なので、坂に身を任せてガンガン走りました。ペースも最速。

ネットタイムは2時間7分53秒。私がゴールした2分後にトムも無事ゴールしました。

fc2blog_20191108184401132.jpgみんなが歩いている時も歩かずに走ったし、スタートしてからほぼ抜かしっぱなしだったし、思ったよりいい順位かと期待していたら、全然そんなことはありませんでした。


全体 534位/719人中
カテゴリー別 23位/41人中

きついコースだから、ちゃんと走っている人しか参加しないんだろうね。同時スタートで途中でコースが分かれる7マイルレースの方が人気がありそうでした。

きついけど楽しかった!よく頑張った、私!
2019.11.02

ラグビーワールドカップを満喫

終わってしまいましたね、ラグビーワールドカップ。

結局合計6回、パブに試合を観に行きました。そのうち3回はひとりで。

決勝はトムと一緒に近所のパブへ。最初、その前の週末に行った賑やかなスポーツバーに行ったら、試合が始まる30分も前なのに、もう座る場所がなかったのです。それどころか立ち見もままならないほどの混雑ぶり。近所のパブはいつもどおりひっそりしていました。そうは言っても、周りはみんなイングランドを応援。私は表面的にはイングランドを応援するフリをしつつ、心の中では南アフリカを応援。背番号10のキックする人、イケメンよね。

基本的なルールさえ怪しい私でも、ラグビー観戦はとても楽しめました。トムが小さいせいか、どのチームでもついスクラムハーフに注目してしまう。ちっこくて動きが面白い。ラグビーは色々な体格や能力がある人が、それぞれ力を発揮できるポジションがあっていいな。

私は各国のユニフォームも気になりました。ジャージのメーカーはこんな感じ。

ウェールズ アンダーアーマー
南アフリカ、オーストラリア アシックス
イングランド カンタベリー
ニュージーランド アディダス
日本 カンタベリー

ニュージーランドはカンタベリーじゃないんだ!南アフリカはアシックス!

各メーカーがどんな営業をしたのかとても興味があります。

fc2blog_20191104203030c8b.jpgこれはイングランドがニュージーランドに勝った日の試合前。準決勝とはいえ、この後たくさんの人が押し寄せました。ちなみにこちらは朝9時試合開始でした。
2019.10.13

ラグビー観戦

ラグビーワールドカップの日本戦を2週連続、近所のパブで観戦してきました(うちのテレビでは映らない)。

よく行っている、うちから徒歩2分のパブです。

fc2blog_20191015024522f61.jpgこれは先週の日本対サモアの時の写真。こちらでは午前11時半試合開始。11時開店のパブは静かでした。みなさん、その前に行われたイングランド戦を自宅や、もっと早くから開いているパブで観ていたのでしょうか。お客さんはほとんどいないし、サモア戦だし、ランチのサンドイッチを食べながらかなりリラックスして観戦できました。

そして今日のスコットランド戦。

トムは長期出張でいないので今度は一人で同じパブに参戦。イングランドとスコットランドは仲が悪いとはいえ、アウェイ感があって緊張します。写真に写っているテレビのすぐ前の席で、とりあえずラテだけ頼んで静かに試合が始まるのを待ちました。途中でお店のラグビー好きのお兄さんがテレビの音量を上げてくれました。

異国のパブでひとり、君が代を聴きながら込み上げてくるものがあります。泣きながら君が代を熱唱する日本人サポーターの姿がテレビに写し出されました。我が同胞よ。

試合が始まって程なく、背後の入り口から複数のお客さんが入ってきました。スコットランドのサポーターだったらどうしようなどと思いながらも試合に集中。でもなんだか会話が妙に耳に入ってくるのです。そう、まさかの日本語!

振り返ったらずぶ濡れのランニングウェアを着た男性3人組。思わず二度見した後、「日本の方ですか?」と聞いてしまいました。だって日曜日のお昼、マーロウのファミレスみたいなパブですよ。

聞いたところによると、ロンドン在住の駐在員の方々で、何回かに分けてテムズ川走破を目指し、今それを果たし終えてここに来たとのこと。今日だけで30キロくらい走ってきたそうですが、ちゃんとラグビーの試合開始にこのパブに来れるよう調整したもよう。なんだか色々すごいっす。こんな話はハーフタイムの時に聞きました。

日本人仲間が増え、一気にアウェイ感がなくなり、得点時には小さく拍手したりもしました(1人だったら無理ー)。後半は奥歯を噛み締めるような攻防が続きましたが、見事日本は勝利。異国の地で、日本ラグビー界の歴史的瞬間を目にするのはなんだか不思議な感じもします。アメリカにいるトムもホテルのロビーにあるテレビで観戦できたようで(試合開始は深夜3時45分)、試合後に喜びを分かち合いました。

勝ったということは、来週末も試合があります。トムはまだ帰ってこないので、また1人であのパブに行くのか…。相手がイングランドじゃなくて良かった。