fc2ブログ
2022.06.28

抜歯しました。

たまちゃんが最近カリカリをあまり食べなくなったなと思っていたら、いつのまにか右の上の犬歯が抜けていました。そういえばイギリスから帰国する少し前、獣医さんに「日本に帰って落ち着いたら歯を抜いてもらった方がいいわね」と言われていたのに、そのままになっていました。

14歳で甲状腺ホルモン亢進症、腎臓もあまり良くないたまちゃんが全身麻酔に耐えられるかどうか心配でしたが、検査の結果麻酔は問題ないだろういうことで、傷んでいる歯を全部抜いてもらうことにしました。

結局抜いた歯は6本。歯茎を切って縫ったりもしたそうで、当日は帰宅後も食欲がなくぐったり気味。丸顔のたまちゃんが逆三角形顔になっています。

fc2blog_20220628140041a7b.jpgfc2blog_20220628140020b80.jpg


かなり心配したのですが、翌日の午後にはソフトフードを食べ始め、今では抜歯前よりさらに食欲モリモリになりました。トムいわく「ドブのような臭い」だった口臭もすっきり爽やか。どんだけ菌が増殖していたんだ?これで更に長生きできそうです。人間も猫も歯は大事!

今の家は徒歩圏内に動物病院がないので、パニャの通院は週末に車で行っています。平日は病院近隣にたくさんあるコインパーキングがどこも満車なのです。パニャは鳴かないので、平日の地下鉄利用も検討しているのですが(ドアtoドアで15分、車でも同じくらい)、パニャが怖がるのではないかとか周りの人に迷惑がかかるのではないかと思うとなかなか踏み出せません。
2022.06.13

玄関エリア

引っ越して3週間経ちました。靴、食器、洋服がエコ楽ボックスだったので荷解きはあっという間に終わりました。荷物はそれほど多くなかったのに、引っ越しスタッフの布陣が、リーダーの男性、若い女性2人、運転手兼トラックに荷物を入れていく男性という4人だったので、朝9時から夕方5時までみっちりかかりました(休憩ほぼなし、移動時間10分)。引っ越し業界は人手不足らしいです。

新居は快適です。自分で考えた間取りや内装の住まいに暮らすというのは本当に幸せなことだと思います。決して高級な仕様という訳ではないのに、不思議とQOLが向上したように感じます。

新居のご紹介をまずは玄関から。

fc2blog_202206131551129f8.jpgBefore 室内側から玄関ドア方向。左側はシューズボックス。


fc2blog_202206131552150fc.jpgBefore 玄関ドア側から室内方向。正面は収納の扉。


fc2blog_20220613155242ad6.jpgAfter 室内側から玄関ドア方向。左側の白い扉部分がシューズボックス、その手前側は一面に貼った鏡。


fc2blog_20220613155309e50.jpgAfter 玄関ドア側から室内方向。正面の黒い引戸はウォークインクローゼット。写真では完全に閉まっていますが、引戸は可動式ルーバーになっています。ナニックのオーダーメイド品で、無垢材に塗装仕上げです。


ご覧のとおり、元々の内装はフローリングや建具の木の部分の色の彩度が高く、オレンジっぽかったのです。マンションの場合、玄関ドアは共用部分で変えられないので、ダイノックフィルムというシート貼り。取っ手はそのままなのでちょっと微妙な感じ。

三和土部分を延長したので、倍以上の広さになりました。室内フローリングとの段差はなくなりフラットに(施工上の都合)。床はダークグレーのタイル貼りで目地も同色です。ウォークインクローゼットもそのまま同じタイル貼り。タイルはもっと黒っぽいイメージだったのに、出来上がってみたらモルタルっぽい色でした。サンプルや施工事例の画像で念入りに確認したのだけど、なかなかイメージ通りにはいかないものです。トイレと洗面室の床も同じタイルと目地です。

靴箱横の壁一面の鏡は、横幅が135センチもあり、職人さんたちが搬入と施工に大変苦労したらしいです。おかげさまで仕上がりには大満足。自然光が入らず暗かった玄関が少し明るくなり、目の錯覚で広く感じます。クローゼットの横にあるので、全身コーデの確認もバッチリ!

玄関まわりはこんな感じです。
2022.05.17

あっという間に引っ越し

リノベーション工事の進捗状況などをブログに書こうと思っていたのに、あっという間に完成して、今週末には引っ越しです。

引っ越しは以前利用したことのある大手業者にしました。担当者がうちに来て、見積もり額が18万円だと言うので、

「えーっ、それはない。11年前に20数キロの距離を引っ越した時、3月末の週末だったのに、19万円だった。そんなのあり得なーい!」

「いくらくらいでお考えでしたか?」

「10万円くらいかなー」

「上の者に電話で相談してみます」

電話を切った後、「12万ならOKだと言われたんです。あと2万円は、うーん、どうしようかな…、では僕の裁量で!」

なんなんだ、この小芝居。引っ越し料金っていい加減だよね。明瞭会計にしてほしいといつも思う。8万円って言えば良かったな。10万円が安いのか高いのかよくわからないけれど、面倒なのでそのまま申し込みました。

先週から荷づくりを始めたけれど、もう箱詰めする物がなくなってきました。直前にしか荷づくりできない物ってけっこう多いですよね。

猫たちは引っ越し当日の朝、先に新居に運び込むことにしました。引っ越し慣れしているのであまり心配していないけど、2匹とも多飲多尿状態なので、水が飲めないトイレに行けない時間をできるだけ短くしてあげようと思います。

あともう少し、ラストスパート頑張るぞー。

fc2blog_2022051714473379e.jpg
2022.05.08

ヘアカットと広島旅行

多少の長さの変化やシルエットの変化はありつつも、ずっと黒髪のボブベースのスタイルでした。

今回は、切りっぱなしのボブ(ワンレングスとは今は言わないらしい)を外ハネにスタイリング、さらに分け目を変えてハイライトを入れるという、沢山のチャレンジをいっぺんにしてみました。

前髪辺りに少し白髪が出てきたので、それに合わせてシルバーのハイライトを入れたかったのですが、一度ブリーチした後に色を入れないといけないらしいのです。時間もかかるし、すぐ色が抜けるので維持するのが大変とのこと。白髪が多いとブリーチする工程を省けるらしい。中途半端な白髪は厄介だわね。黒髪に白とシルバーのメッシュが入った髪に憧れているけれど、当分無理そう。結局普通の茶色のハイライトになりました。それでも美容院でのカラーリングは生まれて初めて(30年くらい前に自分で茶髪にしたことがある)なので、とても新鮮。ハイライトだけだと、少し伸びても根本があまり気にならないところが良いです。

言われたとおり、ストレートアイロンを買って外ハネを作って、仕上げにワックスを付けたりしています。あんなにスタイリング剤嫌いだったこの私が!

別に変ではないけれどなんとなく古くさいボブヘアから、今風の切りっぱなしボブになって、洋服も合わせやすくなったような気がします。

ヘアアイロンをボストンバッグに詰めて、ゴールデンウィークは2泊3日で広島に行ってきました。猫たちのことが心配でしたが、両親にも2年半会っていないし、姉がマツダスタジアムの野球のチケットを入手できそうだと言うし、この機会を逃すとまた当分行けそうにないと思ったので、思い切って行くことにしました。猫たちは、以前お世話になっていたペットシッターさんにお願いし、全部で4回通ってもらいました。体調がいい時で良かった!

fc2blog_20220508175425c19.jpg日本に帰ってきて、遠出は初めて。飛行機ももちろん久しぶり。


fc2blog_20220508175448309.jpg初めてのマツダスタジアムは、まさにボールパークという感じでとても楽しかったです。ただ、屋根がないのはなかなか大変。陽がサンサンと照りつけるなか、じっと座っているという状況、いったいいつぶりだろう。贔屓の球団のホームスタジアムに屋根があって良かったとしみじみ思いました。


最終日、トムと汁なし坦々麺を食べた後に本通りを歩いていた時に、ローカルのテレビ局のインタビューを受けました。お題が「母の日」と「ラン活」で長々と捕まっていたのですが、途中でトムが「tomoちゃんエプロン!」と言うのです。なんと私、キング軒のロゴ入りの不織布の黒いエプロン付けたままでした。店を出て数百メートル歩いてきたのに!カメラマンは気付かないのか!ちなみに私、おしゃれな黒いワンピースを着ていました。
2022.04.07

パニャを病院に。

もともとあまり水を飲まなかったパニャが最近水を飲むようになって喜んでいたら、気付くといつも水を飲んでいると感じるくらいの多飲多尿になったので、病院に連れて行くことにしました。たまちゃんの多飲多尿は甲状腺ホルモン亢進症によるものと見られているけれど、パニャは違うだろうなー、アレだろうなーと思っていたら、やっぱりアレでした。慢性腎不全。血液検査の結果を見たら、BUN(血清尿素窒素)とクレアチニンの数値が棒グラフを振り切っていました。

先生によると、食欲があるのが不思議なくらい、と。

食欲はあるのですよ。好き嫌いが激しいし、カリカリはまったく食べないから、量はそれほどでもないのですが、ごはんクレクレー、これじゃないー、といつも激しく要求されます。うちではごはんちゃんという別名で呼ばれるくらい。

今年の初めくらいの体重が3キロちょっとだったのが、今回は2.7キロ。けっこう減っています。

パニャは推定13歳。偏食が激しく、好きなもの以外はまったく食べないので、正直なところ、体に良さそうなバランスのいいごはんを食べさせてあげられませんでした。ごめんね、パニちゃん。

療養食は食べないと思うので、最後まで好きな物を食べさせたいと先生に伝えたところ、今となっては、食べなくなるよりはその方がいいだろうということで、食事療法はしないことになりました。

この数値で食欲があって、普通に生活できているということは、水分をたくさん摂れていることが大きいのでしょうか。でもいつ何があってもおかしくないのだろうと思います。

週に1回、補液のために病院に行きますが、あとはできるだけ好きなものを食べさせて、たくさんお水を飲ませて、最後まで少しでも快適に、いつも通りに過ごさせてあげたいと思います。

14歳で甲状腺ホルモン亢進症(腎臓も悪いかもしれない)のたまちゃんも、13歳で慢性腎不全のパニちゃんも、そんなにあと何年も生きられるわけはない。悔いのないよう、精一杯可愛がっておこう。

fc2blog_20220407145617343.jpgなんだかショボショボっぽく見えますが、前からこんなものです。iPhoneを新しくしたら、何でもかんでも鮮明に写るようになっちゃった。
2022.03.24

マンションを無事に売却

今住んでいるマンションを売るか貸すか迷っていましたが、トムを説得して結局売ること決め、2月初めに不動産屋さんのサイトに掲載してもらいました。最初の週末に内見にいらした若いご夫婦が気に入ってくれて、3月初めに無事契約を済ませました。私が不動産屋さんに提示した価格は査定額よりけっこう高かったのですが、少しだけ値引きして現状有姿渡しということにしました。床と壁に一部落ちない汚れがあるのですが、買主さんが気にならなければそのまま住めばよし、この機会にお好みの物に変えるもよし。

売主はトムですが、不動産屋さん選び、価格設定と交渉、書類の確認や準備など、全部私がやりました。高く売れたので成功報酬をくれるそうですよ。タイミングよく売ってこそのキャピタルゲインです。家を住み替えることによって利益が出るなんて、引っ越し好きの私たちにピッタリの投資です。

さて、設備機器関連で、お風呂、キッチンとくれば、次は洗面室です。

一応パナソニックでも見積もりを作ってもらったのですが、キッチンと同じ面材で、さらにサイズオーダーで洗面台を作ると造作と同じくらいの値段になってしまったので、リノベ会社に造作してもらうことにしました。洗面ボウルと水栓金具は今の家と同じ物。洗面台の下をオープンにするのが最近の流行りでもありますが、ここは実用重視で引き出し収納。白くてシンプルなもの、という好みだけ伝えました。鏡も収納付きでサンワカンパニーの三面鏡にしました。隠す収納の方が好きなのでせっかく造作にしても、普通っぽくなりそうです。

毎週末、現場を見に行っています。すっかり何もなくなったところから、少しずつ家らしくなっていくのを見るのが楽しい。

fc2blog_20220324152747ed2.jpg3/5 ほぼ何もない状態。天井の鉄骨は既存のものをできるだけ使ってもらうので残っています。腰高窓があるところが書斎になります。


fc2blog_2022032415305244c.jpg3/19 窓側からの視点。床の下地材や、書斎の壁にプラスターボードが貼られました。ボードの下には、吸音ウールとか遮音マットなど防音素材が入っています。キッチンの腰壁の鉄骨もできました。


さて。いよいよプロ野球が開幕します。これからちょっくら東京ドームに行ってきます。
2022.02.28

設備機器

間取りも正式に決まっていないうちから通い始めたのは、設備機器関係のショールームです。

バスルームは、前住んでいたマンションのパナソニックのバスルームが気に入っていたので、最初にパナソニックのショールームに見に行きました。同じブランドはもうなかったのですが、後継ブランドと思われるマンションリフォーム向きのシンプルで低価格なブランドがあり、当時好きだったカクカクッとした浴槽やバスルームでは珍しいネイビーのアクセントパネルが気に入り、即決でした。私はどこのショールームに行く時も、事前にネットでデジタルカタログの隅から隅まで読み込むので、ショールームでは実際の色や素材感を確認するだけです。それにしても、バスルームのドアって、一番安いのは折れ戸の白い枠のもので、開き戸にするとプラス5万円、シルバーの枠にすると更にプラス5万円、樹脂ではなくガラス扉にすると更にプラス5万円、みたいな感じで、どんどん値段が上がっていくのです。それはほんの一例で、何を選ぶにしてもそんな感じ。普段5万円の物を買う時って、ものすごーく考えますよね。でも家づくりでそういうのをじっくり考えていくと本当に煮詰まってしまうのです。なので、あまり値段を考えずに好きなパーツを選んでいって、全部選び終わってから微調整、という感じにしました。

トイレはLIXIL派(INAX派)だったけれど、白いカウンターを選ぶとペーパーホルダーも白い樹脂のものしか選べないというのがどうしても嫌で、TOTOにしました。便器はタンクレスということ以外にこだわりはないので、機能がシンプルなグレードの低いもの。温風乾燥機が必要かどうか聞かれ、自分は使ったことないけどトムはどうなんだろう?と持ち帰り案件にしました(結局トムも使っていなかった)。密室のことは、さすがに夫婦間でもわからないものです。

トイレは洗面室から入る形なので、トイレ内に手洗いはいらないと思っていたのに、潔癖症のトムがトイレ内にもないと嫌だというので、TOTOで洗面ボウルと収納が一体になったものを選びました。シンプルなものにしたので、ここも金額は抑えらえたと思います。

キッチンは最初はサンワカンパニーのものが安くてシンプルでいいかなと思っていたのですが、サンワカンパニーのようにネットで誰でも購入できるメーカーのものは値引きにならないらしく、結局大手メーカーとそれほど値段の差が出ないことを知りました。大手メーカーのカタログに載っている定価というのは全然あてにならなくて、実際は30〜50%引きになるのです。

それだけではなく、キッチン扉の色や素材感など私の中でポイントが高かったパナソニックにしました。掃除が楽なほっとクリーンというレンジフードも決め手の一つです。IHも今使っているパナソニックの物がいいと思っていました。今の家と違いオール電化ではないのでガスコンロも選べましたが、私はIH一択。私、昔から極度に火が怖いんです。マッチも擦れないし、手で持つ花火も苦手。アルコールランプに蓋をして火を消すのさえ怖かった。電磁波が嫌いなトムとかなり揉めましたが、ここは私の勝ちです。

キッチンのデザインに関して、以前の私はシンプル至上主義でしたが、最近は少し嗜好が変わり、一目で気に入った框扉のデザインを選びました。框扉ってトラディショナルで重厚なイメージですが、パナソニックのものはすっきりしていてモダンなインテリアにも合いそうなのです。扉の色は白、カウンターはバイブレーション仕上げのステンレス、取っ手はシルバーにしました。

背面収納は元々は造作で考えていましたが、キッチンと同じような素材、デザインで作るなら、メーカーでオーダーした方が安いと言われ、実際サイズや収納タイプも豊富だったので、キッチンと一緒にパナソニックでお願いしました。色と素材はキッチンと同じですが、取っ手のないすっきりしたデザインです。流し台の上も背面収納も吊り戸棚はなし。最近は食器も調理器具も厳選しているので、そんなに多くの収納は必要なくなりました。

気に入った框扉のシリーズが、パナソニックキッチンで一番高いLクラスというブランドだったため(しかもそのブランドは50%引きではなく30%引き)、キッチンは全体にお金がかかってしまいました。

人によってこだわるポイントが違うのが家づくりですね。キッチンのデザインにはこだわりがあるけれど、レンジフードは見た目より掃除のしやすさ、水栓金具も見た目より機能だったりして(今の家のお洒落な水栓金具は水が飛び散って大変)、やはり色々な家に住んだからこそ、自分にとって大切なことは何かわかってきたのだと思います。