FC2ブログ
2021.04.17

たまちゃん、不調

たまちゃんは推定13歳です。慢性の鼻炎はありますが、うちに来て8年間一度も定期検診やワクチン以外で病院にお世話になることもなく、健康に過ごしてきました。

ただここ数ヶ月、かなりの多飲多尿、吐く回数が増え(ほぼ毎日)、今まで水っぽかった鼻水はネバネバになって鼻が詰まるようになり、たまに下痢もしたり、歳のせいだけではない何か、なんとなく体調が悪くなってきた実感がありました。

両方の鼻の穴の周りにいつもカピカピの鼻くそが付いていて空気が通らない状態になるので、私が定期的に取ってあげるのですが、穴の中のカピカピまで取ってあげることができません。口呼吸してるのか?

吐き気がすると、小走りでトイレに向かうたまちゃん。間に合わない時もあるけれど、大抵トイレで吐いてくれます。吐くのは食べ物ではなくて胃液のみ。

そういえば少し痩せたかなと思って体重をはかったら、3.8キロ!たまちゃんはずっと5.5キロ前後あったのに。

慌てて予約を取って、帰国後初の動物病院に行ってきました。

症状を話し、レントゲンやら血液検査でわかった病名は、甲状腺機能亢進症。なんと、私が2年前に自分の症状を疑った病名です。高齢の猫には大変多い病気らしいのです。

主な症状は、

多飲多尿
食欲はあるが痩せてくる
脱毛、毛づやが悪くなる
嘔吐、下痢

うん、ぴったり当てはまってます。

心配していた腎臓の値はとりあえず問題なかったのですが、甲状腺ホルモンの影響で、腎不全が隠れてしまっていることも多々あるので、そちらも併せて様子を見ていく必要があるそうです。

甲状腺ホルモンの生成を抑える薬と、鼻水に関しては、効果がないかもしれないけれど抗生物質をしばらく飲むことになりました。

その後1週間投薬しましたが、鼻水はずいぶん改善されています。

甲状腺の方はまだ様子見ですが、嘔吐の回数が増えて食欲が少し減ったような。薬の副作用の可能性もあるので次回の診察時に相談してみます。

元気な猫も高齢になると、いろいろ出てきますね。パニャもほぼ同じくらいの歳なので油断できません。無理な延命治療を望んではいないのですが、QOLを上げるためにどうしたらいいか、どうやってうまく病気と付き合っていくのか、考えていきたいと思います。

fc2blog_202104171632413ef.jpg2ヶ月前のたまちゃん。そういえば体が小さくなった。ぽよぽよだったお腹も、今は触ると肋骨の存在が確認できるほど。
2021.03.31

買って良かったLGスタイラー

Apple Watchに続き、2020年買って良かったシリーズです。

リフォームが終わってすぐ、LGスタイラーを買いました。公式ウェブサイトでの説明によると、「スチームウォッシュ&ドライ、1日の最後に残る、服のしわ、ニオイ、ダニや花粉を、掛けておくだけですっきりリフレッシュします」という家電。簡単に言うと、衣類などのニオイとシワをスチームで取ってくれるマシーンです。

私、洋服にタバコや食べ物のにおいが付くのがすごく嫌なのですよ。ハンドスチーマーやファブリーズでは限界がありますよね。洗濯機で洗える洋服が多い夏にしか、焼肉屋さんや居酒屋には行きたくない。タバコのにおいに関しては、東京都は去年の春から受動喫煙防止条例のおかげで屋内は原則喫煙禁止になったので、気にする必要がなくなりました。これは本当にありがたいことです。

fc2blog_20210331133112dee.jpgfc2blog_202103311331361a1.jpg


写真が下手でわかりづらいですが、左側が扉を閉めた状態、右側が扉の内側の写真です。細長い冷蔵庫といった感じ。場所を取るのが1番のネックでしたが、リフォームの際にクローゼットを作ろうと考えていた、縦横65センチほどの窪みを利用して設置しました。

帰国して一度も焼肉屋さんやインドカレー屋さんに行っていないので、においに関してはいまだにレビューできない状態です。しかも、トムは週に1〜2回しか出社しないので、スーツやコートのシワ取りも毎日は必要なく。

それでも、私のニットのたたみジワや着用後のスカートのシワ取りが掛けておくだけで終わるのは助かります。今まではトムのスラックス(ズボンプレッサーを使った後でも股の下や膝裏に少しシワが残る)、ジャケット、ベスト、私のスカートやコートなど、毎日全部ハンドスチーマーでシワを取っていました。ハンドスチーマーと同じで、綿100%のシャツのシワ取りは難しいですが、ウールのスーツやコート、化繊のスカートのシワにはバッチリです。

シワ取り以外に、衣類のリフレッシュとしての利用も多いです。暑がりの私は冬でも汗ばむことが多々あるのですが、ニットを着るたびにクリーニングに出すのはもったいない。(私はニットは家では洗いません。毎回縮んで後悔してきたから。) そんな時にもスタイラー。縮むことなく、さっぱりふんわりします。

そんなわけで、うちでは大活躍のLGスタイラー。衣類のニオイとシワが大嫌いなあなたにお勧めです。あ、もちろんステマじゃないですよ。
2021.02.08

トムの防災ブーム

以前は防災グッズの管理は私に任せきりでまったく興味のなさそうだったトムが、日本に戻ってきてから、急にいろいろ買い始めました。帰国前後、コロナの混乱の中でスーパーが品薄になったりした影響もあるかもしれません。

私は1日おきに買い物に行くので今までは冷凍庫はいつも空っぽだったのですが、今はトムが買ってきた冷凍野菜でぎっちり。1番大きいスーツケースの中は調味料などのストックでいっぱい。ストック品のリストを渡されたけれど、よく見ていません(笑)。非常時に料理はしないと思うので、冷凍野菜や調味料より、フリーズドライ食品とかレトルト食品の方がいいんだけどな。

食品以外では、泥水でも飲めるようになるペットボトルとか、ソーラーモバイルバッテリーとか。もっと基本的な防災グッズは、東日本大震災以降私が揃えて保管してあります。

ここまでは、まあ良かったのです。「このポータブル電源買ってもいい?」と言われ、見せられた物を見て一瞬声を失いましたよ。すごく大きいし、値段が私が想像していたのとは一桁違う!AC定格1000W、瞬間最大2000W出力、1002Whバッテリーというパワー、これってキャンプとかで使うものでは?さらに、一緒に使うポータブルソーラーパネルも欲しいと言う。トムが稼いだお金なんだから何を買ってもいいけれど、置き場所が悩ましい…。

fc2blog_202102081401155f8.jpgこんなのですよ。


買ってすぐ充電し、それから数ヶ月経ちますが、幸いなことにまだ使用する機会はありません。

そしてほんの数日前、トムの会社からポータブル電源(小さめ)が支給(貸与?)されました。この写真のものと同じような形、大きさは6分の1くらい、バッテリー容量は213Wh。こちらで十分な気がする…。

非常時に電源で困ったらいつでもうちにお越しください。
2020.12.29

買って良かったApple Watch

トムは数年前に友人がプレゼントしてくれたFitbitをずっと使っていましたが、私はスマートウォッチというものに全く興味がありませんでした。でも、ランニングを始めたばかりの美容師さんがランニングウォッチとしてApple Watchを使っているという話を聞いて、そろそろガーミンを買い替えようかと思っていた私は俄然興味を持ち、結局10月の頭に思い切って購入したのです。

私のガーミンは古いので、スマホにデータを残してくれたりはしない。でもApple Watchはそれに加え時計本体に音楽も入れられる。私にとっては毎日のランニングに十分な機能があるし、使い勝手も良い。もっと早く買えばよかった!今はApple WatchとAirPodsを身につけて音楽を聴きながら走っています。大変身軽です。AirPodsはスポーツ用ではないけれど問題なく使えています。

ランニング用だけでなく、自分が想像していた以上に健康管理にも役立てています。

自分が設定したワークアウトの目標を達成すべく、ランニングは週2回から1日おきに増やし、毎日歩き回っています。平均歩数は20000歩くらい、走らない日は1日15キロくらい歩くことも多いです。日本に帰ってから半年で2キロ近く体重が増えてしまいましたが、Apple Watchを買ってからの2ヶ月で2キロ落としました。もちろん運動だけではなく、大好きな菓子パンをやめ、夜に食べるお米の量と間食も減らしましたよ。運動だけで痩せるのは無理ー。

今まで自分の心拍数なんて気にしたことがなかったけれど、どうやら私の心臓はとってもいい感じらしいのです。安静時の時の心拍数は58くらい、最大心拍数は200を超えることもあります。昔スポーツテストでスポーツ心臓と言われたことがあるけど、まだまだ衰えてないぞー。最大酸素摂取量は40ml/kg/minくらいで、これは20代女子の平均値よりずっと高いの!歳を取ってきて自慢できるのが心臓くらいしかなくなってきたけど、それでも自慢したい。どうよ、私の心肺能力!

そういうわけで、最近とっても体調がいい私。あ、睡眠時間(ちゃんと眠っている時間)の平均は7時間45分くらいです。睡眠大事。

fc2blog_2020122914500279a.jpgfc2blog_202012291545378a1.jpg


手がゴツいな。オッサンみたい…(涙)。
白いシリコンのベルトはシンプルなスポーツバンド。白いベルトは冬のダークな色の洋服のアクセントになります。二重巻きのエルメスはベルトだけ別に買いました。ベルトの付け替えは簡単なので気軽に替えられて楽しい。

色々大変な状況ですが、みなさま、良いお年を!
2020.12.10

初めてのピアス

日本に帰ったらやりたいと思っていたことのひとつ。

ピアスの穴を開けました。

イヤリングを付けたいけれど、耳たぶが痛くなる。いつかいつか、と思っていたらこんな歳になってしまいました。しかも最近はイヤーカフとかピアスっぽく見えて痛くもならない金具のイヤリングも出てきましたよね。だけど、あえてピアス。

6月の半ばに近所の皮膚科でピアッサーで開けてもらい、2ヶ月間その医療用ファーストピアスをつけていましたが、なかなかホールが安定せず。タオルで髪を拭く時と着替える時に引っ掛けて穴を傷めてしまうのですよ。それでも、セカンドピアスに付け替えてもいいと言われたので、早くから買って用意していたパールの一粒ピアスに替えて、そこからほぼずっと付けっぱなし状態です。

穴を開けてから半年経ってやっとホールが安定した感じなので、一度外してみたら、今度はなかなか付けられない。ポスト(ピアスの棒の部分)を耳たぶの穴に挿すのは問題なくできるのだけど、耳たぶの裏でキャッチの穴にうまくはめられないのです。鏡でも見えないし。結局トムにやってもらいました。

慣れたら手早くできるようになるのでしょうかねぇ。もともと小さめの一粒ピアスを毎日付けていたいと思っていたので、まあいいやと思って今のところ付けっぱなしです。たまには大きいのとかぶら下がるタイプの物もつけてみたい。

fc2blog_20201210141811927.jpgミキモトの6ミリのパール(ポストとキャッチはホワイトゴールド)にしました。キャッチは外れにくい物を別に買って付け替えています。ミキモトの一粒パールのピアスは直径が5.25ミリから8.5ミリの物まであって、お値段は30800円から301400円。1ミリ違うと値段が全然違う…。

穴の位置はもう少し上、もう少し顔寄りが良かったのだけど、自分で印を付けるのが意外と難しくてうまくいかなかったの。
2020.10.29

リフォームとテレワーク

ホテルに3泊して、自宅に戻りました。その日の午前中に倉庫に預けていた荷物を部屋に入れてもらったのですが、まだ待機期間だったため、立ち会いはトム兄嫁と甥っ子が引き受けてくれました。倉庫に預けていたのは、イギリスに持っていかなかった家電と、ベッドと小さなカフェテーブルとチェアぐらい。しばらくはその家具だけで頑張って過ごしました。食事の時はどちらかがキッチンカウンターで立ち食い。

いつ届くかわからないと言われていた航空便は思ったより早く、日本入国後2週間くらいで到着。ちなみに航空便で送ったのは、ダイニングチェア1脚、室内干しスタンド、キッチンマットです。椅子が1脚増えたのは大きかった!その次に、最初の船便が着いたのは入国1ヶ月後、2便目が着いたのは、さらにその1ヶ月半後。6月の半ばにやっとすべての荷物が揃いました。最初は物がなくて不便だったけど、そんな生活にもすっかり慣れて、、最後にたくさんのダンボール箱が届いた時には呆然としました。引っ越し前に不要な物は処分したつもりだったけど、本当に必要な物ってもっともっと少ないのだなとしみじみ思いました。

さて、トムは帰国後ホテルにいた時から仕事をしていましたが、その後も6月半ばまで一度も出社することなくずっとテレワークでした。今は週に2〜3回出社している感じ。トムの会社では、週に一度必ず行かないといけないということなどもなく、月1度くらいの割合で出社している人もいるらしいです。そしてその勤務形態がこれからもずっと続いていくのではないかと思われます。

結婚以来9軒の家に住んできましたが、いつもトムの書斎、もしくはワークスペースを確保してきました。なのですが、残念ながら一度もまともにそこで仕事をしたことがない!いつもダイニングテーブルで仕事をするのです。そこでイギリスから日本に引っ越すにあたって、もうワークスペースは作らなくていいだろう、これからもダイニングテーブルで仕事をしてくださいとトムに言って、イギリスでトムのデスクを処分してきたのです。

椅子が届くまではキッチンカウンターで立って仕事をしてきたトム。うちは仕切り壁がまったくないワンルームタイプの部屋です。春先は普通のミーティングだけでなく、面談やらコーチングやら、とにかくWEB会議だらけ。1日中音を立てられず、部屋の隅っこで大人しく過ごしていた私のストレスと言ったら!!当時は14日間の待機期間中にそのまま外出自粛が始まったので、気晴らしに外に出かけることもできず。

そんな状況を想像もしていなかったのですが、帰国したら少し住まいをリフォームすると以前から決めていました。具体的には、

① キッチンの近くにあるクローゼットを本棚に変える
② それによって減ってしまう洋服収納を確保するために、今までベッドを置いていたスペースをクローゼット部屋にして独立させて壁を作る(猫の侵入防止のため)。
③ 猫トイレを置いている壁の窪みの上部に扉付きの棚を設置。
④ 南東側の窓2つをボイルカーテンからロールスクリーンに変更。

その他、壁紙から塗装壁に変更する予定でしたが、思ったより綺麗だったのでそれは次の機会に持ち越すことにしました。

壁を作って新たにできた独立した部屋は、大きな三面鏡を置いて、クローゼット兼私のドレッシングルームにする予定でした。そこが今やトムの書斎。大きめのデスクとモニターを買い足して、デスクトップPCと並べて置いています。結果的にこれで良かったとは思うのですが、扉はガラスの入っていない格子戸。クローゼットなら風通しがいい方がいいと思ったのでわざわざ造作してもらったのですが、トムの大きな声が家中に丸聞こえ。以前よりはマシになったけど、まだ音には気を遣います。

リフォーム工事は船便の2便目が届く前に終わらせたかったのですが、コロナのせいで遅れ、7月半ばになりました。工事期間は4日間、工事の間は猫たちは洗面室に閉じ込めていました。猫たちもよく頑張った!帰国後3ヶ月半経って、やっと生活が落ち着いた感じです。

fc2blog_202010291446098f3.jpgクローゼットから本棚へ。横の壁と面を揃えるために、本棚の後ろは20センチほどふかしてあります。ちょっともったいない。トムは引っ越しにあたって4分の1ぐらいの本を処分したので、余裕をもって収まっています。


fc2blog_20201029144629a58.jpg以前は壁の向こうのエリアにベッドを置いていました。黒猫のポスターは14年ほど壁に掛けているうちにすっかり色褪せてしまったので同じ物を探して購入。ポスターより特注のフレームの方が高かった。


fc2blog_20201106132031160.jpg以前はこんな風に柱の両サイドが空いていたのです。壁と格子戸を設置して、奥の部屋は5畳ほどの広さになりました。突き当たりの壁にハンガーラックを並べて洋服を描けています。その右側にウォークスルークローゼットがあります。
2020.09.29

イギリス出国当日

日本は季節が移ろうのが早いですね。久しぶりの日本の夏に耐えられるか心配でしたが、ものすごく暑かったのは1ヶ月くらいで、あっという間でした。

さて、イギリス出発当日です。

fc2blog_20200929135930e14.jpg航空便で運んでもらう予定の荷物を手荷物で預けることにしたので、預け荷物は11個。キャリーバッグをそれぞれ一個ずつ機内持ち込み、さらに猫のケージが2個。会社が手配してくれた車は、いつも空港に行く時に利用しているタクシー会社のセダン1台、ワンボックスカー1台、2名の運転手さんとヘルプの男性1名。何度もお世話になった運転手さんたちと、ハグも握手もなしに手を振ってお別れしました。

どんどん減便されているこの状況で、今日の便を逃したらいつ帰国できるかわからない、ということで、早めに出発したら、飛行機の出発時間の5時間くらい前に空港に着いてしまい、チェックイン開始までカウンター前でずーっと待つことになりました。私たちと同じく、日本に帰任するために沢山の荷物を持っているファミリーも数組。

fc2blog_20200929140025f1b.jpg猫たちはカウンター前でずっとこの状態。かわいそうだったね。


チェックイン後も、猫を預けられるのは出発の2時間前くらいということで引き続き待機。やっと呼ばれてカウンター裏の事務所が並ぶ暗い廊下の先の小部屋へ。そこで猫を一度ケージから出してBAのスタッフがケージをチェックした後、そのままそこで猫たちをお別れとなりました。その小部屋の向こうはすぐ空港のランプだったのです。検査の間、猫は私が抱っこしていましたが、脱走の心配のない小部屋で良かった!ただ、そこでもずいぶん待たされたし、スタッフの愛想はないし、なんとなく不安が煽られました。

猫とお別れした後は、セキュリティチェックを済ませ、とりあえずラウンジへ。出発ロビー内はブランドショップも飲食店も全部閉まっていて、とても営業中の空港とは思えない雰囲気。ラウンジ内の食事もかなり制限があったし、時間もほとんどなくなっていたので、コーヒーだけ飲んですぐゲートに向かいました。

飛行機に乗ったら、すぐCAさんを呼び止めて、猫がちゃんと搭載されたかどうか確認。もうあとは猫のことを心配しても仕方がないので、のんびり過ごしました。帰国の時はだいたい映画4本、ドラマ2本くらい観ます。いつも満席のロンドン便ですが、その日は2〜3割空席でした。

羽田空港に到着したら検疫前に臨時のカウンターがあって、質問表のような物を出すのですが、そこがずいぶん混んでいて大変な密。その頃はまだ日本はいろいろ甘くて、ソーシャルディスタンスを保って並ぶような案内もなかったです。ただ既にロックダウン中のイギリスからの乗客だけに、みな狭い場所ながらも人との距離を取るように努力していました。

サーモセンサーにも引っかかることなく無事通過。トムと2人でガッツポーズ!疲れるとすぐ熱が出るのでここが一番心配でした。

検疫で時間がかかったので、ターンテーブルに着いた時には、猫たちはカートに載せられた状態で係員の方たちと一緒にいました。2匹とも元気にニャーニャー鳴いています。大量の預け荷物をトムがピックアップしている間に、私は猫を連れて動物検疫へ。羽田空港の動物検疫は荷物を引き取る税関内にあって便利です。動物検疫の方はとても低姿勢で、手続きも大変スムーズでした。

公共交通機関が使えず、知り合いや家族に迎えに来てもらうかレンタカーを使うしかない状況でしたが、トム兄がワンボックスカーで迎えに来てくれて助かりました。車に載らない荷物は宅急便で送り、みんなでレジデンスホテルに向かいました。

ホテルに着いて、猫トイレや簡易ケージをセットして、やっと一息。たまちゃん、パニャ、よく頑張ったね。ありがとう。と言いつつ、美味しいごはんを食べさせたあと、すぐ2匹を洗いました。おしっこ臭い体でホテルの綺麗な部屋をウロウロさせるわけにはいかないからね。パニャは生まれて初めてのお風呂でしたよ。

その日の夜は、久しぶりにぐっすり眠れました。みんなで無事帰ってこれてよかった。本当によかった。