FC2ブログ
2019.10.13

ラグビー観戦

ラグビーワールドカップの日本戦を2週連続、近所のパブで観戦してきました(うちのテレビでは映らない)。

よく行っている、うちから徒歩2分のパブです。

fc2blog_20191015024522f61.jpgこれは先週の日本対サモアの時の写真。こちらでは午前11時半試合開始。11時開店のパブは静かでした。みなさん、その前に行われたイングランド戦を自宅や、もっと早くから開いているパブで観ていたのでしょうか。お客さんはほとんどいないし、サモア戦だし、ランチのサンドイッチを食べながらかなりリラックスして観戦できました。

そして今日のスコットランド戦。

トムは長期出張でいないので今度は一人で同じパブに参戦。イングランドとスコットランドは仲が悪いとはいえ、アウェイ感があって緊張します。写真に写っているテレビのすぐ前の席で、とりあえずラテだけ頼んで静かに試合が始まるのを待ちました。途中でお店のラグビー好きのお兄さんがテレビの音量を上げてくれました。

異国のパブでひとり、君が代を聴きながら込み上げてくるものがあります。泣きながら君が代を熱唱する日本人サポーターの姿がテレビに写し出されました。我が同胞よ。

試合が始まって程なく、背後の入り口から複数のお客さんが入ってきました。スコットランドのサポーターだったらどうしようなどと思いながらも試合に集中。でもなんだか会話が妙に耳に入ってくるのです。そう、まさかの日本語!

振り返ったらずぶ濡れのランニングウェアを着た男性3人組。思わず二度見した後、「日本の方ですか?」と聞いてしまいました。だって日曜日のお昼、マーロウのファミレスみたいなパブですよ。

聞いたところによると、ロンドン在住の駐在員の方々で、何回かに分けてテムズ川走破を目指し、今それを果たし終えてここに来たとのこと。今日だけで30キロくらい走ってきたそうですが、ちゃんとラグビーの試合開始にこのパブに来れるよう調整したもよう。なんだか色々すごいっす。こんな話はハーフタイムの時に聞きました。

日本人仲間が増え、一気にアウェイ感がなくなり、得点時には小さく拍手したりもしました(1人だったら無理ー)。後半は奥歯を噛み締めるような攻防が続きましたが、見事日本は勝利。異国の地で、日本ラグビー界の歴史的瞬間を目にするのはなんだか不思議な感じもします。アメリカにいるトムもホテルのロビーにあるテレビで観戦できたようで(試合開始は深夜3時45分)、試合後に喜びを分かち合いました。

勝ったということは、来週末も試合があります。トムはまだ帰ってこないので、また1人であのパブに行くのか…。相手がイングランドじゃなくて良かった。
2019.09.15

MGC観戦

1ヶ月前の話になりますが、当時の日付で書いております。

9月15日のMGC(東京オリンピックのマラソンの代表を決めるレース)を観るのを一番の目的に、一時帰国していました。もしかすると、来年のオリンピック本番より楽しみかもしれないこのレース。日本のトップランナーがみな同じレースを走る機会なんてなかなかありませんから。しかも、東京オリンピックとほぼ同じコース。ワクワクを抑えられません。

当日は、水天宮前、日本橋、ゴール少し前の急坂の3ヶ所に絞って観戦しました。日本橋では男子の往復と女子も少し観ることができました。

fc2blog_20191011005917731.jpg日本橋地点、大好きな設楽選手、独走状態。気温が上がり、このまま逃げ切ることはできなかったけど、本当にかっこよかった。レースが俄然面白くなりました。


fc2blog_201910110059588e9.jpg同じ場所での第二集団。人数が少ないからあっという間に全員通り過ぎます。地下鉄での移動中はスマホでネット中継を観ていました。同じような人、多数。


fc2blog_201910110100540ba.jpg新国立競技場に向かう最後の短い急坂。1列目の最高のポジションを確保。中村選手、大迫選手、服部選手がほぼ同時に角を曲がって登場した時には、興奮のあまり悲鳴のような歓声を上げてしまいました。あとでテレビ中継の録画を見たら、そんな私の姿がバッチリ映ってた!


暑い中、どの選手も必死に走っていました。代表に選ばれる可能性がなくなった後方の選手たちも最後まで。

わざわざ観に行って本当に良かったと思える、素晴らしいレースでした。

大迫選手が3位になり、本命の設楽選手や井上選手が内定を勝ち取れなかったことで、この先の楽しみがまたできました。来年の東京マラソン、面白いだろうな。残念ながら私は来年の東京マラソンは落選したので、走ることが出来ないし、一時帰国も無理そうです。
2019.08.16

2019年 パリ旅行

今年の夏休みは2年前と同じくパリに行ってきました。前回と違うのは飛行機ではなく、ロンドンから電車(ユーロスター )で行ったこと。

旅先にパリを選んだのは、好きな街でのんびり気ままに過ごしたいというトムの要望。私は飛行機が苦手だし、出張で飛行機にばかり乗っているトムもできるだけ飛行機に乗りたくないらしいのです。トムがどれくらい飛行機に乗っているかというと、JGCプレミア会員になるくらい。JGCというのは、JALグローバルクラブの略で、利用の多い旅客に対してプラスアルファのサービスをするもの。その中でも利用実績に応じてステイタスがいくつかに分かれています。プレミア会員は搭乗クラスにかかわらずファーストクラスカウンターやラウンジが利用できるし、優先搭乗もあります。その他もろもろ特典あり。プレミア会員になるのはなかなか大変らしいのですが、トムは特に望んでいるわけでもないのにいつの間にか条件をクリア。プライベートで飛行機に乗るのが嫌になるのも納得です。

うちからロンドンのユーロスターの駅まで2時間くらいかかってしまうので、ロンドンで1泊。美味しい日本料理屋さんを見つけることができました。

fc2blog_20190822003929887.jpgfc2blog_201908220039551c5.jpg


ユーロスターの駅では、改札を通った後に、イギリスの出国審査、フランスの入国審査、セキュリティチェックを連続で受けます。遅くとも30分前には改札を通らないといけませんが、空港に行くよりは気軽な感じ。朝ごはんのサンドイッチを駅で買って電車に乗ってすぐ食べていたら、その後で軽食が出ました。知らなかった。3つあるクラスのうち真ん中ののクラスに乗ったので、他のクラスはどうなのかわかりません。コーヒーや紅茶のお代わりも随時お願いできました。新幹線に比べたら揺れるけど、快適であっという間にパリに到着。2時間15分の電車の旅でした。うちからロンドンに行くのとあまり変わらない。

ホテルも2年前と同じ、オペラ座の近くのアパートメントホテル。どこに行くにも便利です。

ノープランでのんびり過ごしましたが、ベルサイユ宮殿には行きました。2人共行ったことがありません。ホテルの近くの駅から乗り換えなしで電車で35分。そこから歩いて15分くらい。

あまりにノープラン過ぎて、チケットを事前にネットで買っておいたりしなかったので、ものすごい行列に並ぶ羽目になりました。トムも私も並ぶのが大嫌い。並ぶのをやめて帰ろうかと何度も思いました。晴れたり曇ったりのお天気で、石畳の上で2時間ちょっと。人生でこんなに長時間並んだのは初めて。忘れられない日になりました。帽子も日傘もなかったので、日焼けのオマケ付き。それにしても、みんなよく並んでるわ。

fc2blog_20190822004019548.jpgfc2blog_201908220040382f9.jpg


宮殿の中も満員電車並みに混んでいて、息苦しいほど。やっと庭園に出られた時の清々しさといったら!並び疲れたので、結局滞在時間は1時間半ほど。真面目に見てまわったら1日では足りないと思います。

fc2blog_2019082200420772a.jpg唯一食べたフランスっぽいランチ。マカロンとエクレアは食べましたが、食事は日本食と中華ばかりでした。


fc2blog_20190822004112e13.jpgエッフェル塔も行きました。登ってないけど。

私がパリで一番好きな観光スポットはエッフェル塔。トムはオペラ座だそうです。あとはぶらぶらお散歩したり、ウィンドウショッピングしてるだけでも楽しい。私は完全に夏服で行ったのに、思った以上に気温が低くなって、ユニクロで急遽カーディガンを買いました。マーロウに帰ってきてからも肌寒かった。8月半ばはもう初秋です。


あっという間に6日間の旅が終わりました。
2019.07.29

ブライトンビーチへ

前回の記事に書いたとおり、先週の半ば、ヨーロッパは熱波に襲われました。1番暑い日のマーロウの最高気温は36℃。通常の夏の最高気温は25℃くらいなので、相当な暑さです。私にはちょっと懐かしい感じ。

そんな暑い日に家にはいられない(クーラーないし)、ということで、ブライトンというイギリス有数のビーチリゾートに日帰りで行ってきました。マーロウからは南東に向かって車で2時間弱。

ブライトンでは毎年8月に行われるPRiDEというLGBTのイベントが有名です。今年も開催日が迫っているせいか街はレインボーカラーで溢れていました。そのせいか、街は開放的な雰囲気に溢れていて、なんとなくイギリスっぽくないのです。観光客も多いのですが、レストランや道行く人が多国籍。近場なのにいつもと違う気分を味わえて、旅行感が増しました。

fc2blog_201907300047112d4.jpgビーチは砂浜ではなくて、ニースみたいな玉砂利。ビーチチェアは3ポンドで借りられます。お昼前は人も少なかった。


fc2blog_20190730004751f14.jpgビーチのすぐ前に高架の道路が走っており、その下がすべてレストランやショップになっていて賑やか。


fc2blog_20190730004853c05.jpg道路側から見下ろすとこんな感じ。


fc2blog_2019073000482185c.jpg夕方4時頃にはこんなにたくさんの人が。


fc2blog_20190730004918709.jpg街は意外と都会で、レストランもたくさんあるし、大きなショッピングモールもあります。お昼ごはんはラーメンを食べました!


ビーチでゴロゴロしていたのは合計2時間弱でしたが、日焼け止めの塗りが甘かったみたいで太腿がひどいムラ焼けに。塗った部分と塗ってない部分がわかりやすいように色がついてたらいいのに。ってそんなわけにはいかないわね。
2019.07.23

ある日の公園

マーロウはお天気の良い日が続いています。普段は真夏でもせいぜい25℃くらいですが、今日からの3日間はなんと30℃超えです。日本に比べたら湿度は低いのでそこまで不快ではないのですが、なにせイギリスの家にはクーラーがない!うちには扇風機もない!暑がりの私にはちょっと辛いです。夜寝る時にはアイスノンを愛用しています。

先週の日曜日、いつものようにトムと川沿いの公園を散歩しました。

fc2blog_201907232255259a1.jpg船のピザハウス。タイル貼りの可愛い釜で焼いてくれます。その場で生地を練っていました。週末時々マーロウの川辺にやってきます。美味しそうだけど、トムはチーズがアレなので。


fc2blog_201907232255489f8.jpg公園内の広場ではクリケットの試合中。マーロウでインド系の人を目にすることは少ないのに、ほとんどの選手がインド系。いくら見ていても、全然ルールがわかりません。
2019.06.22

ビール飲み放題

マーロウで初めてお友達ができました。なんと道路を挟んで斜め前の家に住んでいる日本人女性です。まさに奇跡的。前から街中で時々お見かけすることがあって、もしかして日本人かなとは思っていたのですが、なかなか声を掛けることもできず。トムと庭仕事をしている時に、イギリス人のご主人に声を掛けられ(たぶん日本語を話しているのが認識できたから)、うちの奥さんも日本人だよと言って紹介されました。

そのお友達ファミリーと一緒に、マーロウで唯一のビールの蒸留所に行ってきました。そこはショップが併設されており試飲もできるのです。お一人様2パイント(1リットルちょっと)まででお願いしますと書いてあるのですが、実質何種類かのビールを飲み放題。みな何度も並んでひたすらビールを飲んでいました。私はショップ内で買ったジュースをチビチビ。もちろんジュースは無料じゃないよ。

fc2blog_201906250023528b1.jpgお天気の良い週末だったので、大変多くの人で賑わっていました。こんなに大盤振る舞いして大丈夫なのかと心配しましたが、多くの人はショップでビールを箱買い。元が取れていそうです。みんながハッピーになるいい仕組み。


蒸留所はうちから2キロの所にあるので、散歩がてら歩いて往復。夕方の日差しが心地良かったです。

fc2blog_201906250025412ab.jpg家にいる着くと、お腹を空かせたパニャが日向ぼっこしながら窓辺で待っていました。かわゆい。
2019.05.12

Marlow5

マーロウの街中を走る5マイルレースを走ってきました。

そもそもこのレースの存在を知ったのは、先週交通規制の看板を目にしたから。調べたところまだエントリーできたので、久しぶりにレースに参加してみることにしたのです。

去年のエディンバラマラソン以降はレースにエントリーしていないため、1年間週2回程度のゆるジョグしかしておらず、しかもマーロウに来てからはその距離も6〜7キロ。なんとなく目標タイムを45分くらいに定めました。

スタート&ゴール地点の川沿いの公園は歩いて10分足らずなので、朝一でゼッケンを受け取り一度帰宅した後、スタート時間に合わせて再び出向きました。半袖一枚でしたが、快晴で風もないせいか気温11度でも暑いくらい。

fc2blog_20190513003658b5e.jpg公園の中のスタート&ゴール地点。みなさんスタートぎりぎりまで並びませんでした。真面目な私は早々と、40〜45分ブロックの一番後ろにひっそり待機。


fc2blog_201905130111002fb.jpg公園を出たらすぐ目抜き通りのハイストリート。いつもはもっと賑やかです。


fc2blog_20190513011118b9f.jpg住宅地の中の1マイル地点。コースはうちの前も通るし、トムの会社の前も通ります。普段歩いたり走ったりしているところばかり。ローカル感いっぱいです。


走り始めると、周りの雰囲気もあって意外とスピードが出ます。緩い上りが続くところでは少しペースが落ちましたが、最後の2キロはキロ5分を切って全速力でフィニッシュ。なんと41分6秒という好タイムでした。

全体では538位/1498人、カテゴリー別では22位/154人。

練習してないわりにはなかなか頑張りました。参加者は半分近くが女性だったようです。私を含めおばちゃんが多かった!

fc2blog_20190513011137f2a.jpgfc2blog_201905130111588d7.jpg


エントリーフィーが安かったわりには(15ポンドだったかな)、参加賞をいろいろもらいました。

久しぶりのレースの緊張感も楽しかったし、ホームタウンを走る楽しさもありました。卒業しかけていたランニング、また頑張ろうかな。