2017.05.12

留守中の猫たち

8日間の旅行中、猫たちはペットシッターさんに世話をしてもらった。去年の暮れにロンドンに行った時にお願いしたフィオーナだ。このブログでも猫の世話をして下さる方を募ったことがあるのだけど、残念だがら反応ゼロだったもので。

フィオーナが体も声も大きい女性で、うちの猫たちは彼女は来ると一目散に姿を消すが、まあ仕方ない。ペットホテルに預けるよりずっと安心だ。

家に帰ったらこんな感じ。

fc2blog_20170512234807ae6.jpg2匹で仲良く掛け布団の中。

フィオーナの置き手紙によると、彼女が来た時にはいつもこの状態だったので、一応毎回布団をめくって無事を確認したらしい。


私たちが帰った時にもフィオーナが来たと思ったらしく、慌てて布団潜り込んだ様子。久しぶりに私の姿を見て動揺したのか私のことを思い出せなかったのか、しばらく布団の中で怯えていた。

とはいえ、フィオーナがいないほとんどの時間は2匹でのびのびしていたらしく、普段乗らない本棚の上に毛が落ちていたり楽しく遊んだ形跡があちこちにあった。長い留守のお詫びに、とっておきの日本の美味しい猫缶とおやつをあげた。

ところで、以前今の家の床暖房の温度コントロールができないことを書いたことがあると思うが、数日前にやっとやっと全てが解決した。エンジニアは全部で4人来たが(それぞれ違う会社の人)、最初の3人はまったく使いものにならない、コントローラーの使い方さえ理解していない人たちであった。4人目の人はうちに来た瞬間、何もかもを理解してくれ必要な処置をしてくれた。室温を感知するセンサーの調子が悪かったのと、一部屋はサーモスタットそのものが壊れていた。

おかげで今はすっかり快適。あとは時々お湯がぬるいのさえなんとかなれば…。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1626-18a6870a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
お留守番で2ニャンの仲がまた深まったでしょうか。
前の記事のプールサイドでの写真、トモさんのお背中がすごく綺麗でしたね。
街観光とリゾートの2本立てはゆっくりもできて良いですね。

Posted by daysofWLA at 2017.05.13 10:29 | 編集
>daysofWLAさん
本当に不思議なもので、困難(?)を乗り越えるたびに2匹が仲良くなっていきます。男女の吊り橋理論みたいなものでしょうか。
背中写真はお恥ずかしい。背中ぐらいしか見せられるところがないのです。
街観光は楽しいですが歩き回って疲れるので、その後リゾートでゆっくりできたのは良かったです。
Posted by tomo at 2017.05.18 23:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する