2016.01.05

今年もよろしくお願いします。

新しい年になりました。申年です。年女です。今年もよろしくお願いします。

最近気付いたのですが、結婚してアメリカに渡ったのも申年、ブログを始めたのも申年。どちらも12年間よく続いています。どうやら私は申年に大きな変化が起きるようです。ちなみにトムも申年生まれです。

トムにあまりにも言われるので、新年を機にやっとお財布を替えました。今の財布は7年半使いましたがまだまだ傷んでないので名残惜しいです。新しい財布はやはり7年半前に買っていたケイトスペード。コーチのパッチワーク財布を買った直後に一目惚れして、いつか使おうとずっと温めていたもの。温めすぎちゃったけど、好みが変わっていなくて良かった。まだ馴染んでいないけど、これから何年も私と一緒に過ごすことになるのでしょう。

fc2blog_20160105120036377.jpg
2015.12.29

年の瀬に

なんだか今年もいつの間にか年が暮れていきます。

この時期のお楽しみは、NHKの「朝までドキュメント72時間」です。毎週金曜日の夜に放送されている「ドキュメント72時間」が大好きで、放送が始まった頃からほぼ欠かさず観ています。ごく普通の人たちの心の奥深くにある感情とか逞しさとか日常とかが、ただ淡々と映し出されていて、どんなフィクションよりも心に響きます。

毎日が慌ただしく過ぎていくけれど、1番大事なことを忘れないようにしよう、そんな当たり前のことを思い出させてくれます。

fc2blog_20151229203855881.jpgパニャは私の右肩で、こんな風に毎晩一緒に寝ます。たぶん、パニャの1番幸せな時間。


fc2blog_2015122920392372b.jpgたまちゃんは日だまりのハンモックで過ごす時間がお気に入り。
2015.12.18

初めてのインフルエンザ

インフルエンザB型を発症して4日目です。

1日目は午後から急激に熱っぽくなり、夜には5時間くらい頭が割れそうに痛いという辛さを味わいました。辛さのわりには熱は低めで38℃ちょっと。ご飯を作れないというメールを受け取ったトムは、会社帰りに大好きな担々麺を食べてご機嫌な様子で帰宅。私に便乗して夜9時には床につきました。

2日目の朝には37℃台前半にまで下がり体も軽くなりました。このまま良くなるだろうと思い、病院に行くことも考えませんでした。一応安静にして過ごしましたが、午後からまた熱が上がり、頭痛はそれほどでもないものの同じような状態に。

3日目の朝にはまた熱がだいぶ下がってきたので、仕事に行きました。念のため、家に唯一あったマスクを装着。仕事はこなせましたが、なんとなく嫌な予感がしたので早退させてもらって病院に行きことにしました。特にかかりつけ医はないので、人間ドックでお世話になっている近所の病院です。

杉村太蔵似の先生は「それほどインフルエンザは流行っていないから多分大丈夫だと思うけど、一応検査しておきましょう」と言いましたが、結果はインフルエンザB型でした。鼻の穴に細い綿棒を突っ込む検査では、あまりの痛さのびっくりして女性看護士さんの手を払いのけそうになりました。

インフルエンザであることがわかった途端、カーテンで仕切られた隔離スペースに入れられ、その後の再度の診察もお会計もすべてがそこで終わりました。病院の下の調剤薬局でも小声で接客され、自然とインフルエンザ患者としての自覚も生まれてきます。できるだけ人に近づくことのないように、でも最低限のお買い物はしたかったのでコンビニに寄ってひっそりと帰りました。

そして4日目の今日、あいかわらず朝は熱が落ち着きますが、午後になると熱が上がってきます。インフルエンザウィルスの増殖を防ぐというタミフルを飲んでいますが、発症してから48時間以上経っていたかもしてないので、あまり効いていないのかも。とりあえずグダグダと寝て、体が楽な時に掃除や洗濯をするという生活を送っています。

トムはどうなるのでしょう。もちろんマスク着用は義務づけていますが、うちはスタジオタイプで隔離部屋も作れないないし、予備の布団もないので、変わらず一緒のベッドで寝ています(あっちとこっちを向く)。あとはトムの抵抗力に期待するしかありません。

だいたい私はいったいどこで感染したのでしょうか。週末のお出掛け先で混雑していたのは、上野公園のスタバ、日比谷公園のクリスマスマーケット、神保町の三省堂本店の3ヶ所。翌日に体が重いと思いながらも頑張って20キロのペース走をしたのでウィルスに対する抵抗力が下がっていたのかもしれません。この時期の走り込みは無理し過ぎたらいけませんね。

fc2blog_20151218161256e4e.jpg先月の大田原マラソンのゴール直前の写真。今週末は30キロ走の予定だったのに、できなくなっちゃったなー。



2015.12.03

大掃除は終了

早くも今年最後の大掃除を終え、すっきりしている。

とはいっても、私の場合は2ヶ月に1回の中掃除をやっただけ。2ヶ月に1回、床のワックスがけをするので、その時に一緒に、ブラインドの埃取り、天井近くにある剥き出しの配管の埃取り、換気扇の掃除、トイレの大掃除、吸気口フィルターの交換を済ませるのだ。ワックス掛けが2ヶ月に1回というとずいぶん多いと思われそうだが、うちのはAUROという自然派ワックスでワックス剥がしも必要なく汚れ落とし代わりに使えるもの。1ヶ月に1回の塗布を推奨されているので、まだまだ手抜きだ。それ以外にはまったく床の水拭きはしないし。

この程度の掃除で、大掃除を終えたと胸を張っていいのだろうか。どこか抜けている所はあるかしらん。基本的に汚れが目に付いたらすぐにちょこちょこ掃除をしているので、そんなに汚れは溜まっていないはず。

fc2blog_20151203161812a63.jpgトムがたくさん本を買っては、ダイニングテーブルやベッドサイドテーブルの上に山積みにするので、こんなブックシェルフを買ってみた。素材は黒いスチール。

積み重ね専用シェルフ。ここに置くのは読みかけの本やまだ読んでいない本だけにしてね、と言ってある。トムは同時進行でたくさんの本を読むので、読みかけの本がいっぱいあるのだ。
2015.11.16

アウターは紺色でいい。

久しぶりにウールのコートを買った。



London tradition (シップス別注)のショートダッフルコート。濃紺のダブルフェイスで裏はブラックスチュアート。今までダッフルは黒のジュエルチェンジズのミドル丈を持っていたが、買ってから4年間あまり着なかったので、今回新しいのを買ったのと引き替えに売った。

なぜあまり着なかったのかを考えてみた。細身で裏地がチェックなところはとても気に入っていたが、黒いアウターというのは私の場合着る機会が限られる。買う時には「紺のアウターはたくさん持っているし、セールなのでたまには黒でもいいかなー」と思ったけど、やっぱり黒はあまり着ないのだ。これが紺だったら良かったのに、と思ったことは数知れず。あとは丈が、お尻が9割がた隠れる長さだったので細身のパンツにしか合わせづらかった。

そんなわけで、今回ダッフルコートを選ぶにあたっては、迷わず紺色、ショート丈(55センチ前後)に的を絞って探した。ショート丈なのでスカートやワイドパンツにも合わせやすい。

これで手持ちの冬用アウターは、冠婚葬祭用の黒のウールが1着、グレーのショート丈ダウンが1着、キャメルのトレンチコートが1着、黒いレザージャケットが2着、ダウンベスト1着以外は、全部紺色になってしまった(紺色は8着、春秋用は4着全部紺色、減らしたけどまだまだ多い)。でもやっぱりアウターは1番好きな色を着たいし、それが1番落ち着くのだ。

トムはある時、洋服の基本色を紺、グレー、白の3色に決めると宣言した。それは私の基本色と丸かぶり。週末出掛ける前にお互いのコーディネートを見ると、ペアルックかと思うほどよく似た雰囲気になっている。毎回笑っちゃうけど、まあそれはそれでいいのかも。
2015.10.27

ハンモックに揺られて。

fc2blog_20151027154804f99.jpg私はまだ寒くないですが、猫たちはより暖かい寝床を求めるようになりました。人気の寝床の取り合いも勃発します。

「そこ、どいてほしいにゃー。」


外でのんびりするには最高の季節です。うちのマンションの屋上は住人に開放されていて、素敵なガーデンファニチャーがあったりwifiが完備されていたりして、住人たちの第2のリビングスペースです。先日はここで懇親会が開かれて大盛況でした。マンションの住人は個性的な職業の人が多くとても興味深いです。

fc2blog_20151027154852eb0.jpg先月のお月見の時にハンモックを吊るしてみました。ハンモックは備品としてしまってあるので、使う時に出して吊るします。

あさイチでハンモックがひそかに流行っていて、ハンモックカフェというものもあるとやっていましたが、実際ハンモックに揺られてみると、その魅力がよくわかります。なんだかこもり感があって落ち着くのです。

家の中にも吊るしたい衝動にかられていますが、天井の補強工事が必要だろうからちょっと大変かな。猫たちにも人気が出そうだけど。

2015.10.17

寒くない。

最近ぐっと秋めいてきました。外を歩くと、トレンチコートを着た女性も見かけるようになりました。

しかし!私は全然寒くないのです。いまだに長袖カットソー1枚で外をフラフラしているし、半袖短パンで走っています。いつからこんなに寒さに強くなったんだろ。夜出掛けないからだろうか。

日当たりのいい家の中はポッカポカなので、ユニクロのブラトップ1枚です。朝は特に部屋の奥まで日がサンサンと差し込むので暑いくらい、日中はいまだに窓を開けて過ごしています。掛け布団も夏用の薄い羽根布団、トムなどその布団さえ掛けていません。

早く羽織りものを使った秋のおしゃれがしたいのに、いつになったら着られることやら。このままだと真冬になってもダウンコートなんていらないんじゃなかろうか。

そんな暑がりの私ですが、先日エジンバラに出張に行ったトムがお土産を買ってきてくれました。出張中に「カシミヤのマフラーが安いから買って帰ろうか?」とメールがあり、そういえばエジンバラはスコットランド、スコットランドといえばタータン!と、急に息巻いてどのタータンがいいか調べ始めました。

1番の候補はホリルードというタータンだったけれど、トムが見つからないというので、どこにでも売っていそうなドレススチュアートにしました。

fc2blog_20151017143449790.jpg右の白地のものがドレススチュアート、左がトムが自分用に選んだシルバーバンノックベーン。

今回タータンチェックについて色々調べたら、とても奥が深くて興味深かったです。自分で現物を見て選んでみたい。