2016.10.23

チャリティショップ

エディンバラにはたくさんのチャリティショップがあります。要はリサイクルショップの一種なのですが、日本の多くのリサイクルショップが買い取った品物を転売して利益を得ているのと違って、チャリティショップは慈善団体などが寄付された物を売って自らの団体の資金にしているのです。例えば動物愛護団体とかホームレスの支援団体とか貧困に苦しむ子供を支援する団体など、お店によってチャリティの目的は様々です。基本的に店員さんはボランティアだと思います。

今までに不要になった物を寄付したことは何度かあるのですが、このたび初めて買い物をしました。物を寄付するのもチャリティ、何かを買うのもチャリティ。

fc2blog_20161023033701b7b.jpgサイドテーブル25ポンド(3000円ちょっと)。なかなか良いでしょう?

街中のチャリティショップには衣類や小物を売る店が多く、こういう家具を売っている店はわずかです。たまたま歩いていて見つけ、翌日車で買いに行きました。店員のおばあちゃんに「これ買うのー!?」と大変驚かれたのですが、どういうことでしょ。

私は元々古い家具や小物が大好きで、こういう中古家具を扱う店があったら、赴任直後にIKEAじゃなくてこういう店で家具を買ったのにな、と思います。イギリスの古い家にはシンプルでツルンとした新しい家具より重厚な古い家具が合います。

fc2blog_20161023033727d94.jpgと言いつつも、IKEAでテーブルライトを買いました。これは11ポンド(1500円くらい)。薄いプラスチックの板を組み合わせて自分で作るのです。寂しかったシェルフの上にいいアクセントができました。


fc2blog_20161023040159d1b.jpgこれはクリスマスバージョンのマトリョーシカ。透明な箱に入って1番大きい人形しか見えていなかったので、このオッサンのどこがクリスマスなのかと思いながら買いましたが、家に帰って中身をひとつずつ出していってやっと気付きましたよ。

東方の三博士、ヨーゼフ、聖母マリア、天使、ロバ、生まれたばかりのキリスト。キリスト降誕のシーンの登場人物たちではないですか。これぞ正しいクリスマスグッズ。オッサンは1人じゃなくて裏側にあと2人の姿が描いてありました。

早速並べて置いているけど、これ、どう考えても猫のオモチャ。特にベビーキリストなんて転がして遊んでどこかに失くされそう。出掛ける時には見えない所に隠しています。

私は部屋づくりが大好きなのですが、今や日本に持ち家があるし、シンプルライフを目指して物を減らし続けてきたので、エディンバラに来てからは出来るだけ物を増やさないようにとばかり思っていました。電気製品は電圧が違いすぎて日本に持って帰ってそのまま使うのは無理だし、家具も全部揃っているし、小物が増えすぎると収納にも困るし、と。

でも最近ちょっと家具や小物を増やして部屋の居心地が良くなったら、それだけでなんとハッピーなことよ。やっぱり住まいって大事ですね。あまりお金をかけないながらもストイックになり過ぎず、部屋づくりを楽しんでいこうと思いました。日本に持って帰れない物はチャリティショップに寄付すればいいし!

続きを読む。
2016.10.22

ソファ購入

なんとびっくり、TBSのネット中継のおかげでドラフト会議をリアルタイムで見ることができましたよ。TBS様、グッジョブです。来年もよろしく。

今までソファなしで暮らしていましたが、ついに購入しました。1人掛けのラウンジチェアが2脚あるので、2人暮らしならそれで十分なのですが、ソファがないと広い部屋が妙にガランとして寒々しいのです。もともと、さっぱり広々した部屋より、大きな家具がぎっしり置いてある部屋のほうが好き(掃除は面倒)。

ただ、日本では新しいマンションへの引っ越しを機にソファなしの生活を選択したばかりで、帰国する時に今回買うソファを持って帰る可能性は低いのでずっと迷いがありました。

お手頃値段で気に入った物を発見したので決断。この値段なら数年使って帰国時に寄付してもいいかな、と思えます。

fc2blog_20161023030551f69.jpgfc2blog_20161023030620726.jpg


海外赴任者の味方、IKEAです。このソファのように座面と背面クッションに縫い目(?)があるミッドセンチュリーデザインのソファが好きなのです。白いものと迷って結局黒の革にしました。白のレザーはデニムの色移りが激しいのよ。

部屋に安定感とくつろぎ感が増したように思います。

前の日に運送会社からテキストメッセージで「明日10:37~13:37の間に行くよ。到着の1時間前には電話も入れるからね」というメールがあって有り難かったのですが、結局朝7時40分に電話があって、その1時間後にやって来ました。起きてて良かった(トムは出張中なので毎日寝坊三昧)。組み立ては脚をねじ込むだけだったけど、大きなダンボールからソファ本体を出すのに四苦八苦。

今回は違う配送会社でしたが、以前dpdという会社が家具を配送してくれる時には、トラッキングナンバーをサイトに入力すると、「配達予定時間」「今日の担当ドライバーの名前」「うちに来るのが今日の配達の何番目で今何番目を配達中か」ということがわかるうえ、ドライバーの現在地がマップで確認できました。ドライバーさんったらGPSで管理されてかわいそうと思いましたが、マップ上で追いかけるのがなかなか面白かったです。dpdといえば、助手席に飼い犬を乗せてずっと配達している運転手さんがいました。ドライブ好きな犬なら飼い主さんとずっと一緒にいられて幸せだね。
2016.09.16

椅子が好き。

fc2blog_20160919025930850.jpg私は基本的に収集癖というものはないのですが、椅子がとっても好きなのです。これは「Chairs by Architects」という写真集で、建築家が作った椅子が建物と一緒に載っているのですが、眺めているだけでうっとりします。


2年前ダイニングテーブルを買った時に合わせて買った椅子(マルニ木工)はとっても高かったので2脚のみ購入。残りの椅子2脚はそれまで使っていたものをそのまま使っていました。

日本で買ってパソコン用の椅子として今も使っているセブンチェア、こちらで買うと2割くらい安いのですよ。その白いセブンチェアをダイニングテーブルに合わせて座ってみたら高さも問題なし。いつか買い替えようと思っていた2脚はセブンチェアに決定しました。色は迷ったけれど、うっすら木目が見えるカラードアッシュの黒にしました。

fc2blog_201609190258281c7.jpg互い違いに置いてみました。どうでしょう。丸いシートクッションはIKEAで5ポンドで買ったもの。白いセブンチェアに合わせている6000円の高級シートクッションよりなんだか心地よい。

しかし、椅子に座ってすぐ重大な失敗に気付きました。日本で買ったセブンチェアより座面高が高い!同じフリッツハンセン社のセブンチェアなのに、どーゆーこと?

よくよく調べたら、日本向けの製品は2.5センチ脚の短いものを作って出荷しているらしいのです。日本ではヨーロッパバージョンの座面高のものも手に入るけれど、逆は不可能。短足なトムと私は、椅子の座面高にはこだわりがあるというのに、何ということでしょう。1ヶ月もかかった取り寄せ商品なので返品も不可ですよ。

仕方ない、このまま使います。そのうち体が慣れるでしょう。そういえば、キーボードを使う時は、椅子は食事用よりやや高めがいいそうですよ。

fc2blog_201609190258541ce.jpg椅子と一緒に買った、アラビア社のムーミンマグ(赤いほう)。黄色いのはもともと持っていました。食器は高級なものとかお客さん用とか分けずに、普段からお気に入りの物を使う主義ですが、これはどうしても使えない。うちの今のキッチンシンク、食器を落とすと一発で割れるのです。すでに何枚割ったことか。
2015.06.17

造作家具

3つ作ってもらった造作家具のうち、ウォークスルークローゼットの扉はすでにご紹介したので、残りの2つをご紹介します。

fc2blog_2015061716404321a.jpg靴箱です。玄関から入ってすぐ左側、三和土ではなく、床を1段上がったところです。扉など見える所の素材はタモ材で、塗装はオスモオイルのホワイトです。偶然にもフローリングと同じ塗装。靴箱の上の部分の壁に間接照明が仕込まれていて、それを生かすために上段と下段に分かれています。上段は壁との間に隙間があって、上からの光がそこを通るようになっているのです。これは施工者さんのアイデア。ゆったり並べて48足収納できるので、持っている靴はだいたい入りました。ブーツと冠婚葬祭用の靴は隣りのクローゼットに置いています。

fc2blog_20150617164115215.jpg下段は両側の扉裏に収納を作ってもらいました。スリッパと傘を引っ掛けられます。ディノスでこんな靴箱を見かけてアイデアをいただきました。とっても気に入っています。


fc2blog_20150617164150ca5.jpgこれは洗濯機上の収納扉です。もともとは可動式のオープン棚だけだったのですが、洗剤類やタオルは隠して収納したいので。水まわりなので、メラミン化粧板です。DIYが得意な人なら自分でも出来そうだけど、少しのお金で気になることが解決して生活がより快適になるなら、悪くないかな。


仲良しっぽい感じのたまちゃんとパニャ。こうして見ると親子みたいです。

fc2blog_201506171642242a1.jpgfc2blog_201506171642533f8.jpg

2015.06.05

キッチン

まだまだインテリアネタが続きます。今日はキッチンをご紹介。

fc2blog_20150605192128fd5.jpgでーんとフルフラットのアイランドキッチンです。そのうえ、玄関からキッチンにかけて床が15センチ高いので、すごい存在感です。アイランドキッチンって、夫と2人でキッチンに立ったり人を呼んでおもてなししながら料理ってイメージですが、いつもポツンと1人で料理しています。でもテレビは真正面にあって野球中継を見ながらの料理は快適だし、窓から川も見えるし、うちで1番の特等席かもしれません。流し台そのものはタカラスタンダードのものをもとに造作したみたいです。カウンターそのものは幅220センチなのでそれほど長くありません。ただ奥行は100センチもあります。写真にはありませんが流し台の扉は紺色です。白だと良かったのに。

fc2blog_20150605193009e37.jpg壁側のカウンター収納は幅が4メートルくらいあります。吊り戸棚はないけれど、今まで使っていた食器や調理器具が余裕で入りました。カウンタートップも人造大理石なので調理台として使えます。こんな所に大きな絵を掛けているのは、他に壁面がないから。壁側に縦ラインが入っているように見えるのは、この継ぎ目部分のダボレールが埋め込まれているからです。1枚目の写真の左側の白い壁にも同じようにダボレールが埋め込まれているので、棚受けをつけて棚を設置したりフックをつけたりできます。実用的であり、縦ラインがアクセントになっていて面白いです。

fc2blog_20150605192251e5b.jpg珍しいパニャのヘソ天寝姿です。ベッドに横になった私の脇にスッポリ入ってきました。うちに来たばかりの頃に比べるとずいぶん食欲旺盛になって、少し体が大きくなったような気がします。

2015.05.30

間接照明

日常生活では特にネタがないので、インテリアネタが続きます。興味のない方、スミマセン。

新居にはもともと間接照明があちこちに仕込んであります。玄関の靴箱の上、キッチンの壁側、窓のカーテンレールの横まどなど。その他自分で3ヶ所にダウンライト的な小さなシーリングライトを付けましたが、必要な所しか電気を付けないので夜はとってもムーディーです。むしろ暗すぎるかもしれません。

fc2blog_201505302053074d1.jpgテレビの横に柱の出っ張りによる窪みがあって、そこに猫トイレボックスを置いています。その上にフロアライトを置いてみました。深澤直人さんデザインのmodifyシリーズのものですが、最近無印良品でも扱いが始まったので、良品週間の時に買いました。最近知ったのですが、深澤さんは無印良品のデザイナー兼アドバイザリーボードメンバーなのですね。うちの家電はほとんどが無印。ダイニングのテーブルとチェアも深澤さんデザイン。相当彼のデザインが好きみたいです。このライトは特にトムのお気に入り。完全な球体が美しいです。

fc2blog_20150530205337617.jpg暗くなって灯りをともすとこんな感じ。部屋の隅に灯りがあると、広がりが感じられます。このライトは夜になると必ずつけています。


fc2blog_2015053020541010c.jpg夏用の新しい猫ベッドは大人気。2匹が代わる代わる使っています。
2015.05.25

猫の脱走対策とフローリング

前のマンションではあまり窓を開けなかったし、開けるとしたら引き違い窓ではなくて、押して開けるタイプの縦長の小窓だったので、猫が窓から出て行く心配はなかった。

その昔、一戸建てに住んでいた時はすべての引き違い窓に網戸ロックを付けていた。防犯対策にもなるし手軽で使いやすかったけど、使う時には片側の窓を全開にしないといけないのが難点。ちょっとだけ窓を開けて風を入れたい時には意味がなかった。

fc2blog_20150525155634ec7.jpg色々調べたけれど、結局ごく一般的な窓ロックを採用。猫飼いの人の使用率も高い。


fc2blog_201505251557012d3.jpgバルコニーに面している掃き出し窓はともかく、腰高窓の場合は猫がタックルして網戸ごと落下することもあり得るので、留守にする時は窓ロックを使っても猫が絶対通れない幅しか開けない。うちの猫たちは全然アグレッシブではないので、頑張ってドアや窓を開けるようなことはしないのだけど、念には念を入れて。


fc2blog_20150525155733665.jpgうちのフローリングはこんな明るい色。オークの突き板で、「オスモホワイトオイル塗装うずくり仕上げ」というもの。今まではダークな色の床が好きでできるだけそういう床の家を選んできたけれど、今のこの床をとっても気に入っている。意外と水にも強く、前のマンションの床と違って静電気も起きない。AURO社の天然床ワックスでお手入れしている。

赤味も黄味も抑えめで、色々な素材や色の家具と合わせやすい。初めてこの床を見た時、あえてナチュラルできれい系のインテリアではなくて、黒のスチールとかウォルナットを合わせて少し男前なインテリアにしたほうが映えそうだなと思ったので、その方向を目指している。

そしてこの床はうちの猫たちの白い抜け毛も全然目立たない!目立たなさすぎて掃除が難しいくらい。どこまで掃除機をかけたかすぐわからなくなるので、今まで以上に時間をかけて丁寧に掃除するハメになってしまった。