FC2ブログ
2020.09.29

イギリス出国当日

日本は季節が移ろうのが早いですね。久しぶりの日本の夏に耐えられるか心配でしたが、ものすごく暑かったのは1ヶ月くらいで、あっという間でした。

さて、イギリス出発当日です。

fc2blog_20200929135930e14.jpg航空便で運んでもらう予定の荷物を手荷物で預けることにしたので、預け荷物は11個。キャリーバッグをそれぞれ一個ずつ機内持ち込み、さらに猫のケージが2個。会社が手配してくれた車は、いつも空港に行く時に利用しているタクシー会社のセダン1台、ワンボックスカー1台、2名の運転手さんとヘルプの男性1名。何度もお世話になった運転手さんたちと、ハグも握手もなしに手を振ってお別れしました。

どんどん減便されているこの状況で、今日の便を逃したらいつ帰国できるかわからない、ということで、早めに出発したら、飛行機の出発時間の5時間くらい前に空港に着いてしまい、チェックイン開始までカウンター前でずーっと待つことになりました。私たちと同じく、日本に帰任するために沢山の荷物を持っているファミリーも数組。

fc2blog_20200929140025f1b.jpg猫たちはカウンター前でずっとこの状態。かわいそうだったね。


チェックイン後も、猫を預けられるのは出発の2時間前くらいということで引き続き待機。やっと呼ばれてカウンター裏の事務所が並ぶ暗い廊下の先の小部屋へ。そこで猫を一度ケージから出してBAのスタッフがケージをチェックした後、そのままそこで猫たちをお別れとなりました。その小部屋の向こうはすぐ空港のランプだったのです。検査の間、猫は私が抱っこしていましたが、脱走の心配のない小部屋で良かった!ただ、そこでもずいぶん待たされたし、スタッフの愛想はないし、なんとなく不安が煽られました。

猫とお別れした後は、セキュリティチェックを済ませ、とりあえずラウンジへ。出発ロビー内はブランドショップも飲食店も全部閉まっていて、とても営業中の空港とは思えない雰囲気。ラウンジ内の食事もかなり制限があったし、時間もほとんどなくなっていたので、コーヒーだけ飲んですぐゲートに向かいました。

飛行機に乗ったら、すぐCAさんを呼び止めて、猫がちゃんと搭載されたかどうか確認。もうあとは猫のことを心配しても仕方がないので、のんびり過ごしました。帰国の時はだいたい映画4本、ドラマ2本くらい観ます。いつも満席のロンドン便ですが、その日は2〜3割空席でした。

羽田空港に到着したら検疫前に臨時のカウンターがあって、質問表のような物を出すのですが、そこがずいぶん混んでいて大変な密。その頃はまだ日本はいろいろ甘くて、ソーシャルディスタンスを保って並ぶような案内もなかったです。ただ既にロックダウン中のイギリスからの乗客だけに、みな狭い場所ながらも人との距離を取るように努力していました。

サーモセンサーにも引っかかることなく無事通過。トムと2人でガッツポーズ!疲れるとすぐ熱が出るのでここが一番心配でした。

検疫で時間がかかったので、ターンテーブルに着いた時には、猫たちはカートに載せられた状態で係員の方たちと一緒にいました。2匹とも元気にニャーニャー鳴いています。大量の預け荷物をトムがピックアップしている間に、私は猫を連れて動物検疫へ。羽田空港の動物検疫は荷物を引き取る税関内にあって便利です。動物検疫の方はとても低姿勢で、手続きも大変スムーズでした。

公共交通機関が使えず、知り合いや家族に迎えに来てもらうかレンタカーを使うしかない状況でしたが、トム兄がワンボックスカーで迎えに来てくれて助かりました。車に載らない荷物は宅急便で送り、みんなでレジデンスホテルに向かいました。

ホテルに着いて、猫トイレや簡易ケージをセットして、やっと一息。たまちゃん、パニャ、よく頑張ったね。ありがとう。と言いつつ、美味しいごはんを食べさせたあと、すぐ2匹を洗いました。おしっこ臭い体でホテルの綺麗な部屋をウロウロさせるわけにはいかないからね。パニャは生まれて初めてのお風呂でしたよ。

その日の夜は、久しぶりにぐっすり眠れました。みんなで無事帰ってこれてよかった。本当によかった。
2020.09.09

帰国直前の日々のあれこれ

3月半ばに、トムが勤務するマーロウのオフィスはクローズになり、全員自宅勤務になりました。スターバックスも席を間引きして営業するようになり、数日後はテイクアウトオンリーに。スーパーからトイレットペーパーは消え、お肉や卵も手に入りづらくなってきました。

その1週間後、帰国の1週間前には英国は完全にロックダウン。一日一度の運動や、最低限の買い物以外の外出は禁止。スーパーは人数制限をしており、店内に入れるのは1世帯1人のみになりました。レストランやカフェはすべてクローズ。幸いうちは引っ越し直前で、家にあるストックをせっせと消費している段階だったのでそれほど困ることはありませんでした。

以下、ロックダウンのせいで、引っ越しに関して変更せざるを得なかったこと、困ったことなどを箇条書きで記します。


・最寄りの郵便局がクローズになり、どこの郵便局なら開いているのかという正確な情報も出ていなかった。インターネット会社に借りていたルーターを返却するのに、開いている郵便局を探し回った。銀行は平日3日くらい、時間短縮で営業していた。

・日本に持って帰らない家具類で引き取り手が見つからなかったものをチャリティショップに寄付することにし、引き取りのトラックの予約をしていた。数が多かったため、1週間に1回ずつ、3回に分けて取りに来てもらうことになっていたが、2回目の引き取り時、コロナ感染予防のため家に入れないので家具類を自分で玄関の外に出してくれと言われ、3回目には引き取りに行けないと言われた。仕方ないので、ベッドなど最後に引き取ってもらう予定だったものは引っ越し屋さんに急遽処分してもらうことになった。

・その引っ越し屋さん、集まって作業するのは2人までと言われているとのことで、2人しか来てくれなかった。荷づくりは自分で完璧に終えていたが、予定よりずっと時間がかかった。

・引っ越しの荷物は、航空便と船便と別々に準備していたが、この状況なので通常は日本に入国後1週間後くらいに届く航空便もいつ届くかわからないと言われ、航空便で送る予定だった荷物のほとんどを手荷物にした。

・引っ越し作業、荷出しは帰国の2日前で、その後はホテルに泊まる予定だった。もともと予約していたホテルから宿泊予定の1週間くらい前に、ホテルをクローズすることになったと電話があった。急いで猫OKのホテルを探して予約してホッとしたのも束の間、すぐまたそのホテルもクローズすると連絡があった。住んでいた家の契約はまだ残っていたので、何もない家で2泊した。枕と掛け布団は手荷物で持って帰る予定で手元にあったので、それだけでもラッキーだった。

・日本に帰国後2週間の自宅待機が必要になったため、急遽帰国直後の滞在先を見直すことになった。猫は空港から自宅マンションに直接運び入れ、倉庫からの荷物が届くまでの4日間は、自宅近くのホテルから自宅に通って猫の世話をする予定だったが、そんなに出歩くのはまずいだろうから猫と一緒に泊まれるホテルを探した。猫2匹OKというところはなかなか見つからず、結局4年前の渡英時に1泊したアパートメントホテルの系列の宿泊施設にした。3ベッドで5万円ほどの部屋しかなかったが、空いているせいか2万円にしてくれた。

・荷出しの後もインベントリーチェック(大家さんやエージェントと家の中などを確認する)ができず、家の鍵は空港に向かう途中に不動産屋さんのポストに入れた。最後の1週間はゴミ収集もなかったため、家のゴミ箱も満タン状態。数日後に新しい入居者が入る予定だったけど、どうなったのだろう。大家さんからは、後日、家を綺麗に使ってくれてありがとうというメールがあった。

思い出すままに書きました。当時は何かあるたびに、あぁどうしよう〜と青くなっていましたが、終わってみるとなんてことないですね。無事に帰国できたので、問題なし。

fc2blog_202009031059538ac.jpg引っ越しの数日前に見た、近所の公園のソメイヨシノです。今年は開花が早かった。
2020.08.24

帰国しました。

大変ご無沙汰しております。

ブログをずっと放置しておりましたが、トムのイギリス駐在が終わり3月末に日本に帰ってきました。

イギリス国内がロックダウン状態になった約1週間後に引っ越し、日本帰国後は2週間の自宅待機中に緊急事態宣言が発令されました。日本への引っ越しという人生の大きな転機と、新型コロナウィルスによる世界の変化が同時に起こったので、イギリスでの生活がすべて遠い夢の中の出来事のように感じます。

帰国にまつわるあれこれは、思い出すだけで胸が痛くなるようなストレスの連続でしたが、最近やっと振り返る余裕ができたので、今後少しずつ書き残していきます。

今日はとりあえず、初春の肌寒い時期に早くもサマーカットにされてしまったタヌちゃんの写真を。

fc2blog_20200528142813d78.jpgバリカンで適当に仕上げられたザンギリカットが寒々しい。


fc2blog_20200528142847268.jpg引っ越し前には毎日うちに遊びにくるようになっていた。


fc2blog_202005281429195e9.jpg私の膝の上でくつろぐタヌちゃん。


タヌちゃん、元気にしてるかな。突然私たちがいなくなって、寂しい思いをしていないといいな。
2019.12.09

イルミネーション点灯イベント

11月の話になりますが、マーロウのハイストリート(目抜き通り)のイルミネーション点灯イベントがあり、見に行ってきました。どうやら毎年この時期に行われているようです。

全長300メートルほどのハイストリートが車両通行禁止になり、綿菓子を売る小さな屋台が出たり、雪を降らせるマシンなどもありました。

fc2blog_201912100021475c1.jpg写真は地元の情報サイトから拝借。マーロウでこんなたくさんの人を見たのは初めてかもしれません。今年の点灯スイッチを押す人は、マーロウ在住20年のおじさんマルチタレント。バスの上で少々のトークの後、カウントダウンをして、スイッチが押されました。


fc2blog_20191210002031554.jpgイベント後、人がいなくなってから撮った写真。


そう、これだけなのです。イベントのわりにイルミネーションは超地味。点灯の瞬間、さすがに歓声はそれほど上がらないけれど、穏やかに拍手をし、あっという間に解散。雰囲気を楽しむという言葉がぴったり。みなさん、大人だわ。

12月になり、うちでもささやかなクリスマスの飾りつけをしました。年の瀬が近づいてきましたね。
2019.11.02

ラグビーワールドカップを満喫

終わってしまいましたね、ラグビーワールドカップ。

結局合計6回、パブに試合を観に行きました。そのうち3回はひとりで。

決勝はトムと一緒に近所のパブへ。最初、その前の週末に行った賑やかなスポーツバーに行ったら、試合が始まる30分も前なのに、もう座る場所がなかったのです。それどころか立ち見もままならないほどの混雑ぶり。近所のパブはいつもどおりひっそりしていました。そうは言っても、周りはみんなイングランドを応援。私は表面的にはイングランドを応援するフリをしつつ、心の中では南アフリカを応援。背番号10のキックする人、イケメンよね。

基本的なルールさえ怪しい私でも、ラグビー観戦はとても楽しめました。トムが小さいせいか、どのチームでもついスクラムハーフに注目してしまう。ちっこくて動きが面白い。ラグビーは色々な体格や能力がある人が、それぞれ力を発揮できるポジションがあっていいな。

私は各国のユニフォームも気になりました。ジャージのメーカーはこんな感じ。

ウェールズ アンダーアーマー
南アフリカ、オーストラリア アシックス
イングランド カンタベリー
ニュージーランド アディダス
日本 カンタベリー

ニュージーランドはカンタベリーじゃないんだ!南アフリカはアシックス!

各メーカーがどんな営業をしたのかとても興味があります。

fc2blog_20191104203030c8b.jpgこれはイングランドがニュージーランドに勝った日の試合前。準決勝とはいえ、この後たくさんの人が押し寄せました。ちなみにこちらは朝9時試合開始でした。
2019.10.13

ラグビー観戦

ラグビーワールドカップの日本戦を2週連続、近所のパブで観戦してきました(うちのテレビでは映らない)。

よく行っている、うちから徒歩2分のパブです。

fc2blog_20191015024522f61.jpgこれは先週の日本対サモアの時の写真。こちらでは午前11時半試合開始。11時開店のパブは静かでした。みなさん、その前に行われたイングランド戦を自宅や、もっと早くから開いているパブで観ていたのでしょうか。お客さんはほとんどいないし、サモア戦だし、ランチのサンドイッチを食べながらかなりリラックスして観戦できました。

そして今日のスコットランド戦。

トムは長期出張でいないので今度は一人で同じパブに参戦。イングランドとスコットランドは仲が悪いとはいえ、アウェイ感があって緊張します。写真に写っているテレビのすぐ前の席で、とりあえずラテだけ頼んで静かに試合が始まるのを待ちました。途中でお店のラグビー好きのお兄さんがテレビの音量を上げてくれました。

異国のパブでひとり、君が代を聴きながら込み上げてくるものがあります。泣きながら君が代を熱唱する日本人サポーターの姿がテレビに写し出されました。我が同胞よ。

試合が始まって程なく、背後の入り口から複数のお客さんが入ってきました。スコットランドのサポーターだったらどうしようなどと思いながらも試合に集中。でもなんだか会話が妙に耳に入ってくるのです。そう、まさかの日本語!

振り返ったらずぶ濡れのランニングウェアを着た男性3人組。思わず二度見した後、「日本の方ですか?」と聞いてしまいました。だって日曜日のお昼、マーロウのファミレスみたいなパブですよ。

聞いたところによると、ロンドン在住の駐在員の方々で、何回かに分けてテムズ川走破を目指し、今それを果たし終えてここに来たとのこと。今日だけで30キロくらい走ってきたそうですが、ちゃんとラグビーの試合開始にこのパブに来れるよう調整したもよう。なんだか色々すごいっす。こんな話はハーフタイムの時に聞きました。

日本人仲間が増え、一気にアウェイ感がなくなり、得点時には小さく拍手したりもしました(1人だったら無理ー)。後半は奥歯を噛み締めるような攻防が続きましたが、見事日本は勝利。異国の地で、日本ラグビー界の歴史的瞬間を目にするのはなんだか不思議な感じもします。アメリカにいるトムもホテルのロビーにあるテレビで観戦できたようで(試合開始は深夜3時45分)、試合後に喜びを分かち合いました。

勝ったということは、来週末も試合があります。トムはまだ帰ってこないので、また1人であのパブに行くのか…。相手がイングランドじゃなくて良かった。
2019.07.23

ある日の公園

マーロウはお天気の良い日が続いています。普段は真夏でもせいぜい25℃くらいですが、今日からの3日間はなんと30℃超えです。日本に比べたら湿度は低いのでそこまで不快ではないのですが、なにせイギリスの家にはクーラーがない!うちには扇風機もない!暑がりの私にはちょっと辛いです。夜寝る時にはアイスノンを愛用しています。

先週の日曜日、いつものようにトムと川沿いの公園を散歩しました。

fc2blog_201907232255259a1.jpg船のピザハウス。タイル貼りの可愛い釜で焼いてくれます。その場で生地を練っていました。週末時々マーロウの川辺にやってきます。美味しそうだけど、トムはチーズがアレなので。


fc2blog_201907232255489f8.jpg公園内の広場ではクリケットの試合中。マーロウでインド系の人を目にすることは少ないのに、ほとんどの選手がインド系。いくら見ていても、全然ルールがわかりません。