FC2ブログ
2020.09.03

猫をイギリスから日本に連れて帰るための手続き

まずは、猫のイギリスから日本へ連れて帰るための手続きについて書こうと思います。実際の体験談など、具体的な情報がほとんどなくてとても苦労しました。万が一、私の体験談を手続きの参考にされることがありましたら、必ず最新の情報をご確認くださいね。

日本への輸入に必要な手続きというのは、11年前にアメリカからの帰国の時に経験しました。マイクロチップ、狂犬病予防接種、抗体価検査、それらを証明する書類。それに関しては日本の動物検疫のHPに詳しくわかりやすく書いてあるので省きます。イギリスから帰国する場合も基本的には同じです。日本の動物検疫の方は親切でとても対応がいいので、何も心配いりません。

唯一違うのが、日本が要求する「輸出国の証明書」として、多くの国は日本の動物検疫所が作ったForm ACという書式を使うのですが、イギリスは独自の書式を使うのです。それが、Export Health Certificate(EHC)というもの。

APHA(Animal & Plants Health Egency)というのが、日本でいう検疫のような役割をする政府機関ですが、まずそこに Export application(EXA)とEHCをメール添付で送ります。日本に事前届出をした後に送付される届出受理書に書いてある受理番号を記入する欄がEHAにあるので、日本への事前届出を済ませた後ということになります。

EXAに自分が指定する獣医さんの名前や連絡先を書く欄があります。それは出発直前にヘルスチェックをして書類を仕上げてくれる獣医さんなので、基本的には行きつけの獣医さんですね。APHAが認めるOfficial Vetでなければならないとのことですが、多分普通に動物病院で勤務している獣医さんはOfficial Vet なのではないかと思います。私はフライトの2日前に動物病院の予約を取り、その日に担当の獣医さんがいるか確認したうえで、EHAにその獣医さんの名前を書かせてもらうことを伝えておきました。

EHCは4枚綴りですが、1枚目だけを埋めて、残りは空欄のまま、APHSに送ります。手書きはダメで、PDFファイルです。ごく最近、この申込手続きをオンラインでできるようになったようです。アカウントを作るのに必要なものがちょっと面倒くさそう。

あとはフライトの1週間前くらいに、紙になったEHCがAPHSから指定した獣医さんのもとに郵送されます。ちゃんと送ってくれるのかとっても心配。動物病院に事前に連絡して、届いたら連絡してくれるようお願いしておきました。実際は10日前くらいには届きました。

EHCの2枚目以降は獣医さんが手書きで埋めるのですが、マイクロチップ、狂犬病予防接種、抗体価検査の結果についてなど、記入する量は膨大です。あらかじめ、必要な証明書類のコピーを獣医さんに渡しておいて、時間がある時に書いておいてくれるよう依頼しておきました。

フライト2日前のヘルスチェックの時には、その内容に間違いがないかよく確認しただけです。EHAの4枚目は飛行機への搭載の際のケージなどに問題がないか確認してサインする、というものなのですが、搭載当日に見てもらうのは難しいので、その時に確認してもらいました。この4枚目に関して揉めることが多いようですが、私はうまく言いくるめました。ちなみに、簡単なヘルスチェックと書類作成費用は2匹で約5万円。

アメリカからの帰国の時には、Form ACに政府機関の獣医官の裏書きをもらわないといけなかったので、引っ越し前の忙しい時に遠い事務所まで出向いたものですが、イギリスはOfficial Vetが政府機関の獣医であり公印も持っているので、裏書きは必要ありません。全部の署名を1人の獣医さんにお願いしました。

EHCを羽田空港の動物検疫所にメールで送り、内容を事前に確認してもらって、やっと一安心でした。その時に、出発まであまり時間がないことを伝えたら、1時間ほどで確認完了のメールが来ました。

ヒースロー空港のJALのカウンターでも、書類の提示を求められました。

半泣きで書類をビリビリ破り捨てる、というようなこともありました。HPの説明は簡潔過ぎてわかりづらいし、獣医さんも経験がないし。でも今となってはすべてに感謝です。羽田空港の動物検疫は、預けた手荷物を引き取るエリアの端にあり、手続きはスムーズに終わりました。アメリカから帰国した時にも同じ言葉を掛けられたのですが、検疫の方が「動物検疫にご協力くださり、ありがとうございました」と言ってくださるのです。色々大変だけど、この一言で苦労が報われたと感じます。

fc2blog_20200903105916bc2.jpg秋から冬にかけて、マーロー界隈は雨が多かったのですが、3月はお天気が良かったです。

日向マニアのたまちゃん。


2020.02.17

愛しのタヌちゃん

前の投稿に書いたロン毛の猫ちゃんとすっかり仲良くなりました。

fc2blog_20200217233350161.jpgfc2blog_20200217233414aad.jpg


こういう長毛鼻ペチャの猫って馴染みがなかったのですが、ファニーフェイスで可愛い。ブルーアイの女の子です。大きく見えるけど、抱っこすると5.5キロのたまちゃんより軽い感じ。人懐っこくて、撫でるとゴロゴロブーブー言います。扉を開けると当たり前のように家の中に入ってきます。


fc2blog_20200217233439d13.jpg女の子同士だからか、あまりいい雰囲気ではありません。タヌちゃんがシャーっと言っていました。


どこの家の猫か確認は取れていませんが、2日に1回くらい遊びに来ます。気配を感じてふと外を見ると、いつのまのかいるという感じ。雨上がりで下が濡れている時も気にする様子はなく、ロン毛を風になびかせて佇んでいるタヌちゃん。すっかりうちのアイドルです。
2020.01.11

猫にまみれて

私は夏でも冬でも、こんな感じで猫にまみれて寝ています。私が布団に入った瞬間にこの状態になります。

fc2blog_202001120319029e1.jpg猫に囲まれて幸せ。猫可愛い。
でもね、そのうちすごく暑くなるのです。朝まで両腕をがっしり抑えられているので寝返りも打てない。掛け布団を蹴飛ばして脚を出すくらい。毎晩汗だく。朝起きたら体がコチコチ。でも、どいてって言えないよね。


最近、庭に猫が遊びに来ます。

fc2blog_202001120321208d2.jpgfc2blog_20200112031951e46.jpg


狸みたいに大きくてロン毛で目がブルーの猫。人懐っこくて、家に入ってきそうになります。イギリスは意外と外と中の両方で飼われている猫がいます。野良猫は見たことありません。

こんなに大きい猫でも完全にフェンスで囲まれたうちの庭に入ってきてびっくり。木のドアの横板に手をかけたり、ゴミ箱に乗ったりしてフェンスを越えていきます。庭で何をしているのかというと、写真にも写っているシュッとした長い葉っぱ(ススキみたいな植物)を齧っています。きっと猫草代わりね。
2018.11.28

床暖房が直ったら。

うちの暖房は床暖房です。洗濯機のあるユーティリティルームとボウラー室以外、部屋の隅々までポカポカになります。メインスイッチはなく、設定してある室温を下回ると自動的に暖めを開始する仕組みです。

だから気付かなかったのです。いつのまにか床暖房が壊れていたことに。

気付いたのは寒くなってから、9月の終わり頃。室温が低くて暖房中マークが表示されているのに、ちっとも暖かくない。なかなか見に来てもらえなかったうえ、一時帰国もあったので、結局完全に直ったのは11月の半ば。つい2週間前です。

外に出て歩いていたら意外と寒くないものですが、家の中でじーっと座っているとふくらはぎから下がジンジンするほど冷える冷える。この家に引っ越してから全然使ってなかったヒートテックの極暖タイツを引っ張り出してレッグウォーマーまで付けていました。

かわいそうだったのはやっぱり猫たち。

fc2blog_20181129021259ddd.jpgパニャは赤い袋状のフリースに入ったきりごはんの時以外は一日中出てきません。たまちゃんもずっと同じ場所で寝てばかり。


fc2blog_20181129021322734.jpg床暖房が直って部屋が暖かくなった途端、猫たちは活動的になりました。寝場所もいろいろ。あちこちの床でゴロゴロ。この写真はソファーの下で寝るパニャです。今までそんな所で絶対寝なかったのに!


暖かいって本当に幸せなことですね。今は私もすっかり薄着になって、機嫌も良くなりました。
2018.10.10

新しい爪とぎ

fc2blog_2018101002425472a.jpgこの爪とぎ、いつからうちにあったかな?うめこも使っていたような気がするので、6年以上前?うちの猫たちはみな良い子なので、教えなくてもちゃんとこの爪とぎを使います。寝起きでガリガリ、食後にガリガリ、トイレの後にガリガリ。

さすがにポールに巻いてある麻縄が外れてボロボロになってきました。うちの猫たちは麻縄が大好き。こんなふうに背の高い、似たような形の爪とぎがあるかしら、と思ってペットショップに行ったらありました!


fc2blog_20181010024322d3e.jpgポールは2本を継ぐタイプで、前のものより長くなります。シマシマ模様も可愛い。もともとの爪とぎがあった位置に置いたら、すぐ使ってくれました。背伸びして爪をとぐ猫の姿は本当に可愛い。これは何年もつかな。


猫といえば、喫茶店のシャノアールグループで時々やってるふちねこキャンペーン、今はハロウィーンバージョンですね。私が日本にいたら、絶対ベローチェに足繁く通うに違いない。
2018.09.28

スコットランドの柴犬

ついにエディンバラで柴犬を発見!

以前ランニング中ホリルードパークで遠目に柴犬を見かけたことはあるのですが、それ以降エディンバラで柴犬に出くわしたことがありません。秋田犬は時々見かけるのですけどねぇ。

先日クリーニング屋さんに行く途中、大きい交差点で信号待ちをしていたら、斜向かいの角で同じく信号待ちをする柴犬の姿を発見。あのくるりんと巻いた尻尾、間違いない!

大急ぎでクリーニング屋さんに衣類を預け、その柴犬を探したところ、200メートル先をうちの方向に歩く飼い主さんと柴犬が。ダッシュで坂を下り、やっと追い付いて、息を切らしながら話しかけました。私の勢いに圧倒された飼い主のおじさんと振り向く柴犬。

fc2blog_20180928042906a3c.jpgfc2blog_20180928042933738.jpg


きゃわゆい。しかも子犬ですぞ。鼻黒なので男の子っぽいですが、ベラという名の女の子でした。まだまだトレーニング中なのでやんちゃなところもまたかわゆし。

また会いたいと願っていますが、再会は叶っていません。毎日犬はたくさん目にするけれど、やっぱり柴犬は良いのお。
2018.09.02

パニャの抜歯

パニャは元々歯が弱く、推定4歳でうちに来た時にはすでに成猫30本のうち、16本しか残っていませんでした。さらに3年前に悪くなった歯を3本抜いて、今は残り13本になっています。

fc2blog_20180903032518dc6.jpg最近パニャの左上の犬歯(?)がどんどん伸びて(というか歯茎が緩んで)、唇の下に当たるようになってきました。そしてついにこんなふうに唇の下の皮膚を傷付けるまでになってしまったのです。先日抗体価検査で動物病院に行った時にも、そろそろ抜いた方がいいかもしれないと言われていたので、この歯を含め、口の中を診てもらうことにしました。

簡単に診てもらった後、あらためて予約をし、朝一番にパニャを預けに行って、待つこと半日。

「もう歯茎もダメになっていて、全部抜いた方がいいのだけど、それでもいいか?」と電話がかかってきました。歯がなくても食事はできることはわかっていたのでもちろんOK。

fc2blog_20180903032554b60.jpg歯抜けになって帰ってきたパニャ。前日夜からごはん抜きだったので、抜歯直後なのに食欲旺盛。とっておきの日本の缶詰をあげました。


fc2blog_20180903032726c90.jpg全身麻酔と関係あるのでしょうか。いつも黒目が小さめのパニャですが、瞳孔が開いて、黒目がちの可愛い目になってます。翌日にはいつも通りに戻っていました。


歯はなくなったけど、あいかわらず子猫のように愛らしいパニャ。ちゃんとカリカリも食べるし(前から少しずつしか食べない)、食欲もあるし、むしろ安心しています。お口も臭くなくなりましたよ。