2017.09.13

待つ犬

私がよく行くスタバも並びにバギー専門店があります。その店の営業時間中にいつも店の前にいる黒い犬。

fc2blog_20170914002801621.jpg基本の姿勢。シャキーンとお座りしていることが多いです。隣りは私もお気に入りの小さなブルコギ屋さんですが、その間に座るという絶妙なポジション取り。いい匂いがするもんね〜。


fc2blog_20170914002900437.jpg疲れたらこんな感じ。飼い主と思われるこの店のオーナーはいつもバックヤードにいるらしく、表からはその姿は見えません。犬の名前を聞きたいんだけど。


fc2blog_2017091400293571d.jpg店の入口から2メートルほどずれて、日向ぼっこ中。ポカポカだねー。


fc2blog_20170914003000385.jpg雨が降ってるのにシャキーン。ブルコギ屋さん寄りのポジション。なるほどね。


fc2blog_20170914003027048.jpgくつろぎ中。お天気はイマイチだけど。


fc2blog_20170914003053e42.jpgん?私のこと覚えてくれた?
今まで声をかけても姿勢を崩さず、あまり相手をしてくれなかったのに、尻尾を振って近寄ってくるようになりました。かわいいなぁ。鼻の周りの毛がかなり白くなってて、かなりおばあちゃん犬だね。これから仲良くしようね。
2017.08.01

うちのブランケットキャッツ

重松清さん原作のNHKドラマ「ブランケットキャッツ」観てますか?

西島秀俊と猫なんて、これ以上ない萌え萌えな組み合わせ。

うちのブランケットキャッツも見てください。パニャほどブランケットキャット感のある猫は他にいないと思います。

fc2blog_201708010146407b0.jpgfc2blog_201708010147130fe.jpg


fc2blog_2017080101475696d.jpgfc2blog_20170801014837c97.jpg


fc2blog_20170801014916995.jpgfc2blog_2017080101494899c.jpg

2017.06.27

猫写真

引きこもり気味でネタがないので、うちの猫写真を。

fc2blog_20170627054318626.jpgうちで唯一のダイナマイトボディー、たまちゃんの魅力的なポヨポヨお腹。
どう?顔を埋めてみたいでしょ。


fc2blog_20170627054400735.jpg自分のお気に入りの袋型猫布団をたまちゃんに奪われ、なんとか取り返したいパニャ。
いやいや、その状態で中に潜るのは無理でしょ。


fc2blog_201706270544259c3.jpg真ん中の窓の中の小さな白い塊。
そう、猫用見晴らし台でウトウトしているパニャです。


fc2blog_20170627054447240.jpg夜中にトイレに起きた私。
布団に戻るとこんな感じ。猫まみれで幸せ。


fc2blog_2017062705450978d.jpgうちの猫たちは布団乾燥機が大好き。音がしようと風が出ようとなんのその。
「あったかいニャン。気持ちいいニャン」
お願いだから、温風の出口を塞ぐのはやめておくれ。

2017.05.12

留守中の猫たち

8日間の旅行中、猫たちはペットシッターさんに世話をしてもらった。去年の暮れにロンドンに行った時にお願いしたフィオーナだ。このブログでも猫の世話をして下さる方を募ったことがあるのだけど、残念だがら反応ゼロだったもので。

フィオーナが体も声も大きい女性で、うちの猫たちは彼女は来ると一目散に姿を消すが、まあ仕方ない。ペットホテルに預けるよりずっと安心だ。

家に帰ったらこんな感じ。

fc2blog_20170512234807ae6.jpg2匹で仲良く掛け布団の中。

フィオーナの置き手紙によると、彼女が来た時にはいつもこの状態だったので、一応毎回布団をめくって無事を確認したらしい。


私たちが帰った時にもフィオーナが来たと思ったらしく、慌てて布団潜り込んだ様子。久しぶりに私の姿を見て動揺したのか私のことを思い出せなかったのか、しばらく布団の中で怯えていた。

とはいえ、フィオーナがいないほとんどの時間は2匹でのびのびしていたらしく、普段乗らない本棚の上に毛が落ちていたり楽しく遊んだ形跡があちこちにあった。長い留守のお詫びに、とっておきの日本の美味しい猫缶とおやつをあげた。

ところで、以前今の家の床暖房の温度コントロールができないことを書いたことがあると思うが、数日前にやっとやっと全てが解決した。エンジニアは全部で4人来たが(それぞれ違う会社の人)、最初の3人はまったく使いものにならない、コントローラーの使い方さえ理解していない人たちであった。4人目の人はうちに来た瞬間、何もかもを理解してくれ必要な処置をしてくれた。室温を感知するセンサーの調子が悪かったのと、一部屋はサーモスタットそのものが壊れていた。

おかげで今はすっかり快適。あとは時々お湯がぬるいのさえなんとかなれば…。
2017.04.20

たまちゃんの愛

fc2blog_2017042018420971b.jpgfc2blog_2017042018413707c.jpg


たまちゃんは私にはこんな甘えた顔を見せる。トムがいる時にはありえないくつろいだ表情。

4年と少し前、野良猫→保護猫→を経て、推定5歳でうちにやってきたたまちゃんは、それはそれはまったく人馴れしておらず、人前に姿を現わすことさえ稀だった。少しずつ少しずつ心を開き、1年半くらい前からは私と一緒にベッドで寝るほどまでになった。

今はトムが眠りについた瞬間に走ってベッドにやって来て、朝まで私の腕枕で寝ている(もちろんトムとは反対側の腕)。ベッドに来てすぐ、自分の顔を私の顔にスリスリしまくる。

顔を毛まみれにされながらも、毎晩ジーンとして涙が出そうになる私。あのたまちゃんがこんなに私を信頼して愛情を感じてくれている。たまちゃんを引き取って良かった。心からそう思う。

成猫から飼い始めても、こんなふうに猫って変わるもの。もちろん犬も同じ。小さな脳みそで何を考えているのだろう。

パニャがたまちゃんと仲良くできるようになったのも然り。これも時間がかかったけれど、ちゃんと同居猫として対応できるようになった。血を流し、オシッコを漏らして大ゲンカしていたことが今では信じられない。今では子猫のように、夜中に2匹で追いかけっこをして楽しそうに遊んでいる。

推定9歳と8歳で、すっかりシニアの2匹だけれど、今は健康だしすべてが安定している幸せな状態。願わくば、たまちゃんがもう少しトムを好きになってくれたら…。トムが出張でいない時のたまちゃんは寛ぎまくって幸せ度MAXという顔をしている。
2017.01.20

エディンバラで初の抗体価検査

4年前の今日、たまちゃんがうちにやって来た。その日を誕生日に決め、今日で推定9歳。9歳といえばうめこが亡くなった歳で、もうけっこうおばちゃんだけど、まだまだたまちゃんとは長く一緒にいたい。太り過ぎに注意してなんとか長生きしてほしい。

そんな記念すべき日に、狂犬病の抗体価検査のために動物病院に行って来た。混合ワクチンの有効期限は来月いっぱいだけど、何度も来るのは嫌だろうと思い、3種混合ワクチンも一緒にお願いした。混合ワクチンはインドアキャットには必要ないと言われたが、万が一急にペットホテルに預けることがあるかもしれないので一応接種してもらった。

今回の獣医さんはかなり年配の女性。前回担当の方がちゃんと引きついておいてくれたので、日本の検疫手続きの説明も楽だった。平日なら看護士さんがいると言っていたが、なぜか今日もそれらしき姿はなく。でも特に問題なく、すべての処置が終わった。

先日の狂犬病予防接種は1匹54ポンド(7500円くらい)と高め。抗体価検査は1匹70ポンド(10000円くらい)で、アメリカでの115ドルとあまり変わらない。結果が基準値を超えていれば、180日間の待機期間を経て、日本へ帰国することができる。今のところ予定はないけれど、これでひと安心。

猫たちも特に体調を崩したりしなければ、1年間は動物病院に行かなくてよい。

去年までの混合ワクチンでは、パニャが接種後に毎回具合が悪くなっていたが、今回は帰宅した途端、おやつやごはんをモリモリ食べていた。ワクチンの種類によって相性があるのかな。とにかく良かった良かった。
2017.01.14

エディンバラで初の動物病院通い

高校時代の同級生と30年ぶりに繋がったと思ったら、直後に、短大時代のバイト先のカフェのバイト仲間や当時の若社長とFBであらたに繋がりができました。驚くのはみんなよく覚えていて探してくれたなーということ。私は正直ほとんど誰のことも覚えていなかったです。今年は人と繋がる年なんだということを実感。新しい出会いも大事にしていこうと思います。

さて、エディンバラに来て初めて動物病院に行って来ました。そろそろ狂犬病予防接種の有効期限を迎えてしまうからです。その後には日本帰国に備えての抗体価検査もしなければなりません。まだ帰国の予定はまったくありませんが、アメリカ赴任中と同じく、いつ日本に帰国することになっても困らないように準備が必要です。

エディンバラにはなぜか動物病院が少ないのです。私が住むニュータウンエリアにも一軒しかありません。多くの人がペットを飼っているのに本当に不思議です。なので、選択肢もなく、その一軒をうちのかかりつけ動物病院に決めました。歩いて6~7分の距離です。

土曜日の朝、たまちゃんとパニャをトムと2人で1匹ずつ抱え、歩いて動物病院に向かいました。あいかわらず、道中のたまちゃんのうるさいことよ。

中に入ったのは初めてですが、とても小さい病院。ひっきりなしに電話が鳴り受付のおねえさんも大忙し。担当してくれたのは若くて明るい女医さんでとても感じのいい誠実そうな方でした。日本の猫の輸入に関する検疫のルールにも理解があり(数年前までのイギリス入国のルールとほぼ一緒)、これからの手順についての説明が楽でした。英語で書いてある日本の検疫の手順書を渡したり、前回の狂犬病予防接種証明書を見せたら、「very organized !」と褒められましたよ。猫たちのためなら何でも頑張れます。

なぜか看護士さんがおらず、注射の時の保定も私が担当。うちの猫はまったく暴れないから楽勝だけど、そうじゃなかったら大変だ。どうやら土曜日は看護士さんが休みなようです。獣医さんも、グループ病院4つを8人で診ているそうで、担当が誰になってもわかるように引き継いでおくと言ってくれました。

とりあえず面倒な手続きのワンステップ目が終わりました。来週、抗体価検査と混合ワクチン接種を同じ日にしてもらって、1年に1度の動物病院通いは終了の予定です。

ちなみにたまちゃんの体重は5.2キロ(300グラム減)、パニャの体重は3.0キロ(300グラム減)でした。たまちゃんはいいけど、パニャにはもっと食べさせないと。

fc2blog_201701170017366bf.jpg


動物病院に行って以来、常にやや警戒気味のたまちゃん。