2018.05.04

ハイランド旅行 3 その他いろいろ

あとは、なんやかんやその他の風景などです。日付も場所もバラバラです。

fc2blog_20180517032905ae0.jpgエルギンの大聖堂。16世紀の宗教改革によってほとんど破壊されています。
エルギンといえば、マッサンのモデル、日本のウィスキーの父l竹鶴政孝さんがウィスキー造りを学んだ街。ストールで有名なジョンストンズ発祥の地でもあります。


fc2blog_20180517032934b83.jpgハイランドの都、インヴァネスに流れるネス川です。この上流にネス湖があります。この川沿いのホテルに泊まりました。


fc2blog_2018051703310996c.jpgネッシーランドのネッシー。ネス湖のエキシビションセンターにも行って、ネス湖の謎の歴史を学びましたよ。大昔、ネス湖以西は北米大陸だったのですね、全然知らなかった。地殻変動でスコットランドに近づいてぶつかったらしいです。地図を見たら一目瞭然。ネス川を境にくっきりと亀裂があります。そして西側部分は火山なので、東側と比べて地質が違い、当然景色も全く違ってきます。


fc2blog_20180517033211bbf.jpgネス湖からスカイ島に向かう風景。こんな荒涼とした大地が続きます。スカイフォールの舞台ってこんな感じでしたよね。岩盤なので緑が少ない。


fc2blog_20180517033235bc2.jpgスカイ島で見た虹。
空じゃないですよ。奥の低い岩山にかかっています。


fc2blog_20180517033302d25.jpgスカイ島では恐竜の足跡がたくさん発見されています。数ヶ月前にも新しい足跡が発見されてニュースになったばかり。でもどこにあるのか見つけられなかった。


fc2blog_20180517033328d34.jpgすぐ近くの崖。屏風ヶ浦っぽい。


写真を見てお気付きのとおり、ずっとお天気が悪かったのです。いわゆる、スコットランドらしいお天気というやつですね。晴れたり降ったり風が吹いたり大忙し。おかげで、スカイ島で予定していた1時間ほどのハイキングも取りやめ。

アウトドアを楽しむというイメージの旅だったので、マウンテンパーカーにチノパンという感じのカジュアルな服装しか持って行っていなかったのですが、インヴァネスでわざわざ予約して、トムの会社の人お勧めのレストランに行った時はとても後悔しました。トムに任せきりで事前にまったく確認していなかったのですが、かなりきちんとしたレストランだったのです。入れてはもらえたけど、場違いで居心地の悪いこと。もういい大人なのだから、何もない山の中でもない限り、旅先でもある程度はきちんとした格好をしていこうとトムと話し合いました。

全行程1200キロ、トムがすべて運転してくれました。私は最近まったく運転していなくて自信がないので有り難かったです。その分ナビは頑張りました!
2018.05.03

ハイランド旅行 2 ウィスキー蒸溜所

ハイランド地方にはウィスキーの蒸溜所がたくさんあります。今回はスカイ島唯一の蒸溜所、タリスカー蒸溜所に行くのを楽しみにしていました。

そう、行くには行ったんです。でも試飲付きのガイドツアーは本日分はすでに満員とのこと。ネットで事前に予約するべきでした。あとで知ったのですが、今は世界的なウィスキーブームなので人気の蒸溜所のツアーは予約を取るのも大変なようです。

fc2blog_201805170334146e2.jpgきれいな小川沿いの雰囲気のある建物。お土産ショップには誰でも入れます。


悲しんでいた私のために、トムが3泊目のフォートウィリアムのホテルの近くの蒸溜所に連れて行ってくれました。日本のニッカウィスキーが所有しているベン・ネヴィス蒸溜所です。1種類のウィスキーを試飲できるツアーがひとり10ポンドだったかな。朝一で行ったので最初のツアーにすぐ参加できました。ツアー参加者には、ドイツ人、フランス人、アメリカ人など外国人も多かったのですが、ガイドのおじさんは私たちが日本人だとわかるとニコニコしてたくさん話しかけてくれました。竹鶴さんのおかげかしら。

fc2blog_20180517034104015.jpgウォッシュバック(発酵槽)。匂いがきつくてこれだけで酔っちゃう。発酵の独特の匂い。


fc2blog_201805170341500c5.jpgポットスチル(蒸留器)。朝ドラのマッサンを思い出す。これ作るのに苦労してたよね。


fc2blog_20180517034212755.jpg写真が暗くてわかりづらいですが、建物の背後にあるベン・ネヴィス山から水をひいてきているのが見えます。
2018.05.02

ハイランド旅行 1 古城巡り

トムがゴールデンウィークに合わせて休みを取ったので、ハイランド地方(スコットランドの北のほう)へ行ってきました。今年は旅行の予定が盛りだくさんなわが家です。まずは原点回帰でスコットランドから。

エディンバラから北東に向かい、ダンディー、アバディーンを経由してハイランドの都インヴァネスで1泊。ネス湖を経由してスカイ島で1泊。エディンバラに帰りついでにフォートウィリアムで1泊という、3泊4日の旅程。

スコットランドにはたくさんの古城があります。全部で6つの古城に行きました。

fc2blog_20180517034253f13.jpgダンディー郊外にあるグラミス城。無料の案内ツアーで場内を見学。調度品がたくさん残っていました。マクベスの舞台になったお城です。


fc2blog_2018051703283770b.jpgアバディーンの南にあるダンノッター城。スコットランドが舞台のディズニーアニメ映画「メリダとおそろしの森」の舞台のモデルだそう。


fc2blog_20180517033134f12.jpgネス湖のほとりにたたずむアーカート城。廃城としては珍しく、ショップやレストランなどの施設が併設されています。


fc2blog_20180517033351d16.jpgスカイ島北部の廃城、ダンヴェガン城。ここに行った時は立っているのがやっとの暴風雨でした。


fc2blog_20180517033437575.jpgスカイ島の東側、アルシュ湖に浮かぶアイリーンドナン城。007「The world is not enough 」の舞台にもなったそうです。建物内部も見学できました。今回見たお城の中で一番印象深いです。


fc2blog_20180517034015e6b.jpgピトロッホリーの近くにあるブレア城。エディンバラから1時間半ぐらいの場所。ヴィクトリア女王を主人公にした映画の舞台になったようです。

2017.12.20

ロンドン旅行 2017

去年と同じこの時期に、今年もロンドンに行ってきました。

去年は観光スポットを全部走ってまわりましたが、今年はランを完全に切り離しました。

fc2blog_201712260445510e3.jpgテムズ川のほとりをひたすら走る。ビッグベンは補修工事中でした。


fc2blog_20171226044623651.jpgグリーンパークの近くに泊まっていたので、周りは公園がいっぱい。初めてハイドパークに行きました。ひたすら広い。公園内には大きな移動遊園地も。


fc2blog_20171226044651252.jpgハイドパーク内には馬用の通路があります。写真右側の土の部分。


fc2blog_20171226044712f6e.jpg池の白鳥はどんなに近づいても逃げない。


4泊5日の滞在中にラーメンを3回食べました。今回は日本の焼肉屋にも行きましたよ。

買い物関係は、日本のスーパーに行って少し買い出ししたぐらい。お菓子とお餅。

fc2blog_20171226044757cd1.jpg家に帰ってきたら、暖炉の上のクリスマスの飾りが一つ残らず床に転がっていました。小さなツリーの飾り付けも見事に全部外されて。

こんないたずらをするのは、小さい方のアイツです。大きい方は体が重くてこんな高い所には登れません。
2017.11.27

マドリード旅行

4泊5日でマドリードに行ってきました。シッターさんに猫たちをお任せして旅行するのにも慣れてきましたよ。犬のあんこが死んだ時とても悲しかったけれど、これからいつでも気軽に旅行できると思ったのに、意外とできないまま早5年。最近やっと「猫たちごめんよ」と割り切って家を空けられるようになりました。ホテルや病院に預けるより、猫の負担も人間のお財布の負担も少ないし。

fc2blog_20171201055407785.jpgマドリード市内最大のレティーロ公園。ホテルが近かったので滞在中2回走りました。この公園はマドリードマラソンのスタート&ゴール地点だそうです。適度な起伏はあったけど、とても走りやすかった!ちょうど紅葉の季節。公園内に何軒もオープンカフェがあったり、大きな池があったり、大道芸人がいたりして、上野公園を思い出しました。


fc2blog_201712010554331f8.jpg公園に隣接する植物園の傍らに並ぶ古本屋さん。いい雰囲気です。


fc2blog_2017120105550055a.jpg観光客に大人気のサンミゲル市場。色々な食べ物や飲み物が揃っていて、何でも気軽に食べられます。オシャレなフードコートといった感じ。


fc2blog_201712010611099fe.jpgトムの現地の会社のスペイン人の方たちがタパスバーに連れて行ってくれました。ツアーガイドを雇ってくれていて、総勢10人で4軒のバーをハシゴ。1杯飲みながらタパスをつまんでお喋り、というのを繰り返します。4軒のうち2軒は立ち飲みでしたよ。クタクタになって帰宅は深夜。写真の奥にぶら下がっているのは本物の子豚ちゃんたち。あまりに真っ白で綺麗なので作り物かと思ってしまいました。なんだかごめん、子豚ちゃん。


fc2blog_20171201055524cd8.jpgクリスマスが近いので、夜になると街中には色々と電飾が施されていました。ライトアップされたアンカラ門に向かって、横断歩道を渡りながら撮った一枚。


fc2blog_2017120105555395a.jpgトムが1週間遅れの誕生日プレゼントを買ってくれました。ネイビーの本体にシルバーの金具。iPadminiがギリギリ入る小さなボストン(ショルダーストラップ付き)です。
2017.11.08

一時帰国

半月の一時帰国から先週末にやっと戻ってきました。長かったようなあっという間だったような。

東京と地元で2週連続で開催してもらった高校の同窓会では、31年ぶりにたくさんの同級生と再会を果たしました。そのうちの多くの人とはすでにFacebookで繋がっていることもあり、31年のギャップをまったく感じることなく楽しい時間を過ごしました。見た目が変わっていたり、話す言葉が変わっていても違和感はないこの不思議。高校時代にほとんど話したことがない人とも話が弾むこの不思議。

fc2blog_20171108075620921.jpg遠くから私に会いに来てくれた人も何人もいて、本当に嬉しかった。地元の同窓会ではこんなサプライズも。


両親と一緒に宮島にも行きました。宮島に行ったのは8年ぶり。

fc2blog_20171108075933f9e.jpgそこらじゅうにいる鹿。羊とは違って目が可愛い。


fc2blog_20171108080001f6a.jpg宿の部屋から見た景色。厳島神社の鳥居がライトアップされています。台風一過でお天気のいい日でした。


fc2blog_2017110808011594c.jpg鹿を撫でてみた。犬っぽい。


2週連続で週末は台風に見舞われるし、気温も予想よりずっと低かったし、お天気にはあまり恵まれなかったけれど、スコットランドで悪天候に対する耐性がついたせいか、それほど気になりませんでした。

同窓会ではしゃぎ過ぎて熱を出したりもしたけれど、今までの一時帰国で一番楽しく充実していたと感じるのは、同窓会という彩りがあったり、友人宅でご馳走になったり、人との繋がりが多かったせいでしょうか。

先にスコットランド戻ったトムは、猫の世話や家事を頑張っていました。残念ながら猫とは特に仲良くなれず。特にたまちゃんは一度も一緒にベッドで寝ることはなかったようです。とはいえ、初めて自分で世話をしたせいか猫への愛情を強くし、普段の私のサポートに対しても感謝の気持ちを強く感じてくれたようです。やったね。

私もトムに大感謝。日本で思う存分お買い物をし、美味しいものを食べ、心の底からリフレッシュできました。
2017.08.15

足を延ばしてモナコへ

ニース滞在中に、少し足を延ばしてお隣りのモナコに行ってきました。

トムも私も一応モナコにも行ったことがあります。27年前はレンタカーで行ったけど、今回は電車で。

fc2blog_2017082204162468d.jpgこんな電車に乗って20分ちょっと。料金は往復1人1000円ぐらい。
気軽に行けます。


fc2blog_20170822041651366.jpg車窓から。
ホームのすぐ下にビーチがあります。
ニースの街中以外にも良さげなビーチがたくさん。
行ってみたかったな。


fc2blog_2017082204171589b.jpgモンテカルロの駅。
山の中腹にあり、街に降りて行くのも駅に戻ってくるのもなかなか大変。


fc2blog_201708220417405d2.jpgモンテカルロハーバー。
お金持ちの香りがプンプン。


fc2blog_20170822041801d73.jpgオテル・ドゥ・パリ。
ブランドショップが軒を連ね、フェラーリとかランボルギーニなどの超高級車がずらりと停まっています。
この辺りが街の中心地?


fc2blog_2017082204184530a.jpgすぐ横にあるモンテカルロカジノ。
観光客以外はみんな桁違いのお金持ち。
短時間の滞在だったせいか、そんな印象しか残らなかったモンテカルロです。