FC2ブログ
2018.05.27

エディンバラマラソン!

fc2blog_20180605052836d10.jpg私にとって3度目のエディンバラマラソンが終わりました。今回はトムは出張が入ったためDNS。私ひとりで参加です。

今年からスタートは地点がオールドタウンに変わり、市街地を走り抜けた後、ホリルードパークの麓に行き、海沿いの道に出るというルートになりました。そのせいか参加人数も大幅に増え、より一層盛大な大会になったように感じます。

スタート時は霧雨、気温も13℃くらいとやや低めでしたが、風もなく、マラソンとしてはちょうど良い天候。私は真ん中より少し前のブロックでしたが、スタートしてすぐ自分のペースで走れました。道幅は狭いのに不思議です。

私は練習なりの走りができました。マラソンって結局そういうものです。体調や天候に問題がなければ、練習の成果がそのまま出ます。30キロくらいでトイレに行って2分ロスしたのが誤算でした。絶対行きたくなかった仮設トイレ。もちろん洋式トイレですが、頑張って無理な姿勢をとり和式形式で用を足しました。でも今年はなんとウエットティッシュが置いてあったのです。女子からの苦情が多かったのではないでしょうか。

15キロぐらいの所とゴールに2ヶ所に、知り合いのM夫妻が応援に来てくれました。やっぱり応援は力になりますね。一眼レフの立派なカメラで、公式カメラマンばりに写真を撮ってくれました。何より嬉しかったのは、応援が楽しかったと言ってくれたこと、来年は自分たちも走ってみたいと言ってくれたことです。

25キロくらいまでは予定通りのペース、そこから少しずつ落ちたけど、30キロのトイレで復活、最後の3キロは脚が攣りかけたので恐る恐る走りました。結果3時間59分50秒でゴール。ギリギリサブ4を達成できました!ゴール後にはやっぱり脚が攣って倒れ込んでしばらく悶絶。

総合順位は、7670人中2865位、カテゴリー別(45-54歳女性)の順位は、356人中67位。

参加者の女性の割合が36%ということで、一般的なマラソン大会より女性の比率がうんと高いのですが、それだけでなく速い女性が多いのです。

今年もよく歩いた1日でした。スタート地点まで徒歩30分、ゴールしてから帰りのシャトルバスの乗り場まで25分、シャトルバスから降ろされて、家までが35分。フルマラソンを走っただけでなく、1時間半がっつり歩いた1日でした。

fc2blog_201806050429158ab.jpg毎年同じ色、似たようなデザインの完走Tシャツ。普段からこのシャツを着て走っているランナーをよく見かけます。

2018.02.28

東京マラソン2018 ゴール後

東京駅の前がゴール、その後は荷物受け取りの日比谷公園に向かいます。かなり距離があるせいで(1キロほど)去年の大会レビューを見ると大変不評でしたが、今回はそれほど寒くなかったし、走った後のダウンとしてはちょうどよく感じました。その間にボランティアの方に水のボトルやヤマザキのランチパックもらい、メダルを首にかけてもらいます。たくさんのボランティアの方に完走を労ってもらって、とても温かい幸せな気持ちになりました。

fc2blog_2018032101205914c.jpg大きなタオルや防寒用のアルミシートもボランティアのおじさまが直接肩に掛けてくれます。ありがたや〜。


荷物を受け取り、その場でウェアの上にシャカシャカの上下を着て、皇居横の桜田門駅から新宿に帰りました。桜田門駅はびっくりするぐらいガラガラでランナーはゼロ。みなさんどの駅を利用されたのでしょうか。

ホテルに着いてシャワーを浴びてひと息ついたらすぐまた出かけました。応援に来てくれた同級生+αの面々が完走のお祝いをしてくれたのです。時間に遅れそうになって思わず走る私。あれ、全然普通に走れてる。元気すぎるじゃないか!

あぁ、やっぱり力を出し尽くしていなかった。今回も練習番長になってしまった。ハードな練習をやり遂げて満足してしまい、本番ではなぜか頑張り切れない私。今回も最後にトイレに寄らずもう少し頑張っていれば42分台が出ていたはず。来年の東京マラソンも走りたい。今度こそ練習の時のような精神力でゴールまで駆け抜けたい。強く強くそう思いました。

エディンバラへの帰りのフライトは、マラソン翌々日の深夜便。2時45分発というのはなかなか辛いです。ラウンジで待つ間、あまりの眠気に吐きそうになりました。しかもフライト中に乗り継ぎ便のBAからメールが来ていて、「あなたの予約便がキャンセルになったから1時間早い便に振り替えますよ」とのこと。たまたまネットを繋いでメールチェックしたから良かったけど、知らなかったらロンドンに着いてから慌てたことでしょう。乗り継ぎ時間に余裕がなかったので機内でオンラインチェックインを済ませ、急いでターミナルを移動し、預け荷物の確認をし、無事振り替え便に乗り込みました。

あとでわかったことですが、イギリス全土は大寒波のせいで大雪が降っており、私が乗った便以降は翌日まですべてキャンセルになっていました。もしその便に乗れていなかったら、ロンドンで足止めをくらい、ホテルもなかなか取れずに呆然としていたに違いありません。本当にラッキーでした。でもラッキーをここで使い果たした感じです。
2018.02.25

東京マラソン2018 スタートからゴールまで

スタートまでのロスタイムは4分43秒。Eブロックだと5分前後だと思っていたので想定通りです。スタート後も混雑で思うように走れなかったのは最初の1キロだけ(キロ5分50秒くらい)、広い大通りの両面を通行止めにしているので、広々として走りやすいことこの上なし。3万5千人が走る大規模マラソンとはとても思えません。

給水所もほぼ2.5キロごとにあるし、ゴミ箱もたくさん、随所にゴミ袋を持って立っているボランティアの人がいるので、途中で食べたゼリーのゴミもすぐに捨てられます。紙コップも散乱していません。もうとにかく快適快適。

沿道の応援はまったく途切れることもなく、ジャイアンツ頑張れー、ジャビット頑張れーとあちこちから声が掛かります。そのたびに「はーい!」と手を挙げて元気に返事。沿道の応援は本当に力になりました。それだけでなく、地元開催の大会ならでは、知人友人もたくさん応援に来てくれました。5キロごとに知り合いがいた感じ。格好悪いところは見せられません。何時頃通ると言ってあるので、その時間に遅れるわけにもいきません。

そうはいっても、15キロ手前ですでに脚が重くなりました。いつもマラソンでは25キロくらいまではなんとか元気に走れるのに。これは最後に脚が攣るパターンだな、これからきつくなるな、と思いながら気合を入れました。

fc2blog_20180321012402e66.jpg浅草、雷門前での写真。トリミングしたのでこの写真には何も写っていませんが。

15キロくらいなのでまだまだ元気いっぱい。たまに見かけるジャイアンツユニフォームのランナーとはエールの交換をしながら走りました。


途中でトップランナーとすれ違うのを楽しみにしていましたが、私が予定より少し速かったため、残念ながらすれ違えず。ずっとトップの様子を気にしながら走っていました。

fc2blog_20180321012334c28.jpg蔵前橋を渡る時に初めてまともなアップダウン。あとは小名木川を渡る時くらいでしょうか。本当にフラットなコースです。去年から新たにコースに加わった清澄通りは思った以上に応援の人が多く驚きました。特に門前仲町の折り返しエリアはすごかった。

これは両国近辺で同級生が取ってくれた写真。予定通り会えて嬉しかった!


ハーフまでは想定通りのペースで楽に走れていたのに、それ以降は頑張らないとすぐペースが落ちるようになりました。COREDO日本橋を左折するところに大画面のスクリーンがあって、そこで井上選手のインタビューがやっていました。井上選手が5位ということだけわかって、あぁ設楽くんはー??と気になりながら先に進みます。銀座4丁目の交差点辺りがちょうど30キロ。この辺りでタイムと残り時間と自分の今のペースを計算して、目標の3時間40分切りがかなり難しいことに気付いてしまいました。私は計算が得意なのですが、こういう時は計算ができない方がいいですね。気持ちが少し切れてしまったんだと思います。

そこから先はさらにペースが落ちて、32キロの三田辺りで友人に会った時に、少し止まって「もう脚が動かない〜」などと泣き言を言ってしまいました。その先に現れた誰も並んでいない仮設トイレ。しかもボランティアのおばさまが、ドアを開けてどうぞとばかりに待ってくれています。そんなに尿意はなかったのに、つい座りたくなってしまいました(きれいに掃除された洋式トイレだった)。そこで1分半のロス。

少し座って元気になり、品川の折り返しを迎えます。今回のコースは、浅草、門前仲町、品川、と折り返しが多く、その部分が長く感じられるんじゃないかと予想していましたが、全然そんなことはなくてどこもあっという間。やはりコースを知っているとそういうものなのかなと思いました。後半脚が重くなっても1キロごとの表示を長く感じたことは一度もありませんでした。

40キロを過ぎた時に、頑張ればネットで45分を切れることに気付きました。そんなにペースは上がりませんが、最後の丸の内仲通りを頑張って走ります。道幅が狭いのに応援が多い、まるで花道のような区間。ここは知り合いはいないと思っていましたが、トムの兄妹家族が移動して来てくれていました。最後は左折して東京駅を背にフィニッシュ。その時はスタートのロスタイムが正確にわかっていなかったので45分を切ったかどうかわからなかったけど、エディンバラでランナーズアップデート見守ってくれていたトムからの、45分切れたねというLINE見てひと安心。40分は切れなかったけど、自己ベストを更新して45分を切ったことに満足しました。

楽しかったけれど、悔しい42.195キロがあっという間に終わりました。
2018.02.25

東京マラソン2018 スタート前

当日は5時起き。前日に買っておいたおにぎりとカップラーメンとバナナを食べました。スタートは9時10分だし、ホテルはすぐ近くだけど、8時15分までにスタートエリアへの入場を済ませ、45分までに自分のブロックに入って整列しなければなりません。入場時にはセキュリティバンドのチェックや荷物チェックもあるので、多少の混雑を見越して、7時50分にホテルを出ました。私が割り当てられた入場ゲートは1番で、たまたまホテルの最寄りゲート。3分ほどで到着です。混雑のピークを超えていたようで、思ったほどゲートも混んでおらずスムーズに入場。

そこから私のEブロックまでは距離があるので、さっさと荷物預けに向かおうとしましたが、昨日見つけた公衆トイレに人の気配がなかったので中に入り、最後のトイレを済ませました。そのすぐ裏に大量に設置してある仮設トイレは長蛇の列。下見しておいてラッキーでした。もともと新宿に宿を取ったのはトイレをホテルで済ませるためでしたが、ダメ押しのおかげでますます安心。大規模マラソンの一番の懸念事項はスタート前のトイレ問題です。

新宿中央公園沿いの道路に荷物預けのトラックがずらりと並んでいますが、ちゃんと自分のトラック番号が割り当てられています。ここもほぼ並ぶことはなし。途中の給水所で水もらい、アミノ酸とロキソニンを飲んで、決められた階段からEブロックに向かいました。スタートエリア全体は混雑していて人の流れも一定でないため、目的地に到着するには時間がかかります。私がEブロックに入ったのは、8時20分ぐらいだったかな。

fc2blog_201803150154380a0.jpgスタート時の気温は6℃とのこと。私はウェアの上に100均のカッパを着ていたのでそれほど寒くはありませんでした。整列している間に何度もボランティアの方がゴミの回収に来てくれるし、洋服のリサイクルボックスもあるので、寒さ対策はしやすいです。私がカッパを脱いで捨てたのはスタートの5分前。

遠いスタート地点では開会式が催されていて、スピーカーでその様子がわかります。東京陸連の会長の挨拶、新宿区の小学生による合唱(オリジナル曲とメドレー、ちと長かった)、六本木男声合唱団による国歌斉唱などがありました。

9時ちょうどの車椅子のスタートに続いていよいよスタートです。じっと待っている時間が長かったのでテンションが下がり気味でしたが、紙吹雪が舞い上がり一気に気持ちも高揚してきました。

やっとスタートできるー!
2018.02.24

東京マラソンEXPO

朝イチのフライトで羽田に着いたため、東京マラソンのエキスポには初日の一番乗りで行きました。11時開場だったのに東京国際展示場駅に30分も早く着いてしまい、お茶でもしようかと思っていたところ、ランナーらしき人たちがみな会場に向かう姿を見て結局そのまま行くことに。

ランナー受付を待つ人はすでに長蛇の列。150人くらいいたでしょうか。外国人の方が多かったです。私のように早めに日本に来ているのでしょうね。最後尾に並んでおとなしく待ちます。そのうちメディア向けのオープニングセレモニーとやらが始まりました。

コース沿いの増上寺のお坊さんたちによる安全祈願のお経やら、オフィシャルスポンサーである東京メトロの社長の挨拶やら。締めはまたもお坊さんたちのお経。ドラが鳴り響きます。受付の開場はまるで、アップルの新製品発売の日のような盛り上がり。たくさんのボランティアさんたちにおめでとうございます!と言われ、拍手され、花道の中入場。

私は海外エントリーなので、OVERSEASと書いてあるところでの受付になります。名前もすべてローマ字表記。日本人のボランティアの方に英語で話しかけられます。ちょっと気まずい。Tシャツ、ゼッケンなどいろいろ受け取り、最後はセキュリティのための写真撮影。ボランティアのおばさまたちに、すごく綺麗に撮れてるわよーと褒められました。

fc2blog_20180313015007215.jpg耐水紙でできたこんなセキュリティバンドを付けてもらいます。マラソン当日のスタートエリアの入場に必要なので、ずっと外せません。これを腕に装着してくれたのはオーバー70のおばちゃま。震える手で時間をかけて付けてくれました。ボランティアは年配の方が多く、みな優しくフレンドリー。


受付が終わると、スポンサーや出展者のイベントや物販エリアに突入です。このエリアには誰でも入れるので、落選続きの私も毎年のように来ています。

色々渡される試供品やパンフレットをかわしながら早足で進みますが、空いていたのでSEIKOのブースで写真を撮ってもらいました。

fc2blog_20180313014944b7e.jpg大勢のスタッフさんが掛け声をかけてくれて、こんなポーズをとらされます。表示されている時間は私の目標タイム。


fc2blog_20180313021303b78.jpg消耗品のランニング用ソックス、補給食以外に買ったのは、アシックスの東京マラソン限定シャツ。トムの分と自分の分。


華やかで賑やかなエキスポ会場にいると、ついに自分も東京マラソンを走るんだという実感が湧いてきました。
2018.02.24

東京マラソンのために帰国

東京マラソンを走り終え、とうにエディンバラに戻ってきていますが、ちょっとのんびりし過ぎました。忘れないうちにちゃんと振り返っておきたいと思います。まずはマラソンの前日まで。

今回日本行きに利用したフライトは、去年の秋にJALが増便したロンドンからのフライト。ロンドンを朝9時半発で、エディンバラからの朝イチの便に乗っても接続がギリギリ。心配性の私はロンドンで1泊することにしました。ヒースロー空港に隣接しているホテルはわりと高級なソフィテルしかないのだけど、旅慣れない私を気にかけてくれたトムがOKしてくれたので有り難くソフィテルを利用。久しぶりにバスタブにお湯を張ってのんびりとトランジットタイムを過ごしました。

翌日のフライトでは期限が切れそうなJALクーポン3万円分を必ず使ってくるというミッションを無事達成。なんというか、アレですね。そういう時って普段買わないような物をうっかり買ってしまうものですね。私が買ったのは、紺色に星のマークが入ったロエベの小さなポシェット(ストラップが外れてパーティーバッグにもなる)です。とっても可愛いとはいえこんな小さなバッグ、いつ使うのでしょ。

羽田着は早朝6時25分。早ーい。空港がガラガラで入国審査やら国内用SIMカードの購入もスムーズ。リムジンバスで新宿のホテルに向かいました。この日の東京はみぞれ。エディンバラよりずっと寒い!今回お世話になったのは、西新宿にあるアットホームな老舗のビジネスホテルです。ホテルにスーツケースを預け、まず向かった先は国際展示場。そうです、東京マラソンの受付とエキスポの会場に一番乗りです。エキスポについては別途書きます。

エキスポから新宿に戻ってホテルにチェックインしたら、すぐに着替えて最後の調整ラン。スタートエリアの下見を兼ねて都庁周りをジョグした後、新宿中央公園の外周を速めのペースで2周。この公園、裏の辺りはけっこう坂なのですね。その日の夜は夕食を食べた店にスマホを忘れダッシュで取りに行くという失態もありました。ちょっと脚を使い過ぎた1日。

翌日は地元に行って、いつもの一時帰国と同様、歯医者と美容院。その帰りに新宿周辺でお買い物。一時帰国のたびにマストな買い出しと楽しいお買い物でなかなか忙しい。

レース前日の土曜日はもう一度歩いてスタートエリアの下見に行ったり、周辺をウロウロ。できるだけ歩かないようにしていたのに、結局歩数は約10000歩。

夕方早い時間にお茶をしに行った西新宿のロイヤルホストで、カウンターに並んで座るちょっと不思議な4人組男子に遭遇。全員が華奢。トイレに行った時にふと見ると…。えぇー、私の大好きな設楽弟くん!席に戻ってじっくり観察すると同じホンダ所属のベテラン石川選手もいらっしゃいました。招待選手は近くの京王プラザホテルにお泊まりでしょうか。まさかエリート選手が前日にロイヤルホストでごはんとは!しかも設楽弟くんが召し上がっていたのはたぶんハンバーグとエビフライとカニクリームコロッケのセット。特にカーボローディングもしないのね…。設楽弟くんは他の人に比べて明らかに食べるのが遅かった。イメージ通りです。

お会計に行く彼らについて私も急いでお会計を済ませて外に出ました。声を掛けたいけど、4人いるのに設楽くんだけに声を掛けるのは申し訳ないし。なんて思っていたら、設楽くんだけ1人別方向に歩き出したのです。チャーンス!後ろから突然声を掛けて驚かせてはいけない、と慎重にお声を掛け握手していただきました。テレビでお見かけするまま、飄々としていて礼儀正しい。

翌日、日本新記録のタイムで日本人トップでゴールしたことは、みなさまご存知の通りです。持ってるなー、私。
2018.02.20

今週末は東京マラソン!

東京マラソンが近付いてきました。緊張とワクワクとで、落ち着かない日々が続いています。ロンドン発のフライト時間が朝早く、エディンバラを朝一で発つ便でも乗り継ぎがギリギリのため、ロンドンで1泊することにしました。それが今日です。今、ヒースロー空港に隣接するホテルにいます。

この3ヶ月間は、マラソントレーニング中心の毎日を送ってきました。自分が決めた練習をきっちりこなし、悔いはありません。あとは東京での調整ランを1回残すのみです。疲労を抜くことと体調を整えることだけを考えて、リラックスして残りの時間を過ごそうと思います。

去年から変わった東京マラソンのコースは、まさに私のためのコース。スタート直後の3キロ以外はすべて走ったことがあります。むしろコースのほとんどを生活圏にし、日常的に走っていました。

私の25回目のフルマラソンであのコースを走れるなんて、本当に夢のよう。友人知人も沿道で応援してくれるので、楽しく力を出し切って走ろうと思います。

少し前に日本に出張に行ったばかりのトムは応援に来れませんが、私のために良いフライトの良い席や、便利で快適なホテルを取ってくれ、目標を達成したら欲しいものを買っていいよと、目の前に人参をぶら下げてくれました。本当に感謝です。

今のところの予報では、当日の天気は曇りで最高気温は6-8℃。気温が低めですが、私にとっては望ましいコンディションです。当日の体感気温に応じて、こんな感じのウェアで走ります。久しぶりのジャイアンツユニフォーム。ジャイアンツのホームユニってちょっと地味なのよねー。

fc2blog_20180221053303307.jpgfc2blog_201802210533395bb.jpg