fc2ブログ
2007.06.03

フルマラソン完走記

去年に引き続き2回目のチャレンジとなる、サンディエゴロックンロールマラソン。前日は夜10時半にベッドに入ったが、全然寝付けなかった。まるで遠足前の子供状態だ。結局ウトウトできたのは30分ほど。3時半に起床し、玄米おにぎりを作った。2個ずつ食べるつもりが、昨日食べた大量のパスタのせいで全然お腹が空いておらず、結局1個だけ食べた。あんなに食べたのに、朝ウンチが出なかったことが唯一の不安材料。普段は快便ちゃんなのに。いつもより体重が1キロちょっと重いままのスタートだ。結局レース中は便意はもよおさなかったのだけどね。


早朝にもかかわらず、あづ。さんが車で迎えに来てくれて、スタート地点を目指す。トムが初参加した大会からこれで3回目。スタート地点までいかに渋滞を回避して辿り着くか、すでに検討済み。スタート地点に着いたら、すぐ長いトイレの列に並ぶ。トイレ待ちの時間は約20分。その間にストレッチなど準備運動を済ます。今年感動したのは、スタート地点はもちろん、コースのすべてのトイレに紙が完備してあり、便器もきれいだったこと。去年のトイレ事情は思い出しても悲しい。


曇り空の下、21400人のランナーたちが一斉にスタート。スタートから2マイルほどは人が多くて思うように走れない。1マイル10分のペースで走る予定が、大幅にオーバー。なんだかいらいらしてしまった。去年はただひたすら楽しくてたまらなかったのに。タイムを気にしていると精神状態がこんなに違うものなのか。走りやすくなってからは、せっせと最初の遅れを取り戻す。恒例の、バルボア公園の植え込みでの立ちション光景を撮影するTVカメラを見てちょっと脱力(なんと今年はトムも参加していたらしい!)。その直後、トムの後ろ姿を発見。しばらく一緒に走ることにする。去年とまったく同じ場所、約7マイル地点で、あづ。さんがまた応援してくれていた。ダウンタウンのこの辺りは、観戦者が多く、気分も盛り上がる。トムが少しペースを落としたので、それからはひとりでぐんぐん走る。高速道路I-163は、途中までだらだらと長い上り坂が続くが、日頃の上り坂トレーニングが功を奏し、私は楽勝。ペースを落とす多くの人をごぼう抜き。私はむしろ平地よりペースが速かったくらいだ。しかしI-163の後半1.5マイルほどは下り坂。下り坂ではあえてゆっくりペースを保つように気をつけている私は、さっき抜いたばかりのアメリカ人たちにまた抜かれてしまった。


17マイル地点去年はI-163に入る前に、混んでいるトイレにはまって失敗したので、今年はできるだけ我慢。ハーフ直前で初めてトイレに行った。トイレタイムに3分ほど費やした後、走り始めたら再びトムの姿を発見。そしてまたすぐ抜いた。ハーフのタイムは2時間15分。予定より5分遅いが、まずまずのペース。まだあまり疲れも感じていない。17マイル地点であづ。さんと合流した noirさん夫妻が待っていてくれた。なんと、お手製の日の丸の旗持参だ。事前に渡しておいたエネルギーゼリーを飲んだりして一休み。そうこうしているうちにトムもやってきた。


トムと私またトムと一緒に走り始めたのだが、私のほうが設定ペースが速いので、先を行くことに。しかし、膀胱の調子が悪く、すぐ尿意をもよおしてしまう私は、またもトイレに。その後、ゴールまでにいったい何回トイレに行ったことだろう。たぶん全部で10回は行った。尿意をもよおしても、実際にトイレに行くと、たいして出ない。膀胱炎になりかけているみたいだ。水分を摂ったほうがいいのはわかっているけど、頻繁にトイレに行くのが嫌なので後半は水分を飲むのを控えめにした。


去年歩いてしまった、18マイルからはやはりつらい。足が上がらなくなる。痛くなったのは骨盤から股関節にかけてとふくらはぎ。それと、なぜか肩と背中が張って重くなった。大柄なアメリカ人が歩いているのとあまり変わらないスピードになってしまったけど、それでもとりあえず走り続けた。一番ペースが落ちたのが、19マイルから20マイルの地点。


21.5マイル地点21マイル地点からはサンディエゴリバーの土手を走る。平坦だけど退屈な道で、去年は歩くのでさえとてもつらかった。noirさんから電話が入り、半マイル先で待っていると言う。嬉しくて嬉しくて不思議と急に足が軽くなる。またも日の丸旗を持って応援してくれる友人たち。トムもほんの3、4分前に通過したばかりだと聞いた。土手の先に、唯一の折り返しがあって、少し先を走るランナーとすれ違う。目を凝らして走っていると、トム発見。距離にして400メートルほど先か。せっかくだからトムに追い付こうと思い、足が痛いのも忘れてせっせと走る。とはいえ、その間にも何度もトイレに立ち寄り、足止めをくらってしまった。タイムを見ると、ゆっくりでも走り続ければなんとか5時間を切れそうな感じ。少しでも歩いたら間に合わない。ここまで走り続けたのだ。最後まで走ってゴールしようと決意をあらたにする。


24マイルからの2.2マイルはとても長く感じた。ゴールが近いという高揚感でなんとか足は動くのだが、なかなか次のマイル表示が出てこない。ゴールである、ミリタリーの敷地内に入って、フィニッシュラインまであとハーフマイル弱の地点でまたもあづ。さんnoirさんJさんと再会。トムも2分ほど前に通ったばかりらしい。なんとかトムと一緒にゴールしたいと思い、最後の力をふりしぼってラストスパートしたが、追いつけず。私のタイムは4時間56分15秒。完走者15958人中8630位。去年よりずっといい!トムは私より1分20秒先にゴールしていた。


ゴールまであとハーフマイル

←ゴール真近で余裕の笑顔。日の丸応援団はとても目立っていた。




あんなにトレーニングしたのにもかかわらず、去年とまったく同じ地点で足がつらくなった。去年との違いは精神力だ。去年は足が動かないと思ったらすぐ歩いた。だからゴールが近付いたら妙に元気に走れたし、ゴール後も余力があった。今年は無理矢理に足を動かして走り続けた。すべての行程を走るのが今年の一番の目標だったからだ。ゴールしたら涙が出てきた。自分でも死力を尽くして頑張ったと思えたから。頑張れたのは、友人たちの応援のおかげ。特に一番苦しい21マイル近辺で応援してくれたのは大きい。友人たちが待っていると思うと、急に足が軽くなるのだ。本当に。もう1つは、トムの姿を何度も目にしたこと。去年はスタートから1マイル一緒に走ったきり、ゴールまで2度とその姿を見ることはなかった。今年は、自分でもびっくりするくらい、偶然トムに会った。2人のラップタイムを並べてみると、一番離れている時でもせいぜいハーフマイルくらいだったのではなかろうか。トムの黄色いシャツは大勢の中にいても非常に目立った。その黄色い背中を後ろから見ながら、なんとかトムについていこうと頑張った。


トムは今回、ほとんどトレーニングしていないのに、自分の思う通りのペースで走れたことで自信をつけたらしく、来年ももちろん出場するし、年末のホノルルマラソンにも出たいと言っている。一方私は、20マイル付近のつらい所を走っている時も、ゴールした直後も、家に帰ってからも、その後の昼寝から目覚めた後も、もう2度とフルマラソンは走りたくないと思った。今までの人生のなかで、一番の肉体的苦痛だったからだ。しかし実は、この記事を書いている、マラソン翌日の今、私もまた走ってもいいかなと思い始めた。あんなにしんどい思いをしてまで走る理由など自分でもよくわからない。恐るべし、フルマラソンの魅力。


ゴール後のトムと私今年で第10回を迎えたサンディエゴのロックンロールマラソンは、有名なバルボア公園からスタート。ダウンタウンのPETCO球場をめぐり、高速道路を通って、ミッションベイを走り抜け、ミリタリーの敷地でゴールというサンディエゴの観光ポイントを満喫できるコース。走っている間の平均気温は20℃弱で湿度も低く、非常にコンディションがいい。約1マイルごとにバンドがロックを生演奏して大会を盛り上げ、地元の高校生のチアガール数十組も沿道で応援してくれる。扮装したエルビス軍団は毎年増え続け、ランナーや観戦者を楽しませてくれる。日本人にはホノルルマラソンが人気だけど、サンディエゴのロックンロールマラソンもなかなかいいものだよ。トムはいつか日本に帰国しても、マラソンを走るために年に1回サンディエゴに来たいと言っている。


2007.06.03

2回目のフルマラソン挑戦

おかげさまで、夫婦揃って無事完走できました。タイムは4時間56分15秒、トムは私より1分半ほど早くゴールしました。応援、ありがとうございました。詳しい内容はまたアップします。