2008.01.30

あんこの楽しみ

あんこには引っ越し後、嬉しいことが待っている。もちろん本犬はそれを知る由もないのだけれど。

今まで10年間、人間のベッドルームには進入禁止だったあんこ。それが引っ越しを機に、ついに解禁になるのだ。一番の理由は、今度の家が二階建てだから。今まであんこは、人間とは別に、ずっとリビングルームに寝ていた。それでも平屋だったので、ベッドルームで寝ていてもあんこの気配を感じることができた。フローリングを歩く足音、寝床を掘ろうとする音、寝言など、ちゃんと聞こえていたので、私も安心していた。しかし1階と2階と分かれていたら、さすがにそんな気配を感じることはできない。もう年だし、夜何か体に異変が起こることも有り得るだろう。そんなわけで、夜は一緒にベッドルームで寝てもらうことにするのです。
2008.01.29

荷作りいろいろ

引っ越しネタが続いて恐縮ですが、毎日荷作りばかりやっているもので、ご勘弁ください。

今日荷作りしていて驚いたのが、自分の持っている靴の多さ。私の靴だけで、一番大きいサイズのダンボール3箱が出来上がった。ゴルフシューズだけでも4足。その他にもブーツが多いし、あまり履かないパーティー用の靴は箱に入れて保管しているので、どうも嵩張るのだ。トムの靴はダンボール1箱で収まった。しかし、トムはオールデンという日本だと8万円くらいする高級革靴(すべて仕事用)を8足も持っている。トムいわく、ビジネスマンは足元が非常に大事らしい。左右1足ずつ専用の柔らかい布袋に入れ、買った時の箱にしまい、丁寧に梱包。普段、トムはこの革靴たちを非常にマメに手入れし、大事に扱っているのを知っているので、私も丁寧に扱わざるを得ない。ちなみに私はこんな高級な靴、1足も持っていませんよ。

結婚してから一緒に引っ越すのは初めてなので、「トムはこんな物を持っていたのか!!」とたいそう驚いた物がたくさん出て来た。小型ICレコーダー、一眼レフカメラ(デジタルではない)、カセットレコーダー(ウォークマンより一回り大きく、スピーカーが付いている物)、電子辞書(古い型なのでデカイ)、8ミリビデオカメラなど。とりあえず今回は丁寧に梱包したけれど、荷解きの際に、本当に必要な物なのかトムに聞かなくては。もし、処分したくないと言われたら、次の引っ越しまで今のプチプチにくるまれた状態のまま、保管しておこう。どうせまた使わないまま梱包するハメになるのだから。
2008.01.28

入居者探し

今週土曜日に引っ越しを控え、早くも家の中がダンボールだらけ。週末に一気に荷作りが進んだのだ。それにしても昨日のビューイックの今田くん、素晴らしかったね。長いバーディーパットをバシバシ決めて流れをつかんだ感じ。最初から最後まで独走状態だったタイガーには敵わなかったけど、一般的に体格の劣る日本人があのコースで2位になったことは、ある意味歴史的な記録だと思う。毎年このビューイックで、日本人選手はあまり良い結果を残せていないからね。

さて、今住んでいるこの家の新しい入居者はまだ決まっていない。大家さんが先週末にCraigslist にこの家を載せた途端、申し込みがけっこうあったようで、毎日のように大家さんと一緒に、申し込み希望者がこの家を見にやってくる。一応前日か当日の朝に、○○時に行きたいのだけど大丈夫かという確認の電話がくるのだけど、けっこう面倒くさい。当然のようにアメリカ人たちはズカズカと土足で家に上がり、冷蔵庫やクローゼットも開けて中を見ていく。まあね、私だって逆の立場なら細かい所まで見たいから、気持ちはわかるのだけどね。今の大家さんはとてもいい人でお世話になったので、早く新しい入居者が決まって欲しいと私も願っているので、まだ住んでいるうちに家の中を見せることを了承したのだ。

私たちの引っ越し先の家は今日明日がカーペットクリーニング。あさって鍵をもらえることになった。バッグヤードの一部砂利の部分も芝生に変え、新しくお花もたくさん植えておいてくれるらしい。私がアメリカで家を選ぶ時に気になるが、庭のメンテナンス具合。それほど広くなくても、芝生が枯れておらず、隅々まで行き届いている家は、たいてい家の中もよく手入れされているものだ。もう1つ気になるのが、大家さんがいい人かどうか。いくら家を気に入っても、大家さんの感じが悪いと、借りる気が起きない。今度の大家さんも、とってもいい人。細かい注文も聞いてくれたし、ウェルカムな感じが伝わってくる。アメリカの家は、管理会社を通さず直接大家さんと契約することが多いので、大家さんといろいろ交渉することがけっこう多い。ペットOKと謳っていない物件でも、おとなしくお行儀の良い犬だと主張したり、多めにデポジットを払うことでOKになることも多いのだ。日本に帰ったら、あんことうめこを許してもらえる物件なんて、どれくらいあるのだろう。今から心配だー。

2008.01.26

引っ越しを機に買い換える物

先週末ガレージセールで不用品を一挙に放出したことによる安心感からか、引っ越し準備があまり進んでいない。電気、水道などのユーティリティーの手続きや各種住所変更届けはほぼ終わったのだけど、肝心の荷作りがまったく手付かず。来週早々には鍵をもらえるので、引っ越しまでの数日まで毎日通って、荷作りしづらい物をせっせと運ぶ予定。食器の梱包は面倒だし、箱から出す時に大量のプチプチや紙が発生して大変なので、できたら食器類も適当に包んで事前に自分で持って行こうと思っている。

今日はビューイック3日目。テレビ観戦しながら、荷作り開始。タイガーが圧倒的に強すぎてちょっと面白くない。今田くんが頑張っているので、最終日の明日応援に行きたいところだが、商工会コンペ。それ以前に、明日は一日中大雨の予報なので、コンペは中止の可能性が高いだろう。もちろん、ビューイックは雨でも開催されるはずなので、観戦に行くという選択肢はある。大雨の中、コースに出掛けてゴルフ観戦。うーむ。テレビ観戦のほうがいいかな。今田くんもたくさん映してくれるといいのだけど。

さて、引っ越しを機に買い替えた物があります。シーツとタオルとバスマット類。どれも結婚して以来4年間しっかり使いました。シーツなど、夏用と冬用を1種類ずつしか持っていないので、4年間激しく洗濯を繰り返されたわけです(そうでもないか?)。引っ越しはいい買い替えチャンスですね。家具などの大きな物は買い換える予定はないので、小物を変えるだけでも気分転換になります。シーツ、タオル、バスマットって、引っ越しでもしなければ、延々と同じものを使い続けてしまいそう。あと、今回はたぶん買い替えないけど、歯ブラシスタンドとか、歯磨き用コップとかも引っ越しを機に買い換える物の代表選手だと思います。

引っ越しではないですが、日本に住んでいる時、年末のホームセンターでゴミ箱を買っている人をよく見かけました。新年を迎えるにあたって、買い換えたいものの1つなのでしょうかね。私の子供の頃は、年が変わると共に、家族全員のパジャマが新しくなりました。
2008.01.24

ビューイック観戦

今年は安いチケットが手に入ったので、Torrey Pines G.C.で開催されているPGAツアー、ビィーイックインヴィテーショナルを観に行くことにした。一昨年は毎日通ったビューイックだが、田中秀道プロが日本に帰ってしまってから、あまり情熱がなくなってしまった。

今年もUCSDの駐車場に車を停め、コースまで歩く。トムは会社を途中で抜け出し、一緒に観に行った。とはいっても、予定していた時間には仕事が終わらず、結局会場に着いたのは、12時頃。お腹ぺこぺこの私たちが一番にしたことは、ゴルフ場の高いランチを買うこと。ホットドッグ2つ、ミニチップス2つ、ビール1本で25ドル!いくらなんでも、高すぎやしませんか?飲み物の持ち込みさえ許されていないので、みな高い食べ物や飲み物を買わざるをえないのです。

朝から雨が降ったり止んだりだったけど、私たちがコースにいる間は、何とか持ちこたえた。秀ちゃんいない今、私のお目当ては、タイガーウッズか今田竜二。迷った末、今年はタイガーを見ることにした。タイガーの組は遠くからでもすぐわかる。なにせ、ギャラリーの数がハンパではないのだ。タイガーのプレイが見たいのに、あまりの人の多さに、見えるのはタイガーの顔か上半身のみ。顔ちっちゃいー!スタイルいいー!

寒かったこともあって、コース滞在時間は2時間ちょっと。明らかに一昨年とはやる気が違う。

今日はトムの40歳の誕生日であった。ついに大台。トムと同じく今日が誕生日で、1つ年上のMさんからお祝いメールが届いた。Mさんは去年サンディエゴから日本に帰国した、私たち夫婦のゴルフ友達(ですよね?)。思いがけない嬉しいメールに、トムと2人はしゃぎまくり。

今日はトムの誕生日なのに、トムが私にビッグなプレゼントを買ってくれた。中身は今は秘密。最近ゴルフ熱が下降ぎみだった私の情熱を一気に上昇させてくれる素敵なもの。ヒントはルール適合。ありがとう、トム。
2008.01.23

みんゴル@Doubletree

10日前の爆裂蟹コンペ以来、体調が悪かったりしたこともあって、ラウンドはおろか、練習もしていなかった。今日のラウンドに備えて、昨日慌てて練習。うーむ。練習しなくてもけっこう打てるものだね。むしろ調子がいい。複雑な思いです。

今日のみんゴルは Doubletree。プレイフィー29ドルとはお安い!お天気が心配だけど、これなら途中で雨が降ってきてもあきらめがつくな。今日の参加メンバーはnaちゃん、Mみさん、Kみちゃんと私の4人。私は早起きをさぼってラウンド前の練習もなし。力が抜けているのがいいのか、なぜか調子がいい。ドライバーもいつもより飛ぶし、ウッドもきれいに当たる。おまけにパットもよく入る。前半は46(パット数16)。後半の途中からスコアに対する欲が出てきたせいか、なんとなくショットもパットも悪くなってしまった。前半と何が違うというわけではないのに不思議なものだ。大叩きもあったので、後半は51(パット数19)。

あいかわらずここのグリーンは難しかった。速いだけでなく、予期せぬキレっぷりをする。

雨は降らずになんとか持ちこたえたけど、途中から曇ってきて、すごーく寒かった。みなウインドブレーカーの上に、もう1枚アウターを着るような状態。寒いなか、みんなよく最後まで頑張りました。

明日からビューイックインビテーショナルが始まる。去年は行かなかったけど、今年はチケットを2枚買ったので、明日トムと一緒に行く予定。しかし、お天気悪そうだ。雨に打たれてまで、生タイガー・ウッズを見たいか?微妙だな。
2008.01.21

初めてのガレージセール

水曜日に歯医者に行き、ブログを更新した後も熱は下がらず、結局土曜日の朝まで寝たきりだった。そんなわけでずいぶん長い間、このブログも放置してしまった。4日間、38度台後半の高熱が続いた。子供の頃は、熱が出たら、母親が会社を休んで看病してくれたけど、大人になった今は、どんなに体がつらくても、なかなか付きっきりの看病なんて望めない。金曜日の午後、あまりのつらさにベッドの中で涙を流しながらそんなことを考えた。

土曜日の朝にやっと熱が37度前半まで下がり、なんとか普通の生活ができるようになった。そして日曜日の午前中にはガレージセールを開催した。

1週間前くらいから Craigslist にてガレージセールの告知をし、前日には大通りから家までの3ヶ所に看板を出した。朝暗いうちに起きて、ガレージの前に品物を並べる。いざ並べてみると、それほど物がなくてなんだか寂しい感じ。他に売るものはないかと家の中を探し回った。スタート時間(8時)の15分くらい前に、ピックアップトラックに乗ったやる気満々なおじさんが早速登場。「孫が9人もいてね、」などと話すおじさんは、ずいぶん色々な物を引き取ってくれた。家族愛に心打たれたトムはずいぶんおまけしてあげたようだ。結局8時過ぎくらいまでの間にけっこうな数の人が訪れ、半分くらいのものは売れてしまった。その後客足はめっきり遠のき、あづ。さんご夫婦が、手伝い&差し入れにやって来てくれた時には、開店休業状態。そして終了時間の11時頃にまた数人の人たちがやって来たのだが、12時にフットボールの試合が始まったので、外に残った品物は放置し、そのままテレビ観戦。チャージャーズのスーパーボウル出場がかかった大事な試合だったので、サンディエゴの人はみなフットボールを観ているのかと思いきや、意外とぽつりぽつりとお客さんがやって来る。そしてその数少ないお客さんが順調に残っているものを買っていってくれるのだ。なかなか売れなかったゴルフのスタンドバッグ+古い男性用アイアンセットは、早い時間に1度やって来た夫婦のダンナさんだけがまたやってきて、買ってくれた。奥さんが一緒の時には買ってもらえなかったから、今度はひとりで来たと言う。最後まで残っていた外用の椅子2客も、朝1度やってきたご夫婦が犬の散歩がてら再びやって来た時に買ってくれた。トムが抱き合わせ販売を上手にやってくれたので、最終的に売れ残ったものは、ほんの一部の小物だけ。物をなくすのが第一の目的だったのでかなり安く売ったけれど、結局売り上げ額の合計は209ドル。何より嬉しいのは、みなにとても喜んでもらえたこと。物入れやガレージに眠っていた物が、誰かに喜んで使ってもらえる。お互いにハッピーだし、「物」にとっても幸せなことだ。

トムは普段、こうやって仕事関係以外の人と話す機会が少ないせいか、色々な人と話せてとても楽しかったと言っている。またやりたいって言うけど、残念ながらもう売るものがないよ。売り上げた209ドルはもったいなくて使えないと思ってしまう私たち。たぶんそれほど裕福でない人たちが使ってくれた大事なお金だから。

意外と人気があった品物は、男性物のブランドハンカチ。箱に入ったままの頂き物がたくさんあったので売りに出してみたら(トムはアメリカでは全然ハンカチを持ち歩かない)、あっという間に全部売れた。もう1つ学んだことは、ガレージセールの勝負は、告知している開催時間の前後だということ。品揃えがいい早い時間にやってくる人と、投げ売りが始める終了時間以降にやってくる人との二極化が印象的であった。
2008.01.16

歯を大きくする!?

昨日の夕方、突然熱が出た。私は年に数回扁桃腺が腫れて高熱が出るので、体のだるさや関節の痛み具合で、自分の熱が何℃くらいかわかるほどだ。よれよれになりながらも、なんとか夕食を作り終えると同時にトムが帰ってきた。なぜか食欲はあったので、一緒に夕食(ハンバーグ)を食べ、食器を洗うためにキッチンに立った。熱のため腰が痛くて立っているだけでとてもつらい。トムに「体が痛いよー。痛いよー。」と訴えてみたが、明るくノーテンキな声で「大丈夫ー?」と言いながら、リビングでお煎餅をバリバリ食べている。「鬼夫ーーー!」と叫びながら食器を洗った私(こんな時にも流しに食器を放置しておけない性格)。

結局一晩寝ても、熱は下がらなかった。しかし、今日は6週間に一度の矯正歯科の日。具合が悪くて行けなくなったからといって、翌日の予約を取ってもらえるほど、アメリカの病院は甘くない。今朝のトムは優しかった。朝ごはんは作らなくてもいいと言ってくれたし、早朝からあんこの散歩にも行ってくれた。でもって、歯医者にも連れて行ってくれたのだ。きっと昨日の行いを反省したのだね。

久しぶりに歯医者についてきたトムは、私の矯正が最近あまり進んでいないことなどを訴えてくれた。いつも流れ作業のように処置をするのでゆっくり話す時間がないし、この矯正歯科医の英語は非常に聞き取りづらいため、私ひとりではコミュニケーション不足なのだ。

そして、びっくりするような事実がわかった。ここ数ヶ月、上の左右2番の両側にスプリングをつけたりゴムを付けたりして隙間を作っていたのだが、それは、前歯2本に比べて両側の歯が極端に小さいため、その小さい歯を大きくするためらしい。どうやって大きくするのかというと、ボンディングという方法で歯にセラミックみたいなもの(素材は確認せず)をくっつけるのだって。えーーーっ!?今までそんなこと言ってたっけ?私、このままでもいいのにな。ボンディングのための隙間が空いたら、いつもクリーニングをしてもらっている隣の一般歯科でホワイトニングをして、歯に合った色のものを付けることになる。一般歯科でやるということは、当然別料金だし、時間もかかるし、何かを付けるということはその部分が欠けたり変色したりする可能性があるということ。

数ヶ月かけて隙間を作ったし、より見た目の良さを重視するのなら、ベターな方法なのかもしれないけど、そこまでしなくても・・・と思う自分もいます。正面からの写真ではわかりづらいけど、上の左2番の歯の両側は1ミリずつくらいすでに隙間ができています。

続きを読む。
2008.01.12

第13回爆裂蟹 新春カップルズトーナメント

今月の爆裂蟹コンペは、新春特別企画のカップルズトーナメント。ゲーム方式は、昨秋参加したさだみカップのカップルズトーナメントと同じく、オールタネイト・オブ・パートナー(両者がティーショットを打った後、2打目はどちらかを選び、ホールアウトまで交互に打っていく方式)。ゴルフの内容以外に、今回は「ベストドレッサーカップル賞」を全員の投票で決定。いつも以上にカップルのコーディネートに気合が入っています。12名参加で、夫婦が4組、夫婦以外のカップルが2組です。

M家いつもおしゃれなM家のお2人。ラルフローレンのビッグポニーが高級感をアピール。ビッグポニーのポロシャツってとても高いのよね。コースに来る前に買ったばかりだというタイトリストの黒白バイザーもお揃いです。

トム&ともトムがゴルフウェアをあまり持っていないので、コーディネートに大変苦労しました。トムの手持ちの服に合わせて、私の服でなんとかお揃い感を出した感じ。ナチュラルトーンに紺色をアクセントカラーにしました。アウターは2人ともユニクロよ。

T家黒のキャスケットがお揃いで、そこはかとなく漂うヨーロピアンな香り。Asakoちゃんのレモンイエローのインナーとシューズが新春らしい爽やかなアクセントになっています。

Kロちゃん&O氏唯一男性同士の組み合わせ。英国紳士のようなO氏のコーディネートには参加者一同度肝を抜かれました。ちなみに手にしているのはクラシックなパーシモンのクラブです。小道具まで完璧。最後までネクタイを締めたままプレイしたところもさすが。残念ながらパートナーのKロちゃんとはコミュニケーション不足か。しかしなにげに色合いは合っています。

I家本命のI家は今日もプーマでコーディネート。Kへーさんのベストの模様のピンク色に、naちゃんのベストの色をさりげなく合わせたあたり、大人のお揃い感覚です。写真ではわかりませんが、ウエストバッグやマーカーも赤と黒の色違い。お2人ともスラリとスタイルが良く、モデルさんのようですね。

KKさん&akeminさんKKさん&akeminさんのカップル(夫婦ではありません)。ゴルフ場で2ショット写真を撮り忘れました。すみません。KKさんは紺色基調のさわやかなコーディネート、akeminさんは紫と黒をベースに、シックで力強さを感じさせるファッションでした。シルバーのシューズも素敵。ちなみにお揃いは黒い靴下だったそうです(見えなかったけど)。

さぁ、あなたなら、どのカップルに投票しますか?

さて、肝心のゴルフの話です。せっかくのカップルズトーナメントなので、あえて難しい Carmel Mountain Ranch を開催コースに選びました。1人には攻略できない難コースも、夫婦で力を合わせればなんとかなるのではないかという淡い希望を抱いて・・・。

しかし、不思議なもので、なんとなくいつもの自分のスコアに落ち着いてしまうものなのです。私が1メートルに寄せたアプローチをトムが外したかと思えば、私がバンカーに入れてしまったボールをトムが見事にリカバリーしてくれたり、そんなことの繰り返し。こうやって夫婦は助け合って生きていくのだと実感した次第です。

15番のアップヒルの長ーいパー3で、トムがあわや1オンというナイスショットを放ってくれたおかげで、初めて私もこのホールでドライバーを持つことができました。普段はウッドでバンカー手前に刻んで寄せワンを狙うホールなのです。トムがいい所に打ってくれたので、私も冒険してバーディー狙いのショットを打てるわけです(完全に外したけど)。こういうのが、カップルズトーナメントの面白さだと思いました。

結局優勝したのは、本命のKKさん&akeminさんカップル。なんとKKさんは昨秋のカップルズトーナメントに続く優勝です。そして2回ともパートナーが妻ではないところがポイントです。私が「女性の扱い方をよくわかっているKKさん」と評したら、KKさんの奥様から「Fully Trained husbandのKKさん」なのだとコメントをいただきました。なーるほど。日頃の鍛錬がこういう場で生きるわけですね。

そして2位はKロちゃん&O氏のカップル。上位を夫婦以外のカップルに独占されてしまいました。夫婦でないほうが適度な緊張感があって良いのでしょうか。夫婦だと甘えが出るのかもしれませんね。

私たち夫婦は、かろうじてベスグロ賞をゲットしました。そのグロススコアは98。お恥ずかしい・・・。

今後の爆裂蟹コンペにおいて新ルールが採決されました。今まで1位になるとハンデが20%減、2位で10%減だったのですが、ハンデの見直しを望む強い声が上がり、最下位の人はハンデが20%増、ブービーの人が10%増というのが、あらたに付け加えられました。Asako部長の決済も下り、久々に部長がハンコを押す姿を拝むことができました。

この方式のカップルズトーナメントだと、1人が打つ回数がいつもより少なくなるので、消化不良な感も否めませんが、本来、夫婦参加が基本の爆裂蟹コンペらしくて、たまにはいいものだなーと思いました。

*ベストドレッサーカップル賞を獲得したのは、一番上の写真のM家のお2人です。

2008.01.10

引っ越しの見積もり

来月早々に引っ越しすることになった。といっても、転勤というわけではなく、ただサンディエゴカウンティ内の移動。そんなわけで、ここのところ少しバタバタしています。

今日は引っ越しの見積もり。何度かお世話になっている日通さんに来てもらった。引っ越しの見積もりって、かなり恥ずかしいのですねぇ。大きな家具だけチェックするのだと思っていたら、物入れやクローゼット、キッチンのキャビネットの中まで、ちょっと拝見~って感じ。整理整頓好きの私は、いつどこを見られても全然平気だけどね(←自信満々)。

うちは家具も小物も少ないほうだと思っていたのに、トラック1台ではちょっと積み切れず、2台になる可能性が高いと言われた。うーむ。一番の原因はトムのトレッドミルか!?

今日はたまこの一周忌。たまこが死んだのは、もうずっと前のことのような気がする。犬1匹猫1匹との生活にもいつにまにかすっかり慣れた。たまこ、残された私たちはみんなで仲良くやっているよ。たまこはきっと、あっちの世界でもみんなに愛されているのだろうね。これからも、どこかでずっと、私たちのことを見守っていてね。

たまこ

2008.01.09

みんゴル@Rancho Bernardo Inn

今年の初打ちはみんゴル@Rancho Bernardo Inn。去年の大晦日から8日間、まったくクラブを握らずに過ごしてしまった。ゴルフのない生活など考えられないと思っていたが、案外できるかもしれない。

久しぶりに昨日練習に行くと、体が硬くて腕が上がらず、クラブが重く感じられた。インパクトの衝撃で手首がグニャグニャしてしまう。この1週間、体調が悪かったりお天気が悪かったりで、ゴルフに限らずまったく運動もせず家にいたせいか、すっかり体力が落ちてしまったようだ。情けない。

Rancho Bernardo Inn #185人参加だったので、3サムと2サムに分かれたのだが、naちゃんと私の2サムの組はアメリカ人のおじいさん2サムと一緒にまわることなってしまった。なんだかいつものみんゴルと雰囲気が違う~。この男性2人、おじいさんだけあって、飛距離は私たちとそう変わらない。可愛らしいミスもする。しかし、マナーもいいし、とても真面目にプレイする人たちだったので、気持ち良くご一緒できました。

私の初打ちのスコアは93(パット数35)。ショットは全体的に75点くらいの出来。芯にきれいに当たっても思ったほど飛距離が出ないのは、体力低下と共にヘッドスピードが落ちているから(笑)?次回のラウンドはもう少し気合を入れて、ビュンと振ってみよう。ショートアイアンとアプローチはかなり良かったのだけれど、2メートル前後の寄せワンチャンスをなかなか生かせなかった。短いパットを外したりもなかったので、パットのタッチ自体は悪くなかったのだけど。このコースで93というスコアはあまり良くないのだけれど、練習不足後の今年の初打ちとしてはまずますでしょう。

naちゃんも、超ロングパットを決めてのバーディーからぐっと調子が上がってきて、スコアもまとまりました。

今年のゴルフに関する目標は、去年達成できなかった、Index15以内、その他には、パット数の平均を30台前半にする、ドライバーの飛距離を伸ばす、以上の3つ。ラウンド数は少し減らして、そのぶん練習場での内容を充実させ、きっちりラウンドで成果を出していきたいと思う。
2008.01.05

「I Am Legend」と「サラリーマンneo」

年明け最初の週末は、珍しく雨降り。久しぶりにトムと映画を観に行った。日本でも同時公開された、「I Am Legend」

I Am Legendウィル・スミスもいいけど、私の心をわしづかみにしたのは、もちろんジャーマンシェパードのサム。いい演技します。サムというからずっとオスだと思い込んでいたのだが、最後のほうのセリフの中にサムが女の子であることを示す表現(she だか girl だか)が出てきてびっくり。きっとサマンサなのね。

ウィル・スミス演じる主人公が地球最後の男であることくらいしか知らずに観始めたのだが、意外とオカルトな展開でびっくり。恐怖のあまり仰け反ってしまうシーンもたくさん。CGが素晴らしいけど、動物が死ぬシーンなどは、逆に作り物だとわかっているので安心して観ることができた。ひとりだけ生き残ったみたいなコピーだったけど、実際は全滅ではなくてニューヨーク以外には生き残っている人がいたし、主人公だけ免疫があって(?)、ウィルスに感染しなかったというのもちょっと不思議。まあ、そのおかげで、自分の血液を使って最後には抗体を作り出すことができるのだけど。登場人物はほとんどいないので、当然難しい会話もなく、英語が苦手でも余裕、余裕。

もう1つ、「サラリーマンneo」というテレビ番組をご紹介。たまたまつけていたテレビジャパンで放送していた、NHKのお笑い番組。私はお笑い番組をあまり観ないし、それほど面白いとも思わないのですが、これはかなり笑えました。去年の10月、国際エミー賞のコメディー番組部門最終ノミネート作品に選ばれた番組ということです。サラリーマンネタのコントのコーナーがいくつかあって、どれもなかなか面白いし大物俳優が登場したりするのですが、一番ツボにはまったのが、サラリーマン体操。You Tube にもありますので興味のある方はぜひ。過去14回放送されたらしいのですが、この前テレビで観た年の瀬スペシャルの回の体操はさらに豪華で良かったです。もう1つ、グッときたコーナーは「セクスィ部長」。沢村一樹が最後の殻を破ってしまったという感じのはじけ具合がたまりません。
2008.01.04

新年の抱負

消化器系に絶対の自信を持ち、少々賞味期限の過ぎた物を食べようと、怪しげな生水を飲もうと、お腹をこわすことなどまったくない私ですが、なぜか新年早々お腹をこわして早3日目です。まったく原因不明です。2日にカレーが食べたいとトムにリクエストされ大量に作ったので、下痢なのにカレーを食べ続けています(下品ですみません)。

さて、新年の抱負です。去年の抱負が何だったか、それをきちんと実行できたかということは、私にはあまり興味のないことです。しかし、毎年つい目標を立ててしまうのは、私が「目標好き」だからです。目標を立てるのが好きだからといって、反省をするかというとそれは別物のようです。

・4月のラホヤ・ハーフマラソンに出る。
・6月のロックンロールマラソンに今年も出る。
・9月のロサリト・エンセナーダ50マイル自転車レースにまた出る。

よく考えたら、これは抱負ではなくて予定ですね。

・早起きする。早寝は今までどおり継続。
・行ったことのないレストランや扱ったことのない食材にチャレンジする(食べ物に関してあまりにもコンサバなので)。
・ゴルフも続けるけど、もっとランニングと自転車に時間をかける。
・何かを新しく買う時に、もっともっとよく考えて、不必要な物を買わない。
・あんこと一緒にいる時間を大事にする。

今年は大きな変化がありそうな予感がしています。少なくとも今年中に矯正が終わります。他にもいろいろありそうです。

↓うめこにも何やら強い決意を感じます。うめこの決意

2008.01.02

あけましておめでとうございます。

みなさま、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

年が明けて今日は2日。アメリカでは一般的に、お正月休みは1日だけなので、トムは今日から出勤です。1月2日とは思えない、普通の1日でした。

大晦日にはテレビジャパンで紅白歌合戦を観ました。普段テレビをほとんど観ないので、テレビジャパンの視聴料金がもったいないと常々思っていますが、この日ばかりはテレビジャパンと契約していて良かったと思うものです。

西海岸時間では31日の午後6時に紅白歌合戦がスタート。急に年の瀬気分が高まります。最初から最後までマジメに観て、感じたことを箇条書きにしてみます。

・モーニング娘率いるハロプロのメンバーが全然わからない。「ラブマシーン」を歌っていたけどヒットした当時歌っていた人で今も現役の人は一人もいないのではないか。

・実はWaTがけっこう好き。ウエンツも徹平くんも両方好き。歌っている姿を観るのは紅白だけだが、スマップよりは歌がうまいと思う。

・布施明の「君は薔薇より美しい」、懐かしかった。今聴いてもいい曲だ。作曲はミッキー吉野。なるほどね。

・AKB48、リア・ディゾン、中川翔子、絢香、全然知らない。みんな、本当に売れてるの?

・あみんの岡村孝子じゃないほうの、地味だった人(加藤晴子)が、とても痩せてきれいになっていた。もちろん年はとっていたけど、とても上品だった。

・槙原敬之、徳永英明、どっちもわりと好きだけど、歯並びが気になる。最後に全員で「世界にひとつだけの花」を歌っている時に、キムタクと肩を並べて生き生きと歌っているマッキーを見て、彼の完全復活を感じた。

・中村中、その存在を初めて知ったが、いろいろな意味で強烈であった。

・コブクロ、昔、J-WAVEライブで初めて見た時は、誰じゃー?と思っていたけれど、今ではすっかりスーパースター。バッグでの演奏を含めると、今回3回も登場!

・ドリカムの吉田美和、本人は泣かずに頑張って歌っていたけれど、痛々しくて見ている私のほうが泣いてしまった。

・阿久悠さんって、演歌も歌謡曲も作詞してすごいなー。五木ひろしの「契り」が五木ひろし作曲ということにも驚いた。

以上、どうでもいい私の感想でした。

今年も全員で集合写真を撮りました。たまこがいなくて寂しい。でも人間と動物の数が同じになったので、撮影が少し楽になりました。

お正月の家族写真