fc2ブログ
2008.03.24

旅のワードローブ

2年ぶりの一時帰国を控え、お土産ショッピングは早めにスタート。日本へのお土産は毎回悩むが、なんとかひととおり、揃えることができた。サンディエゴ土産なんて、特別珍しいものはないので、アメリカブランドの洋服や小物(アバクロ、コーチなど)に片寄ってしまう。

お土産ショッピングで頭を悩ませるとともに、さらに迷ってしまうのが、日本で着る洋服。私、ゴルフウェアとランニングウェアばっかり買っているので、最近普段着が全然ないのです。一時帰国といっても、私にとっては旅行と一緒。スーツケース1つに収まる量の洋服を着まわすしかないのだ。リゾート地への海外旅行と違って、日本では、温泉に行く、友人に会う、買い物をするなど、いろいろなケースが考えられる。もしかすると、ちょっとおしゃれなレストランに行くかもしれない。アウターはたぶん1着しか持って行かないし、ハンドバッグも1つ、靴はせいぜい2足かな?日本へ長く一時帰国している人はどうやって洋服を着まわしているのか、いつも疑問。あまり洋服は持っていかず、日本で買った洋服をたくさん買ってそのまま着るのだろうか?私の滞在は7泊9日。宿泊場所は転々と変わるので、ゆっくり買い物できる時間はあまりない。

日本行きの洋服たちいろいろ考えると、持って行くのにふさわしい服などほとんどない。そこで少々買い足してみましたよ。日本に行く前になぜかお金がかかる、悲しい法則。アウターはナイロン素材、ジップアップ、スタンドカラーとスポーティーな雰囲気を持ちつつも、5部袖、ふんわりギャザーの袖とすそでフェミニンディテールも満載の紺色のブルゾン(バナリパ)。私にしては、かなり流行を取り入れてみました。他があまりにベーシックで地味なもんでね。あとは、フューシャピンクのVネックカーデ。これも流行を意識してブライトカラーを。紺色のアウターとも相性良し。気温対策を兼ねて、ボーダーのコットンストール(ホリスター)。襟元に白っぽい色を入れると、顔が明るく見えます。

ボトムは手持ちのものを3つ。ユニクロのワイドジーンズとセブンのダメージ加工のスリムストレート。これは裾を折り返して足首を出して履く予定。AGの美脚ホワイトデニム。インナーも手持ちのもの、ベーシックカラーのキャミやTシャツ。その他には、とても寒い時用にアバクロのスウェットパーカーとこげ茶のコットンセーター。

こんなもので足りるのでしょうかね。ハンドバッグはまだ検討中、白かベージュの小型ショルダーの予定。そして問題の靴です。私はいつも6~7センチくらいのヒールの靴を履くので、ジーンズはそれに合わせて長めに切ってあるのだけど、旅先でヒールの靴は疲れる。荷物もあるし、きっと満員電車にも乗るだろう。どんなにおしゃれなものでもスニーカーは好きじゃないので、シルバーのフラットシューズ(スリングバック)を1足購入。いっそのことMBTサンダルってのはどうだろう。あれなら、厚底なので長めのジーンズでもギリギリOK。MBTサンダルと7センチヒールのエスパドリーユのどちらかを持っていこうかと検討中です。

日本行きに限らず、旅のワードローブって難しいパズルのようだ。最小限の洋服や小物で、旅の間、TPOに応じた着こなしをしなければならない。納得いかないコーディネートだと気分が悪い。でも、すべてがうまくいった時はおしゃれ冥利に尽きる。旅先での快適のため、あと1週間悩んでみまーす。