fc2ブログ
2008.03.31

せつない別れ

明日から日本に7泊9日で一時帰国する。帰国の一番の理由はI-94の期限が切れてしまうため。私のビザ(E-2)の場合、I-94の有効期限は2年。2年のうちに、どこかアメリカ国外に出れば自動的にI-94は新しいものになるのだが(メキシコ、カナダの短期滞在は除く)、私はこの2年間、どこへも行かなかったのだ。こんな駐在妻、そうそういないと思う。もう1つの目的は、日本の運転免許証の更新。5ヶ月前に失効してしまったので、その更新手続き。

あんことうめこは、アメリカで初めてのボーディング。Helen Woodward Animal Centerという、けっこう大規模な施設にお泊まりしてもらうことにした。ここには、犬猫それぞれ1部屋ずつ、VIPルームがある。以前見学させてもらったことがあるのだが、犬用のVIPルームは10畳ほどの広さのリノリウムの床の部屋で、ソファやマットが置いてある。まるで人間が暮らす部屋のような雰囲気。猫用のVIPルームは6畳ほどだが、素敵なキャットタワーが2つあるうえ、外が見える窓もある。値段は他の平民の部屋とそれほど変わらないのに、快適さは数倍なのだ。この部屋を狙ってずいぶん前に予約したのに、すでに埋まっていて取れなかった。結局あんこは、その次に広い部屋にしたのだが、そこはコンクリー敷きの床の上にベッドがあるだけで、入り口も鉄柵でできている、いかにも犬小屋。うめこはダブルという部屋なのだが、ペットショップのアダプションコーナーによくある、箱が2段になったタイプの狭ーい小屋。こんな所で10日間も過ごすのかと思うと不憫でならない。

のびのびうめこ 


←普段はキングサイズのベッドの上でのびのび。



車から降りて受付に行くと、早速あんこは震え始めた。どうやら病院と勘違いしているようだ。たしかに、雰囲気が似てるもんね。受付を終えると、あんことうめこは奥に連れて行かれた。お泊り中の犬たちは、ちょうど日向ぼっこタイムらしく、みな外のケージに移されていたので、あんこもひとまず外のケージに連れて行かれたらしい。駐車場から、外にいる犬が少しだけ見える。目を凝らすと、子犬のように小さく見えるあんこがいた。私たちの存在にはまったく気付いていない。1区画6畳くらいの広さに仕切られたスペースに1匹ずつ収まっている。一番駐車場の近くにいた犬が「ワンワン」と吠えた。そうすると、周りの数匹の犬も一緒に吠え始めた。最初おとなしくしていたあんこも、周りの犬が吠えるなら私も吠えてみましょ、という感じで「アォーン、アォーン」と今まで聞いたこともないような可愛い、しかしせつない声で2回遠吠えをした。

あんこもうめこもここでのお泊りは初めてだから、一時的に預けられているだけでいつか私たちが迎えに来るということを知るはずもない。彼女たちがもし人間だったら、「9回寝たら迎えにくるからね」と言葉で伝えて、安心させてあげられるのにね。

あんことうめこがいない家はとても広く感じられる。物言わぬ2匹の存在感がいかに大きいということか。

犬猫たちのことはほんの少し頭の隅に追いやり、日本での滞在を楽しんできます。