2008.07.31

トム兄一家の滞在

明日から、うちにトム兄一家が日本から遊びにやってくる。トム兄一家の家族構成は、トムの4歳上の義兄、私と同い年の義兄嫁、9歳、5歳、3歳(間違ってるかも)の男の子。しかも全員O型(深い意味はありません)。

子供たち3人は、いまどき珍しいほどの「子供らしい子供」。昭和時代の子供を彷彿させる。ま、簡単に言うとやんちゃで元気いっぱいってことです。うるさすぎ、落ち着きなさすぎで、外食はほぼ不可能らしい。がーん。毎日何を作ればいいんだ・・・?

子供が苦手なトムと私ですが、同居する義母がお世話になっている義理もあるし、子供たちにとっては思い出に残る初めての海外旅行なので、頑張ってアテンドしますよー。

日本出張から昨日戻ってきたばかりのトムが、今日ロスに彼らを迎えに行った。自分を鼓舞するがごとく、「よし、頑張ろう!」と大きな声を出し、疲れた体に鞭打って出発したトム。えらいぞ、頑張れー!そのままディズニーランドに行き、近くで1泊して、明日も1日ディズニーランドで遊んだ後、うちにやってくる予定。

その後も、レゴランド、シーワールド、とテーマパーク続き。テーマーパークが苦手なトムと私がどこまで頑張れるか見物です。

もう1つの心配事はあんことうめこ。今まで一度も子供と暮らしたことがなく、心静かに生きていた2匹。今回の嵐のような日々に耐え得る力があるのか。うめこ、家出しないでね。

ロッキングチェアーの上で

←デッキにあるロッキングチェアーでくつろぐうめこ。明日からどうなる・・・?


そういえば、あんこそっくり犬がダラスにいることに判明しました。YummieDさんちの、その名もあいこちゃん。柴犬ってみな同じに見える人もいるかもしれませんが、そうでもないのです。あいこちゃんとあんこはかなーり似ています。ちょっと太めなところも。そのうえ、同居犬のケーティーちゃんは、今は亡きたまこ似。たまこはいろいろ混ざったと思われるMIX犬なので、なかなか似た犬はいないのです。。2匹並んで写っているプロフィール写真を見るとはっとします。ちなみにYummieDさんは最近3匹目のわんこをアダプトされたばかりです。

2005年のあんことたまこ

←ほーら、よく似ているでしょ。
あんこ、あの頃君は細かった・・・。


2008.07.29

最近読んだ本

サンディエゴにブックオフができたおかげで、最近はとりあえず読む本に不自由しなくなった。でも、古本にしては、けっこうお高いのよね。いつか日本に帰ったら、図書館のすぐそばに住もうっと。

先日このブログでも書いたとおり、食わず(読まず?)嫌いだった村上春樹に目覚めてから、かなり春樹漬けの日々。「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「ノルウェイの森」「国境の南、太陽の西」「スプートニクの恋人」「アフターダーク」「レキシントンの幽霊 」「東京奇譚集」「TVピープル」。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)やっぱり一押しは「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」。彼の作品の中でも、1、2を争う人気というのも納得。「海辺のカフカ」に通じるファンタジーの世界、2部構成。大ベストセラーの「ノルウェイの森」もまあまあだったけど、そこまで売れたのは謎。同じ恋愛小説なら、「スプートニクの恋人」のほうがいい。読んだなかでもっとも面白くなかったのは「TVピープル」。短編集なのだけど、表題作が今ひとつだったので、印象が悪い。一番最初に読んだ村上作品が「TVピープル」でなくて良かった。きっと他の作品を読む気が起きなかっただろうから。

彼の小説に惹かれる一番の理由はきっと、登場する人物が好きだから。たいてい主人公の男性は、孤独で、読書と音楽が好きで、頭が良い。女性はわりと個性的で気が強く、理屈っぽくて、同じく孤独。そういう人たちに強いシンパシーを感じる私は、きっと孤独な人間なのでしょう。

その日のまえに今日読んだのは、重松清の「その日のまえに」。単行本で5ドルもしたのだけど、帯を読んだだけで買うのを即決。「生と死と、幸せの意味を見つめる連作短編集」です。私は昔から「死」についてよく考えた。若くて健康な時から(今でもおおむねそうですが)、死が自分と無縁のものだとは思っていなかった。ホスピスとか告知とか脳死とか献体とか、死に関わること、死を迎えるにあたって考えておかなければならないことに異常に関心があった。この本に出てくる人たちのように、末期癌で告知を受けて、多少の準備期間を経て死ぬのと、交通事故や心臓発作で突然死ぬのとでは、どっちがいいだろう。私にそんな強さがあるのかという問題は別として、やっぱり自分で死期をわかっていたいと思う。そうじゃないといろいろ悔いが残りそうだ。自分の荷物をちゃんと片付けて、お世話になった人にお礼を言って、最期の時を迎えたい。すごく長い遺書を書きそうなタイプだな(笑)。

2008.07.26

Maderasとしゃぶしゃぶ

今月16回目のラウンドは、大好きなMaderas G.C.。109ドルでUnlimited。なんてお得なんでしょー。ご一緒したのは、S田さん、ATPさん。トムのいない寂しい週末に声をかけていただき、嬉しい限り。ここはレンジボールも無料なので、スタート1時間半前に到着して、思う存分練習。練習だけで元を取った気分。

今日の目標スコアは92。私にしてはかなり難易度が高い、前から2番目のティーを使用するので、92がIndex採用ライン。苦手な1番ホールは、2打目でちゃんとクリークを越えた後、長めのパットを決め寄せワンパースタート。4番パー3はグリーンに乗せるのがやっとの難しいホールだけど、またも長いパットを入れてバーディー。なんだか妙に長いパットが入る(短いのも外さないヨ)。どんなに長い距離でも、「入れる」という気持ちが大事なのね。8番パー5はどんなに良いドライバーショットを放っても、2打目が木にかかって難しい。バンカーショットで失敗もして、ついに大叩き(10)。それでも前半ハーフ46は過去最高。後半になると、魔法がとけたようにパットの冴えがなくなり、なかなかパーが取れなくなった(46)。なんとか目標達成。パー5で2回大叩きをしたおかげ(?)で、アジャスト後の入力スコアは88。なんと、Indexがついに14を切りました。

やっぱりMaderasは面白い。前よりもパーオンを狙えるホールが増えたので、攻め方のオプションが増えた。私の鬼門は8番と14番のパー5。次回はここを征服したい(ボギーでいいです)。とても空いていたので、ホールアウト後、さらにハーフをラウンド。1ラウンド目でまあまあの結果を出してすっかり燃え尽きてしまった私は、一気にダメダメプレイになってしまった。1ラウンド目は失敗した、6番のティーショットの藪越えに成功したのが、唯一のハイライト。ここはキャリーで150ヤード必要なので、毎回緊張する。大変さは、Salt Creekの10番(白ティー)と一緒かな。

ラウンド後はATPさん宅にお呼ばれの予定だったので、私は1.5ラウンドで終了。お2人は私が帰った後も残りのハーフをラウンド。こんなにお得なプランがあるのに、なんでこんなに空いてるの?もったいなーい!S田さんは、このラウンドで(86)ついにIndexが1桁に!

Maderas 14H


←14番ホール


Maderas 18H


←18番ホール(青ティーより)


1度家に帰って、シャワーを浴び、あんこの散歩を済ませた後、ATPさん宅に向かう。なんと今夜はしゃぶしゃぶですって。サンディエゴに来てしゃぶしゃぶを食べるのは初めて。実は先日Toshi-sanに行った時に、ひとりでしゃぶしゃぶを食べる若いアメリカ人男性を見て(観察して)、あぁ、久しぶりにしゃぶしゃぶを食べたいなーと思っていたところだったのだ。なんたって、好物は「肉」ですから。12パックのお肉(ちなみに大人4人、子供2人です)やしゃぶしゃぶに不可欠な野菜たちや薬味が見事に用意された食卓。私たちがゴルフに興じている間に、買い物や準備をしてくださったATPさんの奥様に大感謝。ごちそうさまでした~。
2008.07.25

つれづれに。

トムが出張で日本へ行ってしまったので、ひとりのんびりの日々。ずっと気になっていたペディキュアを塗り直したり、バスタブに入浴剤を入れて本を読みながら半身浴したり、忙しくてすっかり後回しになっていたスペイン語を思う存分勉強したり。

スペイン語といえば、単語や動詞の活用を覚えるのに、ダイソーで売っていた単語帳を使い始めた。昔は記憶力が良く、ひととおり読むだけで何でも暗記できたので、単語帳を使って必死に暗記している同級生を見て不思議に思っていたが(タカビーだ)、今や、繰り返し書いたり口に出して発音しないと、なかなか覚えられなくなってしまった。しかし、この単語帳利用というのは、なかなか良いものだ。実際、書いたものを後でどれだけ繰り返し見るのがわからないが、この「単語帳に書く」ということによって、一気に暗記できたような気がする。ノートに書いた時にはあまり覚えられなかったのに不思議だ~。

昨日は久しぶりに走ってみた。ゴルフばかりして毎日疲れていたので、すっかりランニングから遠のいていたのだが、時間と気分に余裕があったので、ひとっ走り。朝夕1日2回あんこの散歩をし、夕方ランニングすると、なんだか1日中、近所をうろうろしている気がする。アメリカに住んでいて、犬を飼っておらず、ウォーキングやランニングを趣味としない人は、ほとんど家から歩いて出ることはないだろう。「家から出る=ガレージに直行しそのまま車で出かける」という図式だからね。

近所をうろうろしている時間が人より長いせいか、最近とても疲れやすくなった。季節柄か、それとも年のせいか。とにかく毎日体がだるくて、毎日7~8時間きっちり眠っているのに、時々吐き気がするほどの眠気に襲われるのだ。ラウンド中は元気いっぱいだけど、ラウンドの翌日は、家の中の階段を上るのもやっと。自分が思っているより、体は衰えてきているということか。

明日は大好きなMaderasでラウンド。今日は、新しいゴルフ雑誌を読み、練習場に行き、どの距離計がいいかネットで比較をし、Maderasのコースマップを見ながら戦略を立て、また家で素振りをするという、ゴルフ馬鹿な1日であった。

うめこは的がわり

家の中でのパッティング練習はうめこと一緒に。お腹を的にしても、微動だにしないうめこ。


悩みなき猫

生まれ変わったらうめこになりたい。毎日幸せそうだ。


2008.07.23

みんゴル@Bonita

今日のみんゴルは久しぶりのBonita G.C.。11時以降だとカート代が無料になるクーポンがLight House(日系フリーペーパー)についているので、今日はプレイフィーの26ドルだけ!フラットで単調なので、特に好きなコースではないけれど、これだけ安いとどんなコースでも許せます。

参加者は9名3組。女子がこれだけ集まるととっても華やか&賑やか。今日は、特に前半、ドライバー以外のショットがとても不調だった。あまりにフラットなせいで、戦闘意欲や集中力がなくなってしまう感じ。それでもアプローチとパットがとても良かったので、それをカバーしてさらにお釣りがくるほどのスコア。44・39で83。後半ハーフはパー35なのだけど、またも30台が出た。パット数はなんと、29。それでも1回3パットがあったし、1.5メートルのバーディーパットを外したりしたのだ。パットがいいと、なんて楽なんでしょ。このコースのグリーンはフェアウェイと同じく、あまりアンジュレーションがきつくなく、ラインを読むのが簡単。これくらい切れるだろうな、という予想が、ピタリと当たる。いつもこんな感覚でパッティングできるといいのだけど。

自己ベストを更新したら、距離計を買おうとずっと思っていたのだけど、いざとなると、なかなか踏み切れない。楽チンでコンパクトなGPSタイプがいいのか、かさばるけど、フレキシブルなレーザータイプがいいのか。そして、本当に必要なのかという根本的な問題まで遡ったりして。アイアンはかなり正確な距離を打てるので、120ヤード以内の距離をきっちり計れると、スコアアップにつながるような気もするのだけど、けっこういいお値段なのでね・・・、迷います。
2008.07.21

女同士でお買い物

土曜日からnaちゃんのお宅に泊まっているゆーこさん。サンディエゴ滞在最後の今日は、みんなでお買い物。今日はゴルフじゃないから、ちょっとオシャレして出かけようかと思ったけど、着る服が全然なーい!そういえば最近、ゴルフウェアしか買ってないもんね~。ホント、困ったものです。足元は靴下焼けで、サンダル姿がかっこ悪いし、ゴルフ場以外での私、見れたもんじゃありません。

ファッションバレーで待ち合わせ、Bloomingdale'sのカフェでランチ。スープとハーフサンドイッチとフローズンヨーグルトのセット。おいしかったけど、ヨーグルトの量にびっくり。セットのデザートとは思えないほどたっぷり盛られたヨーグルトに、皿から溢れるほどのトッピング(はちみつ)。しみじみ、アメリカってすごい国だな。

ガールズトーク炸裂の後は、お買い物。基本的に私は、買い物はひとりでするのが好きだけど、たまにはこうやって女友達と来るのも楽しいものだ。普段は入らないような店に入ったりして、新しい発見があったりもする。

ゆーこさんとはここでお別れ。1週間、ゴルフして買い物に行って、私も一緒に遊びまくった。また来てね。いつでも大歓迎です♪
2008.07.20

第19回爆裂蟹コンペ@Encinitas Ranch

第19回爆裂蟹集合写真


昨日今日と、連荘コンペ。今日は爆裂蟹コンペ@Entinitas Ranch G.C.。メキシコからのゲストゆーこさんと、初参加のAちゃんを迎え、総勢12名が参加。

今日は特別に、最小パット数の人に賞金が出ることになった。昨日のパットの熱血指導の成果が出るか、naちゃん(&私)!

前半は3パットが3回で、あぁ、もったいない。ここのグリーンは概してとても大きいので、乗せればいいというものではないのだ。後半はバーディースタートで気分も良く、パットのタッチもいい感じ。パット数33は、上出来!!賞金がかかっていると強いのだ。パットがいいと当然スコアもまとまり、このコースでのベスト85。絶好調です、私。

ラウンド後の結果発表&宴会は、焼肉鶴橋で。ゴルフの後はやっぱり焼肉だなー。毎日でも平気。優勝は、ハンデをためてみんなの期待も大きかったakeminさん、準優勝は伸び盛りのAちゃん、3位はひそかに私と同じく絶好調のKKさん。べスグロもKKさんにもっていかれました(84)。

最小パット数は私とKへーさんが同数で1位!へへ、いつも賞を作ってもらえば、パット数が減るかな。そして3位は熱血指導の成果が早くも現れたnaちゃんでした。やったね。

2次会は、久しぶりにカラオケへ。ゆーこさんの歌声を聴かないわけにはいきません。選曲するたびに、「Aちゃん(24歳)、この曲知ってる~?」とジェネレーションギャップを気にする私たち。彼女にとっての聖子ちゃんは、私がたまに歌う「木綿のハンカチーフ」みたいなものなのか。KKさんの「Missing」熱唱にも驚き。カラオケの、そんな意外性の発見も楽しみの1つ。生まれ変わったらヒップホップダンサーになりたいというKへーさんのダンス(曲はExile)をいつか見せてもらうのも楽しみ~。

トム熱唱


←おなじみ、トムの熱唱「昴」。


2008.07.19

1年3ヶ月ぶりに自己ベスト更新!

The Vineyard #18今日は商工会コンペ@The Vineyard。サンディエゴに遊びに来ているゆーこさんも一緒に参加。あと、同組になったのは、ATPさん。よくラウンドしているメンバーなので、お互いのテンポがわかっていてとっても気が楽。

1番ホールのティーショットは突っ込んで左にひっかけ、赤杭ギリギリ。次のリカバリーショットが良かったとはいえ、パッとしないスタート。2番ホールのティーショットはなんとチョロ。その後も中途半端の刻みショットをバンカーに入れたりしてトリプル。あ~ぁ、な感じの出だしだったけれど、3番ホール以降は大きなミスもなく、せっせと借金を返し、前半ハーフは42。後半も好調が続き、12番と17番のパー3ではバーディー。60センチの「お先に」パットを外すという悲しい出来事もあったが、今日はわりと長めのパットが入ったと思う(パット数32)。17番はトムと一緒に夫婦バーディー。カップをはさんで2.5メートルのパットを決めた。プレッシャーのかかった18番ホールも頑張って寄せワンパー(後半39)。1年3ヶ月ぶりに自己ベストスコアを更新した(81)。ATPさんもゆーこさんもプレイが早く、私にはとても心地よい。そんな環境も、良いスコアが出た一因だと思う。そういえば、前回のベストスコア更新時も、ゆーこさんと一緒だったわね。これからも、ちょくちょくサンディエゴに来てもらわなくっちゃ。

商工会コンペの今のハンデは17だったので、ネット64で優勝も間違いなし!と浮かれていたら、なんと1打差で2位になってしまった。優勝したのは、ここのところのゴルフ合宿をずっと共に頑張ってきたトムの会社のKさん。Kさんも自己ベストを更新して80。Kさんとはここ1年くらいずっとハンデもだいたい同じで(16くらい)、お互い15切りを目指して頑張っていたのであった。Kさんは先々週、私は先週15切りを果たし、健闘を称え合ったばかり。今日もKさんに優勝を奪われたのであれば、まったく悔いなし。

夜はnaちゃんKへーさん宅に呼ばれ、ゆーこさん、KKさんと共に夕食をごちそうになった。ゴルフの後においしいごはんが待っているのって、本当に幸せ~。いつもながら、上品でヘルシーで季節感のある食卓。ごはんの後は、パットに悩めるnaちゃんに、みなで熱血指導(←余計なお世話)。それぞれのパッティング論を聞きながら、私にも参考になることがたくさんあった。「短いパットはゆっくりストロークする」「「お先に」パットはファストプレイのためだけでなく、むしろ自分のためだと思う」などなど。早速実践に生かしましょ。
2008.07.16

インデックスがついに!!

今日は、ゆーこさん、naちゃんKみちゃんと、The Crossing at Carsbad へ。プレイーフィーお高めのこのコースも、平日は75ドル(San Diego County Resident)。それでもまだ高いけど、やはりお得感がある。

このコースは2回目。今年の2月に爆裂蟹コンペでラウンドして以来。難しいコースだという印象が強いのだけど、今日はずいぶん易しく感じた。一番前のグリーンティー使用なので、距離は短め。そのおかげで、私でも半分くらいはパーオンできた。ここの特徴である、大きくてアンジュレーションのきついグリーン(ほとんどが2段、3段グリーン)には苦労したけど、なんとか35パットで収まった。バーディーも久しぶりに2つ出て、スコアは84。苦手なウッドでの崖越えや、バンカーからの崖越えなど、いつもならやらないチャレンジが、今日はすべてうまくいった。たまにはこういう日があってもいいよね。

そして、今日のスコアの入力により、ついにSCGAのIndex(ハンデ)が14.7に!2年越しの目標だった15切りをやっと達成(一瞬だけど)。本当に嬉しい。

ゆーこさんと私それにしてもゆーこさんはパットがうまい。長いパットも確実に2パットで入れるし、1~1.5メートルを絶対外さない。パッティングで悩んでいる私とnaちゃんとしては、うらやましい限り。


←ゆーこさんと私


夜はAsakoちゃんも加わって、野球鳥(焼き鳥屋さん)へ。女4人で、つまみ系のものをちょこちょこと食べながら、おしゃべりも弾む。ゆーこさんがサンディエゴにいる間に、なんだか太っちゃいそうだな~。
2008.07.15

久しぶりのTwin Oaksとタイ料理

メキシコから遊びに来ているゆーこさんを囲んで、Y子さん、Yみちゃんと一緒にTwin Oaks G.C.でラウンド。あ、また写真撮るの忘れた!このコース、易しい印象があるのですが、赤ティーは思ったよりRatingが高いのですねぇ。

ゆーこさんは人から借りたクラブとは思えないほど前半絶好調。私だったら、自分のクラブじゃないと100も切れないだろうな。久しぶりにキャディなし&カート利用ののびのびゴルフを十分楽しんだもよう。

私は最初はドライバー以外のショットが当たらず、やっとボギーを拾う感じ。久しぶりに柔らかくて転がりの悪いグリーンだったので、転がすアプローチの距離感が合わず、ひと苦労。さらに3パットのオンパレード。後半になってショットもパットも良くなってきたような気がしていたが、結局、46・46で92(パット数40)。パーがなかなか取れない、締まりのないゴルフだった。

なんだか最近ラウンドしすぎで、1打に対する集中力がなくなっているような気がする。これじゃスコアもまとまらないな。明日は気を引き締めて頑張ろう。

夜はnaちゃんSugarさんと合流して、タイ料理を食べに行った。Scripps Poway Parkwayにある「takhrai」というお店。タイ料理を食べたのは何年ぶりだろう。パクチーが嫌いなので、タイ料理は苦手意識があるのだ。でも今日は、メニューのセレクトが良かったのか、どれもおいしく感じられた。辛さも耐えられる程度。食わず嫌いはいかんね。
2008.07.14

調整日

今月もやってきた歯の調整日。しかしそれに関しては写真だけ載せてスルーさせていただきます。だって、あまりに変化ないんだもの~。私のブレイス、今年中には取れるのでしょうかね(もうどうでもよくなってきている)。

さて、今日から5日間、メキシコから遊びに来たゆーこさんがうちに滞在します。一緒にゴルフしたり、ごはん食べに行ったり、楽しみ~。あんこはゆーこさんのことをよーく覚えていて、めずらしく大はしゃぎで大歓迎。犬って、自分のことを可愛がってくれる人のことは絶対忘れないよね。

お土産にいただいたものの1つは、リンツのチョコ。70%カカオのダークチョコの中にジャム状になったチリペッパーが入ってる!キワモノな感じの味を想像したけど、意外と上品な味。チョコそのものがおいしいからか、ピリッと舌先に感じる辛さがむしろアクセントになっている。辛いのが苦手な私でも平気。メキシコでしか売っていないものかと思って調べたら、アメリカでは扱っていないみたいだけど、リンツの日本のHPに、似たようなのがあった(まったく同じではない)。チョコマニアのみなさま、ぜひお試しください~。

続きを読む。
2008.07.13

よれよれゴルフ

今日は、Salt Creekでゴルフ。トムは仕事で参加できず、代わりにAちゃんが参加。あとはKさんとS田さん。

Salt Creekは久しぶり。全身がだるいし、あちこち筋肉痛だし、手にマメもできたし、満身創痍でのラウンド。それでも1時間前にはコースに到着し、練習場で球を打たずにはいられない私。練習中毒か。

こんなよれよれ状態では、当然良いショットが打てない。ドライバーだけはなんとか体裁を保ったが、あとはウッドもアイアンも寄せもパットもボロボロ。スコアは96、パット数は41。体が疲れすぎていて、一球入魂な感じでプレイできなかった。それでも10番の崖越えティーショットは無事クリア。白ティーからだと、満点な当たりでやっと崖の向こうのフェアウェイに届くのだ。このホールのせいで、Salt Creekでのラウンドはいつもドキドキする。

Aちゃんは、ますますショットが安定し、ぱっと見は80台でまわるプレイヤーのよう。しかし不思議なことに、終わってみるとスコアは私のほうが16打も良い。どこで差がついているのか、自分でもわからない。あんなよれよれゴルフなりに、戦略と経験でカバーしているということか。

S田さんは、今日のスコアを入力した時点で、ついにインデックスが10.0に!あと一歩でシングル入り。応援してますよー!
2008.07.12

1日2ラウンド@Torrey Pines North & South

今日はなんと、Torrey Pines G.C.のNorthとSouthをラウンド。North Courseは、先日のUSオープンの際に、駐車場になったり色々な建物が作られたりしたので、まだ18ホール全部まわることはできない。したがって、同じハーフを2回まわるのだ。10番ホールから17番ホール、それと最後に9番ホールという変則的な組み合わせ。

私は、このNorth Courseで100を切ったことがない。6122という距離が、飛ばない私にはネックなのだ。そのうえグリーンが難しい。

しかし、今日の私は違うのよ。前より飛ぶようになったし、今日はラフにもほとんど入らなかった。3パットだって、1回もなかったのだから。最初のハーフは44。2回目のハーフは48で、92。悲願の100切り達成!!変則的だけど、6250ヤード、パー76での92は、頑張ったよね。もう、サンディエゴゴルフで思い残すことはないかも~。

South #3午後2時過ぎからは、South Courseをラウンド。SouthはUSオープン直後だし、来週から世界ジュニア選手権が始まるので、素晴らしいコンディション。毛足の詰まった絨毯のような美しいフェアウェイ、深いラフ、速いグリーン。

みんなラフで苦労して、なかなかスコアはまとまらない。私もNorthではラフに入れなかったのに、Southではけっこう入れてしまった。グリーンも本当に難しい。しかし、何と言っても、ついこの前、世界のトッププロたちがラウンドしたコースだ。楽しくてたまらない。1番でボギーを拾うと、タイガーに勝ったと喜び、13番では、グリーンに届かなかったボールが下まで戻ってくるとミケルソンみたーい、と喜び、同じ13番グリーンでは、奥のフリンジからタイガー気分でパッティング(テレビで観たように、すごーく速くて切れた)。楽しかったけど、スコアは100ちょうど。パット数は43。あぁぁぁぁ、午前中の私とは別人だ。いや、グリーンが別物だったのだ。

South #18S田さんが見事チップインバーディーを決めた18番。2時過ぎにスタートしたのに、終わったのは8時前。さすがの私も、最後の9ホールが足がよたよた。大好きなゴルフももうお腹いっぱいで、ゲップが出そう。いやいや、一晩寝れば復活するかな。
2008.07.11

幻のハーフ30台

今日は Carlton Oaks でトワイライトラウンド。トムもKさんも忙しいのに、頑張って仕事を切り上げてきた。あとはAちゃん。

最近このコースを激しくまわっているが、ここは本当に飽きない。難しいけど面白いコースだ。ここ数回のラウンドとは打って変わり、パットが絶好調。相当練習したもんね。前半ハーフは15パットで40。初めてのハーフ30台が目前だったが、気合が入りすぎて、最後の1.2メートルのパットを外した。がっくし。

前半が良かったものだから、後半はつい守りのプレイをしてしまう。結局それが良くなかった。パットもちゃんと打てなくなるし、ショットも振り切れない。苦しいプレイが続いたが、最後になってやっと吹っ切れて、3連続パーで上がり。後半は46(パット数18)、久しぶりに80台半ば。

Kさんはバーディー2つで、84。実はKさんは、帰任まであと2ヶ月。これからますます忙しくなるので、このゴルフ合宿に賭けているのだ。私たち夫婦もそれにとことんお付き合いしてきた。この週末でそれも終了。おかげで私たちにとっても忘れ難い夏になりそうだ。
2008.07.10

忠犬あんこ

最近、自分でも飽き飽きするほどゴルフネタばかりなので、今日は犬猫ネタを。

忠犬あんこあんこは、トムから「帰るコール」がかかってくると、階段の途中にある犬猫専用覗き窓の前に座り、トムが帰ってくるのをずーっと待っている。その時間、約20分。微動だにせず、正しくお座りをして、ご主人様の帰りを待つ。忠犬でしょ?犬が人間の言葉を正確に理解しているはずはないので、「トムから電話がかかってくる→20分後くらいにトムが帰ってくる」というのを学習したのだろうね。


うめことよその猫最近のうめこは喧嘩っ早い。うちの敷地によその猫がやってくると、そりゃもう怒る、怒る。ふぎゃーという例のうめこのダミ声を聞いて、急いで駆けつけると、そこにはうめことよその猫。よその猫はうめこの剣幕にタジタジ。今まで合計3匹の猫を見たことがあるが、どの猫もうめこに追い立てられ、すごすごと自分の家に戻る。うめこはわりと新参者のくせに、かなーり偉そうだ。私はよその猫とも遊んでみたいのにな。
2008.07.09

みんゴル@Rancho Bernardo Inn

あぁ、もう今日のゴルフの結果は忘れてしまいたい。Mホさんが初参加してくれたり、楽しいこともあったのだけど、ダメダメだった私のゴルフ。

さすがに4連続ダボスタートだと、集中力がもたない。それも悪いのはパット。方向も距離感も全然合っておらず、弱小少年野球チームのノーコンピッチャーも顔負けだ。そのうち、ショットまで崩れてきた。前半ハーフを51で終え、「今日調子が出ないのは仕方ないけど、100だけは切ろう」と気合を入れる。本調子には程遠いが、徐々にパットも入るようになってきて、後半は47。あぁ、良かった。とりあえず90台で。

今日のスコアはダメだったけど、最新のインデックス(一瞬かもしれないけど)が、過去最高を記録してついに15.5になり、去年からの目標の15切りがぼんやりと見えてきた。そのため、毎ラウンド毎に、いいスコアを出さなければ、とプレッシャーが大きい。易しいコースだと80台を出しても採用されなかったりするのだ。そんなプレッシャーや緊張感が励みになったり楽しく感じたりする一方、少し肩の力を抜いてラウンドしたくもあり。

今週末の3連荘ゴルフも頑張りましょ。周りの人に「ラウンドしすぎで、疲れているんじゃない?」と言われつつ、明日もきっと練習場に行くのだろうね、私。
2008.07.06

BBQとバイオリン

今日はゴルフはお休み。最近ゴルフをお付き合いいただいている方々を招いて、うちでごはんを食べるのだ。しかし、木曜日から3日間ゴルフをしたので、買い物に行く時間も、掃除をする時間もまったくない。メニューを考えるのがやっと。

トムは朝会社に行かなければならなかったので、買い物メモを渡し、仕事帰りに買い物を頼んだ。私はその間に、家の掃除と、材料がすでに揃っているもので料理の準備。トムは買い物が大好きなので、それはそれは張り切ってくれた。日本のスーパー、韓国スーパー、中国スーパー、アメリカのスーパーをすべて網羅。BBQ用の肉なんて、明らかに買い過ぎ!

Maderasでのラウンドを終えてうちにやって来た、Kさん、S田さん、ATPさんとそのファミリー。いいなー、Maderasでラウンド。うちに子供が足を踏み入れるのは初めてだ。なにせキッズフレンドリーではない家なのでね。慣れていないせいもあって、お子ちゃま向けの色々な準備が今ひとつであったと反省。しかし、ATP家の2人のお子ちゃまは、ちょっと考えられないほど、良い子たち。いつも大人の邪魔をせずおとなしくしているし、「~してもいいですか?」などときちんと敬語を話すのだ。そんな小学生、今時いるの!?子は親を映す鏡なのだね。私もトムも子供は苦手なのだけど、この子たちだったらいつでも家にいてもいいとさえ思う。

料理は、トムの激辛麻婆豆腐とBBQが中心。私は軽く前菜やサラダを作っただけ。BBQグリルを扱うのが初めての私たちに代わってKさんが肉を焼いてくださり、ATPさんの奥様がたくさんお料理を作って持ってきてくださった。みなさまのおかげで、おいしく楽しい宴会になったのだ。あんことうめこはみなに可愛がってもらった。あんこなんて、肉もらいすぎ!当然その後の夜ごはんは抜き。

この日のスペシャルイベントは、Yくんのバイオリン生演奏。バイオリンを近くで見たのは初めて。Yくんが一生懸命奏でるバイオリンの生音は本当に心に響く。3年であんなに上手に弾けるようになるものなの?無心に演奏するYくんの表情がまたいいのだ。みんなが帰った後も、バイオリンの音色がいつまでも耳に残っていた。

Yくん演奏中

←色々な音にめっきり敏感になったあんこも、バイオリンの生音は平気らしく、演奏するYくんの足元でくつろいでいる。

2008.07.05

1日2ラウンド@CrossCreek

CrossCreek私が過去ラウンドしたことがあるコースのうちもっとも難しいと感じたのは、テメチュラにあるCrossCreek G.C.去年の夏、爆裂蟹コンペでラウンドしたのが最初で最後。今回が2度目のチャレンジだ。そのうえ今日も、なんと2ラウンド。またもKさん、S田さんとご一緒。

私が使用したブルーティーは距離が5609ヤード、Rating/Slopeが73.8/136と、かなーり難易度高め。とにかく無理をせず、確実にスコアをまとめていく方針で臨む。目標スコアは94。

あいかわらずクリークが縦横無尽に横切り、フェアウェイのアンジュレーションがきつく、バンカーも効いている。そのうえ、ラフが深く、グリーンがとても硬い。1打でもミスショットをするとボギーさえ拾えない。難しかったのがアプローチ。うまく打てたと思っても、かなりカップをオーバーする。ピンが手前に切ってあることが多く、どうにもうまく寄せられない。1ラウンド目は96。3パット5回というのが1番の敗因だが、寄せも悪いのだから仕方ない。それでも18番ホールでボギーを取れたのがとても嬉しかった。このホールは382ヤードのパー4なので、パーオンは絶対無理。それでもドライバーをべストポジションまで飛ばし、2打目のやぶ越えショットはグリーンすぐ手前まで届いた。去年の大叩き(9)の雪辱をとりあえず果たした。

2ラウンド目は1ラウンド目の教訓を生かし、さらに慎重にプレイ。前半はほぼミスなしで45。今の実力ではこれ以上ありえない。しかしここは後半がさらに難しいのだ。多少は疲れも出てきたのであろうか。よく考えたら、木曜日から3日間で5ラウンド目。パットがまた入らなくなってきた。後半だけで3パットが4回。深いラフからの短いチッピングが1パット圏内に寄せられなかったのもパット数が増える原因。結局2ラウンド目は95。残念ながら、目標の94には及ばず。

シングルハンデ目前のS田さんは、初めてのコースとはいえさすがにスコアをまとめてきたが、あとの男性陣はかなり苦戦。このコースは本当に難しい。トムは1ラウンドを終えた時点でボールがほとんどなくなったので1箱買い足した。

ティーショットはクリーク越えやブッシュ越え、さらにグリーンも難しいので、ずっと緊張のしっぱなし。精神的にも消耗するラウンドではあったが、今日は充実感がある。去年と比べると確実に上達したのを実感できたし、自分なりに戦略を考えてスコアをまとめられた気がする。

明日はゴルフはお休みだけど、来週もまだまだゴルフ合宿は続く。ゴルフ以外の日は比較的のんびりできる私はともかく、トムは仕事との両立で、体力がもつだろうかね。
2008.07.04

1日2ラウンド@RB Inn & Carlton Oaks

独立記念日の今日は、夏の恒例行事、1日2ラウンドです。今日は Rancho Bernardo Inn Carlton Oaks。変化があって、なかなか良い組み合わせ。

1ラウンド目は、ATPさんとトムの会社のKさんと。最初の3ホールは全然球が当たらず自分でもびっくり。朝早いティータイムだったため、ラウンド前の練習を省いたのが敗因か。しかしその後復活。ただパットはどうも調子が悪く、4パットまで出る始末。前半ハーフは46(パット数20)。後半もパットが悪いままだけどショットが冴えてきたので、スコアは少し良くなって44(パット数19)。このコースで90はとっても不満。パットが悪すぎる!トムはまあまあの調子で92。

2ラウンド目のCarlton Oaksは、ATPさんファミリーとS田さんが加わって、2組でラウンド。さすがに午後のSanteeは暑いけど、頑張る私たち。前半は大きなミスもなく43。この調子で後半もいきたかったが、ちょっとずつショットがブレ始め、パットが入らなくなってきた。結局92(パット数38)で、またも90を切れず。トムは94。

今日は2つとも距離が短めのコースだったので、80台を出せなかったのは、非常に悔やまれる。もう少し1打1打を大切にしようと心に誓う。

ゴルフの後は8人でそのまま焼肉屋鶴橋へ直行。営業していてラッキー!たっぷりお肉を食べてまた明日も頑張るのだ。

2008.07.03

バンカー攻略

今日は、Y子さん、naちゃん、Aちゃんと4人でDoubletreeにてラウンド。みんゴルのない週でも、こうやってたまに平日ゴルフをする機会があるととても嬉しい。

このコースは決して簡単ではない。特徴は、バンカーとグリーン。いかにバンカーと3パットを避けるかが、スコアアップの重要ポイントだ。

先週のRedhawkでたこつぼバンカーから脱出できなかった悔しさを忘れられず、今日は朝早くコースに行き、徹底的にバンカーショットの練習をした。バンカーショットの基本は、オープンスタンスでアウトサイドインのスイング。私はこの、フォローをインサイドに出すというのが非常に苦手。オープンに入ったフェイスがインパクトで自然にスクエアに戻るはずなのに、それがうまくいかず、ボールが右に出ていくことが多い。

練習の甲斐あり、4回入れたバンカーからのショットは、すべて5メートル以内に乗せることができた。今の私の実力ではこれが限界だろう。それよりも、こんなにバンカーを避けてプレイしているはずなのに、4回も入れてしまうほうが情けない。最近バンカーによくつかまってしまう大きな理由がある。以前はドライバーが飛ばなかったため、2打目もグリーンサイドのバンカーに届かないことが多かったのだが、最近は2打目でグリーンを狙える距離までドライバーショットが飛ぶようになったからだ。その代わり、よほど短いホールでないかぎり、セカンドショットはウッドになってしまう。ウッドの方向性はアイアンほど良くないので、バンカーにつかまることがぐっと増えた。アイアンでバンカー手前に刻むこともあるが、やはり狙っていきたいこともある。ウッドの精度を高める練習をしつつ、バンカーショットもうまくならなくては。

私のスコアは91、他の3人もなかなか良いプレイができた。Aちゃんはベストスコアをぐっと縮めて105。
2008.07.01

ランニング再開

この2ヶ月で、私は太ってしまった。ちょうどピッタリだったジーンズがパツパツになるし、ややローライズで履いていたはずのゴルフのスコートが、ずり上がってジャストウェストになり、ますますミニスカート化。体重にすると、1.5キロくらいなのだけど、100キロの人が1.5キロ太るのとは違って、私にとってはとても大きな差なのだ。そのうえ、その肉は全部腰まわりについてしまった気がする・・・。

6月1日のロックンロールマラソン後、1度も走っていなかった。毎年、マラソン後の半年間はほとんど走らないのだ。毎日しっかり歩いて、ゴルフをして、同年代の女性より運動量は多いと思うのだけど、ちょっと走らないと、こんなことになってしまう。私の年齢になると、せっせと運動して現状維持がやっと。私は洋服を着るのが好きなので、これから年をとっても絶対太りたくはない。どんなに素敵な服や靴も、バランスのとれた体があってこそ。逆にそんな体さえあれば、何を着てもサマになるものだ。今まではダイエット目的のランニングではなかったけど、これからはそれも目的の1つ。

先月のマラソンが、故障を抱えた状態で不完全燃焼だったので、10月のロングビーチマラソンに参加することにした。今度はそれに向けて調整する。とはいえ、ずっと痛めていた右膝を完治するのが一番大事。それには休養が一番。6月いっぱいは走らないことに決めていた。そして今日、7月になったので、ランニング解禁。

トムは最近、週に4~5回、早起きして30~40分走っている。その頑張りっぷりには私もびっくりだ。うちの辺りは、朝はたいていマリーンレイヤーというもやが出るので、午前中は(もしくは午後遅い時間までずっと)曇っていることが多い。そして非常に涼しい。走るには申し分ない気候だ。私も朝走ればいいのだけど、起きてすぐ運動すると貧血を起こしてしまうのでダメ~。

さてさて、ランニングを再開してどれくらいで、元の体重に戻るかしらね。