fc2ブログ
2008.10.02

おままごとはお好き?

なぜ、おままごとについて書こうと思い付いたのかというと、naちゃんのブログの記事のなかに、「おままごとのようなお手前」という言葉が出てきたから(naちゃんはお茶を習っている)。

私の話はお茶にはまった関係ない。子供の頃、誰もが経験したに違いない「おままごと」。実は私は当時からおままごとなどのごっこ遊びが好きではなかった。ごっこ遊びというのは、架空の状況や人物設定をして演技をするものだ。一応子供ながらにお付き合いでおままごとに参加することはあったが、正直私は「こんなのちゃんちゃらおかしくてやってられないわー」と常々思っていた。協調性があり優等生だと思われていた私は、実はかなーり冷めた子供だったのです。子供なんて腹黒くて実際何を考えているかわかったもんじゃありません。というのが、自分の経験を踏まえた私の「子供観」。

日本文化いろは辞典によると、「ままごと(漢字では「飯事」)とは、子供が調理の真似事をして遊ぶことで、日常での生活全般を真似た遊びも含まれます。日本だけでなく世界中で女の子を中心に遊ばれています。遊びを通して脳の発育を促す効果があり、単に玩具としてだけでなく、現在では知育玩具として様々な種類が発売され、評価を得ています。」

そっかー、脳の発達を促す大事な遊びなのか。私は「缶蹴り」とか、「だるまさんが転んだ」とか「ロクムシ」のほうが好きだったな。もしや、ままごと嫌いは料理嫌いに繋がってる?