fc2ブログ
2009.04.08

上原くんデビュー戦

ボルティモアの野球場まで、行きは少し渋滞していたので3時間弱、帰りは2時間20分かかった。思ったより遠い。遠いけど、行って良かった。

試合開始時刻よりずいぶん早くに到着したので、まずは腹ごしらえ。チキン&ポテト、ハンバーガー、ホットドッグ、クラッカージャック、アメリカの野球場定番メニュー。

この野球場(Oriole Park at Camden Yards)は、バルティモアのダウンタウンにあって、とても美しく整備されている。こんな所で、まだ明るい時間にのんびりとプレイボールを待っているなんて、なんだか幸せな気分。

上原くんがマウンドに上がった時は、胸がじーんとして目頭が熱くなった。長い時間かかって、やっとやっと夢の第一歩を踏み出したのだね。彼の夢が叶った瞬間を共有できて、私も嬉しい。

今日の観客席は日本人がいっぱい。上原くんのデビュー戦というだけでなく、相手は松井くんの所属するヤンキース。日本人の野球ファンにとっては、今日観に来なくていったいいつ観に来るのってくらいの豪華さ。でも外野席には空席が目立ったなー。開幕第2戦だというのにね。ニューヨークから遠征してきたと思われるヤンキースファンもけっこういた。

私も黄色い声を張り上げて(もう黄色くないか?)、「上原く~~ん!!」と叫んでみたけど、私のあまり通らない声は、上原くんには届かなかったに違いない。日本人はみんな「上原~!」と呼び捨てだったけど、そんなのありえませんから!

上原 vs 松井


結果はご存知のとおり、上原くんが勝利投手になった。粘り強い、素晴らしい投球でしたよ。5回が終わり、勝ち投手の権利を得た時点で上原くんは降板したので(すでに9時を過ぎていた)、家が遠い私たちはさっさと球場を後にした。

ありえないオレンジニットキャップとても寒かったので、防寒レベル10のうち、レベル8くらいの格好で出掛けた。それでも寒くてニット帽を購入。私のワードローブには絶対ありえないオレンジ色だけど、あえて目立つこの色のものを選んだ。チームカラーのオレンジ色を身につけている人は一目でオリオールズファンだとわかるのだ。巨人のチームカラーもまったく同じだったので、上原くんのユニフォーム姿にはまったく違和感なし。ちなみに「オリオール」とはウグイスの一種。このニット帽の真ん中についている鳥のことです。

最近、日本の野球も開幕して、NHKのニュースのスポーツコーナーで結果を放送しているのを目にするようになった。しかし、私が知っている時代とは、どのチームもユニフォームが大きく変わっているので、ユニフォームを見ただけでは一瞬どこのチームかわからなかったりする。私はもう古い人になったのだと、こんなところで実感するのであった。