fc2ブログ
2010.06.27

失敗談

ちょっと用事があって、またまた人形町付近に車で行くことになった。薄皮醤油たい焼きとかおいしいラーメン食べるぞ~!と気合十分。

浜町公園の地下駐車場に着いて、いざ車を降りた瞬間、トムが私を見て大きな声を上げた。私も自分が座っていた車の座席を見てびっくりした。チョコレートがべっとり。チョコレートの上に座っていたらしい。そういえば、車の中で食べていた不二家のLOOKチョコレート、あと2つあると思っていたのに、1つしかない、おかしいなーという時があった・・・。

お気に入りのチェックのハーフパンツのお尻部分にべったりと付いたチョコレートは、どう見てもウンチをお漏らししてしまったかのよう。せっかくここまで来たのにどうしたものか。

結局、トムが履いていた短パンを借りて、近くで洋服を買うことにした。ぶかぶかのトムの短パンがずり落ちないように腰部分を持って歩くのはけっこう大変だけど、他に方法がないので、パンツ一丁のトムを車に残して甘酒横丁に向かう。たしかこの辺りに何軒か婦人洋品店があったはず。

たしかに何軒も洋服屋さんがある。しかし、いわゆる「町の婦人洋品店」という感じで、年配向きの洋服しか置いていない。しかもけっこういい値段がする。迷った挙句、そのうちの一軒のお店に飛び込み、事情を話して、私が履けるサイズのパンツがないか尋ねた。「これがいいんじゃない?」とお店のおばちゃんが差し出したのは、ウエストがゴムで、かつ紐で調節できるジャージ素材のハーフパンツ。1050円也。どうして、この婦人洋品店にこんなスポーティーなものがあるのかは謎だが、とにかく助かった!その日上に着ていたのはノースリーブのポロシャツだったので、もともとそういうカジュアルなコーディネートの人という感じでまったく違和感なし。

引っ越したら、お礼に、またこの店に何か買いに来ようと思いましたよ。

私は車の中で飲食するのが大好きなのだけど、チョコレートには気をつけないといけないですね。

もう1つ、ドジな話。

バイトから帰る電車の中で、座っている私の前に30歳くらいの女性がやってきました。ちょっとお腹周りがふっくらしている人。妊娠5ヶ月くらいな感じ。すぐさま席を譲ろうとしたけれど、いや待てよ、太っているのか、妊娠しているのか見極めたほうがいいよなーと思ってさりげなく観察。観察の結果、妊婦さんだと判断し、「どうぞお掛けください」と声をかけたら、その女性はびっくりしたような表情を浮かべ「いえいえ、いいです」となんだか気まずそう。しまったー、妊婦さんじゃなかったみたい。

妊婦さんとやや太めな方を区別する良い方法ってありますかね。