FC2ブログ
2011.05.30

狭いベッドルーム

うちのベッドルームはとても狭い。ダブルサイズのベッドを置いたらもう部屋はいっぱい。足元に猫トイレと爪研ぎポールを置いているだけ。ベッドルームへのドアはダイニングスペースに面していて、あまり一般的なレイアウトではないと思う。

ベッドルーム1ベッドルーム2


でも私はとても気に入っている。狭い部屋は穴倉のようで落ち着くし、家具が置いていないので地震の時にも危険度が低い。東向きの窓は、ブラインドの隙間から朝日が差し込むので、朝早く目が覚める。

トムと私のどちらかが先に寝ていたり、ベッドで本を読んでいたりしても、リビングにいる人と会話ができる。夜寝る時、ドアは開けっ放しなので、リビングにいるあんこの気配を感じることができる(これが一番重要)。

常識にとらわれずに家具のレイアウトをしてみると、むしろ自分たちに一番しっくりくる場合もあるのでは?
2011.05.29

浅草大好き(トムが)

トムが出張から帰ってきたというのに、お天気の悪い週末。

マンション住まいで雨が降っている時のあんこの散歩はどうなるかと心配していたけれど(あんこは雨の日でも1日1回は外に出る)、意外となんとかなっている。特に週末でトムがいる時なら楽勝。お散歩バッグにあんこの体を拭くタオルを入れて持っていって、帰ってきたらマンションのエントランス前の軒下であんこの体と足をしっかり拭き、いつものようにあんこを抱っこして部屋に戻る。マンションの規模に比べるとエントランス外のスペースが広いので、とても助かっている。

トムは出張帰りも成田空港からリムジンバスを利用してTCATに戻ってきた。成田空港からTCATまでの所要時間は約1時間で、あまり渋滞に影響を受けない。バスの降車場でトムの到着を待つ、可愛い妻(私のこと)。そして2人仲良く家まで歩いて帰る。今までの海外出張と比べると、ほーんとに楽になった。

トムが帰国した翌日、まさかこんな大雨の中出掛けることはあるまいと思っていたら、「今日は浅草に行く」とトムが朝早くに宣言。最近毎週末浅草に通っている。それどころか平日ランでもしょっちゅう浅草界隈を走っている私。今日は、1本1本手作りのこだわりの雨傘とか和布でできたブックカバーを買うのに付き合った。あとはやげん掘でトム好みに調合してもらった七味唐辛子。トムは前から和物が好きだったけど、ここに引っ越してきてからますます江戸の世界に心惹かれるようになったようで、池波正太郎のエッセイや小説を読んだり、江戸の古地図を見たり、下町お散歩マップを買ったり、老舗のお店で手拭いや扇子を買ったりしている。私もわりと好きなのでいいんだけどねー。

お昼は以前行ったことのあるお蕎麦屋さんに向かって歩いていたら、いつも大行列のヨシカミという洋食屋さんが雨のせいか行列ゼロだったので、入ってみることにした。メニューはいろいろな洋食で、値段は高め。店内には有名人のサインがいっぱいある。オープンな厨房ではコックさんが所狭しとテキパキ働いている。とってもチャーミングなホール係のおじいちゃんに「今日はまだハヤシライスがありますよ」と言われたので、それが店の看板メニューなのだと判断し、2人ともハヤシライスを頼むことにした。1250円のハヤシライスは、赤ワインでしっかり煮込んであるリッチな風味で牛肉もたっぷり。なぜかタケノコもたくさん入っている。

お料理はともかく、ホール係のおじいちゃんが素晴らしいと思った。椅子に置いた荷物に油などがかからないように布をかけてくれたり、さりげない心遣いがとてもいい。

まさかと思ったけど、帰りは家まで歩くという。ひぃー、足元は長靴なのに。トムの1日1万歩に、毎回付き合う私、エライなー。

雨の中、てくてく歩く。蔵前の辺りはバンダイの本社があって、近くには昔ながらのおもちゃ屋さんやおもちゃ問屋が多い。浅草橋には有名な久月などの人形屋さん。他には、なぜか手作り系ショップ(ビーズ屋さんとか造花専門店など)が妙に多い。何か歴史的な理由でもあるのだろうか。通りがかりの須賀神社で屋台が出ていて、どんどん焼きがあったら食べたいというトムの後ろを歩いていたら、ある大きな造花屋さんの店内に猫がいたのが目に入って追いかけた。店内の階段を上ろうとするうめこに良く似た小柄の猫。ちゃんと首輪も付いている。もしやこの店の猫だろうか。浅草駅の近く、人通りも車通りも多い江戸通り沿いの大きな店。こんな所で猫を放し飼いしているなんて!!そういえば浅草の新仲見世通り商店街から入った路地では、放し飼いの柴犬を見かけた。その犬は婦人洋品店から出てきて、自分の家らしき建物に入っていった。先日は浅草のどこかの商店街の店の前で、紐なしでフセをしている黒柴がいた。近付いても、置物のようにまったく動かない。下町の商店で飼われている犬猫たち、興味深いです。

浅草の黒柴1浅草の黒柴2
2011.05.25

大人の親子丼

Aolaniちゃんがうちに遊びに来てくれることになったので、この機会に玉ひでの親子丼を食べることにした。

11時30分開店ということだったので11時頃店に到着。なんとか1回転目に入店したいという心づもり。店の広さもわからないので、早めに行ったのです。なんと、3組目。平日はやっぱり空いているのだな~。と思っているうちに、あっという間に長蛇の列。店には11時20分開店という貼り紙があり、実際20分になると中に通された。入口で靴を脱ぐと、靴の引き換え番号を渡される。そして料金前払い。お昼のメニューは親子丼だけなので。みな1500円ずつ支払う。ほどなく、席に案内される。店内はお座敷だけど、掘りごたつ形式で、テーブルの数はけっこう多い。仕切りもあって落ち着いた雰囲気。2階席もあるような気がする。テーブルはほとんど4~5人掛けなので、有無を言わさず相席。横に並んで座ってくださいと指示あり(向い合わせはダメなのかしら)。若い男子と相席になったらどうしよう~などといらぬ心配をしていたら、OL風女子2人組が案内されてやって来た。なんというか、ペアリングには一応気を遣っているのではないかと思われる。

玉ひでの親子丼じゃじゃーん。やっとありつけた、幻の(?)親子丼。親子丼が出てくる前に鶏のスープと冷たいお茶が出てきました。卵はふわふわの半熟で私好み。でも半熟卵が嫌いな方は残念ながら無理なのだろうね。味は濃い目。具は鶏肉のみ。これが江戸前の親子丼なのでしょうか。鶏肉は東京軍鶏のムネ肉が使われていて、あっさりしているようで、噛み締めると獣の香り。ふーむ、大人の親子丼という感じです。

ゆっくり味わって食べようねーと話していたけれど、ごはんはやや少なめのうえ、早食い&大食いのAolaniちゃんと私は、あっという間に食べ終わってしまった。一律1500円ということで、もちろん大盛りはない。残念。あの卵なら倍のごはんが食べられるのに。

食べ終わると、入店した時と別のルートで外に出る。混雑店だけにとってもシステマチック。風情はないけど、感動するほど効率が良い。

最近、やたらとうちの近所に阿部ちゃんが出没(もちろん撮影)しているので、「新参者」の続編ドラマでも始まるのかと思っていたら、東野圭吾さんの「麒麟の翼」が映画化されるらしい。いつもあんこの散歩で通る緑道や近くの神社が撮影に使われていた。すごく観たい!でも映画か・・・。TVドラマだったらいいのになー。
2011.05.23

築地で朝ごはん

トムと一緒の休日ランニングは、途中で何かを食べるのが恒例になってしまっている。トムは今日から海外出張なので、平日だけど出発前に一緒にランニング。

今日の目的地は築地(場外市場)。土曜日の朝は人が多くて、並ばないとお目当ての店には入れなかったりするのだけど、今日はお天気も悪かったせいかさすがに空いていた。いつものように美味しいおにぎりを買おうかと思ったけど、せっかくのチャンスなので、週末はとても混んでいる「かんの」という海鮮丼のお店で三色丼を食べた。赤味、イクラ、ウニが乗っている丼が900円。なんだか豪勢な朝ごはんだけど、たまにはいいでしょ。

丼を食べた後すぐ走るのはしんどかったけど、早く帰らないと出発時間が迫ってくるので、5分ほど歩いた後、頑張って走って帰った。

今まで住んでいた世田谷の家から成田空港まではアクセスが今ひとつなので、海外出張の時は私が車で成田空港まで送り迎えをしていたけれど、今の家からはTCAT(東京シティエアターミナル)まで歩いて行ける。一緒にTCATまで行って、リムジンバスに乗るトムをお見送り。20分に1本くらいバスが出ているのでとっても便利。トムは引っ越してから、通勤だけでなく国内出張も海外出張も楽になった。
2011.05.22

快適マンション生活

もうずっと長い間、家といえば一戸建て主義だった。犬を飼っていて、外に出やすいというのが一番の理由。あとは古い賃貸一戸建てはペットOKの物件が多かったり、隣りや上下の住戸に気を遣わなくてよかったり。

そんなわけで、あんこと暮らし始めた13年前から、日本でもアメリカでも、一人暮らしでも二人暮らしでも、とにかくずっと一戸建ての物件を借りて住んできた。

でも新築マンションに住んでいる今となっては、まったくもってマンション万歳。今時のマンションというのは本当に良く出来ているものだ。以下、私がマンション生活で気に入っている点。


・上下左右の住戸の生活音がまったく聞こえない。誰も住んでいないのかと思うほど。こちらも気を遣わずに済んでいる。

・24時間いつでもゴミ出しOK。一戸建てだと週に2回の燃えるゴミ、週に1度のダンボールなど、家の中にある程度の期間ゴミをキープせざるをえない。おかげでゴミ箱が小さくなった。ダンボール置き場も必要なくなった。

・管理人さんが共用部を掃除してくれるので、いつもマンション内はピカピカ。管理費を払っている甲斐がある。

・自転車と車が屋内保管なので、埃がつかない。いつでも快適に乗れる。

・宅配ロッカーがとても便利。荷物がロッカーに届くと携帯にメールが届くし、マンションのエントランスを通るだけで荷物がロッカーに届いていることをお知らせしてくれる。部屋の中のインタホンにも表示が出る。

・携帯電話でお風呂を沸かしたり、床暖房を入れることができる。


あんこを抱っこして外に出るのにもすっかり慣れて、むしろ楽しくなってきたので、あぁマンションってやっぱり面倒だなーと思うことが今のところない。食わず嫌いだったわけですね、私。
2011.05.20

老いらくの恋

コロちゃん

近所の犬、コロちゃんです。風情のある日本家屋の玄関に長い紐で繋がれていて、少し開いた玄関の戸の中と外を自由に行き来しています。ずっとシロちゃんと呼んでいましたが、先日飼い主さんとお話しする機会があって、コロちゃんだということが判明しました。18歳のおじいちゃんです。

あんこはたいていの犬に興味がないけれど、コロちゃんにはしっぽをプリンプリンと振りながらそっと近付いていきます。コロちゃんもプリンプリンと応えてくれます。年下のオトコにはまったく興味がないあんこ、優しくて穏やかな年上のオトコとの出会いを待っていたのでしょうか。コロちゃんと一緒にいると、あんこがピチピチに見えます。コロちゃん、長生きしてね。

恋?

2011.05.15

とある週末

区のスポーツセンターのトレーニングルームは2時間利用で400円。早朝9時までに入れば、1時間200円という早朝1時間券が買える。筋肉運動だけなら1時間で十分なので、バイトがない日は朝1時間だけ筋肉運動をして、その後外を走るようにしている。トレーニングは腹筋+下半身中心。最低でも週2回は行かないと効果がないのではないかと思って、せっせと通っている。家で腹筋運動とかスクワットとかすればいいのだけど、なかなかね。

平日は空いているけれど、土日はさすがに混んでいる。周りを見渡すと、男性はみんな上半身を鍛えるのが好きですねぇ。がっちりした上半身もいいけれど、その前に有酸素運動で体重を落としたほうが健康のためにいいのではないかと思われる人、多数。

土曜日のランニングは隅田川テラスを走って築地で美味しいおにぎりを食べた後、勝どき橋を渡って月島の商店街を散策、また隅田川沿いを走って戻ってきた。月島の商店街に行ったのは、生まれて2度目。月島といえばもんじゃだけど、これほどまでにもんじゃの店が多いとは思わなかった。もんじゃ屋さんしかないと言っても過言ではない。これだけ数が多いと競合して潰れる店が出てくるのではないか心配だけど、月島=もんじゃというブランド力で、そのぶん集客しているのか。

日曜日のランニングは浅草まで走ってうどんを食べて帰ってきた。ランニングに+αの楽しみがあると嬉しい。戻ってからは急いでシャワーを浴びて、晴海のトリトンスクエアに自転車で向かった。走るとすぐなのに、自転車だとけっこう遠く感じる不思議。目的は、中央区管弦楽団の定期演奏会。1人1000円というお手軽な金額でチケットが買える。生演奏の迫力は素晴らしいけど、朝早くから運動して疲れた私は途中からウトウト。スミマセン。
2011.05.13

あんこの抱っこ姿

毎日散歩に行く時に、私に抱っこされるあんこです。お互いずいぶん慣れました。いつも大真面目な顔のあんこは、エレベーター内で会う同じマンションの住人たちや宅急便の配達の人に「おとなしいですねー」と言われます。最初は重いあんこを抱くのが嫌だったけど、今となっては、ベタベタするのが嫌いなあんこをギューできる貴重な時間です。でも顔をくっつけようとするとやっぱり背けられます。

玄関前で


エントランス前で

2011.05.12

ゴールデンウィークに食べたもの

ゴールデンウィークは外食三昧。何を食べたかまとめて書こうと思っていたのに、すでに記憶が薄れつつある。そのうえ写真が一枚もない。うーむ。

寿司芳・・・トム母が来た時に一緒に行った近所のお寿司屋さん。一見さんでお寿司屋さんに入るのは気がひける。3人だったこともあり、テーブル席で控えめに。リーズナブルな値段でとてもおいしかった。板さんが若いせい(40くらい)?きっとまた行くことだろう。

芳味亭(洋食屋)・・・一見お寿司屋さんかと思うたたずまいのレトロな洋食屋さん。人気店なので少し並んだ。私が食べたのは洋食弁当。値段はやや高めだけど、まあ美味しかった。忙しいせいか接客態度が良くない。食べ終わった瞬間、お皿を下げられ、サンダルのストラップを止めるのも遠慮するくらい(お座敷だった)急いで店から退出せざるをえなかった。

キラク(洋食)・・・とんねるずの「きたな美味い店」というコーナーで紹介されたお店。ただずまいは小汚いラーメン屋。カウンターだけの狭い店内、手元が丸見えの厨房で板さんが調理してくれる。看板メニューはビーフカツみたいだけど、私が食べたのはポークソテー(にんにく入り)。バター、醤油、にんにくで調理したポークソテーはとっても美味しい!しかしここもお値段高め。お店の人は気さくでいい感じ。

小春軒(洋食屋)・・・人形町洋食御三家の最後のお店、小春軒。レトロな外観が以前から気になっていた。中は意外と庶民的な雰囲気で、値段もリーズナブル。フライの盛り合わせ定食みたいなのを食べたけど、海老フライの海老が大きくて大満足。接客も気持ちよい。カウンター席もあって、ひとりでも来れそう。

燻製カレー・・・具もカレールウもすべて店内で燻製しているという世界初(?)の燻製カレーのお店。この店の前を通るといつも燻製の香りがぷんぷん漂っている。夕方に行ったせいでトッピング(具)はみな売り切れ。トッピングなしのレギュラー燻製カレー(600円)を試した。ルクルーゼもどきのお鍋に入ったカレーライスのごはんは250グラムで女子にはやや多め。しかし一瞬にして完食。とっても好みの味だった。トッピングがなくても十分おいしい。本当にカレールウも燻製されている。燻製好きにはたまらない。トムと2人してとっても気に入った。忘れられない味。またすぐリピートしてしまいそう。

トラットリアサンマルツァーノ(イタリアン)・・・ご夫婦で営業しているこじんまりしたお店。前菜、パスタ、肉料理をアラカルトで頼んだけど、どれもすごく美味しかった。アメリカンな量に慣れている私たちには一品当たりの量が少なく感じたけど、日本だとこんなものか。「もっと食べたーい」と心の中で叫びっぱなし。トムは食後に飲んだエスプレッソを絶賛していた。

シュークリー(洋菓子屋)・・・シュークリームで有名なお店。1日3回焼き上がり時間に合わせて並ばないと買えない。トム母が家に帰る時のお土産用と友人が来た時のデザート用と2回並んだ。自分のためには並べないな。バニラビーンズいっぱいのカスタードクリームにこうばしく焼いた生地、上にのったごまが特徴。

柳屋(たい焼き屋)・・・とっても有名なたい焼き屋さん。いつも大行列なので、並ぶのが嫌いな私たちはなかなか食べることができなかった。トムが夕方の閉店間際にたまたま通りかかったら3人しか並んでいなかったということで、4匹買ってきてくれた。薄いカリッとした皮にぎっしり詰まったあんこ。あんこは甘さ控えめで上品な味。今までカステラみたいな皮のたい焼きしか食べたことがなかったので新鮮だった。行列にも納得。

近所の行列店でまだ行っていないのが、親子丼の玉ひで。ここの行列は半端じゃないので気持ちが萎えます・・・。

シュークリームシュークリームだけ写真を撮っていました。こんなのです。

2011.05.09

ゴールデンウィークに行ったところ

長いゴールデンウィークが終わった。トムは10連休だったけど、私は谷間の平日1日だけ出勤。

トム母、トム妹ファミリー、友人夫妻などが新居に遊びに来てくれ、新居お披露目ウィークとなったが、それ以外は近場に外出することが多く、家でのんびりという時間はほとんどなし。

浅草4回、銀座2回は歩いていった。私は今まで一度も浅草に行ったことがなかったのに、この数日間で一生分行った感じ。トムが浅草が大好きで、合羽橋に行ったり、浅草寺付近を散策したり。正直歩いていく距離ではないのだけれど、トムが連休中は毎日2万歩歩きたいなどというものだから仕方ない。ちなみに朝10キロ走った後に、2万歩歩くのだ。まるで部活のよう。

銀座に行く途中には、これまた生まれて初めて築地に行った。場外市場でお寿司を食べました。びっくりするほどの混雑ぶり。

毎日歩いてばかりで足が棒になったので、せっかく自転車があるのだから自転車に乗って出かけようと提案し、連休最終日は自転車で秋葉原に行った。アメリカから持って帰ったTREKの自転車、もうずいぶん長い間乗っていないので、近くの自転車屋さんで見てもらうことにした。偶然にもうちの近くにTREKの専門店があって、アメリカで買った自転車でも無料で点検してくれた。これで安心。

連休中に、初めて区のスポーツセンターに行った。トムはすでに何度かプールを利用しているが、ジムを利用するのは初回講習会というのを受けないといけない。講習が終わった後、私はトレッドミルで30分走り、自転車漕ぎを20分した後、下半身中心に筋肉運動をした。トムはおばさまに囲まれながらトータルボディワークというクラスに参加して、楽しげに運動していた。今後雨で外を走れない日には、ここの施設を利用させてもらおうかな。

連休中のランニングは、トムと一緒に隅田川テラスを中心に1日10キロ走った。一時に比べると体重が2キロ近く増えたし、膝痛で1ヶ月近く休んだこともあって、10キロを1時間かけて走るのがやっとだけど、膝は全然痛くならない。もう、それだけで幸せ。最終日には、白鬚橋までを往復。この辺りは土地勘がないので、余計に遠くまで走ったような気になるし、観光気分で走れるのでいっそう楽しい。

走ったり歩いたりしているうちに、あっという間にゴールデンウィークは終わってしまった。