2012.05.31

管理人さん

毎朝起きて1番にすることは、枕や布団に付いたうめこの毛をコロコロできれいに取ること(うめこの最近のブームは、トムと私の枕細い隙間にスッポリはまって寝ること)、2番目にすることは、家じゅうのブラインドを開けること。

角部屋なので、部屋の広さのわりに窓はいっぱい。縦長の小窓が6つ、腰高窓が1つ、掃き出し窓が2つ。バルコニーに面した掃き出し窓の縦型ブラインドは、羽の角度を変えて光を取り入れるだけでなく、とにかく全開。

でも最近は、せっかく全開した10分後にはまたきっちりブラインドを閉めることになる。なにせ日差しが強すぎる!!晴れている日は、まるで温室のようだ。冬にはとても有難い日差しも今の季節はちょっとね。それでもうめこは、閉めたブラインドと窓ガラスの間に体を滑り込ませ、目一杯太陽の光を浴びている。どんだけ日向が好きなんだ。

通勤時に、他のマンションの管理人さんがゴミ出しをしたり、マンション周りの掃除をしている姿をよく見かける。そのたびに、うちの管理人さんは本当に良いな〜とあらためて思う。なんといっても、姿勢がよく、いつも動きがキビキビしている。そして、とってもきれい好き。廊下、エントランス、自転車置き場など、毎日隅々まで掃除機がかけられ、ガラス扉やエレベーターのボタン周りなんかもピッカピカ。きっともともときれい好きな人なのだろう。管理人をやっている人がみんなきれい好きとは限らないので、とってもラッキーだ。これなら管理費を払っている甲斐もあろうもんだ。

さて、いよいよ明日、広島に向かって出発。行きは新幹線にした。全日空の広島便と岡山便にボーイング787が就航すると派手に宣伝していたので、それに乗るのを楽しみにしていたのに、よく調べたら6月にはB787は他の路線に移ってしまうことがわかった。帰りは松山から飛行機。

たった3泊4日なのに、家を留守にするのはなんとも落ち着かない。まずは大掃除。旅行前には、普段掃除しないような所まで気になってしまう。洗濯物は1枚も残して行きたくないので、出発する日の朝に最後の洗濯。慌ただしいけど、帰宅後の家はとってもクリーンだ。

さ、これから、あんことうめこのお泊りセットを用意しましょうかね。
2012.05.29

しまなみウルトラのウェア

散々悩んだ末、やっと当日のウェアが決まりました。前半は、右側のウェアにします。やっぱりウルトラといえば、ハーフジップシャツでしょう!日焼けによる疲労を少しでも軽減するためと、ジップの上げ下げで温度調整できるからでしょうか。サイクルウェアと一緒ですね。

とはいえ、なかなか気に入るジップアップシャツがなくて、ユニクロのものです。ピンクの色味も好きだし、ノースリーブなところも良いです。ランニングウェアに関してはかなりの衣装持ちの私が選んだのが、結局ユニクロ。タイツは普段から履いているC3fitのドット。サポートタイプではなくて着圧タイツですが、薄くて動きやすいし、履くと冷んやり感があります。アームカバーも同じくC3fitのもの。汗をかくと、気化熱のおかげでむしろ涼しく感じます。

中間地点で、写真左のシャツとパンツに着替える予定。ま、気分転換です。面倒になって着替えないかもしれません。首の日焼け防止にニューバランスのオフタートルのものを選びましたが、当日のお天気が曇りで日差しの心配がなかったら、下のアシックスのジップアップシャツにします。オフタートル部分はメッシュなのでそれほど暑くないとはいえ、やっぱり首から風を入れたいので。後半用のアシックスのショートパンツは裾のフリルがひらひらして、とっても可愛いのですが、デニム風の色が「普段着みたいで変」と、トムには不評です。

fc2blog_20120527114536019.jpgウエストバッグも10個近く持っていますが、今回は付け心地と収納力重視で、ノースフェイスのものにします。ノースフェイスは今春からロードランニング用のウェアや小物に参入しましたが、とっても良いです、かなり散財しました^^;

このウエストバッグは本当にいいので、トムにも同じもの(サイズ違い)を買い、お揃いで使うことになりました。トムとはシューズもお揃い(色違い)なので、知らない人が見てもすぐ夫婦だとわかると思います。ウエストバッグの前の部分に、ベルト通しが付いた携帯ケースを装着して、そこにデジカメを入れます。さっと取り出してスムーズに写真を撮れるように。

fc2blog_201205271141357bc.jpgトムのウェアもハーフジップのシャツです。全部私が勝手に買ってコーディネートしたのですが、けっこう気に入っているみたいです。暑いのにCWーXのロングタイツ(レボリューション)を履くそうです。後半は左の白いシャツにしようかと思っていましたが、やっぱり黄色いシャツに変えようかな。トムと私は、黄色とピンクのカップルということで、周りのランナーに認識していただこうかと。

トムのシルバーのキャップは遮熱効果の高いスパッタリング加工がしてあって、後ろに取り外し可能なドレープ付き。でも、天気予報によると曇りっぽいので、せっかく買ったのに使わないかも。真夏の北海道マラソンも控えてるから、まあいいか。曇っていたら、私もキャップはやめて、2XUのバイザーにします。

フルマラソンより長い距離となると、ウェア選びも実用性第一になってしまうけど、長い距離だからこそ、気に入ったウェアで気分良く走るというのも大事かなーと思います。

張り切って初日にエントリーしたおかげで、ゼッケンナンバーは17&18番。2桁なんて、大規模マラソンだったら招待選手だね。なんか嬉しい。
2012.05.27

しまなみウルトラの補給食と小物

疲労抜き期間に入り、今日は走らなかったので、ずっとしまなみウルトラの準備をしている。

写真上は、ウエストバッグに入れるもの。

ピットインゼリー3つ、アミノダイレクト2袋とアミノバリュー1袋(必須アミノ酸)、アミノピュア2袋(非必須アミノ酸)、塩飴3つ、ロキソニン(痛み止め)、バンドエイド。これは前半のぶん。あとは、携帯電話とデジカメとお金を持って走る。

スタート前に、ゴール行きの荷物と、中間地点行きの荷物をそれぞれ預かってもらえるので、中間地点行きの荷物にまったく同じセットを入れておき、そこで補充する。

しまなみウルトラはエイドがとても充実しているので、固形の食べ物は必要ない。その代わり、かさばらない顆粒のサプリはたくさん持って行く。基本は、フルマラソンの時の量よりやや多め。粉ものを飲むには苦手だし、決して美味しいものではないけれど、こればかりは外せない。

写真下は、それ以外に中間地点行きの荷物に入れておくもの。

ウィダーインゼリーとアミノバイタルゼリー(体が固形物を受け付けなくなった時のため)、後半用ウォークマン(電池が8時間しかもたないので、前半のものと交換)、サロンパススプレー、日焼け止め、ワセリン。

fc2blog_20120527114304e5f.jpgランニングウォッチは、ガーミンとナイキの2個持ちでいくつもりでいたけど、GPSが付いていないナイキの時計だけでもいいような気がしてきた。今回はあまりペースが気にならないし、ガーミン、重いしね。ゴールまで電池がもたない可能性が高いし。

小虫や埃よけのために、曇りの日でもサングラスは欠かせない。スワンズのレンズはライトスモークで可視光線透過率が50%、アディダスのレンズはボルドーシルバーグラデーションで可視光線透過率は21%。もともと視界が極端に暗くなるレンズは苦手なので、当日の天気に応じて、どちらかを使用予定。

トムは明日、一週間のフランス出張から戻ってくる。あまり体調が良くない、と悲しそうなメールがきた。帰国後の数日で、なんとか元気になってもらわねば。

体調は万全と昨日ブログに書いたばかりに私も、日によっては花粉症のおかげで鼻水ズルズル。今、東京エリアはカモガヤの花粉シーズン真っ只中なのだ。きっと、瀬戸内海の緑多いエリアにも花粉はいっぱい飛んでいることだろう。喉と鼻の奥がカピカピに乾くから薬はあまり飲みたくないけど、やむを得ないだろうなー。
2012.05.26

しまなみ海道ウルトラ遠足まで、あと7日

しまなみウルトラ コース案内図しまなみウルトラまで、あと一週間となった。今のところ、当日の天気予報は曇りで、最高気温は25度。とりあえず雨の気配はあまりないのでひと安心。かーっと晴れて暑いのはつらいけど、どしゃ降りの雨だと気持ちが萎えるものね〜。

届いたコース案内図と、Googleマップの航空写真を並べて見ながら、コースを確認する。ほほぉ、最初の橋までけっこう距離があるのだねぇ。しまなみ街道を通るというので、ずっと橋の上ばっかり走っているイメージだったけど、実際は島の中の普通の道を走るほうがずっと長い。島の名前、橋の名前、それぞれの島の特徴、エイドの位置など、ネットで調べて頭に叩き込み、そこを走る自分を想像してみる。途中に3ヶ所ある写真撮影ポイントやエイドに何があるかも地図に書き込んでみた。5キロごとに設置されるエイドには、飲み物だけでなく色々な食べ物が用意されている。ほんと、楽しみだ〜。

あと一週間で大事なのは、とにかく体調を整えること。トレーニングは減らして溜まった疲れをとり、胃腸の調子を整える。100キロという長い距離を走ると、脚だけでなく体のあちこちに負担がくる。途中で胃腸を壊し、何も食べられなくなったり、吐いたりする人が多いらしい。そうするとガス欠で足が動かなくなっちゃう。走る前にガスター10を飲むといいらしいが、胃腸には絶対的な自信がある私は、さすがに薬は飲まない。トムは大丈夫かなー?

春先に膝を痛めて走れなかった間に増えた体重は、ちゃんと減ってベスト体重に戻ったので、私の体調は万全。館山、佐倉と2大会連続で生理に当たったけど、今回はうまく外れた!いつも以上にしっかりカーボローディングして、元気に当日を迎えたいな。
2012.05.24

あれこれと。

ゴールデンウイークの後半、最近よく走っている有明、辰巳辺りから足を延ばして、この春に開通したばかりのゲートブリッジに行ってきた。今まで足を踏み入れたことのない倉庫街で、住居や飲食店はなく、コンビニが2軒あるのみ。橋が近づいてくると、ゴルフ場まである若洲海浜公園が広がっている。ちょっと独特な世界だ。東京の果てに来てしまった、そんな感じ。公園内のキャンプ場には、たくさんテントが張られていて、家族連れの人たちがいっぱい。そしてゲートブリッジのふもとにも、ものすごい人たちがいた。橋に上がるためにエレベーターや階段も大行列。並ぶのが嫌いな私たちは、当然のように橋を歩くのはあきらめた。橋の下には堤防があって、これまたたくさんの人が釣りをしている。近くの管理事務所に貼り出してあった情報によると、けっこう多くの種類の魚が釣れるらしい。

この日は、「不安定な天気」と予想されていた日だったので、この写真を撮った後、いきなり大雨が降ってきた。しばらく屋根があるところで雨宿りをしていたけれど、いっこうに止む様子はない。最寄駅まで3〜4キロあるだろうか。もちろん駅までの路線バスの乗り場は長蛇の列。仕方なく、家までずぶ濡れになりながら走って帰った。8キロくらい?

fc2blog_2012052115330441b.jpg先週末は、浅草の三社祭。これもランニングの途中にちょっと寄ってみた。雷門の前の通りは車両通行止めになっていて、そこにいくつかお神輿が出ていた。人は多いのだけど、思ったより静かな感じ。お神輿に近寄れないほど威勢がいいのかと思っていたよ。

通りからちょっと外れた裏通りに行くと、ハッピを着た人がたくさん控えていて、お酒を飲んだり昼寝をしたり。最近、あちこちでお祭りをやっているので、ハッピ&ふんどし姿の人をずいぶんたくさん見た。私はこういう大きなお祭りのない所で育ったので、なにかと新鮮です。

fc2blog_201205241528513d3.jpgうめこの朝のひととき。冬だけでなく、暑くなっても、家の中の日向を探しては日向ぼっこをしている。わかりづらいけど、この写真の時も、うめこの体の前面には陽が当たっている。何を見てるのかな〜。
2012.05.21

金環祭り

早々とこんな日食グラスを入手して、楽しみに待っていました。

東京で金環日食が見られるのは、朝7時35分頃。主婦としては、何かと慌ただしい時間帯です。いつもより30分早く起きて、犬の散歩やら身支度を済ませ、準備万端。部分日食が始まった6時19分には、太陽は雲に覆われていましたが、6時30分にはまぶしいほどの日差し。わーい、ちゃんと欠けてる〜!

東向きの窓から何度も顔を出して、部分日食を堪能しました。

いよいよ金環日食が始める時間が近づくと、バルコニーに出て観測に専念。金環の5分間のうち、ほんの一瞬だけ太陽が雲に隠れてしまったけれど、あとは薄雲さえなく、くっきりと金の輪っかが見えました。起きたばかりのトムを呼んで、トムと代わりばんこにグラスを覗きました。興奮していたこともあって、写真を撮る余裕などまったくなし。

皆既日食と違って真っ暗にはならないけれど、ほんの少し薄暗くなってちょっと神秘的な感じ。その後も9時近くまで部分日食を楽しんでから、慌ただしく仕事に出掛けました。

何百年に一度しか見られない金環日食の時に、ほぼ中心線上の東京にいて、晴れた空を見上げることができるという巡り合い。たくさんの偶然に感謝します。

20年以上前、ドリカムの「時間旅行」を聴いたり歌ったりしていた時には想像もつかないほど先のことだと思っていた2012年の金環食を、自分がこの目で見ることになるなんて。

せっかく日食グラスを買ったことだし、6月6日の金星の日面通過と、8月14日の金星食も観測しようと思います。

早起きして、朝から大興奮して、テレビでも金環日食のことばかりやっていて、なんだか今頃になって「金環日食疲れ」でグッタリしてます…。
2012.05.16

「舟を編む」「乳酸を使いこなすランニング」

舟を編む舟を編む

本屋大賞に選ばれた本ということで、早速買い求めた。三浦しをんさんの作品を読むのは、「風が強く吹いている」「小暮荘物語」(この2冊は以前あづ。さんがプレゼントしてくれた)「格闘する者に○」に続いて4作目。登場人物がみな個性的、かつ愛すべき人たちばかりで、読み終わるといつも心がほんのりと温かくなる。本作品も同様。辞書を作る人々の熱い情熱が描かれていて、何気なく本棚に並んでいる辞書に対する見方が変わった。もともと「言葉」が好きなので、フィクションとはいえいろいろと興味深いエピソードもあった。あっという間に読み終わりました。


乳酸を使いこなすランニング乳酸を使いこなすランニング

最近、ウルトラマラソンのためのロング走が続いて、慢性的に疲労状態に陥っている。今まで飲んだことがない健康飲料まで妙に気になったりする。疲労の原因と対策が知りたくて手に取ったこの本。昔、生物の授業で教わったはずだけど、糖や脂肪からミトコンドリアが酸素を使ってエネルギーを生み出すということさえうろ覚えだったので、基本的な知識からおさらい。

疲労の原因は色々あるし、まだ解明されていないこともあるらしいのだけど、なぜマラソンの後半で脚が重くなるのか、とか、なぜイーブンペースで走るといいのか、など、なんとなく感覚的に理解していたことが、科学的な理屈でわかったので、とてもすっきりした。

以前は走っていて脚が重くなってきたら、ただ「あぁ、疲れたなー、脚だるいなー」と思うだけだったけど、最近は「糖が足りなくなってきたのだな、早く補給しなくては」とすぐ思えるようになった。自分の体の中で何が起きているか想像がつくと、なんだか冷静でいられるのだ。だらだら走るだけでなく、自分の体の声を聞きながら疲労に対応していく感じ。これも、長距離を走る面白さなのだろうな。

いろいろと勉強になりました。
2012.05.08

備えあれば。

日本に戻ってきてすぐ、持ち出し用の防災グッズは用意したけれど、それ以外のものを何も用意していなかったので、今の家の引っ越してきて1年経ったのを機にきちんと考えてみることにした。実際、大きな地震があった場合には、どこかに避難するというより、不自由ながらも家で過ごすという可能性のほうが高いような気がする。

まずは家に備えるべき物を置く場所を用意しないといけない。うちはそんなに広くはないのだ。丸々クローゼットにしている収納専用の部屋に、丈夫なラックを入れることにした。おかげで、今まで溢れがちだった犬猫フードのストックや私の洋服類もきれいに収まった。

まず、必要なのがボトルウォーター。賞味期限が5年の水を箱買いした。うちは浄水器が備え付けられているので、普段はボトルウォーターは買わない。

次にトイレ対策。便器にセットして使う簡易トイレを購入。これは意外とコンパクトだったので、トイレ内の扉付き収納棚に収まった。

こういった物は、マンションの管理組合でも準備しているようだけど、ある程度は各家庭で用意しないとね。

あとは、唯一心配だった、テレビの転倒を防ぐための粘着シートみたいなのを買ってセットした。透明なので全然目立たなくてよろしい。うちは本棚と食器棚が作りつけで壁に固定してあるので、背の高い家具が倒れてくるという心配はない(本が落ちてくることはあるだろうけど)。地震のたびに私はテレビを支えていたけれど、これでたぶん大丈夫。自分やあんこの身を守ることに専念できる。

結局新しく買った防災グッズはそれだけで、十分に用意したスペースはまだたっぷり余っている。

日持ちする食べ物が必要なのはわかるけど、それ以外はなかなか思い付かない。手回しラジオ、懐中電灯、乾電池、軍手は以前から用意してある。もともと日用品の買い置きはまったくしない私だが、最近は最低限の買い置きはするようになった。犬猫フードも手に入りづらいと思うので、前よりストックを多めにしている。

あとはやっぱり、人間の食べ物かなー。ラーメンとかレトルト食品とかお菓子はあまり食べないので、買い置きはゼロ(食べたい時に買って、すぐ食べちゃう)。乾物類や冷蔵庫の中身も少ないので、このままだといざという時困るだろうな。

被災する時に必ず家にいるとは限らない。ランニング時も、以前は鍵ひとつをポケットに入れてけっこう遠くまで出かけていたけれど、今は必ず携帯電話を持って行く。

基本的に怖がりだから、いろいろ考え始めると、ひとりで遠くに出掛けるのが億劫になってしまう。

地震は嫌だけど、金環日食は楽しみ。どちらも自然がおりなす力。
2012.05.02

大回り乗車の旅とあんこのベッド

いわゆる「大回り乗車」の旅に行ってきた。東京近郊区間を初乗り料金の130円で旅するのだ。いろいろルールはあるけれど、一番大事なのは、改札の外に出ないことと、同じ駅を2度通らないこと。

本当は朝6時に起きて出発する予定だったのだけど、前日友人宅で遅くまで遊んでいて寝坊してしまったー。結局家を出たのは11時頃。

東京駅から中央線に乗って八王子へ。駅のホームで立ち食いそばを食べて、八高線に乗る。高麗川で乗り換えて高崎へ向かおうとするも、次の電車は1時間半後。改札内には売店もないよー。

座り疲れたので、高崎から両毛線で小山に行く予定を断念し、まっすぐ高崎線で上野に帰ることにした。ふと路線図を見ると、高崎の手前の倉賀野という駅は、八高線でも高崎線でも通ってしまうことに気付いた。ルール違反になってしまうので急いで倉賀野駅で下車し、そこで上野行きの電車を待った。おかげで高崎のだるま弁当にありつけなかった。

最後に下りたのは秋葉原駅。自動改札だと引っ掛かるかもしれないと思ったので、駅員さんがいる改札に行って、「大回り乗車しました」と言ったら、「かしこまりました」と言って普通に通してくれた。時間は夕方6時頃。

いろいろ反省点はあるけれど、事前のリサーチをサボり過ぎ!あとは万が一の場合に備えて飲み物や食べ物を多めに持って行くべきだった。次回チャレンジする時はしっかり予習して、もっと大きく回ろう。

車窓を楽しむべき電車の旅なのに、連日のランニングの疲れで、8割方寝ていた私。トムはたくさん本が読めたと満足気です。

あんこに春夏向きのベッドを新調しました。撥水加工してあるナイロン製で、クッションも硬め。ベッドの出入り口の段差も低め。

前のボアのふんわりクッションはあんこには柔らかすぎたようで、しょっちゅうベッドから転がり落ちていた。足腰が弱い老犬にはある程度硬いほうがいいみたいです。

あんこは最近夜中に徘徊するようになった。部屋の隅から隅まで歩き回り、壁に突き当たるとそのままボーッとしている。閉めたブラインドと窓の間にはまっていることもある。しばらくウロウロした後は疲れてぐっすり眠る。老犬の行動は本当に不可解で、面白くて、愛おしい。