FC2ブログ
2012.10.31

寝たきりのあんこ

DSC_0086 (2) (400x300)風邪で学校を休んでいる子供のように、おとなしく眠るあんこ。

ほんの2〜3週間前まで、ゆっくりと距離の短い散歩ができていたあんこは、もう完全な寝たきりになってしまった。筋力が衰えないよう、無理矢理にでも歩かせ続けたほうが良かったのだろうか。体を動かそうとして脚をバタバタすることももうなくなった。

「奇跡の缶詰」の奇跡も長くは続かず、自分からごはんを食べようとすることはない。缶詰を温かいヤギミルクで少し緩めたものをシリンジに入れて、口の横から押し込む。それなりに美味しそうに食べているように見える時もあれば、食べたくなさそうな時もある。水も同じように、シリンジを使って飲ませる。

寝たきりでじっとしているあんこは愛らしく、くるくる回っている時に比べたら、私も楽になった。

しかし信じられないことに、この状態も1週間弱で終わった。

ある日から、発作のようなものが起きるようになった。小さな体の震えから始まり、呼吸が荒くなり、苦しげに四肢をバタつかせる。大量のヨダレが出続ける。普段まったく鳴かないあんこが、苦しげな唸り声をあげる。発作の時間は色々で、15分で終わることもあれば、1時間以上続くこともある。最初はそんな発作が1日に2〜3回起きていたのだけど、昨日は時間が短めのものが7回もあった。今朝は波のある発作が断続的に3時間ほど続いた。

さすがに今日は病院の連れて行こうと思ったけれど、あいにくの休診日。明日、まず私がひとりで行って症状を説明して(発作の様子を動画で撮った)、必要ならあんこを連れて行こうと思う。

ネットで調べたところ、このような老犬の発作はよくあることで、病院に行ってもたいした治療法がないことが多いようなのだ。今のあんこは病院に行くだけでも体力を消耗し、寿命を縮めてしまうような気がする。

あんこはもう十分頑張ったのかもしれないけど、もう少し一緒にいたい。ずっと寝たきりのままでいいから、世話をさせてほしい。
2012.10.27

日本シリーズ観戦

まもなく10月も終わり。月間走行距離が、目標の250キロをなんとか超えそうでひと安心。大田原マラソンまであと4週間となった今日は、25キロビルドアップ走をした。1周5キロの皇居をグルグルと5周。同じところを何度も走るのは好きじゃないけど、他にもランナーがたくさんいたので、飽きずに走ることができた。

夜は東京ドームで日本シリーズ第1戦を観戦。先日の一般販売開始日に、1時間半も電話をかけ続けて、やっとチケットを入手したのだ。音楽ライブを含め、チケットを取るのにここまで粘ったのは初めて。苦労したわりに、取れた席は3塁側の2階席。

DSC_0084 (2) (400x300)2階席は初めてだけど、全体が見渡せて悪くない。3塁側というのも、巨人ベンチがよく見えて、これまた楽しい。

日本シリーズならでは、選手ひとりひとりの名前が呼ばれて整列したり、国家斉唱があったり、イベント的要素も満載。ひとりで来ていた隣りの席の巨人ファンのお兄さんと意気投合し、トムと3人で声を出して楽しく応援した。

メロディーはわかるけど、歌詞には曖昧なところがあるジャイアンツの選手応援歌。YouTubeでしっかり練習してきたもんね。でも、坂本選手の応援歌は難しくて、どうしてもちゃんと歌えない。

大好きな寺内選手もスタメンでヒットを打ち、ジャイアンツの圧勝。あぁ、頑張って席をとった甲斐がありました。
2012.10.23

奇跡の缶詰

これは、ヒルズのa/d缶というソフトフードで、老衰や病気で食欲がない犬猫の最後の砦といわれている缶詰。食欲がなく、茹でたササミや豚肉さえあまり食べなくなってしまったあんこのために、半信半疑で購入。動物病院で定価で買うと、なんと1缶390円!缶を開けた瞬間、強いフードの匂い。うめこが遠くから走り寄ってきた。かなりゆるーいテクスチャーなので、何かと使いやすそう。

寝ているあんこの鼻先に近付けただけで、鼻がヒクヒク、目に輝きが灯る。そして、自分の舌でピチャピチャと舐め始めた。今まで朝はまったくごはんが食べられなかったのに、この缶詰だと必ず反応する。そのうえ、たくさんの薬をさりげなく混ぜ込んでも、気付かずにどんどん食べていくのだ。なんなのだ、この缶詰!あんこに食べさせていると、うめこが寄ってきておこぼれを狙う。うめこもおばあちゃんになってごはんが食べられなくなったら、食べさせてあげるからね、今は我慢だよー。

fc2blog_20121023130430b70.jpg自分で立ち上がることはもうできず、私が支えて起き上がらせてあげても、2、3歩しか歩けなくなったあんこは、もう寝たきりワンコだと言ってもいいだろう。そんなあんこに、老犬ブログ界で評判の良い、ブレスエアーというマットを購入。なんでも、床ずれができづらい、冬暖かく夏涼しいという、素晴らしいマットらしいのだ。厚さは3.5センチ、今使っているカドラー(ベッド)の大きさに合わせてカットしてもらったので、大きさは80センチ×60センチ。今のマットは固綿でできていて、昔の綿の敷き布団のような感じのもの。この上にブレスエアーのマットを重ねて使うことにした。

あんこに寝心地を聞きたいところだが、もちろん答えてくれない。今はいい子にスヤスヤ寝ているけれど。

あんこが2〜3時間に1度、必ず起き上がろうとするのは、長時間同じ姿勢で寝ていて体が痛くなるからだと思う。夜中でもあんこが手足をバタバタさせる音が聞こえると、すぐ飛び起きて、あんこのもとへ行く。抱っこしたり、体を少し支えて歩かせたりした後、さっきとは違う体の向きにして寝かせつける。昼間も、マメに枕の位置を変えたり、毛布で背もたれを作ったり、とにかく同じ場所にばかり体重がかからないように工夫している。ブレスエアーのおかげで、あんこも少しは楽になるかな。

fc2blog_20121014152604779.jpg肛門マッサージでウンチを出す術をマスターして以来、あんこやカーペットがウンチまみれになったことは1度もないけれど、ちょっと長めに外出する時には、オムツをつけてもらうようにした。なんだか、一気に「要介護老犬」っぽい。でも、まだ1度もオムツを汚したことはないのだー。あんこ、エライね。

2012.10.17

一軍の練習風景

プロ野球のクライマックスファイナルステージが始まった。

リーグ戦が終了してすぐ、読売ジャイアンツ球場で一軍が練習するというので、そそくさと観に行って来た。京王線には地下鉄が乗り入れているので、うちからはわりと楽によみうりランドには行けるのだ。ただし、時間はかかる。一往復で、読みかけの小説が一気に進んだ。

平日の午前中だというのに、観客はざっと200人くらいいる。多くは時間が自由になりそうな中年の男女だが(私含む)、鞄を持った制服姿の女子高生なんかもいる。

まずは全員で準備体操。ダッシュとか横っ飛びとかそんなの。その後、ピッチャーと野手に別れて、キャッチボール。スター選手がこんな近くで見られる機会はそうそうない。練習とはいえ、こんなにファンが集まるのも納得だ。そのうえ入場料はタダ。

キャッチボールが終わったら、ピッチャーはブルペンで投げ込む人と、外野周辺を走り込む人に別れた。

野手はバッティングピッチャーによる打撃練習と、ノックを受ける守備練習を同時に行う。ボールが交錯して、見ているほうが怖い。打撃練習は、明らかに主力選手からで、時間も長い。お目当ての寺内くんは、主力選手が終わって引き上げた後に、バント練習、ティーバッティング、フリー打撃を行っていた。最後には、スタッフに混じってボールを拾ったり、ネットを片付けたり、地面をならしたり。もう十分中堅選手だというのに、エライなー。ますます応援しようと思った。

選手との距離が近いので、話し声も耳に入るし、コーチとのやりとりも聞こえてくる。ファンにはたまらない。

午後には紅白戦があるとのことだったが、あんこのことを考えるとあまり長居することもできず、午前中の練習が終わると同時に私も球場をあとにした。

練習の日には売店も開いていないので、ファンの多くはお弁当持参。みなさん、さすがです。

初めてプロの選手の練習風景を見たのだけど、やってることは高校生や大学生とそんなに変わらないのだなーと思った。もしかすると、リトルリーグでも変わらないのかもしれない。走り込んだり、キャッチボールをしたり、基本的な練習をひたすら繰り返すのだ。ユニフォームだって泥だらけ。もちろん高額な年俸をもらう選手もたくさんいて、たしかに華やかな世界ではあるけれど、やってることは野球なのだ。

寺内選手


近くに阿部選手や長野選手がいようとも、私には寺内選手の周りだけ光って見えるのです。
2012.10.14

パソコン買い替え

6年使ったノートパソコンが、1度クリックしたら反応するのに30秒くらいかかるということが頻繁に起こるようになり(再起動するとたいてい直る)、そろそろ買い替え時なのかもしれないと思った。

パソコンにはあまり興味がないし、そんなに使わないので、正直何でもいい。軽く調べただけでヨドバシカメラに行った。

何でもいいと言いつつ、希望のメーカーはNECかソニー。ブルーレイドライバーやTVチューナーが入っていない、シンプルな機能のものがいい。大きさは14型ワイド。残念なことに、NECの希望の機種は展示されてなかった。ソニーのはあったけど、在庫がピンクしかないと言う。ピンクは嫌だからどうしようかなーと考えていたら、同じEシリーズの15型ワイドを勧められた。テンキーがいらないなーと思ったけど、14型ワイドと値段がほとんど変わらないし、黒の在庫もあると言うのでそれにした。お値段なんと、54800円。今時のパソコンってそんなに安いのか!?iPadやスマートフォンとちょうど同じくらいの値段だ。去年トムが買ったソニーのデスクトップはTVチューナーやら色々入っているので、15万くらいしたと思う。ちなみにトムは、週に1〜2回しかパソコンを起動しません。

蓋のVAIOのロゴは、開いた時に人から見られることを前提としているようで、閉じていると逆さまになる。私は誰にも見せないので違和感あり。


パソコンを買い替えると面倒なのがセッティングやら、データのお引っ越し。今まで人にやってもらってばかりだったので、自分でやったことはないけど、ずっと家にいて暇なので、トライしてみることにした。

1日目。箱から出して、いらないものを捨てたり、説明書をしまったりした。

2日目。無線LANに接続して、ウイルス対策ソフトをインストール。プリンターとマウスの接続と設定。次に、iTunesの音楽ファイルを移した。これ、1番大事。iTunesのホームシェアリングを使ったので、ケーブルもディスクも不要。けっこう時間はかかった。その後iPadと同期して、問題ないか確認。

3日目。古いパソコン(Windows XP)に転送ツールをインストールして、マイドキュメントやらお気に入りやらいろんな設定やらを移した。これも無線LANでできるのね。驚いた。

4日目。メールの移動。今まで使っていたメールソフトはOutlook Expressだったので、けっこう面倒だった。アカウントとメッセージとアドレスをそれぞれ外付けハードディスクにコピーして移動した。新しいパソコンでのメールソフトは、Windows Live Mailにした。Gmailなので別にメールソフトは必要ないけど、私はメールソフトを使うのが好きなのだ。

5日目。新しいパソコンに必要なソフトなどをインストール。今まで使っていたソフトは、Windows7に対応していないものが多かったので、適当に探した。絶対必要なのは、画像編集ソフトと家計簿ソフト。もともと入っているソニーのオリジナルソフトのほとんどは使わないので削除。

6日目。古いパソコンはメーカーのリサイクルに出すので、ハードディスクのデータを削除。リカバリーディスクを自分で作った。説明書は、新しいパソコンの説明書と入れ替えに捨ててしまったので、電子説明書を見ながらの作業。その後、ネットでメーカーにリサイクルの申し込み。

パソコンと長時間向かい合うのは苦手なので、なんだかんだ1週間もかかってしまった。すっごく疲れたけど、自分で作業をすると、引っ越しを機に不要なものを捨てられるのがいい。パソコン内も断捨離ね。
2012.10.11

介護ベストを着るあんこ

あんこの擦り傷あんこがくるくる回っている時にコケると、普段は私が起こしてあげるけど、私がいない時はひとりでもがくので、左の肘(?)がカーペットで擦れてしまう。最近はうっすら血が滲んでいることもある。何かサポーターのようなものを装着させようと考えた。


ひじサポーターかわいいピンクのシマシマのこれ、元は何でしょう?

実は赤ちゃん用の靴下の足首から先を切ったもの。ほとんどズレないし、ゴムもきつすぎないし、まさにピッタリ。


介護ベストこれは洋服ではなくて、介護ベスト。色々な老犬ブログを拝見すると、足元がおぼつかなくなった多くの老犬が使っている。背中と肩の部分に持ち手が付いていて、歩行や立ち上がりの補助がしやすいようになっている。ごはんを食べる時、水を飲む時、排泄の時、コケたあんこを起こす時、常に大活躍。力が入らず、ふにゃふにゃの体を手で無理矢理支えるより、ずっと安定感があるし、あんこも楽だと思う。最近肌寒くなってきたし、防寒にもなるかな。留守番の時には脱がせている。

昔はカッパを着せただけで、固まって動かなかったのに、今や何をされても無抵抗で受け入れるあんこ。実は冬のお散歩用に、ダウンベストを買ってある。去年の冬、寒さで震えるようになったあんこのために、まだ暑いうちから用意しておいたのだ。老犬は体温調整ができなくなって、体が冷えやすいらしいからね。でも、買った時には今より太っていたので、今着せるとブカブカ。

あんこが安全にくるくる回れるよう、エンドレスサークル代わりの丸いメッシュサークルをネットで買ったのだけど、返品することにした。ポチってから届くまでの約1週間で、あんこの下半身がより衰弱し、あまりクルクルしなくなってしまったのだ。正直、ほとんど介助なしに自分で立つことはできない。

起き上がること自体も減ったし、3周も回らないうちに、疲れてその場で倒れてしまう。時々は、私が介護ベストの持ち手をもって一緒に回ってあげるが、私の目が回るのでたいして付き合ってあげらない。もしくは、私があんこの右側に立つと、私の脚にもたれながら、私を軸にして介助なしで回れる(それでも3周くらい)。お散歩に行くのもオシッコが目的で、右に体が回ろうとするあんこを無理矢理左に引っ張りながらやっと歩く。今は100〜200メートルがやっとかな。

寝たきり生活が近付いてきているのだろうか。
2012.10.08

区民スポーツ大会

区民スポーツ大会区民スポーツ大会のマラソン(10キロ)に参加した。

去年はトムだけ当選し、涙を飲んだ私。去年までは区の在勤者も参加の対象だったが、今年から在住者オンリーに変わったので、倍率が低かったのかもしれない。

地味な大会だけど、会場が近いのがいい。会場の月島まではたった2〜3キロだ。行きは地下鉄で行ったけど、帰りはダウンジョグを兼ねてゆっくり走って家まで戻った。

真面目に開会式に参加し、みんなで準備運動をし、スタート地点まで誘導された。10キロの走者は約300人。そのうち女子は60人くらい。スタートの位置が前から5列目という、今までにない好位置だったので、妙に緊張した。

スタートとゴールは月島運動場で、5キロのコースを2周する。10キロのスタートの後に、5キロレース、小学生の2キロや親子の2キロがスタートするので、10キロのゴール手前は小さな子供と並走することになるし、途中で5キロの人とすれ違ったりもする。

スタート直後から、100メートル走かと思うほど、みんな速い。そして運動場を出てすぐは、狭い歩道を走るので混雑する。キロ5分を少し切るという、自分の設定ペースを必死でキープ。1キロ地点ぐらいで、トムに抜かされた。週末しか走っていないというのに、調子が良さそうだ。最初はあんなに混雑したのが嘘のように、途中からはガラガラ。前に見える人を一人ずつ抜かすのを目標に、せっせと走る。キロ5分を切るペースというのは、私にとっては全力疾走みたいなものだ。喉が乾くけど、なかなか給水がない。4キロくらいでやっと給水所があったので、ガブ飲み。

運動場に戻ると、赤いタスキを渡されて2周目に突入。ゲストの有森裕子さんとハイタッチ。コースは街中をくねくねと曲がる平坦なものだけど、橋を3つ×2回渡る。これがけっこうな坂で、見た目よりきつい。2周目に入ってすぐ、年配の女性とペースが同じになったので、ずーっと付いていった。人に付いて走るのはとても楽だ。ラスト200メートルでその女性をかわし、それこそ全力疾走でゴール。10キロのベスト、49分51秒を大きく更新し、46分18秒でゴール。トムも目標の45分を切って44分台を出した。

去年もこのレースを走ったトムが、このコースは10キロより短いような気がすると言っていたが、私もそれを感じた。でも、せっかくの自己ベストなので、知らんぷりします!

来月の大田原マラソンに向けて、いいスピード練習になった。涼しくなってきて、自分の走力が夏に比べて少しずつ上がってきているのを感じている。悔いのないようしっかりトレーニングして、本番を迎えたい。
2012.10.07

人気者の私

人気者あんこに腕枕をしながら野球中継を観ていたら、ヤキモチ焼きのうめこが私の上に無理矢理乗ってきて、一気に人気者になった私。あぁ、幸せ。

前回あんこのことをブログに書いてからも、色々なことがあった。あまりにごはんを食べないので、急遽病院に連れて行き、点滴を打ってもらったこと。その時に初めてカートを利用したけど、おとなしく(ぐったり?)していたこと。鎮痛剤を打ったのに全然効かなくて具合が悪くなったこと。1日4回家の中でウンチをして、そのたびにあんことカーペットとお風呂を洗ったこと。ドームに野球を観に行って帰宅したら、あんこがぐったりしていたこと。

なんだかんだ、あんこはけっこう頑張っていると思う。老犬にはヤギミルクがいいと聞き(人間にもいいとガッテンでやっていたけど)、今日ホームセンターで入手。水を飲む量も減ってきているあんこも美味しそうに飲んでくれた。とにかくごはんを食べる量が減ったので、少しでも栄養価の高いものをあげなければ。

ひとつ、昨日良いことがあった。4日間ウンチが出なかったあんこに肛門マッサージをしたら、うまい具合に出てきたのだ。肛門を両側からつまむというのがわりと一般的だが、昨日効果的だったのは、肛門を直接時計回りにマッサージするというもの。ほどなく肛門がプクッと膨らんできて、しっぽが上がって、ウンチが顔を出した。あとはあんこが自分で上手に力んでくれた。

食べる量も運動量も減ったうえ、下半身の筋力が極端に低下しているあんこは、どうしても便秘になりやすい。あんこ自身もお腹が張って気持ち悪いだろうし、いつウンチが出るかわからない状態だと私の短時間の外出もままならない。うまく排泄補助ができるというのは、けっこう大事なことなのだ。

橙魂デー私たちがナイターを観に行った日は橙魂デーと呼ばれる、来場者全員にオレンジユニフォームがもらえる日。ここ最近では1番いい席で試合を満喫。寺内選手の応援グッズは売られていないので、お手製の応援うちわを用意した。守備固めと代走がメインの寺内くんの出番があるか心配したけど、久しぶりに打撃でも出番があったので、うちわも大活躍。来シーズンは応援グッズが販売されますように!