fc2ブログ
2013.08.27

北海道で初体験

fc2blog_20130903131934b4a.jpg北海道での初体験、まずはスープカレー。札幌にはスープカレーの店がたくさんある。辛さが選べたので、1番甘口を選んだ。ごはんは玄米にした。ごはんなしも選べる。写真は、私が食べたチキン野菜カレー。大きな鶏もも肉とかぼちゃ、じゃがいもなど野菜がたーっぷり入っている。食べ方に戸惑ったけど、あとで調べたら自由でいいそうです。私は野菜やお肉をごはんの上に取り出して切り分け、カレーとごはんを交互に食べました。

カレーは甘口とはいえ、かなりスパイシー。私にはスープだけごくごく飲むなんてとてもできない。あらためて驚いたのは、北海道の野菜の美味しさ。何を食べても味が濃くて甘味がある。北海道というと、どうしても海の幸に目が行ってしまうけど、野菜も忘れてはいけません。定山渓温泉の宿で食べたお料理の野菜も本当に美味しかった!

スープカレーをごはんなしで食べたら、すごくヘルシーだと思う。ダイエットにもぴったり。

もうひとつの初体験は、定山渓温泉の宿でチャレンジした岩盤浴。今はあちこちで手軽に岩盤浴を体験できるけれど、トムも私も初めて。岩盤浴の施設は宿の地下にあって、そこまでのアプローチも暗くて穴蔵のよう。専用の服に着替え、ドアを開けた途端に大後悔。私、ダメなのです。サウナも入った瞬間汗が吹き出して、頭がクラクラ。岩盤浴も同じでした。低血圧と関係あるのかな。狭くて暗い部屋というだけで逃げ出したくなったけれど(閉所恐怖症ぎみ)、トムが一緒なのでなんとか踏み止まった。サウナと違って横になれるのでめまいがしても大丈夫。しかし、全身から滝汗を流しながら、ひたすら砂時計を見つめる苦行のような時間。お金を払ってまでこんなつらい体験をする必要があるのか?普段汗をかいていない人はともかく、私は日常的に汗を大量にかいている。むしろ流した汗のぶんの水分を摂るのが大変だ。岩盤浴の合間に「最低コップ1杯は水を飲まないとダメ」とトムにもお尻を叩かれる。休憩を含んで50分間の岩盤浴が終わり、トムはすっきり、私はぐったり。

サウナ好きな人にはお勧めです。としか言えませーん。
2013.08.26

定山渓温泉へ

去年は北海道マラソンの翌日にもう一泊札幌に泊まって小樽に遊びに行ったけど、今年は札幌の奥座敷と言われる定山渓温泉に足を延ばした。ホテルの送迎バスに乗って札幌の中心地から45分。豊平川の渓谷沿いに大小の温泉旅館が並んでいる。正直、ちょっと寂れ感もあったかな。でも観光地や温泉街なんてこんなものだろう。

fc2blog_20130903124213ec5.jpgfc2blog_20130903124158de0.jpg


緑がいっぱいで川の水が透明で、太陽がキラキラしていて、あぁ、これだけで十分だ。

私たちが泊まったのは、ぬくもりの宿ふる川。団体客が宴会をしたり、子供が多い大規模な温泉ホテルは嫌なので、こじんまりとして料理が美味しそうな宿を選んだ。1人1泊3〜4万円出せば、小規模な大人リゾートみたいな宿があるけれど、今回はそこまで出す気はない。

fc2blog_201309031255347a3.jpg宿のインテリアはひとことで言うと、やり過ぎていない民芸調。オーナーが相田みつをファンなのだろうか、あちらこちらにみつをの言葉。ギャラリーまである。私は特に好きではないのでスルーしたけれど、それ以外にも館内の至る所に本(画集や百科事典、歴史書など多数)が並んでいて、温泉に入った後とか、岩盤浴の合間とか夕食後のちょっとした時間に楽しむことができる。

従業員の方はみな笑顔で感じが良く、館内も掃除が行き届いている。食事もとーっても美味しかった。旅館めしってどこで食べてもそこそこ美味しいけれど、どこも同じような感じであまり印象に残らない。今回の宿は本当に良かった。北海道の地のものだから食材はもちろんいいのだろうけど、組み合わせとか味付けが素晴らしかった。1人16000円ちょっとだったのに、信じられない!また行きたい、でもうちからだとあまりに遠いなー。

翌日は定山渓温泉から空港までの直行バスで1時間半。新千歳空港は空港内の飲食店やお土産屋さんも充実していて楽しい。やっぱり北海道はいいな。いつか移り住みたいな。
2013.08.25

2013年北海道マラソン完走記

レースのスタートは朝9時なので、起きたのは6時過ぎ。朝ごはんに、カップヌードルとおにぎり1個と前日のエキスポでもらったお餅を食べた。天気予報は雨なのに、なんと日差しが出てきた。雨よけのビニールポンチョを持って行こうか迷ったけど、濡れても寒くはならないだろうと思い、持って行かないことにした。

北海道マラソンホテルからスタート地点(私たちは今年もDブロック)までは歩いて10分くらい。トイレもホテルで済ませて行けるので、すっごく楽。日差しが強く、もっと暑くなりそうだなーと思いつつ、元気にスタート。テレビ塔のカウントダウンは今年も見えないけれど、都市マラソン特有の華やかさを感じて、気持ちが高揚してくる。スタート地点までのロスタイムは5分半くらい。

今回はキロ6分ペースで走り、4時間15分くらいでゴールできればいいと思っていた。6分というのは冬のジョグペースだ。なんとなく流れに任せて走っていたらそれくらいのペースだった。給水はほぼ2.5キロごとにあり、水もスポーツドリンクもとびきり冷えている。いつもより気温が低いとはいえ、走っていたら十分暑いので、すべての給水所を利用した。給水テーブルがとても長いので、1ヶ所で2回取ったところもある。

ジョグペースなので体は楽。アップダウンもほとんどないし、応援も多いし、走っていてとても楽しい。17キロ付近で、折り返してきたトップの集団とすれ違った。手を振って精一杯の声援を送る。今回はテレビ中継があったので、あとで録画したのを観たら、トップ集団とすれ違う私の背番号00がばーっちり写っていた。

今回はほとんど時計を見なかったけど、何回かペースを確認した時は6分を少し切るくらいで走れていた。ハーフまで来ても元気元気。しかし、あれほど照り付けていた太陽はすっかり姿を消し、向かい風が強くなってきている。早く折り返したいなー、折り返しって何キロ地点だっけ?なんて思いながら、やっと折り返し(26キロくらいだった)。600メートルくらい後方にトムがいるのも確認。2週間前にひどい腰痛になってしまい全然走ってないのに、あいかわらず本番には強いトム。トムとすれ違う頃から雷が鳴り始め、ほどなく大雨が降ってきた。ここにきて、ゲリラ豪雨ってやつだ。今年のレースは雨ばかり。かすみがうらもしまなみも豪雨の中を走ったので、慣れていると言えば慣れている。あっという間に下着までグチョグチョ。パンツがお尻にくっつぃて気持ち悪い。野球のユニフォームは濡れるとこんなに重くなるんだな。このタイミングで救護所。収容バスに向かって歩いている人がけっこういる。収容バスは51号車まで確認できた。

30キロ地点を過ぎると雨は普通の強さになった。普通を小雨に感じる。風も弱くなったし気温も下がって、あれ、なんだか走りやすいぞ。なんだかだんだん調子が上がってきた。久しぶりに時計を見て、残りの距離からゴールタイムを概算。じぇ、4時間20分超えちゃうじゃん。

それからはタイムを意識してせっせと走った。30キロ以降は他のランナーをごぼう抜き。私のペースは実際それほど上がっていないけれど、みなじわじわとペースが落ちてくる頃だ。

北海道大学の構内を走る時は今年も去年と同じく、「生まれ変わったら北大の学生になろう」と思った。最後、大通公園の直線部分(500メートルくらい?)は、それこそ全速力で走り抜け、ネットタイムは4:19:59。気合で4時間20分を切った。30キロ以降で壁を感じず、ペースを上げて走れたのは初めてだ。

気がつけば雨は本当に小降りになっていたが、走るのを止めると体が冷えて寒くなってきた。ゴール後にメダルとタオルをかけてもらった後10分ほどトムを待っていたが、足が攣りそうな気がしたので、先にホテルに帰らせてもらった。結局トムは私の10分後にゴールしていたので、人混みに紛れてしまったのだろう。

今回、野球のユニフォームの人は6~7人見かけたけど、ジャイアンツはいなかった。「レッツゴージャイアンツ!」と何度か声を掛けてもらったけど、北大構内の給水所で若い男の子に「北海道だったら日ハムでしょ」と言われてしまった。すみませんーっ!

完走メダル今年は雨が降って気温が低かったので、完走率は87.5%と高かったようです(去年は80%以下)。



----------------------------------------------------------------------

~5K 30:57
~10K 30:09
~15K 30:36
~20K 30:42
~25K 31:00
~30K 32:22
~35K 30:59
~40K 30:12
~finish 13:02

ネットタイム 4:19:59
2013.08.24

今年も北海道へ

北海道マラソンに参加のため、3泊4日留守にすることになった。猫たちの世話は、前回同様、1日1回近くのペットシッターさんに来ていただくことになっている。

心配事は2つ。2匹が激しい喧嘩をしてしまうことと、パニャがカリカリをほとんど食べないので実質1日1食になってしまうこと。

fc2blog_20130828163154d2c.jpg最近はこんなに近くで寝ることもあるけれど、基本的に距離が縮まると緊張状態。


今回の宿はケチって大失敗。どうせ寝るだけだから、とアクセス重視だけで選んだビジネスホテル。これが狭いのなんのって。荷物を広げるどころか足の踏み場もない。あんなに狭い部屋に泊まったのは初めてだ。これからは宿代をケチり過ぎるのはやめようと、トムと誓い合った。

fc2blog_201308281641426d1.jpgお約束のラーメンも食べた。店の名前は忘れたけれど、時計台の近くの大きなお店。味噌ラーメンです。普通に美味しかったです。


レース前日なので、できるだけ足を使わないように普段なら歩く距離もタクシーを使ったけど(雨も降ったり止んだりだったし)、万歩計によるとこの日の歩数は8000歩を超えていた。気を付けていても、やっぱりなんだかんだ歩いているんだよねー。

夜は早めにホテルに戻り、テレビで野球中継を観ながら気持ち良く眠りについた。
2013.08.22

北海道マラソンのウェア

fc2blog_20130820125616127.jpg今度の日曜日は北海道マラソンです。予報によると、当日の札幌のお天気は曇り時々雨、最高気温25℃最低気温20℃だそうです。思っていたよりずっと気温が低いので(去年はスタート時に28℃を超えていた)、ジャイアンツのユニフォームを着て走ることにしました。ゲイターとアームカバーは当日装着するかどうか決めます。


fc2blog_20130820130841212.jpgレースに限らず、走る時は1年中サングラスが欠かせません。毎年初夏にサングラスを買い足しているような気がします。これはSWANS SOU FEEL。レンズが大きいので目尻のシミの防止になります。写真ではわかりづらいですが、レンズは明るめのシルバーミラーレンズ。可視光線透過率は50%ですが、私は暗いレンズは苦手なので、これくらいで十分です。ノーズパットも自分で細かく調整できてフィット感もいいので、最近はこのサングラスを使うことが多くなりました。

今月はなかなかハイペースで野球観戦に行けています。今日は神宮球場でナイター。東京ドームの場合、良い席は全部シーズンシートなので、5900円のS席でもそれほど良い席ではないのだけれど、神宮球場では4500円のS席でもありえない良い席が取れるのです。今日も3塁側のベンチ上10列目。ドームでは2300円のC席(2階)を買い、神宮では気合をいれてS席を買うのが私のやり方です。
2013.08.20

暑いと思ったら。

ぎゃあー。

走って帰ってきたら、パニャがベッドの上で激しくゲロっていました。シーツ、ガーゼケット、ベッドパットを順番に洗濯し、めったに使わないベランダとお風呂場に分けて干してます。もう他に干す所がないので、私の汗でグチョグチョのランニングウェアはまだ洗えてませんー(泣)。

たまちゃんはまったく吐かない猫なので、こんなの久しぶり。パニャもうちに来て初めてです。うめこもめったに吐かない猫だから楽だったな~。

お盆前から東京は猛暑日が続いていました。適度に運動し、睡眠もしっかり、夏バテには無縁な感じでしたが、数日前にちょっと体調が良くない時期がありました。

エアコンの効いた部屋にいても暑くて暑くてたまらない。エアコン壊れてるんかいなー、私の暑がりもひどいもんだな、とやり過ごしていました。夜寝る時もエアコンつけっぱなしで、アイスノンを頭の下に敷いているのに汗だくで、さすがにおかしいと思って熱を計ったら、けっこうな高熱でした。

朝はわりあい大丈夫なのですが、毎日午後になると熱が出るのですよ。暑い時に外を走っているからだとトムに言われましたが、走らない日も同じです。冷えピタを首の後ろに貼ってもすぐ生暖かくなっちゃいます。

これだけ暑い日が続くと、私だけじゃなくみんな体温が高くなってるのではないでしょうかね。みなさんもね、ただ暑いと思っていたら、自分の熱かもしれませんから、気を付けてくださいねー。
2013.08.16

男たちのフレグランス

トムのお盆休みは9連休なのだけど、来週末は北海道マラソンを走るために3泊4日で出掛けるので、特に泊りの旅行はしていない。ただ、毎日精力的に遊び歩いている。

トムが新しい香水が欲しいと言うので、一緒に買いに行くことにした。少し前にほぼ日で「男たちのフレグランス」というコンテンツを読んで興味深かったので、そこに登場する新宿伊勢丹に行った。いつもは近くの日本橋三越に行くことが多いけど、私は新宿伊勢丹のほうが好き。なんというか、少し客層が若くてファッショナブルなのだ。

早速、私がオススメのJo Maloneを覗く。ここはユニセックスなブランドで美味しい香りがいっぱい。私の嗅覚はおこちゃまなので、ほとんどの香水の香りは受け付けない。わりとわかりやすい香りが好き。

担当してくれたおねえさんはとても感じがよく、嫌な顔ひとつせず、たくさんのムエット(香りを試すための短冊みたいな紙)を用意してくれた。

散々迷った挙句、アールグレー&キューカンバー(ベルガモットっぽい香り)と154(いろいろ混ざったちょっと複雑な香り)2種類を買い、気分によって単品使いしたり、組み合わせて使うことにした。もちろん私も確認してOKを出した。

私はネクタリン ブロッサム&ハニー(そのまんま桃の香り)が気に入ったので、愛用しているアニック・クダールのプチシェリーと重ねてみようかな。このブランドの楽しさはいろいろ組み合わせできるところ。他にも気になる香りがいっぱいあった。

fc2blog_20130813131445afa.jpgプレゼントじゃなくても、こんなきれいな箱入れてくれます。


fc2blog_201308131321297f0.jpgこれは私の老眼鏡。本を読むのがつらくなってきたので、いよいよデビューです。度数は1.0。安いものだけど、ピンクがかったパープルのフレームが可愛いのです。

2013.08.15

くるまれ好き

あいかわらず、たまちゃんとパニャは歩み寄りを見せず、むしろ、ますますパニャは強気になってきた。シャーシャーの後、いつも白い毛が束で散らかっているのだけど、なにせ2匹とも白ベース、どちらの毛なのかなかなか判断つかない。

しかしシャーシャーの様子をじっくり観察していたトムが、手を出しているのはパニャだという判断を下した。そういえば、たまちゃんは人馴れしていない臆病な猫だけれど、どんな時にも決して人間には手(爪)を出さない。パニャはじゃれて遊んでいる時にも私の手を噛み、爪を出す。

うーん、困った。先住猫のたまちゃんより、新参猫のパニャのほうが拒否反応を示すなんて、予想もしていなかったよ。

fc2blog_2013081313133788d.jpgfc2blog_2013081313135428d.jpg


パニャの陣地はベッドルーム。小さな体で大きなベッドを独り占め。買ったばかりのガーゼケットに爪を立てながらじゃれつき、飽きたらくるまって眠る。枕の下にもぐるのも大好き。

fc2blog_20130813131406e21.jpgfc2blog_20130813131415f59.jpg


甘えん坊だけど、とにかく気まぐれで、あまりしつこく撫でると怒って噛むし、私の足の指をペロペロ舐めていたかと思ったら、突然噛み付く。夜も、私の背中にくっ付いて寝たり、股の間で寝たり、顔の横で寝ていたかと思うと、私の髪の毛にじゃれつき始める。まるでいたずら盛りの子猫のようだ。

しかし、遊び疲れて眠る姿もまさに子猫。純真無垢な寝顔を見ていると、多少のやんちゃっぷりも許せてしまう。トムに対しても天真爛漫な態度は変わらず、初めて飼い猫になつかれたトムはまんざらでもなさそうだ。
2013.08.11

またまた房総ドライブ

先週行ったばかりだというのに、ほぼ同じコースをドライブしてきた。どんだけ好きなんだ!?

fc2blog_20130813131123229.jpg養老渓谷の滝のうち、先週は寄らなかった粟又の滝。滝の上と下が浅瀬になっていて、水遊びに最適。たくさんの家族連れで賑わっていて、足場がないくらい。この滝から、先週歩いた遊歩道が繋がっている(約2キロ)。


fc2blog_201308131311426fc.jpg今回は海鮮丼ではなく、タンタン麺。勝浦ではタンタン麺で町おこしをしていて、あちこちの飲食店でタンタン麺を食べることができる。私たちが行ったのは松野屋というラーメン屋さんで、もともとは地元の人が来るような定食屋&居酒屋だったと思われるが、今や他県ナンバーの車で大賑わい。真っ赤なスープは、にんにくたっぷりのラー油味。私にはいっぱいいっぱいの辛さで、汗だくになりながら完食。また食べたくなりそうな味だった。

海沿いに出てから、先週チラ見えなのに近付けなかった、「サマーヌード」のロケ地のビーチへ再チャレンジ。ちょっとウロウロしたけれどやっぱり車だとビーチへは入れない感じだったので、大原漁港に車を停め、防波堤をトコトコ歩いてビーチに接近。

fc2blog_20130813131159572.jpgfc2blog_20130813131247c43.jpg


やっぱりここだー!山の上に、高橋克典が経営しているカフェバー「港区」もあるし、海の家「青山」もある。いい勘してるわ、私。警備員さんがいて話を聞いたら、24時間体制で警備しているとのこと。夜中にヤンキーが暴れるかもしれないもんね。

車道にはまったく面しておらず、私道のような細い道を歩いていかないと辿り着けない小さなビーチだけど、プライベートビーチではないし、遊泳OKとのこと。防波堤に囲まれた小さな湾になっていて波も比較的穏やかだし、人も少なくて最高だわ、ここ。ただ、ドラマとは違って実際は海の家も自販機も駐車場もないのが難点。だから人が少なくて静かなのだろうけど。

茂原エリアの大きなセルフのスタンドでガソリンを入れ(うちの近所よりずっと安い!)、広くて充実した洗車スペースでさっと車を洗い、気持ちよーく帰路につきました。
2013.08.07

またまた猫グッズ

fc2blog_2013080714591791b.jpgfc2blog_201308071459303f3.jpg


こんな可愛いウォールステッカーを見つけました。剥がしても跡が残らないし、貼り直しも可能です。写真にはないけど、あともう一種類貼りました。

トムに、家の中がどんどんゴチャゴチャしてきたー!と言われたけど、気にしません。うちはもともと、インテリアがシンプル過ぎるので、こういう遊び心があったほうが「抜け」があっていいと思うのです。

fc2blog_20130807145955965.jpgたまちゃんのことを警戒して、基本ベッドルームにいることが多いパニャですが、夜になるとリビングルームを探検します。

置物のような写真が撮れました。浅草で買った麻布でできた猫の人形と、お香立てと、ぬいぐるみみたいなパニャです。

2013.08.04

養老渓谷&外房へ

今年は梅雨明けが早かったせいか、7月の半ばには蝉の声が聞こえ始めた。今や近所の公園や皇居などはうるさいほどの蝉の声。急がなきゃ、夏が終わっちゃう!

房総半島の真ん中、養老渓谷へ遊びに行った。トムと結婚する前、初めてのお泊まり旅行は養老渓谷温泉郷であった(渋っ!)。

fc2blog_2013080519522970e.jpg幻の滝。ここまで降りて来るには、けっこう急な階段がある。この独特の風景、「前にもここに来たことがあるような気がする。でも一緒に来たのはトムじゃないなー。どの彼だったかなー?」と私が言えば、「オレも来たことあるような気がするなー。誰と一緒だったかな?」とトム。結婚して10年近く経つと、こんな会話もまったく気まずくない。


fc2blog_20130805195247d0c.jpg一度階段を上って、今度は養老川沿いの遊歩道を目指す。またも長ーい階段。昨日久しぶりに30キロ走をした私たちには過酷極まりないが、川沿いを歩くのは本当に気持ち良かった。蝉の声、ウグイスの声、なんだかわからない虫の声の大合唱。ここと同じ場所ではないけれど、昔、あんことたまこを連れて、養老川に川遊びに来たことがある。無理矢理泳がせたら、あんこはすっかり水が嫌いになってしまった。

濃い緑を堪能した後は、外房の海に向かう。途中、いすみ鉄道の可愛い黄色い電車を見かけた。訓練費用700万円の自己負担を条件に、運転手さんを公募したあの鉄道だ。トムが乗りたい乗りたいと大騒ぎをしたけれど、今日は時間がないので却下。私もいつか乗ってみたい。

fc2blog_2013080519530310c.jpg勝浦でいつもばくだん丼を食べた。勝浦は担々麺が有名らしいのだけど、やはりここに寄ってしまう。


お腹いっぱいになった後は、海沿いをドライブ。今回、私にはどうしても確認したいことがあった。月9ドラマの「サマーヌード」を、房総の海の景色と主題歌目当てで観ているのだけど、Googleマップの航空写真をせっせと見て、舞台となっているビーチにアタリをつけたのだ。

しかしそのビーチに近付こうにも、車が通れるような道がどうしても見つからない。私道か私有地を通るしかないのか。結局、さらに南側の防波堤から遠目にそのビーチの半分くらいを見ただけだったが、たぶんロケ地はあそこだと思う。

ロケ地のビーチで遊ぶという目的は達せられなかったが、楽しいドライブだった。今度は千倉から白浜辺りに遊びに行きたいな。