fc2ブログ
2013.12.03

「まいど」は苦手。

今のマンションに引っ越して、1年8ヶ月が過ぎた。初めての分譲マンション、年に数回ある消防設備の点検の時に在宅していないといけなかったり、バルコニーに面した掃き出し窓以外の窓の外側を拭いてくれる日はブラインドを閉めておかないと気まずかったり(年に2回、ロープにぶら下がった人が危険を冒して拭いてくれる)、面倒なこともあるけれど、基本的にはとっても快適。先日は、業者がやって来て、排水口を超高圧洗浄機とやらで綺麗にしてくれた(キッチン、洗面所、洗濯機の排水口、お風呂場)。

マンション内に顔見知りも増えた。名前は知らない人も多いし、住んでいる階数と顔がわかっているだけの間柄だけど、共用部分で会えば、ちょっとした会話を交わしたりする。

そしてついに、よく行くスーパーやドラッグストアやカフェでも顔見知りの店員さんが増え、食べ物屋さんでも「まいど〜!」とか言われたりするようになった。私はこういった「顔馴染みの店」というのがとっても苦手。住んでいる街にどっぷり馴染むのは落ち着かないのだ。お店の人はいつも「知らない人」でいてほしい。私の顔を覚えていても、初めての客のように扱ってほしい。こんな人、あまりいないのだろうな。

ちなみにトムも同じタイプ。しかしトムは人に顔を覚えられやすいので、たまにしか行かない四川刀削麺の店でも、5年ぶりに行ったサンディエゴの中華料理屋でも、顔を覚えられている。私はインパクトのない地味顔で良かったよ。