fc2ブログ
2014.01.04

お雑煮の違い

年が明けてもう4日も経ってしまいました。遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

お正月になるといつも思うことがあります。

これは日本列島雑煮文化圏図だそうです。日本のお雑煮には、丸餅か角餅かあん餅か、餅を煮るか焼くか、すまし汁か味噌仕立て(赤or白)小豆汁か、と地域によってこんなに違いがあるのです。

ちなみに私の実家は、丸餅+煮る+すまし汁の組み合わせで、トムの実家は角餅+焼く+すまし汁の組み合わせです。実家同士がお雑煮文化圏が同じ場合、多少家庭による個性があったとしてもたいして問題ないと思うのですが、お雑煮文化圏が違う人同士が結婚した場合のお雑煮は、一般的にどうなっているのでしょうか?

私は今住んでいるのが、トムの実家のお雑煮文化圏とたまたま同じなので、それに習っています。スーパーで丸餅も手に入りますが、トムの実家で毎年暮れにお餅をついて伸し餅を持って来てくれるので、それを角に切って使います。でもそのお餅がなければたまには丸餅を食べたいと思うのですが、トムに言わせると丸餅は神様仏様にお供えするお餅だそうです。

みんな結婚したら、夫の実家のお雑煮文化圏に合わせているのでしょうか?お雑煮を作るのが妻だとしても。

お雑煮には1番わかりやすい文化の違いで、その他にも家庭によって違う様々な習慣やしきたりみたいなものがあると思うのですが、そういうのってどうやって擦り合わせていっているのでしょうかね。違う家庭環境で過ごした2人が結婚して家庭を作るということは、そのすり合わせや妥協の繰り返しだと思うのですが、よそのうちのことがふと気になりました。

たとえば、私も1度は小豆汁のお雑煮を食べてみたいとは思いますが、毎年お正月のお雑煮が小豆汁だったら、ちょっと寂しいかも。

トムにこの話をすると、亭主関白らしく「そんなの夫の実家に合わせるのが当たり前だろー!」と言いますが、今は妻の実家にベッタリな家庭のほうが多いので、そうではないような気がするのです。

お互いの習慣や文化の違いに驚きつつ、それを楽しみながら受け入れる余裕があるのが理想ですけどね。