FC2ブログ
2016.03.21

船便と倉庫への荷出し

ご無沙汰しています。無事エディンバラに着いています。自分のためにも記録を残しておきたいので、時系列で引っ越し関連の出来事を綴っていきたいと思います。例によってタイトルも変わりましたので、あらためてよろしくお願いいたします。

3月21日。朝からヤマトロジックスさんがいらして、ひたすら荷造り。午前中はスタッフの方が3人だけだったけど、午後からたくさんのスタッフの方が合流して一気に仕事が進んだ。

私は荷造りはしないけれど、お掃除したり、荷物の最終的な仕分けをしたり。一箱ずつ書類に値段を書いていくのではなくて(保険用)、すべて終わってから値段を書く感じだったので、箱の中身がはっきりしないまま値段を付けた感じ。やっぱり自分で荷造りするほうがいい面もあるね。

作業の間、猫たちはケージに入れて部屋の隅にスタンバイ。最初は鳴いていたたまちゃんもそのうち諦めたのか、ウトウトしたりして。

少しでも早く猫たちを静かな場所に移したかったので、ホテルに入れる15時に猫だけ先に移動。うちの近くのサービスアパートメントとはいえ猫を持って歩いていくのはかなりきついので、noirさんJさんご夫婦に車を出してもらい猫と手荷物で2往復。本当に助かった!事前に買っておいた折りたたみケージの中に折りたたみトイレを設置し猫はそのままホテルに放置。マンションに戻ったら、もうほとんど引っ越し作業は終了していました。

最後の手荷物とゴミを整理し、ご近所にご挨拶(上下左右の部屋)。まだ1年しか住んでいないけど、ご近所さんにも恵まれ、安心して生活できました。

トムと2人で歩いてホテルに行くと、猫たちはまだまだ怯えた様子。ベッドの下に逃げ込まれて連れ出せなくなると困るので、たまちゃんは折りたたみケージから出さないことにしたけれど、ちゃんとトイレも使っていたし少しは落ち着いた様子。

パニャは部屋の中を探検しまくり、夜はいつものように私の腕枕で朝までグッスリ。パニャは私さえいれば、どこに行っても大丈夫だと確信しました。