fc2ブログ
2016.07.23

猫たちも帰宅

エディンバラに戻ってきた翌日は、朝一番に猫たちのピックアップ。

外にある猫のケージに近付くが、案の定外にはおらず中に置いてある移動用キャリーバッグ(私が猫を運ぶために使ったもの)の中で固まっていた。ベッドを入れてくれると言っていたけど、結局ずっとキャリーバッグで寝ていたのか。たまちゃんのキャリーバッグの敷物はオシッコで汚れていた。雷が激しかった日があったと聞いたので、雷が苦手なたまちゃんは外同然のこの場所はさぞかし怖かったことだろう。私に気付くとニャーニャー大きな声で鳴き続けた。2匹が外に出ているのを見たか聞いたら、昼間はけっこう出ていたと言うし、ごはんもしっかり食べていたと言う。延泊分の料金を支払って家に向かった。

たまちゃんはいつも車に乗っている間じゅう、大きな声で鳴き続けるが、この時はすぐ鳴きやんでウトウトしている。苦手な車の中でさえ落ち着く場所に感じるのか。

帰ってすぐたまちゃんをシャンプーし(オシッコ臭かったので仕方なし)、日本で買ってきたオヤツやら缶詰やらを食べさせた。驚いたのは、パニャの食欲。いつもは1度に与える缶詰を休憩しながら3回くらいに分けて食べるのだが、この時は2倍の量を一気食い。パニャのバカ食いはその後3日続いた。パニャは家に戻ってから2日間まったくウンチもしなかったので、お泊りの間あまりご飯を食べていなかったのではないだろうか。パニャ用に渡した缶詰は1週間分しかなかったから、それ以降はカリカリしかもらえなかったもかもしれない。

パニャは普段はそれほど甘えん坊というわけではなく、私にしつこく絡んでくるのは朝夕のごはんの時だけだが、帰宅後2日ほどは昼寝もせずに私にくっ付いて歩いていた。やっぱり寂しかったのだね。夜、いつものように、右にパニャ(その向こうにトム)、左にたまちゃんという布陣で寝るのは、私に取っても久しぶりの安らぎの時間であった。

fc2blog_20160730003359c4d.jpgfc2blog_20160730003334366.jpg


10年前トム父が亡くなった時はサンディエゴにいて、その時は犬2匹猫1匹の世話を友人夫妻とトムの後輩くん夫妻にお願いしたことを思い出した。その時も急な話だったが、快く引き受けてくれて毎日うちに通ってくれた。頼る人が周りにいない今、本当に有り難いことだったなーとあらためて思う。

今度旅行などで家を空ける時はペットホテルではなくて、ペットシッターさんにお願いしようと思う。猫にとってはそのほうがずっといい。今回は急なことで本当に準備不足だったから、ごめんね、たまちゃんパニャ。