fc2ブログ
2016.07.28

スコットランドで髪を切る。

私にはここ5年間くらい1度も浮気せずに愛用しているシャンプー&リンスがある。

fc2blog_201608042359554f1.jpg向かって右側のポンプ式のもの。「パンテーン クリニケア 自然なボリュームとハリ・コシ」というシリーズ。日本には、私のようなコシのない髪用のシャンプーがとても少ないのだ。以前アメリカではハーバルエッセンスのボリュームアップシリーズを使っていた。アメリカにはボリュームアップ系のシャンプーはたくさんあったと記憶している。

イギリスでもそうだろうと思い、シャンプーに関してはまったく心配していなかった。実際ボリュームアップ系は色々選択肢がある。

ところがね、あまりに日本で使っていたシャンプーを気に入り過ぎていたため、どのシャンプーを使っても満足しない。写真左のパンテーンボリュームアップシャンプーはイギリスで買ったものだが、使用感が全然違う。クリニケアはウェラとの共同開発ブランドらしいので、別物だと考えたほうがいいようだ。

イギリスで今まで使ったボリュームアップ系シャンプーは、髪がとてもサラサラになる。サラサラヘアに憧れる人もいるだろうが、私のように髪にコシがない人が求めているのはサラサラではない。むしろゴワゴワ感だ。仕方ないので、先日日本に帰国した際に大きなボトルに入った愛用のシャンプー&リンスを3本ずつ買ってきた。

シャンプーを変えるだけで、髪の扱いやすさは全然違う。日本で使っていたシャンプーをイギリスに持ってきて使っても、水が違うから意味がないと言われていたが、エディンバラは日本と同じく軟水のせいか、使用感は日本とまったく一緒。これからも出来るだけ日本でシャンプーを買ってこようと思う。

さて、私が最後に髪を切ったのは3月の半ば。当分美容院には行けないと思っていたので、少々伸びても問題ないヘアスタイルにしてもらった。私の場合、それは顎の長さのショートボブ。毛先に少しだけレイヤーが入っているが、ほぼワンレングスに近いパッツンボブだ。実際4ヶ月経っても何も問題はなく、ただ伸びて肩上のボブになっただけ。手入れも楽だしとても気に入っていたが、背の低い私にはちょっと頭でっかちなバランスになってきたので、また短く切ることにした。

以前はエディンバラに近い日本人美容師さんといえば、アバディーン(2時間以上かかる)まで行くしかなかったようだが、その美容師さんが去年グラスゴーに引っ越してきたとのことで、なんと1時間ちょっとで行けるようになった。

そんなわけで、ひとりで電車に乗っていそいそと行ってきた。先月、グラスゴーの街中をウロウロしたおかげで、土地勘はある。1時間ちょっとの電車への旅の後、少し時間があったので秋物が出始めた店をブラブラし、Yasukoさんの所にお邪魔した。

Yasukoさんは私より少し年下の、とても明るく感じの良い方で、スコットランドに来てから日本人女性とまったく喋っていなかった私は、ここぞとばかりお喋りしまくった。ニューヘアスタイルはウルフカット(ハイレイヤー)のショートカット。だいたい2~3年に1回くらいこういうヘアスタイルをしている。で、しばらくすると飽きてボブ系に戻すの繰り返し。

こに距離なら気軽にカットに行ける。万が一に備えて削ぎハサミやヘアアイロンを買ったけど(伸びたヘアスタイルをごまかすため)、使わなくても大丈夫そう。