FC2ブログ
2016.09.29

デビットカードが届いた!

今日は朝から激しい風とお天気雨。いかにもスコットランドらしい天気とも言えます。気温も低くなってきて、ニット帽と手袋を出そうと思いました。

今朝、嬉しい郵便物がありました。それは銀行のデビット/キャッシュカード。エディンバラに来てすぐトムが銀恋口座を開いた時に、私とのジョイントアカウント(共有名義の口座)を希望したのですが、私の住所を証明するものがないということで作れなかったのです。

住所を証明するものとは、公共料金の支払請求の郵便物など。電気&ガスはトムの名義にしたし、どうしたもんじゃろう?と思案しているうちに月日は過ぎ。

仕方ないので私は今まで日本で使っていたJALカードを日々使っていたのです。でも円建てなので為替レートは気になるし(最近はわりと円高なのでラッキー)、トムにJALカードの引き落としの口座にはもうあまりお金を残していないと脅されるし、ポンド建てのカードじゃないと受け付けてもらえない場合もあるし、とっても不便です。

私の通っているジムはオンラインで申し込みをするのですが、月々の支払いはイギリスの銀行の口座からの自動引き落としのみ(ダイレクトデビットと言います)。個別に確認をとって、トムの口座からの引き落としを許可してもらいました。トムのゴルフの会員費もたしかダイレクトデビットでした。

なんとか住所を証明するものを得るために、トムが council tax (住居にかかる税金で、住民税みたいなもの。金額は所得ではなく、部屋の広さとか場所などによって決められている)の書類の宛先を私の名前にしてもらおうと交渉したら、なんと私宛に何か郵便物を送ってくれるという。

後日届いた郵便物には、「私がここに住んでいることを確認している」という内容とともに担当者のサインが!

これで完璧だと思い、書類を揃えて銀行の担当者に面会の申し入れ。面会の前に別の担当者との電話確認がありましたが、その時にマイナンバーを聞かれて焦りました。マイナンバーの通知書、どこだっけ?ICカードを申し込んでいたけど、出国までに届かなかったので申し込みを電話でキャンセルしたのは覚えています。貴重品入れを探したら、マイナンバー通知書のコピーらしきものが出て来たので、その番号を伝えました。

まさかイギリス生活でマイナンバーが必要なことがあろうとは。マイナンバー通知書の原本は記憶にないけど、きっと貸金庫に入れたに違いない。と信じたい。貸金庫に入れた物のリストを作ったかトムに聞いたら、作っていないとのこと。がっくし。

担当者と面会して、住所を証明する例の郵便物を渡して、パスポートやらBRPのコピーを取られて、これで大丈夫でしょうという感じだったのに、後日トムに電話があり、やはり電気&ガス会社からの郵便物が必要とのこと。

普段、どんなに理不尽な対応やサービスを受けてもクレームをあげない温厚なトムが(私はクレームをあげます)、「わかった、もういい。自分の口座もキャンセルして他の銀行に変える」と言ったら、向こうも焦って「上司と相談してみる」と言ったらしいです。

その後の連絡で、銀行の担当者が私が家にいる時に訪問して、私がその住所にちゃんと住んでいることを確認することになりました。翌日、会うのは3度目ですっかり顔を覚えた担当者が申し訳なさそうにうちにやって来て、さらに東京での最後の住所とその前の住所を確認して帰りました。

それから約1週間。やっとやっと私の名前に入ったデビット/キャッシュカードが届きました。英ポンドの口座とUSドルの口座の2枚です。こちらでクレジットカードを作る予定はないですが、クレジットカードが使えるのにデビットカードが使えない加盟店というのは聞いたことがないので問題ないと思います。

あぁ、長い日々だった。実は昨日、イギリスの運転免許の切り替え申請をしたのですが、それについてはまた今度。面倒な手続きはまだまだ続くのです。
2016.09.27

セントアンドリューズ オールドコースの予約方法

トムは今日仕事でセントアンドリューズに行っております。早く私も行ってみたい。ゴルフしなくても、お散歩だけでもいいから。

エディンバラにいる間にぜひプレイしたいオールドコース。予約方法を調べてみました。

・8月の後半から9月にかけての2週間に、翌年のラウンドの申し込みができます。希望が多いと抽選です。そんな先の予定なんて立てられないよー。来年の抽選はもう終わっていて、ハイシーズンはすでにいっぱい、ローシーズンはまだ空きがあるらしく、10月3日にまた申し込み受け付けを再開するようです。

・オールドコース名物(?)、Ballot(くじ)。全部の枠の半分くらいがこのくじに割り当てられているようです。プレイしたい日の2日前の午後2時までにエントリー(直接行く、電話、オンラインのいずれか)。午後4時にくじの結果がわかります。エントリー開始はくじの日の前日。申し込みは2人以上。

・ひとりでプレイする人は当日朝から並んで直接空き待ち。2サムや3サムのグループと組み合わせてもらってプレイできる場合があります。

予約以前に、プレイするための条件は厳しく、ホームコースで公式のハンディキャップの証明書を出してもらわないといけません(スターターに提示する)。男性は24以下、女性は36以下。

先週末ご一緒所したゴルフ好きの皆様は、ゴルフコースのメンバーになりハンディキャップを取っていらっしゃいました。もちろんその他のメリットも色々ありますが、オールドコースでプレイするため、という理由もあるようです。

どうしようかなー、私。メンバーになるだけではダメで、クラブのコンペに出たり他の会員とラウンドしたり、ハンディキャップを取るためにはコースによって色々条件もあります。悩めるところです。

さて、日曜日にトムのホームコースのDalmahoyで久しぶりにラウンドしてきました。なんだかショットもアプローチもパットもすべてがピリッとせず、スコアは100。一打一打に対する集中力に欠けていたような気がします。今週末はコンペなので、なんとか修正しなければ。

途中で雨が降ったり止んだりだったのですが、コース隣りの牧場のお馬さんたちが大きな木に下にワラワラと集まって雨宿りをしていました。なんとかわゆいことよ。変なお天気のおかげで綺麗な虹も見られましたよ。

fc2blog_20160928050706c75.jpg最近写真を載せていないので、うちの猫の写真でお茶を濁します。冬用のボリュームのある羽根布団を出したら、やはり大人気。

2016.09.23

衣替えなしのファッション事情

リオパラリンピック閉会式の引き継ぎ式の演出も良かったですね。全部は観ることができていないのだけど。ピチカートファイブの「東京は夜の七時」が使われていてびっくりしました。私のランニング用のプレイリストにも入っている大好きな曲です。歌っているのは野宮真貴さんじゃなくて、長岡亮介さんという人でしたね。4年後の競技だけでなく、色々な演出も楽しみです。

9月も後半を迎え、エディンバラはすっかり秋めいてきました。最高気温は15℃を切るくらいです。日本の11月中旬から下旬くらいの気温でしょうか。澄んだ空気がピリッとして気持ちいいです。

春先から街角ファッションチェックを続けてきて、気付いたことがあります。それは、スコットランドの方々はたぶん衣替えというものをしないのであろうということ。

日本だとだいたい4月くらいに冬のコートやセーターをクリーニングに出して仕舞い、それ以降は少々肌寒い日があろうと、それらを引っ張り出して着ることはなく、重ね着やストールなどでしのぐと思います。初夏に厚手のウールのジャケットやレザージャケットを着たり、コーデュロイのパンツを履くのは季節外れでむしろ恥ずかしいこと。四季がはっきりしている日本ならではの習慣や意識です。

スコットランドは真夏でも羽織り物が必要ですが、私は5月くらいからはコットンなどの春物のジャケットを着て、寒い日は重ね着をしていました。日本流の季節感の取り入れ方です。

こちらの方々は違います。7月でも寒ければレザージャケットを着るし、ロングブーツを履くし、ダウンジャケットだって着てしまいます。私から見ると季節感ゼロ。最初のうちはかなり違和感がありました。でもよく考えたら、こちらの夏は概念上は夏であっても、気温は春なのです。もっと北の国では1年中冬のような気温かもしれません。夏だから、春だから、といって洋服を選ぶのでは全然実用的ではないのです。ちなみに、ショーウィンドウには実に季節感のある装いが並んでいます。水着もいっぱい売っていて、いったいどこで着るの?という感じです(きっと旅先のリゾート地ですね)。

私もだんだんこちらの方々を見習って、寒い時には薄手のダウンを着たり、スカートにはタイツとブーツを合わせたり、あまり季節感を気にしないようになりました。なんだか少し気が楽になりました。

四季がはっきりしておらず中途半端な気温の時期が長いおかげで楽しめるファッションもあります。

例えば、ノースリーブのニットにストールとか、半袖ニットにダウンベストの重ね着とか。オシャレだけど、日本だとすぐ暑くなったり寒くなったりするので難しい。同じく、日本では着る時期の短いトレンチコートやレザージャケット、ダウンベストなんかも長く楽しめます。雨が多いので、足元のチョイスが難しいけれど、せっかくなのでスコットランドならではの気候とファッションを楽しもうと思います。

もう一つ、これはスコットランドあるあるなのか、イギリスあるあるなのか確認できていないのですが、こちらの歩行者の方々はみな信号無視します。車通りの多い大通りだろうと、右見て左見て車が来ていなければ、ほぼ全員が赤信号でも道路を横断します。一斉に渡り始めるので、青になったのかと思ってしまうほど。年配の人も、子供連れも、おまわりさんも、とにかく旅行者以外は信号無視するといっても過言ではありません。自分が車を運転する時には普通以上に歩行者に要注意なのです。
2016.09.17

エディンバラで社交デビュー

スコットランド日本企業会というのがありまして、そのゴルフ部の方々含め7人でラウンドさせていただく運びとなりました。ゴルフ部はほぼ毎週のように3〜4組でラウンドしているらしく、来月にはゴルフ部主催の約75人が参加する大コンペもあって、私たち夫婦も参加させていただくことになっています。スコットランド在住の日本人の方々は、私が想像する以上にゴルフがお好きなようです。

今日のコースは、うちからも15分で行ける Prestonfield Golf Club。どこのメンバーになるか検討していた時に1度覗いたことがあります。いつも走っているホリルードパークからも見下ろせます。

一緒にまわった方の中にこのコースのメンバーの方がいらっしゃったおかげで、お得なゲストフィーでラウンドできました。トムのホームコースのDalmahoyと同じ人がコースを設計していて、その人の設計のコースはみな安くプレイできることも今日知りました。近郊にかなりたくさんあるみたいです。

ウッドがまともに当たらず苦戦したけれど、ショートアイアンと短いアプローチが良かったので、スコアはなんとか98(53/45)。前半はちょっと緊張しちゃったな。後半はアプローチだけでなくパットもよく入りました。レッドティーだとパー73のコースですが、トリッキーではないし狭くもないので、女性はスコアがまとめやすいかも。

ラウンドの後は1度家に帰って、Kim's Mini Mealsという韓国料理の店へ。エディンバラ大学の近くで歩くとちょっと遠いので、飲めない私がニュータウンに住む方々を車でピックアップしました。少しはお役に立てたでしょうか。

エディンバラには中国人はそこそこいますが、韓国人はあまりいません。韓国スーパーもないので、中国スーパーの一角に日本のものと並んで韓国の食品が売っている感じです。当然韓国レストランも少ないのです。あぁ、チゲやプルコギが食べたい。

なんでも、この Kim's Mini Meals は最近ミシュランガイドに載ってからものすごく混むようになった人気レストランだそうで予約不可。ただひたすら並ぶべし。

BYOBの店ということもあり、飲みながら待つこと1時間。もうお店の中で飲む必要がないくらい、皆さん出来上がっていましたよ。ちなみに私たち以外で並んでいたのはみな若者たち。ほとんど中国人でした。

メニューは写真付きでわかりやすく、お店のオーナーらしき韓国人のおじさんはとても親切。いろいろ頼んだけどどれも美味しい。そして値段も安い!汗をかきながら、時に無言になるくらい真剣に食べました。いやー、並んだ甲斐があった。並ぶの覚悟で近々また行きたいです。

実は前の日はトムの会社の人の送別会に参加させてもらい、連チャンで他人様とおしゃべりするという、私には珍しい2日間となりました。
2016.09.16

椅子が好き。

fc2blog_20160919025930850.jpg私は基本的に収集癖というものはないのですが、椅子がとっても好きなのです。これは「Chairs by Architects」という写真集で、建築家が作った椅子が建物と一緒に載っているのですが、眺めているだけでうっとりします。


2年前ダイニングテーブルを買った時に合わせて買った椅子(マルニ木工)はとっても高かったので2脚のみ購入。残りの椅子2脚はそれまで使っていたものをそのまま使っていました。

日本で買ってパソコン用の椅子として今も使っているセブンチェア、こちらで買うと2割くらい安いのですよ。その白いセブンチェアをダイニングテーブルに合わせて座ってみたら高さも問題なし。いつか買い替えようと思っていた2脚はセブンチェアに決定しました。色は迷ったけれど、うっすら木目が見えるカラードアッシュの黒にしました。

fc2blog_201609190258281c7.jpg互い違いに置いてみました。どうでしょう。丸いシートクッションはIKEAで5ポンドで買ったもの。白いセブンチェアに合わせている6000円の高級シートクッションよりなんだか心地よい。

しかし、椅子に座ってすぐ重大な失敗に気付きました。日本で買ったセブンチェアより座面高が高い!同じフリッツハンセン社のセブンチェアなのに、どーゆーこと?

よくよく調べたら、日本向けの製品は2.5センチ脚の短いものを作って出荷しているらしいのです。日本ではヨーロッパバージョンの座面高のものも手に入るけれど、逆は不可能。短足なトムと私は、椅子の座面高にはこだわりがあるというのに、何ということでしょう。1ヶ月もかかった取り寄せ商品なので返品も不可ですよ。

仕方ない、このまま使います。そのうち体が慣れるでしょう。そういえば、キーボードを使う時は、椅子は食事用よりやや高めがいいそうですよ。

fc2blog_201609190258541ce.jpg椅子と一緒に買った、アラビア社のムーミンマグ(赤いほう)。黄色いのはもともと持っていました。食器は高級なものとかお客さん用とか分けずに、普段からお気に入りの物を使う主義ですが、これはどうしても使えない。うちの今のキッチンシンク、食器を落とすと一発で割れるのです。すでに何枚割ったことか。
2016.09.12

浮世絵猫本

たまちゃんは、いわゆる「多頭飼い崩壊」で保護された猫です。1人暮らしで猫を25匹飼っていた方が急に入院して、部屋に取り残されていた猫たちを保護団体さんなどがレスキューし、里親を募集するに至ったのです。私がたまちゃんを引き取った時には元の飼い主さんは退院しており、ご実家のお母様と、主にネットで募集活動を手伝っていた方だけで特別に借りた保護部屋で世話をしている状態でした。今は猫も7匹くらいになり、ご実家に戻られた元の飼い主さんとご家族と一緒に暮らしているそうです。

元の飼い主さんというのは私より少し若い女性で、猫を25匹も飼ってしまったのは大問題ですが、可哀想な野良猫たちを放っておけず、どんどん増えていってしまったようです。非常的な部分もありますが、悪い人ではないのです。何より、兄弟猫が死んで一人ぼっちで鳴いていたたまちゃんを拾って育ててくれた恩人です。

今もその元の飼い主さんと交流があります。ご家族も含め、インターネットができない(!)ということで、年に2回ほどお手紙をやり取りしています。たまちゃんの様子を伝え、写真を添えて送っています。

その元の飼い主さんから、素敵な本がエディンバラに送られてきました。

fc2blog_2016091304080455c.jpg歌川国芳の浮世絵の猫の絵ばかりを集めた本です。日本語と英語で解説が付いているうえ、1枚ずつきれいに外せるようになっています。浮世絵と猫が好きな外国人にとても喜ばれそうな本です。


fc2blog_20160913040832519.jpgこれは、猫に関することわざをあつめたもの。「猫の額に鰹節」「猫に小」「猫を叱るより猫を囲え」など。あと1枚あって、全部で3枚組です。


fc2blog_20160913040906034.jpgこれは、東海道五十三次の宿場の名前に猫の仕草を引っ掛けたもの。これも3枚組です。


色もきれいで、フレームに入れて部屋に飾りたいくらい。でもなんだかもったいなくて、本の状態のまま眺めています。
2016.09.09

ジム通いの成果

ついにカープのマジックが1になりましたねぇ。なんと、明日のドームでの巨人ー広島戦はちょうどこちらの日本のテレビで放送されるのです(3時間遅れの録画放送だけど)。私がエディンバラに来て、テレビで巨人戦の放送はこれで3回目。ちょうど明日の放送があるなんてとってもラッキー。

私はジャイアンツファンですが、広島出身。球団歌の「それゆけカープ」もちゃんと歌えます。広島であんなに盛り上がっているのに、なんだか仲間外れの気分です。私はジャイアンツファンの父の影響で、広島在住にもかかわらず子供の頃からジャイアンツファンだったわけですが、なんといつのまにかその父もカープファンになっていました。7月に帰国して会った時に、私も愛用するスポナビの一球速報アプリでカープの戦況をチェックしていて、たいそう驚きましたよ。

さて、私がジム通いを始めてまもなく3ヶ月です。ライザップだったら、もう結果が出てないといけない時期です。

平日は毎日ジムに行っています。雨が降ろうと疲れていようと、とにかく必ず通います。今ではすっかり習慣となり、ジムが私のサードプレイスになりました。

筋トレはだいたい30~40分。腕とふくらはぎ以外。腕とふくらはぎはすでに筋力があるので、これ以上筋肉を付けたくないのです。ものによって15回×2か、10回×3のどちらか。最初の頃に比べると、少しずつ負荷を高くして出来るようになってきました。マシンを使った筋トレだけでなく、マットの上でバイシクルツイストクランチとかもやります。

筋トレが終わったら2日に1回はそのまま激坂のホリルードパークを1周走って家に帰ります。外を走らない日はトレッドミルで速めのペースで5キロ走るか、エリプティカル(ハンドルが付いたステッパー)で20~30分有酸素運動をします。

で、3ヶ月。

びっくりしたのは体重が全然変わらないこと。体脂肪率はうちのタニタの体組織計ではあまり正確に計れないのですが、ほとんど変わっていないと思います。Inbodyでビフォアフターを正確に計れるといいのだけれど、うちの安ジムにはそんなものないのです。

数字はあまり変化がないけれど、見た目は変わりました。ただ洋服を着ていて他人からわかるほどではないですねぇ。ウエストもくびれたし、腹筋の縦線も出てきたし、太腿も少し逞しくなりました。

トムにはお尻が大きくなったと言われたので「それって、高卒の野球選手がプロになって1年後くらいに、お尻が大きくなったとか体が大きくなったって言われるのと一緒?それともオバさんのお尻が加齢で大きくなったってやつ?」と聞いたら、「うーん、微妙」だって。

毎日クタクタだけど、すっかり習慣になってしまって筋トレしないと落ち着かないので、これからも続けます。

少し前にファッションサイトの街頭スナップで、68歳の素敵な女性を見ました。ちゃんと流行を取り入れつつ自分に似合うオシャレな洋服を着こなしていらっしゃいました。努力していれば、68歳になってもオシャレが楽しめるんだなーと感動したのです。私の目指すところはそこです。

ランニングは、これ以上ふくらはぎが太くならないといいなーと思いながら続けています。来年の東京マラソンもエントリーしましたよ。倍率は過去最高の12.2倍だそうですが、海外在住の人は当選しやすいという都市伝説を信じて、もうホテルも取りました。来年からコースが変わって、東京駅がゴールになるのですが、今まで以上にフラットな高速コースになりそうなので、何が何でも走りたいのです。抽選結果は来週の金曜日にわかります。ドキドキ。
2016.09.07

Garminとソニーのヘッドホン型ウォークマン

何かが壊れる時はたいてい立て続けに壊れるものです。

まずは9年2ヶ月、私のランニング生活を支えてくれたGarmin305がついにご臨終。突然電源が入らなくなりました。ガーミン界に長寿番付があるとしたら、私のガーミンは間違いなく上位に食い込むことでしょう。猛暑日の昼間も、どしゃ降りの雨のレースも、いつも私の腕でタイムを刻んでくれました。本当に長い間お疲れさま。

早速買ったのは、Garmin910XT。4年前に私の少ないバイト代でトムにプレゼントしたものと同じ型。もうずいぶん型落ちなのでお安くゲットできました。トライアスロン用のモデルなので、使わない機能がたくさんあるけれど、大きな画面が見やすいし、ボタンもちゃんとある(最新型はタッチパネル)。これからまた10年、一緒に走れるといいな。

新しいガーミンを身に付けて走ったその日に壊れたのが、ソニーのヘッドホン型ウォークマン。これは1年前に買ったばかり。このソニーのWシリーズを初めて買ったのはちょうど6年前。6年間で4個(3機種)消費した。浮気はしていない。平均寿命は1年半だ。断線しやすい形とはいえ、もう少し長持ちしてくれれば嬉しいのだけど。

壊れたのが、ちょうどトムの日本滞在時だったので、ヨドバシドッドコムで買ってトムの実家に送り付けた(当日配送、素晴らしい)。

今年の春に新しいモデルが出ていたのでそれを買ってみた。これがね、最高にいいのです!前モデルには色々不満があったのだが、すべて改善されている。フィット感も過去最高。Wシリーズの完成形だと思う。ブラックの色もグレーがかったマットな黒で私好み。ずっと使いたいから、壊れないで〜。

fc2blog_20160908031743b3d.jpgどちらもランニングに欠かせない大事な相棒。ウォークマンはジムでも大活躍。
2016.09.04

リンクスで初ラウンド

トムの会社のDさんにお願いして、ホームコースの Craigielaw Golf Course に連れて行ってもらった。

ここは、エディンバラマラソンの折り返し地点のすぐ先にあるリンクス。海沿いで、木が生えていなくて、バンカーが小さくて深くて、フェアウェイが硬い。いかにも、スコットランドのゴルフコースという感じだ。

トムが会員になったコースはリンクスではなく、日本やアメリカにもありそうなコースなので、リンクスでのラウンドは初めての体験。

fc2blog_20160905211916bff.jpgお天気も良く、無風、絶好のゴルフ日和。


芝から打てる気持ちの良いドライビングレンジで少し練習した後、コースと海を見渡せるレストランで軽めのランチを食べ、午後からのんびりスタート。

日曜日の午後のせいか、ジュニアがたくさんラウンドしていた。白いポロシャツを黒い長ズボンにきちんとインし、キビキビとプレイする金髪のお坊っちゃまたち。英国の香りがプンプンします。子供の頃からこんなリンクスでプレイしていたら、そりゃ全英オープンで他国の選手を抑えて優勝できることだろう。

私のプレイは、コースが難しいという以前にショットの調子が悪すぎ。ポットバンカーのおかげで落とし所が小さいのに、そこが狙えないのはつらい。もちろんそのポットバンカーにも4回ほど入れました。2回は1度で出せたけど、残りの2回はなかなか出せずに大叩き。1度目で出せないと、ボールが壁に近付いてますます出しづらくなるので、1度で決めるのが大事。

リンクスらしい、大きくて波打つグリーンは寄せるのが難しい。なんとなくピンを狙うととんでもない所に転がっていくので、それも考慮して打たないといけない。そんなわけであまり寄らなかったのに、今日は奇跡的にパットが良かった私。3パットはたった(!)3回です。

リンクスでいいスコアを出すには、まだまだ技術が足りないと実感。もっと練習して、次はもう少しマシなスコアでまわりたい。今日のスコアは、本当は書きたくないけど115!こんなスコアはいつ以来?記憶にないよ。