2017.02.06

トラブル続出

年末のキッチンシンクのひび割れに続いて、トイレの水漏れが始まった。幸いなことに汚水ではなく、タンクに水が補充する水道管。水漏れの量は少なめ。

ボイラーの調子が悪く、水圧がすぐ下がり自動的に種火も消えてしまう。なんだか部屋が寒いなーと思うといつも水圧がゼロに近付き火が消えている状態だった。

そのうえ夜中に下の階に住む人がやってきて、「天井から水が漏れてるんだけど」という。

翌日ボイラーの修理工に来てもらいみてもらったところ、ボイラーの機械そのものから水が漏れていた。ボイラー下に棚があって物が置いてあるのだが、まったく気付かなかったのでビショビショに濡れていた。長い時間かけて修理を試みていたが、結局「今日は直せない。ボウルを持って来て」と言う。

fc2blog_201702070211382b8.jpgつまり、こういうこと。


後日連絡すると言っていた修理工からはまだ連絡がなく、1日に1度、水圧を上げては水漏れはひどくなるというのを繰り返している。このまま使っていていいか心配だが、ボイラーが切れると暖房もお湯もダメになる。

トイレの水漏れはその場で別のプラマーを呼んですぐ直してくれた。

こんな状態が続くとストレスが溜まりそうだけど、安心して下さい、もう引っ越しが決まっています。

2月の半ばに近所のフラットに引っ越すことになった。今度の家は築10年、新築同様なのでこれほどのトラブルは起こらないだろう。

今のフラットは築200年のジョージアンスタイルの建物で、世界遺産のエディンバラに住んでいることを実感できる住まいだった。しかし、このフラットにかける大家の愛情があまりにも足りなかった。愛情があればもっときちんとメンテナンスをして大事にしているだろう。実際、同様に外は古くても、中は定期的にリノベーションされ、快適なフラットは数多く存在する。せっかく歴史ある貴重な建物なのに、もったいなと思う。

そういうわけで引っ越しまで10日あまり、ダンボール箱も届き忙しくなってきた。大変だけど、早くこのフラットから脱出したい、その強い気持ちをもって頑張ります。