2017.04.20

たまちゃんの愛

fc2blog_2017042018420971b.jpgfc2blog_2017042018413707c.jpg


たまちゃんは私にはこんな甘えた顔を見せる。トムがいる時にはありえないくつろいだ表情。

4年と少し前、野良猫→保護猫→を経て、推定5歳でうちにやってきたたまちゃんは、それはそれはまったく人馴れしておらず、人前に姿を現わすことさえ稀だった。少しずつ少しずつ心を開き、1年半くらい前からは私と一緒にベッドで寝るほどまでになった。

今はトムが眠りについた瞬間に走ってベッドにやって来て、朝まで私の腕枕で寝ている(もちろんトムとは反対側の腕)。ベッドに来てすぐ、自分の顔を私の顔にスリスリしまくる。

顔を毛まみれにされながらも、毎晩ジーンとして涙が出そうになる私。あのたまちゃんがこんなに私を信頼して愛情を感じてくれている。たまちゃんを引き取って良かった。心からそう思う。

成猫から飼い始めても、こんなふうに猫って変わるもの。もちろん犬も同じ。小さな脳みそで何を考えているのだろう。

パニャがたまちゃんと仲良くできるようになったのも然り。これも時間がかかったけれど、ちゃんと同居猫として対応できるようになった。血を流し、オシッコを漏らして大ゲンカしていたことが今では信じられない。今では子猫のように、夜中に2匹で追いかけっこをして楽しそうに遊んでいる。

推定9歳と8歳で、すっかりシニアの2匹だけれど、今は健康だしすべてが安定している幸せな状態。願わくば、たまちゃんがもう少しトムを好きになってくれたら…。トムが出張でいない時のたまちゃんは寛ぎまくって幸せ度MAXという顔をしている。