2017.09.26

東京マラソン初当選!

8回目のエントリーにして、やっとやっと東京マラソンを走る切符を手に入れることができました。

当落のメールは今年は25日に来ることになっていました。トムが出張中のため、目が覚めるまで思う存分寝ようとアラームもかけていなかった私がたまたま目を覚ましたのは朝7時前。時間を確認しようとスマホを手に取るとホーム画面のメールアイコンに1というバッジ。こんな時間にに来るんだっけ?と思いつつメールを開くと、そこには、

======================================================================
** Tokyo Marathon 2018 Notification of the Lottery Result / Accepted **
======================================================================

Congratulations! You have been accepted for participation.


という文字が。
海外在住者は専用の英語サイトでエントリーして、その後の案内もすべて英語で来るのです。これって当選ってことだよね。老眼のうえ、寝起きでかすむ目を凝らし、小さな文字を何度も読み返しました。

ワシントンにいるトムに震える指でLINEメッセージを送ったものの、あちらは深夜2時。しばらく待てども反応はなし。ごめんトム、と思いつつ電話。私の話を聞き興奮気味に「僕もメール見てみる」と言ったトムの次の言葉は、「僕はダメだった…」

そりゃそうよ。2人で同時に当選する確率は100分の1以下だもの。

エントリー前から東京のホテルは確保している私(去年もね)。いつも泊まる日本橋のホテルを取っていたけれど、スタート前のトイレ事情と荷物預けのことを考えて、前日と当日は西新宿のホテルに変更(奇跡的に一室だけ空きがあった)。それをトムに報告したら、「tomoちゃん、本当に走るんだね」と一言。

そう、私たちはあまりに落選続きだったので、なかなか実感が湧かなかったのです。急いで飛行機の予約も取ってもらい、これでひと安心。海外在住者が東京マラソンを走ると、いろいろとお金を落とすことになるのね。貢献、貢献。

最近はブログにゴルフの話しか書いていませんが、そこそこ走っています。この時期にしてはかなり頑張っているほうだけど、これで更にモチベーションはMAX。今日は10キロを久しぶりにキロ5分ペースで走りました。

本番まであと5ヶ月。準備期間はたっぷり。夢にまで見た憧れの東京マラソン、5ヶ月間ずっと楽しみたいな。
2017.09.23

ゴルフ@Dalmahoy West Course

ここのところずっと、トムの異常なまでのゴルフ熱は続いています。トムは毎週末、朝イチでホームコースでラウンド。私は週に1回ラウンドすれば十分だし、朝早いのは苦手なので、毎回は付き合っていませんよ。

先週の土曜日、久しぶりにトムと一緒にラウンド。企業会定例会では同組でまわらないのです。天気にも恵まれ気持ち良くラウンドしていたのですが、途中から前が詰まり、待つことが多くなってしまったので13番ホールでフィニッシュ。ホームコースじゃなければプレイフィーがもったいなくてそんなことはできません。

2週連続で今日も同じコースでラウンド。今日は空いていてスムーズに進みます。前半はアプローチとパットが冴えてきっちりボギーペース。80台が出るかと期待していたら、ショートアイアンを引っ掛けるようになったうえパットも入らず、残念な結果に。終わってみるといつもと同じくらいの94。

fc2blog_201709250532220f7.jpgズームしたのでボケていますが、中央に猫が写っています。今までゴルフ場で色々な種類の生き物を目撃してきましたが、猫は初めてです。普通ゴルフ場には猫はいないよね。それも丸々と太っていて毛もツヤツヤ。近くに民家はなさそうなのに、どこから来たんだ?


fc2blog_20170925053345171.jpgコースの隣りの牧場のお馬さんたち。4頭が色違い。馬のたてがみってこんなに切り揃えたみたいに綺麗になってるのね。初めて気づいたよ。

2017.09.13

待つ犬

私がよく行くスタバも並びにバギー専門店があります。その店の営業時間中にいつも店の前にいる黒い犬。

fc2blog_20170914002801621.jpg基本の姿勢。シャキーンとお座りしていることが多いです。隣りは私もお気に入りの小さなブルコギ屋さんですが、その間に座るという絶妙なポジション取り。いい匂いがするもんね〜。


fc2blog_20170914002900437.jpg疲れたらこんな感じ。飼い主と思われるこの店のオーナーはいつもバックヤードにいるらしく、表からはその姿は見えません。犬の名前を聞きたいんだけど。


fc2blog_2017091400293571d.jpg店の入口から2メートルほどずれて、日向ぼっこ中。ポカポカだねー。


fc2blog_20170914003000385.jpg雨が降ってるのにシャキーン。ブルコギ屋さん寄りのポジション。なるほどね。


fc2blog_20170914003027048.jpgくつろぎ中。お天気はイマイチだけど。


fc2blog_20170914003053e42.jpgん?私のこと覚えてくれた?
今まで声をかけても姿勢を崩さず、あまり相手をしてくれなかったのに、尻尾を振って近寄ってくるようになりました。かわいいなぁ。鼻の周りの毛がかなり白くなってて、かなりおばあちゃん犬だね。これから仲良くしようね。
2017.09.08

ベッドルームの窓

うちのキッチンとベッドルームは南向きでとても日当たりがいい。日当たり信者としてはとても嬉しいことだが、いくらスコットランドの夏でも日当たりが良く気密性の高い部屋はさすがに暑くなる。

キッチンはバルコニーに面していて全面窓。押すと開く腰高窓とバルコニーに出るためのガラス扉。ガラス扉は内側から鍵穴に鍵を差すと開くが、なぜか鍵を締めると鍵が抜けなくなってしまったので鍵穴に差しっぱなし。まあいい。扉も開くし鍵も締まる。

日中ベッドルームで過ごすことの多い私は、ベッドルームの窓を開ける鍵をずっと探していたが、家中のドアの鍵がどっさり入った引き出しの中には、鍵穴に合う鍵がなかった。諦めて暑い夏を過ごしたが、その引き出しの中の整理トレーの下に隠されていたかのような鍵を発見。それがベッドルームの窓の鍵だった。もう夏は終わったというのに、今頃発見。

ベッドルームの手摺りが付いたガラス扉とバルコニーで出るためのガラス扉。どちらももちろん網戸などない。そういえばスコットランドで網戸というものを見たことがないな。

fc2blog_2017090820071137c.jpg普通に考えたら猫は脱走するので、扉を細く開けてスツールでロック。ちょっと窓を開けただけでこんなに部屋が涼しくなるものなのか。そしてこの扉も鍵を締めると鍵が抜けなくなるので差しっぱなし。

猫たちもワラワラと集まってきた。外の匂いは新鮮だね。無理矢理扉を開けて出て行かないでね。