2017.11.19

誕生日

1年が経つのは本当にあっという間で、エディンバラに来て2回目の誕生日を迎えました。

お祝いブランチはNewhavenという海辺のエリアにあるOld Chain Pierというレストランで。よく走って前を通るので、いつか行ってみたいと思っていました。

海っぺりにポツンと立つ小さな建物は、蒸気船の時代に定期便のチケット売場だったそうです。店名になっている桟橋はもうありません。外は簡素ですが中は意外と広くとても居心地のいい温かい雰囲気。写真がないのは、なにせ誕生日だったので全部しっかり自分も写ってしまったからです。

fc2blog_20171121213636560.jpgまずは体の温まるカレンスキンク。スモークドハドック(コダラ)、じゃがいも、玉ねぎが入ったスコットランドのスープです。具沢山で美味しい。


fc2blog_201711212136123a6.jpgメインはイギリス定番のフィッシュ&チップス。私は初めて行くパブではたいていこれを頼みます。タルタルソースひとつとっても手作り感、オリジナリティがいっぱい。厨房にちらりと見えた、あのスコットランド人のおばちゃん2人が一から作っているに違いない!


誕生日らしいご馳走というわけではないけれど、とても満足のいくブランチでした。

fc2blog_2017112121370407c.jpg夜は何が食べたい?とトムに聞かれたので、炊きたてのご飯で作ったおにぎりが食べたいと言ったら(どこまでも質素な私)、トムがおまけを色々付けて作ってくれました。やっぱりこれが一番!
2017.11.18

Edinburgh Christmas!

この週末からエディンバラのクリスマスイベントが色々始まりました。イギリスにはサンクスギビングデーがないので、クリスマスが始まるのが早い感じがします。

浮かれた気分を味わおうと、なんとなく散歩してきました。お天気が良かったこともあってどこも大混雑。

fc2blog_20171121213247dc7.jpgセントアンドリュースクエアにはお馴染みの青空スケートリンク。輪っかの真ん中部分はパブになっています。


fc2blog_201711220219562d4.jpgこれもお馴染み、高すぎる回転ブランコ。60メートルだそうです。近くで見ると安全バーは心もとなく、全然安全感なし。3歳ぐらいの小さな男の子が乗っていましたが、身長制限が緩いのでしょうか。


fc2blog_20171121213421ba0.jpg屋台が立ち並びます。去年と比べて、特にめぼしいお店はありません。


fc2blog_20171121213359b4f.jpg炭火で豪快に焼くソーセージ。見ているだけでお腹が空いてきます。


fc2blog_20171121213443232.jpgこんな感じ。写真だと大きさはわかりづらいですが、かなり大きめです。


fc2blog_201711212135050fb.jpgジョージストリートの西の方には、ドーム型のイルミネーションとなぜかフリーフォール。去年はなかったな。


fc2blog_20171122022024f8e.jpg通り真ん中にに作った仮設のアトラクションにしてはかなりの高さ。回転ブランコより高そうでした。上から見下ろすクリスマスの夜景は綺麗でしょうね。乗っているのはなぜか女子ばかり。


スコットランドの暗くて長い冬、これぐらいキラキラしてないとなかなか乗り越えられませんよ。
2017.11.08

一時帰国

半月の一時帰国から先週末にやっと戻ってきました。長かったようなあっという間だったような。

東京と地元で2週連続で開催してもらった高校の同窓会では、31年ぶりにたくさんの同級生と再会を果たしました。そのうちの多くの人とはすでにFacebookで繋がっていることもあり、31年のギャップをまったく感じることなく楽しい時間を過ごしました。見た目が変わっていたり、話す言葉が変わっていても違和感はないこの不思議。高校時代にほとんど話したことがない人とも話が弾むこの不思議。

fc2blog_20171108075620921.jpg遠くから私に会いに来てくれた人も何人もいて、本当に嬉しかった。地元の同窓会ではこんなサプライズも。


両親と一緒に宮島にも行きました。宮島に行ったのは8年ぶり。

fc2blog_20171108075933f9e.jpgそこらじゅうにいる鹿。羊とは違って目が可愛い。


fc2blog_20171108080001f6a.jpg宿の部屋から見た景色。厳島神社の鳥居がライトアップされています。台風一過でお天気のいい日でした。


fc2blog_2017110808011594c.jpg鹿を撫でてみた。犬っぽい。


2週連続で週末は台風に見舞われるし、気温も予想よりずっと低かったし、お天気にはあまり恵まれなかったけれど、スコットランドで悪天候に対する耐性がついたせいか、それほど気になりませんでした。

同窓会ではしゃぎ過ぎて熱を出したりもしたけれど、今までの一時帰国で一番楽しく充実していたと感じるのは、同窓会という彩りがあったり、友人宅でご馳走になったり、人との繋がりが多かったせいでしょうか。

先にスコットランド戻ったトムは、猫の世話や家事を頑張っていました。残念ながら猫とは特に仲良くなれず。特にたまちゃんは一度も一緒にベッドで寝ることはなかったようです。とはいえ、初めて自分で世話をしたせいか猫への愛情を強くし、普段の私のサポートに対しても感謝の気持ちを強く感じてくれたようです。やったね。

私もトムに大感謝。日本で思う存分お買い物をし、美味しいものを食べ、心の底からリフレッシュできました。