fc2ブログ
2020.09.29

イギリス出国当日

日本は季節が移ろうのが早いですね。久しぶりの日本の夏に耐えられるか心配でしたが、ものすごく暑かったのは1ヶ月くらいで、あっという間でした。

さて、イギリス出発当日です。

fc2blog_20200929135930e14.jpg航空便で運んでもらう予定の荷物を手荷物で預けることにしたので、預け荷物は11個。キャリーバッグをそれぞれ一個ずつ機内持ち込み、さらに猫のケージが2個。会社が手配してくれた車は、いつも空港に行く時に利用しているタクシー会社のセダン1台、ワンボックスカー1台、2名の運転手さんとヘルプの男性1名。何度もお世話になった運転手さんたちと、ハグも握手もなしに手を振ってお別れしました。

どんどん減便されているこの状況で、今日の便を逃したらいつ帰国できるかわからない、ということで、早めに出発したら、飛行機の出発時間の5時間くらい前に空港に着いてしまい、チェックイン開始までカウンター前でずーっと待つことになりました。私たちと同じく、日本に帰任するために沢山の荷物を持っているファミリーも数組。

fc2blog_20200929140025f1b.jpg猫たちはカウンター前でずっとこの状態。かわいそうだったね。


チェックイン後も、猫を預けられるのは出発の2時間前くらいということで引き続き待機。やっと呼ばれてカウンター裏の事務所が並ぶ暗い廊下の先の小部屋へ。そこで猫を一度ケージから出してBAのスタッフがケージをチェックした後、そのままそこで猫たちをお別れとなりました。その小部屋の向こうはすぐ空港のランプだったのです。検査の間、猫は私が抱っこしていましたが、脱走の心配のない小部屋で良かった!ただ、そこでもずいぶん待たされたし、スタッフの愛想はないし、なんとなく不安が煽られました。

猫とお別れした後は、セキュリティチェックを済ませ、とりあえずラウンジへ。出発ロビー内はブランドショップも飲食店も全部閉まっていて、とても営業中の空港とは思えない雰囲気。ラウンジ内の食事もかなり制限があったし、時間もほとんどなくなっていたので、コーヒーだけ飲んですぐゲートに向かいました。

飛行機に乗ったら、すぐCAさんを呼び止めて、猫がちゃんと搭載されたかどうか確認。もうあとは猫のことを心配しても仕方がないので、のんびり過ごしました。帰国の時はだいたい映画4本、ドラマ2本くらい観ます。いつも満席のロンドン便ですが、その日は2〜3割空席でした。

羽田空港に到着したら検疫前に臨時のカウンターがあって、質問表のような物を出すのですが、そこがずいぶん混んでいて大変な密。その頃はまだ日本はいろいろ甘くて、ソーシャルディスタンスを保って並ぶような案内もなかったです。ただ既にロックダウン中のイギリスからの乗客だけに、みな狭い場所ながらも人との距離を取るように努力していました。

サーモセンサーにも引っかかることなく無事通過。トムと2人でガッツポーズ!疲れるとすぐ熱が出るのでここが一番心配でした。

検疫で時間がかかったので、ターンテーブルに着いた時には、猫たちはカートに載せられた状態で係員の方たちと一緒にいました。2匹とも元気にニャーニャー鳴いています。大量の預け荷物をトムがピックアップしている間に、私は猫を連れて動物検疫へ。羽田空港の動物検疫は荷物を引き取る税関内にあって便利です。動物検疫の方はとても低姿勢で、手続きも大変スムーズでした。

公共交通機関が使えず、知り合いや家族に迎えに来てもらうかレンタカーを使うしかない状況でしたが、トム兄がワンボックスカーで迎えに来てくれて助かりました。車に載らない荷物は宅急便で送り、みんなでレジデンスホテルに向かいました。

ホテルに着いて、猫トイレや簡易ケージをセットして、やっと一息。たまちゃん、パニャ、よく頑張ったね。ありがとう。と言いつつ、美味しいごはんを食べさせたあと、すぐ2匹を洗いました。おしっこ臭い体でホテルの綺麗な部屋をウロウロさせるわけにはいかないからね。パニャは生まれて初めてのお風呂でしたよ。

その日の夜は、久しぶりにぐっすり眠れました。みんなで無事帰ってこれてよかった。本当によかった。
2020.09.09

帰国直前の日々のあれこれ

3月半ばに、トムが勤務するマーロウのオフィスはクローズになり、全員自宅勤務になりました。スターバックスも席を間引きして営業するようになり、数日後はテイクアウトオンリーに。スーパーからトイレットペーパーは消え、お肉や卵も手に入りづらくなってきました。

その1週間後、帰国の1週間前には英国は完全にロックダウン。一日一度の運動や、最低限の買い物以外の外出は禁止。スーパーは人数制限をしており、店内に入れるのは1世帯1人のみになりました。レストランやカフェはすべてクローズ。幸いうちは引っ越し直前で、家にあるストックをせっせと消費している段階だったのでそれほど困ることはありませんでした。

以下、ロックダウンのせいで、引っ越しに関して変更せざるを得なかったこと、困ったことなどを箇条書きで記します。


・最寄りの郵便局がクローズになり、どこの郵便局なら開いているのかという正確な情報も出ていなかった。インターネット会社に借りていたルーターを返却するのに、開いている郵便局を探し回った。銀行は平日3日くらい、時間短縮で営業していた。

・日本に持って帰らない家具類で引き取り手が見つからなかったものをチャリティショップに寄付することにし、引き取りのトラックの予約をしていた。数が多かったため、1週間に1回ずつ、3回に分けて取りに来てもらうことになっていたが、2回目の引き取り時、コロナ感染予防のため家に入れないので家具類を自分で玄関の外に出してくれと言われ、3回目には引き取りに行けないと言われた。仕方ないので、ベッドなど最後に引き取ってもらう予定だったものは引っ越し屋さんに急遽処分してもらうことになった。

・その引っ越し屋さん、集まって作業するのは2人までと言われているとのことで、2人しか来てくれなかった。荷づくりは自分で完璧に終えていたが、予定よりずっと時間がかかった。

・引っ越しの荷物は、航空便と船便と別々に準備していたが、この状況なので通常は日本に入国後1週間後くらいに届く航空便もいつ届くかわからないと言われ、航空便で送る予定だった荷物のほとんどを手荷物にした。

・引っ越し作業、荷出しは帰国の2日前で、その後はホテルに泊まる予定だった。もともと予約していたホテルから宿泊予定の1週間くらい前に、ホテルをクローズすることになったと電話があった。急いで猫OKのホテルを探して予約してホッとしたのも束の間、すぐまたそのホテルもクローズすると連絡があった。住んでいた家の契約はまだ残っていたので、何もない家で2泊した。枕と掛け布団は手荷物で持って帰る予定で手元にあったので、それだけでもラッキーだった。

・日本に帰国後2週間の自宅待機が必要になったため、急遽帰国直後の滞在先を見直すことになった。猫は空港から自宅マンションに直接運び入れ、倉庫からの荷物が届くまでの4日間は、自宅近くのホテルから自宅に通って猫の世話をする予定だったが、そんなに出歩くのはまずいだろうから猫と一緒に泊まれるホテルを探した。猫2匹OKというところはなかなか見つからず、結局4年前の渡英時に1泊したアパートメントホテルの系列の宿泊施設にした。3ベッドで5万円ほどの部屋しかなかったが、空いているせいか2万円にしてくれた。

・荷出しの後もインベントリーチェック(大家さんやエージェントと家の中などを確認する)ができず、家の鍵は空港に向かう途中に不動産屋さんのポストに入れた。最後の1週間はゴミ収集もなかったため、家のゴミ箱も満タン状態。数日後に新しい入居者が入る予定だったけど、どうなったのだろう。大家さんからは、後日、家を綺麗に使ってくれてありがとうというメールがあった。

思い出すままに書きました。当時は何かあるたびに、あぁどうしよう〜と青くなっていましたが、終わってみるとなんてことないですね。無事に帰国できたので、問題なし。

fc2blog_202009031059538ac.jpg引っ越しの数日前に見た、近所の公園のソメイヨシノです。今年は開花が早かった。
2020.09.03

猫をイギリスから日本に連れて帰るための手続き

まずは、猫のイギリスから日本へ連れて帰るための手続きについて書こうと思います。実際の体験談など、具体的な情報がほとんどなくてとても苦労しました。万が一、私の体験談を手続きの参考にされることがありましたら、必ず最新の情報をご確認くださいね。

日本への輸入に必要な手続きというのは、11年前にアメリカからの帰国の時に経験しました。マイクロチップ、狂犬病予防接種、抗体価検査、それらを証明する書類。それに関しては日本の動物検疫のHPに詳しくわかりやすく書いてあるので省きます。イギリスから帰国する場合も基本的には同じです。日本の動物検疫の方は親切でとても対応がいいので、何も心配いりません。

唯一違うのが、日本が要求する「輸出国の証明書」として、多くの国は日本の動物検疫所が作ったForm ACという書式を使うのですが、イギリスは独自の書式を使うのです。それが、Export Health Certificate(EHC)というもの。

APHA(Animal & Plants Health Egency)というのが、日本でいう検疫のような役割をする政府機関ですが、まずそこに Export application(EXA)とEHCをメール添付で送ります。日本に事前届出をした後に送付される届出受理書に書いてある受理番号を記入する欄がEHAにあるので、日本への事前届出を済ませた後ということになります。

EXAに自分が指定する獣医さんの名前や連絡先を書く欄があります。それは出発直前にヘルスチェックをして書類を仕上げてくれる獣医さんなので、基本的には行きつけの獣医さんですね。APHAが認めるOfficial Vetでなければならないとのことですが、多分普通に動物病院で勤務している獣医さんはOfficial Vet なのではないかと思います。私はフライトの2日前に動物病院の予約を取り、その日に担当の獣医さんがいるか確認したうえで、EHAにその獣医さんの名前を書かせてもらうことを伝えておきました。

EHCは4枚綴りですが、1枚目だけを埋めて、残りは空欄のまま、APHSに送ります。手書きはダメで、PDFファイルです。ごく最近、この申込手続きをオンラインでできるようになったようです。アカウントを作るのに必要なものがちょっと面倒くさそう。

あとはフライトの1週間前くらいに、紙になったEHCがAPHSから指定した獣医さんのもとに郵送されます。ちゃんと送ってくれるのかとっても心配。動物病院に事前に連絡して、届いたら連絡してくれるようお願いしておきました。実際は10日前くらいには届きました。

EHCの2枚目以降は獣医さんが手書きで埋めるのですが、マイクロチップ、狂犬病予防接種、抗体価検査の結果についてなど、記入する量は膨大です。あらかじめ、必要な証明書類のコピーを獣医さんに渡しておいて、時間がある時に書いておいてくれるよう依頼しておきました。

フライト2日前のヘルスチェックの時には、その内容に間違いがないかよく確認しただけです。EHAの4枚目は飛行機への搭載の際のケージなどに問題がないか確認してサインする、というものなのですが、搭載当日に見てもらうのは難しいので、その時に確認してもらいました。この4枚目に関して揉めることが多いようですが、私はうまく言いくるめました。ちなみに、簡単なヘルスチェックと書類作成費用は2匹で約5万円。

アメリカからの帰国の時には、Form ACに政府機関の獣医官の裏書きをもらわないといけなかったので、引っ越し前の忙しい時に遠い事務所まで出向いたものですが、イギリスはOfficial Vetが政府機関の獣医であり公印も持っているので、裏書きは必要ありません。全部の署名を1人の獣医さんにお願いしました。

EHCを羽田空港の動物検疫所にメールで送り、内容を事前に確認してもらって、やっと一安心でした。その時に、出発まであまり時間がないことを伝えたら、1時間ほどで確認完了のメールが来ました。

ヒースロー空港のJALのカウンターでも、書類の提示を求められました。

半泣きで書類をビリビリ破り捨てる、というようなこともありました。HPの説明は簡潔過ぎてわかりづらいし、獣医さんも経験がないし。でも今となってはすべてに感謝です。羽田空港の動物検疫は、預けた手荷物を引き取るエリアの端にあり、手続きはスムーズに終わりました。アメリカから帰国した時にも同じ言葉を掛けられたのですが、検疫の方が「動物検疫にご協力くださり、ありがとうございました」と言ってくださるのです。色々大変だけど、この一言で苦労が報われたと感じます。

fc2blog_20200903105916bc2.jpg秋から冬にかけて、マーロー界隈は雨が多かったのですが、3月はお天気が良かったです。

日向マニアのたまちゃん。