fc2ブログ
2022.10.29

鼻水吸引器

電動のミルク泡立て器を買いました。家で飲むカフェオレにふわふわのフォームミルクを乗せたいなと思って。

牛乳をレンジでチンして、レンジから取り出し、泡立て器をセットしようとしたら、ボンッとミルクが爆発しました。一瞬何が起きたかわからなかった。レンジの庫内でドリンクを温めて過ぎて爆発させたことはありますが、どうやら牛乳の表面に膜ができていて、爆発が少し遅れたようです。

流し台は牛乳浸しになりましたが、「顔や目にかからなくて良かったー」なんて言いながら拭き掃除をしていたら、書斎から出てきたトムがびっくり顔でキッチンの天井を指差しました。見上げたら、天井が牛乳まみれ。ひぇー、天井も塗装なのに!塗装は水拭き厳禁なのに!そのままにしておくわけにもいかず、半泣きで天井を拭きました。ほとんど跡が残らなかったのは不幸中の幸いです。

タイトルの鼻水吸引器。いつも鼻が詰まっていて息苦しそうなたまちゃんのために、鼻水吸引器を探していました。ペット用というものは見つからず、赤ちゃん用で電動で1万円超えのものに目を付けていましたが、猫でうまく使えるかわからないので購入に踏み切れず。ダメ元で買えるような安価なもので良さげなものはないものか探しました。唯一、犬猫に使った人のレビューが数件Amazonにあったこちらの商品。

fc2blog_202210292012509a7.jpgタイヨーのハナッコ(赤ちゃん用はな吸い器)。

たしかにシリコン製のノズルが細め。電動のものと違って音もしない。


たまちゃんはそんなに嫌がることなく、吸引させてくれました。猫の鼻の穴にはノズルの太さがギリギリ。どれくらい奥まで入れていいものか悩ましい。たまちゃんの鼻水は恐ろしく粘りがあるので難しいかなと思ったけど、少しは吸えました。それをきっかけに鼻をクシュクシュいわせたり、くしゃみをするので、一時的にはかなりスッキリするのではないかと思います。

あまり使って鼻の中を傷つけたら嫌なので、1日に3回くらい使ってみようと思います。
2022.10.16

第1回東京レガシーハーフマラソン

東京を走る新しいハーフマラソンが開催される、しかもうちの前を通るコース、というのをエントリー締め切り前日に知り、軽い気持ちでエントリーしたら、夫婦揃って当選してしまい、久しぶりのレースを走ることになりました。

PCR検査代などもあって、ハーフマラソンのエントリーフィーとしては破格の20000円超えということもあって、倍率は低かったと思われます。

それまでも1日おきに6キロほどをジョグしていましたが、当選が決まってからの4ヶ月弱はもう少し気合を入れて、少し早めのペースで走ったり、週に一度は10キロ走ったりして、この大会に備えてきました。ただ以前のように、きついトレーニングはしていません。なかなかそんな気力と体力がないのです。トムも最近は週一回のジョグも怪しいくらい、ゆるゆるにしか走っていません。

前日受付や当日の入場に電子チケットが必要だったり、毎日検温してアプリで報告したり、色々なことのデジタル化が進んでいました。ご年配の方には敷居が高くなっているのではないかと心配になります。前日受付の際には初めてのPCR検査(コロナに罹患した時にはみなし陽性だったため)。面倒なことをなんとか全てクリアし、大会当日を無事迎えることができました。

スタートとゴールは国立競技場。新しくなった国立競技場を走るのは初めてで、それだけでもこのマラソンに出る甲斐があるというものです。

予定タイムはトムも私も2時間と入力したのに、トムはFブロック、私はGブロック。ウェーブスタートなので、正式なスタートの時間に15分の差があります。実際はトムの方が5分弱早くスタートを切っていました。

fc2blog_20221017161414f27.jpg待機場所は競技場の外の道路。スタート時間が近づいてやっと競技場内に入れました。


目標はキロ6分ペースで走って2時間6分。野望は2時間切り。ちなみに自己ベストは1時間46分台です。

東京マラソン同様、街中を走るのはとても楽しかった!コースの半分は普段の生活圏なのですが、車道を走るのは新鮮です。折り返しでトムを見つけられず心配になりましたが、11キロくらいでトムの後ろ姿を発見。思ったより元気に走っていましたが、その後ガクッとペースが落ちたそうです。

私は15キロくらいの給水の時に歩いたのをきっかけに脚が攣りそうになりました。両足の脛、ふくらはぎ、足の指、足の裏が順番にピクピクするのです。できるだけ膝から下に負担がかからないようになんとか騙し騙し走ってるいましたが、少しペースを落とさざるを得ませんでした。一度攣ってしまったら、制限時間内にはゴールできません。ラスト3キロで2時間のペーサーに抜かれましたが、この人たちに付いていけば2時間切れる!と必死に食らいつきました。ゴールまで脚はピクピクしまくっていましたが、1時間59分10秒でフィニッシュ。ゴール後も止まったら脚が攣るのがわかっていたので、ずっと足踏みをして動き続けていました。

トムも10分遅れで無事ゴール。

荷物も預けていなかったので、合流してそのまま家に帰りました。行きも帰りもゼッケンを付けたまま、ランニングウェアそのままで、スマホと5千円紙幣と家の鍵をポケットに入れただけの手ぶらスタイルです。気楽でいいわー。

fc2blog_20221017161432e01.jpg写真はないですが、参加Tシャツは東京オリンピックの日本選手と同じ、アシックスのサンライズレッドでした。派手な蛍光レッド。トムも含め、レースで着ている人が多かったです。


東京マラソン同様、運営がしっかりしていて、ボランティアの人たちが皆優しくて、本当に良い大会でした。来年もエントリーしようかな。
2022.10.05

ファブル沼

子供の頃はは少女漫画が好きでした。「なかよし」「りぼん」を経て、小学校を卒業する頃には漫画も卒業した記憶があります。漫画の代わりに、ミステリー小説に走りました。

Twitterにマンガアプリの広告がよく流れてくるのですが、なんとなくそれを見ているうちに、ハマってしまったマンガがあります。それは「ザ・ファブル」。

最初は、全巻無料で読めるという誘い文句に引っ掛かり、ヒャッホー!とガンガン読み進めていたのですが、完全無料は30話で終了。その後は、広告動画を見たら1話無料、とか、1日経つと自動的に貯まるポイントとか、読みたくもないマンガを1話読んでポイントを貯める、とか、コツコツ無料のポイントを貯めて1日になんとか3〜5話くらいは読めていました。

そんな頃、コロナに感染したのです。体調が良くなっても出掛けられず暇すぎる。今だ、今こそ、一気にファブルを読む時だ!とっくに大人なんだから、こんな時こそマンガの大人買いだ!

ポイントを買って残りの話を一気に読みました。8000円くらいかかったでしょうか。それはもう、大満足ですよ。

今はセカンドコンタクト(第2シーズン)がヤングマガジンで連載中なので、毎週月曜日にポイントを使って(80円)1話ずつ読む日々です。毎週ちょっとしか進まないのが悲しい。基本的にマンガも小説も、物語は何でも好きなので、マンガ沼にハマらないよう、ファブル以外は手を出していません。

過去に映画化もされたようですね。アキラ役の岡田准一、ちょっと2枚目すぎるかな。