2012.01.29

館山若潮マラソン ~スタートまで~

朝は4時起き。大きなお餅を4個食べて、あんこの散歩を済ませてから、タクシーで両国駅に向かった。両国始発の臨時特急、全席指定の館山若潮マラソン号。昔、JR東日本の房総ビューエクスプレスのCMにキョンキョンとオザケンが出て、「♪潮風が~、呼んでいる~、キミと行く~、房総は~♪」とデュエットしていたのを覚えてますか?その影響もあって外房線の特急に乗ってみたかったけど、いつも車で遊びに行っていたので、今回初めて利用したJR特急。

もう朝からウッキウキ。ウトウトしていたら、館山駅到着30分前だったので、急いでおにぎり2個を食べる。車窓から見える東京湾に白波が立っていた。やっぱり風は強いのね。

駅でトムの会社のSさんに偶然出会った。ひとり参加のSさんはサブ3.5狙いだそう。その場で帰りの特急電車の指定券を買い、スタート地点行きの無料シャトルバスに乗り込んだ。バスは5分くらい待ってすぐ乗れたけど、待っている間も北風が吹き荒れ、超寒かった。

バスが着くのは会場ではなくて、会場手前のイオンモールの駐車場。そこから数百メートルは徒歩で移動。受付は前日か当日のみで、事前にゼッケンやプログラムは送られてきていないので、まず受付を済ます。芝生エリアに持参したビニールシートを敷き、そこでゼッケンを付けたり、着替えたり。寒いのでマゴマゴしていているうちに、あっという間に時間が過ぎ、トイレの列に並んだ時には、すでにスタート15分前。トイレを済ませた時点で5分前だったので、長い男子トイレの列に並ぶトムに「先に行くね」と声をかけ、スタート地点に向かおうとするも、プログラムを読む時間がなかったので、どこがスタート地点かよくわからない。やっと選手が並んでいるエリアの傍まで辿り着いたけれど、応援の人垣などもあって、道路に出られない。仕方ないので、前にいた人に習って、けっこう高い金網のフェンスを乗り越え、やっとスタートの列に到着。スタートは申告タイム別だった。

列に並んだ瞬間、号砲が鳴る。ノロノロとスタート。正確なスタート地点には下にセンサーが敷かれたマットがあるだけだったのでわかりづらかった。そこを過ぎてもしばらくは走れないノロノロ状態。数百メートルで普通に走れるようになった。

バタバタのスタートだったので、せっかく携帯を持っていたのに写真など撮れるはずもなく、ずっと焦りまくり。トムはスタートに間に合ったのかな~。一緒にスタートしなかったのなんて、初めてだ。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1064-7d81ceb7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する