2012.05.21

金環祭り

早々とこんな日食グラスを入手して、楽しみに待っていました。

東京で金環日食が見られるのは、朝7時35分頃。主婦としては、何かと慌ただしい時間帯です。いつもより30分早く起きて、犬の散歩やら身支度を済ませ、準備万端。部分日食が始まった6時19分には、太陽は雲に覆われていましたが、6時30分にはまぶしいほどの日差し。わーい、ちゃんと欠けてる〜!

東向きの窓から何度も顔を出して、部分日食を堪能しました。

いよいよ金環日食が始める時間が近づくと、バルコニーに出て観測に専念。金環の5分間のうち、ほんの一瞬だけ太陽が雲に隠れてしまったけれど、あとは薄雲さえなく、くっきりと金の輪っかが見えました。起きたばかりのトムを呼んで、トムと代わりばんこにグラスを覗きました。興奮していたこともあって、写真を撮る余裕などまったくなし。

皆既日食と違って真っ暗にはならないけれど、ほんの少し薄暗くなってちょっと神秘的な感じ。その後も9時近くまで部分日食を楽しんでから、慌ただしく仕事に出掛けました。

何百年に一度しか見られない金環日食の時に、ほぼ中心線上の東京にいて、晴れた空を見上げることができるという巡り合い。たくさんの偶然に感謝します。

20年以上前、ドリカムの「時間旅行」を聴いたり歌ったりしていた時には想像もつかないほど先のことだと思っていた2012年の金環食を、自分がこの目で見ることになるなんて。

せっかく日食グラスを買ったことだし、6月6日の金星の日面通過と、8月14日の金星食も観測しようと思います。

早起きして、朝から大興奮して、テレビでも金環日食のことばかりやっていて、なんだか今頃になって「金環日食疲れ」でグッタリしてます…。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1109-d01bd28d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
東京はちょうど観られるゾーンに入っていたんですよね。
LAは外れていたのですが、それでも三日月のように欠けていく太陽を観て楽しみました。
巷のアメリカ人はほとんど気にしていないような感じでしたけれど。
実は注文した日食メガネがまだ届いておらず、、、(笑)。金星通過があるのがまだ救いです。
Posted by daysofWLA at 2012.05.22 04:19 | 編集
先日は突然お呼び立てして申し訳ありませんでした。たのしくスパイシーな料理をいただきました。なぜかあの夜はいつもの出張にくらべて熟睡できたのです。翌日のお腹の調子もよかった。なんか不思議です。
僕もアメリカに帰る日の朝に大阪でトライしましたが、あれだけ大きな空なのに、なぜか太陽のところだけに雲がかかるんですよ。なんとか雲の切れ間から微かに見えましたが、天気って意地悪ですね。
Posted by Sです at 2012.05.24 15:38 | 編集
>daysofWLAさん
ラッキーなことに、東京には中心線が通っていたのですよ。
金環食でなくても、日食は神秘的で楽しいですよね。
テレビでは、アメリカ国内の中心線が通る街に集まって、金環日食を楽しむ人たちの映像が流れていましたよー。
日食グラスを使う機会が他にもあって良かったですよね♪ 金星の日面通過と金星食も、レア度では金環日食を上回るそうです。

>Sさん
こちらこそ、貴重な東京滞在の夜にお付き合いいただき、ありがとうございました。体調が良かったとのことで、安心しました。
貴重な金環日食の日に大阪にいらっしゃったとは、なんという奇跡!大阪は雲が多かったのか〜。でも、少しでも見られて良かったですね。
Posted by tomo at 2012.05.24 16:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する