2012.11.14

あんこの排泄事情

薬を変えて以降あんこの発作は減ったけど、まったくゼロになったわけではない。「今日はけっこうごはんを食べた」とか「今日の発作はつらそうだった」とか言いながら、日々が過ぎて行く。

さて、今日は思いっきりウンチとオシッコの話です。老犬介護では絶対避けて通れない問題なのでご容赦ください。

あんこのウンチは、私の肛門マッサージによって定期的に出される。基本的には1日に1回、寝ているあんこの肛門を時計回りにマッサージをして、中身がありそうだったらそのまま継続、あんこがいきみ始めたら体を起こして後は自力で出させる。体を起こしても、あんこは自分の脚で立つことはできないので(ナックリングしてしまう)、私が全身をガッシリ支える。若い時に比べると力が入らないのか、ウンチを出すのもひと苦労。「あんこ、頑張れ、もうすこし、もう少し!」と、私も精一杯応援しつつ、不安定な自分の姿勢をキープする。無事出し終わったら、あんこはグッタリ脱力、私もグッタリ。一緒に頑張ったから、ウンチさえ愛おしい。

ただ下痢の時は、寝たままウンチをしてしまい、私も気付かない。少し前、夜、人間のベッドで一緒に寝ている時にウンチをしているのに気付かず、寝ぼけたまま「あんこ、臭いオナラしたんだなー」と3時間ほどそのままウンチと一緒に寝てしまった。朝起きて、あんこの毛布をめくってビックリ!

オシッコはつい数日前まで、外に抱っこで連れて行って、歩道の植え込みの脇でさせていた。抱っこして道路を歩いている時にオシッコしたことがあったので(小便小僧のようだった。通行人もびっくり)、部屋を出てマンションの敷地外に出るまではいつも緊張。マンションの中でそんなことがあったら大変だ。毎日早起きして、人の出入りがほとんどない時間(5時頃)に行ったり、とにかく気を遣った。犬を飼うならやっぱり一戸建てだなー。無事外に出ても、自立できないあんこにオシッコをさせるのは大変。土の匂いを嗅ぐどころではない。体を支えて、あんこがもよおすのを待つ。オシッコが出なくて数時間後に出直すこともあった。雨の日も風の日も同じ。道路脇で犬だかなんだかわからないふにゃふにゃの生き物を抱っこしてしゃがみこむ私を、通行人は全員ガン見。そりゃそうだよね。話しかけてくるもいる。

ある時、体を支えながら膀胱を圧迫したら、うまい具合にオシッコをし始めた。前回病院に行った時に、一応強制排尿の仕方も教わっていたのだ(普通は寝た姿勢でさせる)。それからは外に行くたびに毎回膀胱を押してオシッコさせるようにした。

そして先日ついに、家の中でオシッコをさせることに成功。お風呂場に連れて行き、体を立たせ(足は立たないので私が右手と右膝を使って抱っこ、微妙に足は浮いている状態)、左手で膀胱を圧迫。ちゃんとできるようになった。あんこも私も、なんだかすごい体勢だ。本当は寝たままさせたほうがいいのかもしてないけど、寝たままだとどうしてもお腹や脚が汚れちゃうもんね。

こうして、あんこの排泄にともなうストレスはぐーんと減った。老犬介護で1番大変なのは、夜鳴きと排泄関係だと思う。あんこは夜鳴きをしないのでもともと楽なほうだったけど、これでさらに楽になった。あんこ、ありがとう。これなら私もいくらでも頑張れるよ。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1185-e4210a62
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
すごい!勉強になりました。
痩せたとはいえ、小柄なともさんがあんこを支えて
排せつさせるのは大変なことでしょう。
でも浴室でできれば本当に楽だね。
うちの近所の老柴犬ちゃんも、やはり飼い主さんが
支えて排水溝でおしっこさせているのを何度か見かけた
ことがあります。
排泄は大切よね。
頑張るとウンチも愛おしいの、わかります♡
Posted by ゆーこ at 2012.11.14 15:00 | 編集
すごい!どんどん問題をクリアしている(ように見える)。
排泄のストレスは家族も本犬もだものね。
改善策が見えてよかった。

介護用ベルトってあるじゃないですか?
つるすやつ。
ああいのじゃ駄目なのかな?
いちいちお高いのが問題でもあるんですが。
でもTomoさんが腰を痛めないか、心配です。

これからどんどん寒くなるからね。
お体ご自愛ください。
Posted by bowwow at 2012.11.14 17:14 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2012.11.14 17:24 | 編集
お散歩にはもう行かれないのだろうけど、どうしているのかなと思っていました。
お風呂で出来るようになるまでに、そんなに苦労されていたとは、大変でしたね。

いまは膝にあんこちゃんの上半身をのせるような格好でサポートしているのですね。
スリングなどを使う人もいるようですが高さ調節もありますし、温かいtomoさんの膝に触れる方があんこちゃんも安心してできるでしょうと思います。
ただ、腰に負担が掛かりそうな姿勢なので、ギックリいかないように気をつけてくださいね。
Posted by daysofWLA at 2012.11.15 06:21 | 編集
>ゆーこさん
私もまだまだ勉強中です(^^)
排泄問題は、老犬に限らず、犬と一緒に暮らすなかでの最重要事項だよね。
最初から家の中で排泄するようにしつけた犬は、介護が必要になっても楽だろうなー。特にマンションは大変。ゆーこさんも、マニスが年を取るまでにぜひ一戸建てを!!
大型犬の介護は想像しただけで大変そうです。私にはあんこくらいの大きさが限度かな。

>bowwowさん
排泄問題が解決したのは、大きな前進です!あんこがさらに弱ったら、さすがに体を起こしての排泄は無理かもしてませんが、できるだけ今のやり方で頑張ります。
介護グッズのお店を紹介して下さりありがとうございます。すごくよく考えられているハーネスですね。まだ自力で頑張れそうですが、きつくなったら購入を検討します。私は腰は丈夫なのですが、けっこう脚に負担がきます。脚が鍛えられるような気がします(^^)

>daysofWLAさん
今まで外でしかしていなかったので、家の中に移行するのはやっぱり大変でした。バルコニーに人工芝のマットを敷いたりもしましたが、結局使わずじまい^^; あんこの状態がここまできて、やっと成功したという感じです。あんこが外でしたいという意志がある間は無理でしたねー。
排泄の姿勢は、ほんと難しいのです。片手は膀胱を押さえたり、肛門をマッサージしないといけないので、もう片手と他の部分を使うしかないのです。手がもう1本欲しい〜。あんこは首にも力が入らなくて頭が下がってしまうので、かなり無理な姿勢をさせているような気がします。
Posted by tomo at 2012.11.16 16:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する