2012.11.23

大田原マラソン完走記 その2

25キロくらいでトムがトイレに行きたいと言ったのでそこでお別れ。私もそろそろトイレに行きたい気持ちはあったけど、なにせタイムに余裕がないので我慢、我慢。

24キロ以降は、ほぼずっと緩い上り坂。少し向かい風も感じる。それまでと同じように走っているつもりでも、1キロ当たり20秒近くペースは落ちていたようだ。景色にあまり変化がなく、応援も少ないなか、自分のモチベーションになったのはやはり関門。上りだからペースが落ちるのは仕方がない、とにかく次の関門までは頑張ろう、と目の前の目標をひとつずつクリアしていく。

30キロを過ぎても特に壁のようなものは感じず、脚は動いていたが、脛の筋肉が攣りそうな感覚が出始めた。1度走るのを止めて、その部分をさすってみたけれど、何も変わらない。なにせ私は、あまり脚が攣ったことがないので、対処法がわからないのだ。そのうち、左脚の同じ部分も攣りそうになり、左の足首から先が痺れて、感覚がなくなってきた。ヤバイ、ヤバイ、万が一攣ったら走るどころか歩くことさえできなくなってしまう。結局、なんとなくだましだましに走っているうちに、攣りそうな感じは治まってきた。

第三関門は4分前に通過。けっこうきつめの上り坂を走りながら、トムが追い付いて来ていないことを思い出し、収容バスの雰囲気を後で聞いてブログに書かせてもらおうと考えていたら、「ナイスラン」と私の肩を叩き、軽快に走り去るトム。なんなのだ、そんなに元気ならもっと早く追い付いても良かったんじゃないのーと不思議に思う。トムは驚くべくペースで走り抜けて行ったので付いて行くことはせず、マイペースで最後の関門を目指す。

38.3キロ地点の最後の関門を打ち切り3分前に通過。スタッフの方に「おめでとう〜」と声を掛けられた。とりあえずこの関門をクリアできれば、制限時間の4時間を過ぎてもゴールさせてもらえるのだ。あぁ、これでなんとか完走はできそう。

せっかく完走するのなら、ちゃんと4時間切りたい。あと5キロの地点でタイムが3時間29分ちょっとだったので、残りはキロ6分を超えなければ4時間切れるはず。微妙な上り基調はあいかわらずだけど、ペースはなんとか保てている。数百メートル先に、トムの姿も見えている。

競技場のトラックをその時できる精一杯の力で走り、先にゴールしたトムに手を振りながらゴール。3時間58分54秒。狙ってもなかなかできないほどギリギリサブ4だ。自己ベストには及ばなかったが、もともと今日は狙っていなかったので仕方がない。ほぼ予定通りのレース展開で、目標の4時間切りを果たせて大満足。トムは私の2分ほど前にゴールしたらしい。月間走行距離が100キロの週末ランナーとは思えない。

ゴール後は参加賞のTシャツなどをもらい、その場で完走証を発行してもらえた。イベント会場でなめこ汁などの温かいものが振る舞われているらしかったが、駅までのシャトルバスが3時に終わってしまうので、遊んでいる暇はない。ギリギリ完走のランナーには、ゴール後も余裕がないのだ。ちなみにSSサイズのTシャツもすでになくなっていた。

着替えるために体育館に向かうも、入口手前で激しく右脚がけいれんし、立っていられなくなった。右脚を伸ばそうとしたら、今度は左脚がけいれんし、一緒に股関節辺りの筋肉も攣ってしまった。地べたで完全に横になって苦しむ私に「何ふざけてんの?」と助けてくれないトム。その時ばかりは本当にトムを恨みました。結局けいれんに慣れていないトムもオロオロするばかりで、治まるまでの数分間、地獄の苦しみを味わった。

急いで着替えてシャトルバスに乗り、1時間に1本しかない新幹線に飛び乗った。なんとか座れてひと安心。

大田原マラソンは、とにかくストレスのない大会。受付、着替え、トイレ、スタート、給水(ゼネラルもテーブルの間隔が離れていて、水とスポドリの表示もわかりやすい)、ゴール後まで、混乱したり不快な思いをすることなく、何もかもがスムーズだった。応援はたしかに少ないけれど、地元のおじいちゃんおばあちゃん、小さな子供たちが一生懸命応援してくれる。大会スタッフやボランティアの人たちはみな親切で気持ちが温かい。何より、地元を挙げてこの大会を盛り上げようという意気込みが痛いほど伝わってくる。

関門や4時間という制限時間はたしかに厳しいけれど、来年もトレーニングを積んでこの大会に参加したいと強く思いました。

---------------------------------------------------------------------------

レースのラップ

0〜5キロ 28:15
〜10キロ 26:40
〜15キロ 26:56
〜20キロ 27:14
〜25キロ 27:46
〜30キロ 28:44
〜35キロ 29:45
〜40キロ 29:42
〜ゴール 13:52 (ガーミンの誤差とスタートの位置の関係で2.37キロ)

グロスタイム 3時間58分54秒
マラソン女子の部 297位/559人
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1193-532b55b8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
バスの気配をうしろに感じながら走るのは読んでいるだけでもドキドキしました。
完走&時間制限クリアおめでとうございます。
いつもながらトムさんはふだんお忙しいのにレースに強いですね。

制限時間を設けることで、真面目な参加者の割合が増えるのでしょうね。
それがレースの特色になっているのかしら。


Posted by daysofWLA at 2012.11.27 03:29 | 編集
おつかれさまです!そして感想おめでとうございます♪
大雨が降らなくて良かったわ。

ストレスの少ない大会。あたしは走る人ではないけれど、あちこちのイベントごとで遊んでいると、便利な場所ではないけれど「ストレスの少ない」って表現、理解出来るかも。
来年もこの大会に参加するのかしら?
次は是非自己ベストを!(笑)


東北新幹線。時々乗りますが、ヘッドレストの位置が合わなくないですか?!
乗る度に世の中の平均身長より自分がだいぶ小さいことを思い出します(^^;)
Posted by がら at 2012.11.28 10:11 | 編集
>daysofWLAさん
今まで何回もマラソン大会に出てきましたが、こんなに条件が厳しい大会は初めてだったので、いい経験になりました。収容バスに追いかけられながら走るのは、むしろ良いプレッシャーになったような気がします。普段は自分との戦いですが、今回は明確な敵(?)がいたので。
トムは本当に本番に強いです^^; もっと練習すればかなり速くなるのになーと思います。
制限時間が緩い東京マラソンなどの大会は、仮装ランナーも多いし、また違った楽しみ方があるとは思うのですが、真剣にタイムを狙いたい時は今回の大田原のような厳しい大会のほうがいいですね。みなタイムを狙うシリアスランナーばかりなので、走りやすいし励みにもなります!

>がらさん
おかげさまでお天気には恵まれましたよ〜。
大きなイベントごとって、やっぱり何かしらストレスがありますよね。運営そのものだったり、施設だったり。マラソン大会も、走ることそのもの以外に、色々心配なことや気になることが多いものなのです。
とても気に入ったので、来年もこの大会に出たいと思っています。コースがタフなので、自己ベストは難しいにしても、今年よりいいタイムで走りたいですね。
東北新幹線のヘッドレスト、特に気になりませんでした。普段から自分にピッタリサイズのものがないので、麻痺しているのかもしれません^^;
Posted by tomo at 2012.11.28 13:52 | 編集
こつこつと計画通りこなす様子から、ゴルフをしているときのTomoさんを思い出していました。ドライバーで確実にフェアウェーをとらえて、アイアンでグリーン付近にしっかり運んで、みたいな感じで。

なにもしないと私は自転車で3時間を過ぎたあたりから足のいろんな部分が攣ります。最初攣った時は驚いて、自転車から降りてストレッチとかしてみたのですが、全く効果はありませんでした。攣った部分の筋肉をもんだり叩いたりも効果なし。一番に効果があったのは、「リラックス、リラックス」と頭の中で唱えて、負荷を(ギアを)軽くしてそのまま漕ぎ続けることでした。深呼吸も加えると効果が増します。二番目に効くのは1時間おきにHammer Enrurolytesを飲み続けること。口の中にとりあえず3錠放り込んで、一錠ずつ飲み込む技も習得しました。
今のところはこの2点で足の攣りはほとんど抑え込んでます。
Posted by at 2012.11.28 17:09 | 編集
すみません、名前を書きませんでした。
Posted by KK at 2012.11.28 17:10 | 編集
>KKさん
コメントの内容で、KKさんだとすぐわかります(笑)!
ゴルフのプレースタイルと似てますかね(^^) 性格は変わらないですからー。
足の攣りに関する経験談、ありがとうございます!ランニングの場合だと、ペースを少し落としてストライドを小さくして走る感じでしょうか。
あとはやはり、電解質なのですね。塩熱サプリを持って走っていたので、それを飲めば良かったです。少し厚着だったため、かなり汗をかいたので、Naとか足りなかったのかも。
今度は攣らなくても、定期的に電解質サプリを摂取してみます。
それにしても、自転車とランニングは、何かと共通点が多いものなのですね〜。
Posted by tomo at 2012.11.29 17:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する