2012.12.27

シール剥がし隊

このネタ、以前にも書いたことがあるかもしれません。最近物忘れが激しいので。

今時の工業製品には、PL法の関係なのか、あらゆる警告シールが貼ってある。

私はこのシールが大嫌い。警告シールに限らず、何か買ったら最初にすべてのシールを剥がす。シールを剥がすことに対する情熱と根気は誰にも負けない。絶対無理だと思われた、洗濯機に貼ってあった巨大な警告シールも、何時間もかけてきれいに剥がしたことがある。

去年今のマンションに引っ越して最初にしたことは、とにかく家中のシールを剥がすことだった。キッチンの水栓、ブラインド、ダウンライトの内側、バスルームの乾燥機、窓枠、ガスレンジ、エアコン、とにかくあらゆる所にシールが貼ってある。目に付くものは全部剥がしたが、見えない所に貼ってあるものであきらめたものもいくつかある。

先日買った車の車内にもシールがたくさん貼ってあった。助手席のサンバイザーには表と裏両方に、エアバックに関する警告シールが貼ってある。どっちか1つでいいだろー!!もちろん表のシールを剥がしましたとも。バイザーのネジを外して家に持ち帰り、1時間かけてネバネバシールと格闘。車のナンバーの横に貼ってあったディーラーのシールももちろん剥がさせてもらった。トムの強い希望で、ボディにガラスコーティングを施してもらっているのだから、事前にちゃんと確認してほしい。車の保管場所シールもまだ貼っていないけど、さすがにこれは貼らないと怒られるだろうか。

ところでみなさま、大掃除は終わりましたか?

私は普段からチョコチョコ気付いた所を掃除するようにしているのと、中掃除を春と秋にやっているので、年末はそれほど気合を入れて掃除はしない。それでも、気になっていた所をきれいにしてスッキリ。気持ち良く新年を迎えられそう。

それのしても、新しいマンションというのは掃除が楽にできる。特に水回り。お風呂は素材と換気の関係で、まったくカビが発生しないし、ガスコンロの周りも料理が終わった後、さっと水拭きするだけで油汚れが落ちる。年に2回の換気扇掃除も簡単。大きな板みたいなのを外して拭いて(外側はサラサラ、内側もたいして汚れていない)、フィルターを交換するだけ。私はずっと古い家にばかり好んで住んでいたので、浴室のタイルの壁とか、ベタベタになる換気扇の掃除とか、本当に大変だった。もう古い家には住めないかもしれないと本気で思う。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1205-4dd8b7b7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
シールがついている見た目を気にしたことがありませんでしたが、ずいぶんあちこちについているものなのですね。
私が剥がすのは空き瓶のラベルくらいです。
ガラスにはマニキュアのリムーバーを使ってしまいます。
剥がし隊オススメのきれいにとる方法はありますか?

新しいマンションは、汚れがつきにくくなっているのですね。
羨ましいです。
こちらのアパートも古いので、バスルームやキッチンなど掃除のし甲斐がなくて(笑)。
大掃除は、暖かくなってからしようかなぁ、、、。
Posted by daysofWLA at 2012.12.29 11:47 | 編集
>daysofWLAさん
ガラスのラベルならマニキュアリムーバーできれいに取れますよね。強力な粘着シールや広範囲の場合は、市販のシールはがしのほうが簡単だと思います。
日本人は基本的にきれい好きなので、その需要に合わせてメーカー側も汚れがつきづらく落ちやすい素材などを開発するようです。これも技術の進歩の恩恵のひとつなのですねぇ。
大掃除は春か秋にするのが楽ですよね。窓も開けられないほど寒い季節にしなくても…ねぇ。
Posted by tomo at 2012.12.30 20:56 | 編集
私はドライヤーを使ってシールを剥がしますが(って、シールは剥がすものという前提で書き始めてます。。。)、日本のシールはドライヤーでは剥がれ難いのでしょうか? それとも「市販のシール剥がし」のほうがドライヤーよりも強力なのかな?
Posted by KK at 2013.01.01 14:13 | 編集
>KKさん
KKさんはもちろんシール剥がし隊の一員ですよね。
ドライヤーで温めるのはけっこう根気がいるのですが、素材を選ばない安心感がありますよね。
シール剥がし剤は本当に強力ですが、素材に要注意です。でもたいていのものは大丈夫ですよ。
Posted by tomo at 2013.01.04 14:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する