2013.01.30

わが家のニューフェイス

実はうちには既に新しい猫がいる。

うめこが死んで、また猫を飼おうと思った。有名な里親募集掲示板「いつでも里親募集中」を見ていると、家族を待っている猫がいくらでもいる。私もいい年になってきたので、一生のうちに飼える猫は、もうあと1匹か2匹だ。もともとは福島の猫を引き取るつもりだったけど、今は東京のレスキュー団体も被災地の猫を引き受けているし、色々な生い立ちや事情の猫がいるので、猫の過去のことは気にせず、自分の気に入った猫を選ぶことにした。

お見合いの申し込みをしたが、すでに申し込みが入っている、というのが2回続き(猫は思った以上に回転が早い)、1度は里親会にも参加したけど、ピンと来なかった。

そんな頃、少し前に見た、お餅みたいな猫のことを思い出した。もう4〜5歳の大人の猫で、とても寂しげな瞳をしている。人馴れしていないせいか、レスキューされてから2年以上引き取り手がない猫だ。

お見合い申し込みのメールを送り、アンケートを送り、お見合いの日が決まった。今は里親も選ばれる時代。一人暮らしはダメ、同棲中の人はダメ、60歳以上の世帯はダメなど、基準が厳しい。それだけ、最後まで責任を持って飼わないいい加減な飼い主が多いということだろう。

お見合いの日は1月20日。そう、あんこは亡くなった日だ。相模原まで車で会いに行った。お見合いの後、保護主が新しい飼い主の家に直接お届けというのが原則なのだが(飼育環境などを確認するため)、今回は保護主の事情で、もし気に入ったらそのまま連れて帰って欲しいとのこと。

私が気に入った猫がレスキューされた事情とは、一人暮らしで25匹の猫を飼っていた人が入院し、面倒をみられなくなったというもの。レスキュー団体の人が里親探しをし、残った9匹の猫は、ビルの1室を猫部屋として借り、毎日世話をしに通っているということだった。今は、レスキュー団体は基本的に手を引き、退院した元の飼い主とそのお母様が世話をしている(家ではもう飼えないらしい)。

足を踏み入れた猫部屋は、ある意味猫パラダイスだった。30畳ほどの広い部屋に、たくさんのトイレ、十分なごはん、キャットタワーにこたつが2台。ケージはたくさんあるが、ドアが常に開いていて出入りは自由。人間は1日1回世話に来るだけなので人間好きな猫は寂しいかもしれないが、人間が苦手な猫には何の不自由もないだろう。

正直私は戸惑ったが、猫たちも一生ここにいるわけにはいかないだろう。元の飼い主であるという女性は、猫好きのとてもいい人であった。25匹の多頭飼いというのは大変非常識なことではあるが、悪い人ではないのだ。私が気に入った猫の生い立ちを聞くと、彼女が働いていたスーパーの魚売り場でおこぼれをもらっていた野良猫が産んだ子だという。生後半年くらいで家に連れて帰り、避妊手術をさせたとのこと。

その猫はもうケージに入れられて準備をされ、お見合いとはいえ有無を言わせぬ雰囲気だったので、その場で譲渡契約書を書き、レスキュー団体が入って以降にかかったワクチン代などの実費(10500円)を支払い、猫を連れて帰った。

その猫の名前はたまちゃんと言う。元の飼い主さんが飼い始めてから5年近くその名前だったので、もうそのままたまちゃんでいくことにした。

この写真は、里親募集の時に出ていた写真。

たまちゃん1たまちゃん2

この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1219-618dbe54
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
たまちゃん、初めまして。
なんだかほっこりした気持ちになりました。

全体的に白っぽい感じがお餅みたいですね。
うめこちゃん、あんこちゃんが虹の橋を渡ってしまって、「ニッポンで犬猫と暮らす」のタイトルはこの先どうなるのかなぁ…と余計なことを考えていたところでした。
たまちゃんはこれからtomoさん、トムさんの愛を一身に浴びて幸せな一生を送ることでしょう。よかったね、たまちゃん。
Posted by emmynyaa at 2013.01.31 14:45 | 編集
>emmynyaaさん
たまちゃんです、初めまして(^^)
たまちゃん、もともとの骨格は丸顔ではないと思うのですが、とにかくポッチャリしていて全体的にボヨボヨなので、本当にお餅みたいなのです。まだ全然なついていないのですが、見ているだけで十分癒されています。
一気に寂しくなったうちの中を明るくしてくれる猫の存在ってすごいですね。これからもよろしくお願いします!
Posted by tomo at 2013.01.31 15:04 | 編集
もうこんな写真が撮れるくらい親密になったのかと思ったら募集の写真なのですね。(笑)
ともさん好みの猫がわかってきましたよ。
猫エサは寝室に置いているのね。私だったらベッドに入っても様子が気になってなかなか眠れなそうだわ。幸せな悩みよね。お客さんが来ても隠れない甘猫に育てて下さいね。遊びに行きまーす!
Posted by ゆーこ at 2013.02.01 17:16 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2013.02.03 02:56 | 編集
>ゆーこさん
私の好み、わかりやすいでしょ。
白ベースでしっぽが長く、ポッチャリしたメス猫が好きなのです。顔は典型的な美猫ではなく、ちょっと地味めな感じ(笑)。
私たちがベッドに入ったら途端活発になるので、ほんと面白いです。いつもベッドの中から様子を伺っていますよ。最近は夜、ひとりで激しくボール遊びをしています。可愛いでしょ。でも、昼間はずっと引きこもりです。

>非公開コメントさま
なんででしょう、なんででしょう。たまちゃんの境遇に?
それとも、うめこに対して?
Posted by tomo at 2013.02.03 20:38 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2013.02.05 02:01 | 編集
>非公開コメントさま
それなら良かったです(^^)
私が日本を離れている間に、不幸な犬猫を救うレスキュー団体や個人の方がすごく増えていて驚きました。里親になるための条件もアメリカ並みです。里親になること以外にも、何か私にできることがないかと考えて始めています。
「預かり」とかやってみたいのですが、マンションで飼えるペットは2匹まで…。郊外の大きな家に住んでいたら、10匹くらい預かれるのにー。
Posted by tomo at 2013.02.05 11:21 | 編集
たまちゃん、始めまして。
ちょっとびっくりしましたが(笑)、
こういうのはタイミングだもの。
お餅顔たまちゃんは福を運んできたのね。

これからどういうふうにお顔が変わるか
楽しみですね~。
Posted by bowwow at 2013.02.05 12:47 | 編集
>bowwowさん
びっくりさせてスミマセン。
もともと猫はもう1匹迎えたいな〜と思っていたのです。
まだまだ、ビックリ顔や緊張した表情が多いですが、少しずつリラックスした表情を見せるようになってきました。焦らず、時間をかけて、慣れさせようと思います。
Posted by tomo at 2013.02.05 14:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する