2013.02.09

青梅マラソン試走

1週間後に迫った青梅マラソンの試走に行って来た。うーん、先週の週末に行けば良かったな。青梅が思ったより近いことに気付いたのが昨日だった。

青梅までは車で1時間半かからない。青梅マラソンは、河辺駅近くをスタートして青梅街道をグイグイ上って行って折り返すという30キロのレース。今年で47回を迎える歴史ある大会で、30キロの部は15000人、10キロの部は5000人が走るマンモス大会でもある。

もう1週間前なので、30キロのコースを丸々走るのはちょっと厳しい。スタートから約3キロ地点にある市民会館裏の駐車場に車を置いて、そこから折り返し地点まで往復することにした(24キロ)。

歩道は狭いけど、歩いている人はめったにいない。しかし、同じく試走なのか、次々とランナーとすれ違う。普段走っていて、ランナー同士で挨拶することはあまりないが、ここではすれ違うランナー全員と挨拶を交わした。同じ大会を走るであろう連帯感からか、それとも青梅の空気がそうさせるのか。

このコースの高低差は約85メートル、基本的に折り返しまでは上りで帰りは下りだが、その中でもいくらかのアップダウンがある。平らな所はない。

DSC_0226 (400x300)あまり無理をしない程度のペースで走ったせいか、上りは思っていたより楽に感じた。むしろ下りがきつかった。終わってみれば、一応下りのラップのほうが速いけど、大きくは変わらない。平均5分39秒/キロペースであった。

本番での目標ペースは5分18秒。30キロのレースは初めてなので、フルとハーフの間くらいのペースにしてみた。そしてこれは、4月のかすみがうらマラソンでの目標ペース。青梅はスタート時のロスタイムや混雑で、最初は思うように走れないようなので、難しいかもしれないけれど、なんとか2時間40分を切りたいところ。

アップダウンはきついけど、多摩川の上流とJRの線路に挟まれた青梅街道を走るのは最高に気持ちいい。来週もまた走れるなんて嬉しくてたまらない。折り返し地点にいい雰囲気の温泉もあったので、定期的にここに走りに来たいね、とトムと盛り上がった。

青梅のウェア青梅マラソンは応援がとても多く楽しいらしいので、またジャイアンツのユニフォームで走ることにしました。気温によって野球帽かジャビットのニット帽にします。ジャビットかぶりたいなー。パンツは館山の時とは違い、光沢のあるバルーンパンツ。

試走で、膝や足首の横ぶれによる故障の恐怖を感じたので、持っている中で一番サポート力の高いミズノのタイツとアシックスのシューズにします。

今年は招待選手として、あの柏原くんが走ります!すれ違う時に山の神の走りをしっかり見てきまーす。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1224-76c0323e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2013.02.13 18:57 | 編集
>非公開コメントさま
はーい、頑張ります。気温は低そうですが風はないので、なかなか良いコンディションだと思われます。
Posted by tomo at 2013.02.16 21:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する