2013.02.13

フタをして閉じ込めた気持ち

あんこが使っていた物や買い置きしてあったフード類がやっと片付いた。

フード、ペットシーツ、お尻拭き、フィラリアの薬、フロントラインは、ゆーこさんがボランティアをしている犬猫レスキュー団体へ寄付。フード以外は開封済みのものもあったのにもかかわらず、引き取っていただき感謝、感謝。

通院にために10回ほど使っただけでお役御免になってしまったお気に入りのペットカートは、動物病院に「カート差し上げます」という貼り紙を出させてもらったら、今日希望者から連絡が来て、無事譲り渡すことができた。その方は偶然にも、個人で犬のレスキュー活動をしている方であった。良さそうな方にもらっていただけて良かった〜。

あんこが使っていたたくさんのミニ毛布(ペット用としてホームセンターで安く売られていたものをたくさん買った)、床に敷いていたタイルカーペット、あんこが飲んでいた薬の残りは、あんこが死んだその日のうちにゴミ置場に持って行った。あんこのベッドが置いてあった横の壁に汚れ防止のために貼ってあった発泡スチロールのパネルを外し、家具の角に巻いてあったプチプチを外し、部屋をきれいに掃除して少し模様替えもした。

あんこの気配を消したかった。あんこがいなくなった部屋に違和感を感じなくて済むように、違う部屋にしたかった。

でも今日、あんこの残した物が全部なくなると、なんだかとても悲しくなった。あんこが死んだ後、当日以外は、もう泣くのを止めた。暮れにうめこが死んで以来、私は泣き疲れていた。私は大人げなく激しくしゃくるので、よく過呼吸になる。あんこが長くないのはわかっていたので、それほど悲しくないはずだと思い込もうとした。でもベッドに入ると、隣りにあんこがいないことが寂しく、お風呂に入るとあんこのお尻を洗ったり、あんこにオシッコをさせたことをいつも思い出す。そのたびに涙がポロリ、時には堰を切ったように涙が止まらなくなる。毎日トムが帰宅後に私の顔を見ては「今日も泣いたでしょ」と聞いてくる。私は自分が思っていた以上に、もっとあんこと一緒にいたかったのだなー。あんこの死の直後に気持ちにフタをしてしまったぶん、いつまでたっても少しずつそこから気持ちがこぼれてしまう。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1225-02c54086
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2013.02.15 15:32 | 編集
>非公開コメントさま
コメントを読ませていただいて、なんだか心がほどけていくような感覚がありました。どうもありがとうございます。
股関節ストレッチ、やってみます。私、もともと股関節が硬いので、できるだけストレッチするよう心掛けているのですが、最近やってなかったかも!
Posted by tomo at 2013.02.16 21:44 | 編集
時には激しく感情を出した方が
後々楽だったりしますよね。
今の時代、みんな感情を出さずに暮らしているから
いざ何かあった時にスイッチをオフにするように
感情を出さないようにする人多いと思います。
私自身そうです。
で、時々苦しくなって、コントロールが効かなくなります。
泣ける映画でもあるといいんだけど
自分が「悲しい」と認識してない時に
不意に襲ってくる感情にまごついたりね。

あんこちゃんとうめこちゃんと過ごした時間は長くて
たった数週間や数ヶ月じゃなんともならないんでしょうね。
二匹がいなくなってからもアクティブに動いてる
tomoさん見てると、なんか分かる気がします。

時間薬です。なんとも言えないけど。
そして新顔さんは新しい家族だけど
誰かが誰かの代わりにはなれないのよね。
Posted by bowwow at 2013.02.17 17:13 | 編集
相次いでマラソンに出場、目標と練習でなんとなく忙しく過ごしていても、心の隙間は埋まらないのですね。bowwowさんが言う通り、たまちゃんはうめこ、あんこの代わりにはなれないのかな。今はたぶん生活のペースの変化に慣れていないのもあると思います。悲しみに浸ること、泣くことは決して悪い事ではないですよ。焦らずに新しい生活に馴染んで下さいね。いつも応援しているよ!
Posted by ゆーこ at 2013.02.17 21:05 | 編集
>bowwowさん
私は普段は感情を表に出すほうなのですよ。泣き虫だし怒りんぼだし(^^)
でもなんだか泣き疲れちゃったのですよねぇ。フタをしちゃったほうが、その時は楽だし。
ほんと、時が一番の薬ですね。今までもいつもそうでした。
たまちゃんは猫なので、少しはうめこの代わりになっていますが、あんこの代わりはいません。犬を失った悲しみは犬でしか癒せないのですね…。

>ゆーこさん
いつも応援ありがとう!
忙しくしていても、やっぱりふっとした隙間があるのですよね…。
「猫を失った悲しみは猫で、犬を失った悲しみは犬でしか癒せない」と常々思っていますが、実際たまちゃんはうめこの代わりにはなれても、あんこの代わりにはなれません。犬と猫は全然違うからねぇ。今は、「私こんなに自由でいいの?」という戸惑いさえあります(^^)
Posted by tomo at 2013.02.19 15:10 | 編集
ともさん、また犬飼っちゃう?
ヒロシに言ったらきっと「ともさんちにマニスを預けるか。」と言うことでしょう。
犬は手がかかる分、生活時間の変化が大きいから慣れるのが大変だろうな。。。
Posted by ゆーこ at 2013.02.20 10:02 | 編集
>ゆーこさん
犬はもう絶対飼わないよー(^^) 寂しさと同時に開放感に浸っています。
たまちゃんさえ慣れてくれれば、いつでもマニスを預かりますよー。
Posted by tomo at 2013.02.23 14:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する