2013.04.16

伝統の一戦

4.18@東京ドーム一昨日の日曜日に東京ドーム観戦したばかりなのに、急遽またドームに行くことになってしまった。前日の夕方、会社にいるトムから電話がかかってきて、「チケットをもらったから野球観に行ってきなよ」と突然言われた。先発予告は阪神の能見と巨人の宮國。日本野球界のトップを争うイケメン対決と言ってもよかろう。「もちろん、行く、行く!いいの〜?」と即答。しかしよく話をよく聞くと、チケットをもらえるのは1枚だけで、トムは仕事で遅くなるので行けない、トムの先輩が隣りの席に座る、とのこと。ちょっと微妙な状況だが、せっかくなので有り難くチケットをいただくことにした。

久しぶりの指定席S席だが、平日のナイターのS席には、会社帰りのサラリーマンと、ちょっと地方から出てきた年配の団体客みたいなのがとても多い。ものすごく野球好きというわけではなく、イベントとして野球観戦を楽しむ人が多いので、レプリカユニフォームどころか、巨人ファンの証、オレンジタオルを首にかけている人さえ圧倒的に少なかった。少々居心地が悪い。最近よく利用している安い2階席のほうが、むしろ熱心なファンが多いように思う。

さて、初対面のトムの会社の先輩(かなーり年上)は、1回裏の寺内選手の打席の時に登場した。最初は緊張していたけれど、そこはお互い巨人ファン、巨人選手のナイスプレーに揃って声を上げ、点が入れば自然にハイタッチ。トムが隣りにいるのと、さして変わりなかった。

よく考えると、阪神戦を観に行ったのは初めてだと思うのだが、阪神ファンの勢いには圧倒された。阪神以外が相手の時には、レフトスタンドの半分は巨人応援席として開放されて、ビジターチームの応援団は残り半分だけなのだが、阪神戦に限りレフトスタンドはすべて阪神ファン用。試合開始の6時、まだライトスタンドには空席が目立っていたが、レフトスタンドはすでに阪神ファンできっちり埋まっていた。応援の人数が多いので、当然声も大きい。阪神の選手たちはビジターの時でもいつも心強いだろうね。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1255-cf9203f6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する