2013.04.21

第23回かすみがうらマラソン完走記 その2

スタートしてまもなく、アップダウンがあるが、それほどのものではない。15キロ過ぎにまた少しアップダウンがあり、中間地点の直後に下り坂があるが、その後はフラットという、走りやすいコース。坂の多い、館山、青梅を走った後だと、まったく問題なく思える。

コースの道路上にはあちこち水溜りがあり、できるだけ避けながら走ったけれど、もちろん全部を避けきれるはずもなく、あっという間にシューズはグチョグチョに。ポンチョを着ている体の中心から太腿にかけては少し暑いくらいで、ファイントラック+半袖シャツでちょうど良かった。ただアームウォーマーはすっかり水を含んで冷たくなり、腕がしびれてきた。撥水グローブも全然効果がなく、搾れるほど水を含んでしまったので、途中で外したらそのほうが楽だった。

スタートからしばらくは人が多くて自分のペースで走れなかったけど、道幅がわりと広かったので、参加人数のわりにストレスは少なかった。この大会は日本で3番目のマンモス大会なのだ。走りやすさのわりに、事前に設定したペースよりどうしても少し遅くなってしまう。最近ペースアップして走ることが多かったので、前半抑えられるか心配だったけど、その心配はいらなかったようだ。10Kくらいで左のふくらはぎの下の方が痛くなり、その後両脚とも同じ場所が痛くなった。今まで走っていてこんな所が痛くなったことはないので、なんでだろー?とずっと不思議に思いながら走っていた。

走っているうちに、寒いこととか雨が降っていることはほとんど気にならなくなった。ただ、手がかじかんでいるせいで、アミノ酸パウダーの封を切ることができなかった(事前に大きく切れ目を入れているのに)。ジェルの蓋も開けるのにすごく時間がかかったし、短パンの後ろの腰に付いているファスナー付きポケットに入れていた最後の1個は、ポケットのファスナー自体を開けられず、食べらなかった。痙攣防止の塩熱サプリも1つしか摂れなかった(錠剤の薬のようなパッケージ)。手が冷たいのは我慢できたけど、まさかこんなことになるなんて想像もしていなかった。

ハーフ地点でのタイムは1:54:23。予定より3分も遅い。どこかがすごくしんどいとかではなく、まだまだどこまででも走れそうな感じなのに、なぜかタイムが上がらない。ハーフ直後の200メートルほどの折り返し部分で、トムを発見。「行ける所まで私について行く」と言っていたトム、けっこう頑張ってるじゃん。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1260-6834e6f0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する