2013.07.10

初めまして、パニャです。

新しく猫を家族に迎えました。

生後約3ヶ月で兄弟と一緒に保護され、それから4年5ヶ月の間引き取り手がなく、ずっとシェルターのケージの中で暮らしていたパニャという名前の白三毛です。

たまちゃんを引き取る時にも気になっていた猫なのですが、その時はシェルターに来た経緯や年齢など詳しいことはわからなかったし、おとなしくて人懐っこい猫だということで、私じゃなくてもすぐ里親が見つかるだろうと思ったのです。

パニャは子猫の時の栄養状態(もしくは、野良であろう母猫の健康状態)が悪かったせいか、歯が丈夫ではなく、すでに16本しか残っていません(普通は30本)。食も細いらしく、体重は2.9キロ!

本当におとなしくて、抱っこもできるし、膝に乗せておけばじーっと動きません。ただ体がシェルター臭かったので、うちに来た当日シャンプーしようとしたら、暴れまくりで無理でした。命の危険を感じて全身で抵抗したのでしょう。いつかもっと環境に慣れて落ち着いたら再チャレンジします。

fc2blog_20130710105010d9b.jpgfc2blog_20130710105029828.jpg


fc2blog_2013071010494723b.jpgfc2blog_2013071010512446d.jpg


狭いケージで長く暮らしていたせいか、突然広い空間に放たれて落ち着かないようです。丸1日排泄しなかったし、ごはんを食べたのは3日目の今日です。

たまちゃんにそっくりですが、パニャは鼻の右横に茶色いブチがあります。背中のブチも1つだけなので、後ろから見て黒い部分の面積が大きいのがたまちゃんです。あとは決定的に、体の大きさが違います(たまちゃんは5.5キロ)。パニャもたまちゃんと同じく、しっぽをめくると裏側が茶色です。

上の4枚の写真のうち、右下の1枚だけがたまちゃんです。しっぽの裏側、けっこう茶色いでしょう?

たまちゃんをパニャに初めて会わせた時はこんな感じでした。

fc2blog_20130710105208212.jpgfc2blog_201307101052293df.jpg


fc2blog_20130710105249e00.jpgfc2blog_201307101053031bf.jpg


抜き足差し足でパニャに近付き、背中の辺りを匂って1回シャーッと言った後、また抜き足差し足でそっと離れていきました。その間パニャは、微動だにせず、目も合わさず。初対面の猫としては、お互い大人の対応です。夜中私たちが寝ている時に、接近してウーと小さい声でうなっていることはありますが、喧嘩もしないし、今のところ悪くない感じだと思います。ほぼ同い年だし、いつか猫団子を見られる日が来るといいな。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1288-ba6f0831
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
たまちゃんがそばにいる写真を見るとパニャちゃんは子猫のように小さいですね。新しい環境に慣れて、安心して暮らせるといいですね。

「猫団子」は多頭飼いの憧れですね。うちでは13年かかっても「猫縦列駐車」ぐらいが精一杯で猫団子にはなってくれませんが、見た目がなんとなく似ているたまちゃん、パニャちゃんなら大丈夫かな。二猫さんの猫団子が見られるのを楽しみにしています。
Posted by emmynyaa at 2013.07.10 16:00 | 編集
>emmynaaさん
日本滞在、存分に楽しまれたようで何よりです。八天堂のクリームパンは、日比谷線の秋葉原駅にも売っていて、いつも甘い香りが漂っていますよ(^^)
たまちゃんとパニャは模様が似ていることもあって、まるで母娘のようです。たまちゃんが積極的に近寄っていくのですが、パニャがウーッと低い声で唸って拒否します。猫団子、いや猫縦列駐車で充分なので、お互いを受け入れて、良い同居人になってくれたらいいですねー。同性で年が近いというのは、なかなか難しいかな。
Posted by tomo at 2013.07.12 13:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する