2013.08.20

暑いと思ったら。

ぎゃあー。

走って帰ってきたら、パニャがベッドの上で激しくゲロっていました。シーツ、ガーゼケット、ベッドパットを順番に洗濯し、めったに使わないベランダとお風呂場に分けて干してます。もう他に干す所がないので、私の汗でグチョグチョのランニングウェアはまだ洗えてませんー(泣)。

たまちゃんはまったく吐かない猫なので、こんなの久しぶり。パニャもうちに来て初めてです。うめこもめったに吐かない猫だから楽だったな~。

お盆前から東京は猛暑日が続いていました。適度に運動し、睡眠もしっかり、夏バテには無縁な感じでしたが、数日前にちょっと体調が良くない時期がありました。

エアコンの効いた部屋にいても暑くて暑くてたまらない。エアコン壊れてるんかいなー、私の暑がりもひどいもんだな、とやり過ごしていました。夜寝る時もエアコンつけっぱなしで、アイスノンを頭の下に敷いているのに汗だくで、さすがにおかしいと思って熱を計ったら、けっこうな高熱でした。

朝はわりあい大丈夫なのですが、毎日午後になると熱が出るのですよ。暑い時に外を走っているからだとトムに言われましたが、走らない日も同じです。冷えピタを首の後ろに貼ってもすぐ生暖かくなっちゃいます。

これだけ暑い日が続くと、私だけじゃなくみんな体温が高くなってるのではないでしょうかね。みなさんもね、ただ暑いと思っていたら、自分の熱かもしれませんから、気を付けてくださいねー。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1300-dd791c13
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
暑いと体調管理が難しいですね。湿度が高いと、「水分をとって、発汗して、汗が気化する時に体温を下げる」という体のシステムが、うまく機能しなくなってしまうのかもしれません。どうぞお大事に。

うちの猫は2匹ともよく吐きます。うちでは「地雷」と呼んでいますが、日が暮れてから家に帰って来た時や夜お手洗いに行く時に地雷を踏んで、脱力してしまうことがよくあります。えみちゃんは絨毯ではないところに吐くお利口さん、にゃあちゃんはちょっとずつ場所を変えながら吐く悪いヤツです。
Posted by emmynyaa at 2013.08.20 15:05 | 編集
上のコメントに書けばよかったのですが、カーペットの上の地雷は、マイクロファイバー製の雑巾を固く絞ってこすると、きれいになります。(うちでは、マイクロファイバーのdish clothを使っています)一年ほど前に、にゃあ王子が何を食べても吐いてしまう時期があり、その時に発見しました。フローリングの床なら掃除が楽なんですけどね…。
Posted by emmynyaa at 2013.08.21 01:40 | 編集
>emmynyaaさん
日本の湿度には本当に参ります。カラカラのサンディエゴ生活を経験して、温度が高いことが不快なのではなく、湿度で体がやられるんだということがよくわかりました。
2匹とも吐き猫だとなかなか大変ですね。でもえみちゃんはエライ!うちはほとんどフローリングで、気になるのが布団とラグマットだけですが、それでもなぜかラグマット率が高いです。そんな時にはマイクロファイバーですねっ。たしかに繊維の汚れを絡め取ってくれそう(^^) アメリカにいた時にはOXYなんちゃらという洗剤を使っていましたが、日本では売ってないので困っていました。次回の粗相で試してみます。
昨日、猫草を食べ過ぎたパニャが直後に吐いたのですが、お腹の逆流が始まる前に「ふにゃあ、ふにゃあ」と力無い声で鳴いて異変を知らせてくれたので、事なきを得ました。
Posted by tomo at 2013.08.22 13:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する