2013.11.03

第1回銚子半島ハーフマラソン

日本シリーズでジャイアンツが3勝3敗のタイに持ち込み、いよいよ決戦という日に、銚子市制施行80周年記念というハーフマラソンの大会に参加してきた。当初は電車で行く予定だったが、東京駅からは始発でも間に合わないことがわかったので車で行くことにした。銚子は高速のインターから遠いので、うちからだと2時間半近くかかる。駐車場に入るのにも渋滞があるんじゃないか、駐車場からのシャトルバスにだってすぐ乗れるかわからない、と心配性の私は念のため3時起きし、6時過ぎには無事駐車場に着いた。

駐車場から20分ほどシャトルバスに乗り、やっと会場に到着。ゼッケンを受け取り、更衣室となっている体育館で着替え、荷物を預けて準備終了。スタートまで時間があったせいか、トイレもほとんど並ばずに済んだ。スタートまで1時間余り、寒かったのでトムと腕を組んで会場内を早歩き。傍目には、中年仲良しカップルに見えたことだろう。

スタートエリアに並んで、あと3分ほどで号砲が鳴るという時に、急にスタートを10分遅らせるというアナウンスが流れた。お腹がゴロゴロしていた私はこれ幸いとばかりに再度トイレに行き、すっきりした気分でスタートすることができた。

今回は、キロ5分10秒のペースでスタートして、できたら後半上げていく作戦。銚子マリーナをスタートし、漁港や犬吠埼、君ヶ浜しおさい公園や海水浴場を経て市街地に入り、折り返すという、期待どおり変化に富んだコース。アップダウンが激しく、完全に平らな部分という所はあまりなかった。きついけど、とにかく走っていて楽しい。スタート直後から混雑もなく快適。

沿道の応援も多い。ジャイアンツのユニフォームのおかげで、「ジャイアンツがんばれー!」「テラウチー!」「ジャイアンツ優勝だー!」といつも以上にたくさんの声援をいただいた。銚子はジャイアンツファンが多いだろうという予想は当たっていたね。緩い上り坂をうつむき加減で走っている時に「テラウチ〜!」と大声で呼ばれたので顔を上げたら、阿部ちゃんユニフォームで走る若い男性だった。

中間地点でのタイムはちょうど54分でまずまず。折り返し後、しばらくしてトムとすれ違った。400メートルくらい後ろを走っている感じだろうか。走る前はすっかり弱気で、2時間切れればいいやと言っていたわりに頑張っているではないか。

ずっと息が切れてゼーゼーハーハー、17キロくらいからはついに脚が上がらなくなってきた。きついよー、もしかしたら100キロマラソンよりきついかもー、なんて思っているうちにやっとゴールゲートが見えてきた。横にずっと並んで走っている人の気配があって、早く抜かしてくれないかなーと顔を見たら、まさかのトム!思わず「マジーっ!?」と絶叫してしまった。最後400メートルは、「1時間50分切れるかなぁ」「大丈夫、大丈夫」とお互い励ましあいながら一緒にゴール。ネットタイムは1時間49分43秒で、目標をギリギリ達成。

ゴール後のスポーツドリンクの受け取り、完走証の発行まではスムーズだったけど、お目当ての炭火焼きサンマは長蛇の列。先にゴールした10キロの部の人もいるだろうしねぇ。今朝水揚げされたばかりというサンマはすっごく美味しそうだったけど、並ぶのが嫌いな私たちは、さっさとあきらめて帰りました。

コースはきついけど、来年も走りたいな。本当はもっとゆっくり走って景色を楽しみたい。ちょっと遠いけど、ドライブがてら練習で走りに行こうかな。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1319-1fd9923a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
炭火焼さんま…なんだか響きがおいしそうです。(※あたしはお魚苦手なので食べられませんが^^;)

みんな、さんまのあの匂いに引き寄せられてしまったのかしら?行列なのも納得です(笑)
Posted by がら at 2013.11.07 10:18 | 編集
>がらさん
炭火焼きさんま、ものすごーく美味しそうでした。がらさん、お魚苦手なのでしたっけ?さんま、美味しいのにー(^^)
Posted by tomo at 2013.11.08 15:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する