2014.03.10

人間ドックの結果

先月半ば頃に受けた人間ドックの結果が送られてきた。

血液検査の結果はC判定で、本当に貧血だった。予想していたのに、けっこうびっくり。生まれて初めて、ヘモグロビンの数値が基準を下回ったのだ。低血圧だったり、腕の血管が細くて採血しづらいと言われるけれど、貧血だったことはない。ヘモグロビンの数値が下がっているということは、貯蔵鉄はほぼ空っぽな状態らしい。

前々回のエントリーで、ランニングの調子が上がらない原因がわかってちょっと元気になってきた、と書いたが、現実を突きつけられると逆に落ち込む。だって、貧血がレースまでの2週間そこらで治るわけないのだ。検査を受けた時はまだ、なんとなく調子が悪いなと感じ始めた頃で、それ以降もずっときつい練習を続けてしまったので、もっと数値は下がっているかもしれない。体が重い時にあえてハードな練習をすることでマラソンの後半で粘れる体が作れると信じて、必死に頑張ってきたことが仇となってしまった。

今できることは、激しい運動を控えること。これはちょうどレース前の疲労抜きの時期なので、大丈夫。あとはひたすら鉄を摂取すること。嫌いなレバー、かつおやマグロで吸収率の高い動物性の鉄を摂り、納豆、ひじきも毎日食べる。ヘム鉄のサプリや鉄分が含まれるというヨーグルト飲料も飲む。鉄分を大量に摂取すると副作用もあるらしいが、これくらいなら平気だろう。ちゃんと鉄の吸収に必要なビタミンやタンパク質もたくさん摂っています。おかげですっかり過食気味。体重増えそうだなー。

下の写真のカード&コインケースは、1年くらい前から私が愛用しているランニング用のもの。表はファスナー付き小銭入れと、キーホルダー、ミニポケット、裏にはファスナー付きのカード入れ(仕切り付き)。走る時に、家の鍵とコイン数枚とPASMOとクレジットカードを持って行きたい私にピッタリ。CHUMSというアメリカのアウトドア系ブランドです。このケースは自転車乗りの皆様にも人気があるそうです。

fc2blog_2014031020103707a.jpgfc2blog_20140310201048036.jpg

この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1349-0bbe33ea
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
貧血の数値はちょっと悪かったのですね。
知り合いの旦那さん(白人)は鉄過剰症で鉄鍋が使えなくなったと聞いたことがあるので、tomoさんは逆に使うことで普段から少しずつ摂取できるかもしれません。
まずは次のレースまでに少しでも回復しますように。

昨日初めてマラソンを見に行きました。tomoさんみたいにあらかじめウェアを見せてもらえると、探すのに便利だというのがよくわかりました^ ^。
Posted by daysofWLA at 2014.03.11 07:38 | 編集
>daysofWLAさん
鉄鍋ってすごく鉄を採れるみたいなのです。どこかの種族は鉄鍋で煮込んだものばかりを食べているせいで、鉄過剰症の人の割合が断然高いとか。
鉄のフライパンは数年前に処分しちゃったのですが、ちょうどやかんを買おうと思っているので、南部鉄瓶にしようと思います。
大規模マラソンでランナーを探すのは本当に大変ですよね〜。あらかじめランナーに、応援している場所を知らせておくのが一番ですが、やっぱり目立つ物を身に付けてもらいたいところですよね(^^)
Posted by tomo at 2014.03.11 22:17 | 編集
お久しぶりです。
万年貧血っ子(←子じゃないけど)の私は
玄米がダメだと言われつつも
玄米大好きなのでやめられません。
レバーは調理が面倒だし
鉄分サプリは臭いので嫌いなので
鉄鍋重宝しています。
でもうちの鉄瓶は超!重い、、、。

今の仕事、Brooksを扱ってるんですが
知ってます?
講習行ったらマラソン人口多くて
びっくりしました。
Posted by bowwow at 2014.03.21 20:01 | 編集
>bowwowさん
そうそう、玄米って鉄分の吸収を妨げるものが含まれているのですよね。でも私も玄米食べてます。トータルで考えたらやっぱり玄米のほうがいいだろう、ということで。
鉄鍋使ってるのですね。それだけでもかなり鉄分とれていそうですね。鉄瓶も重いし熱いし、扱いづらいです^^;
ブルックス、日本ではわりとマイナーですが、アメリカでは人気ありますよね。日本でも以前に比べると、ブルックスのランウェアやシューズを見るようになりました。
Posted by tomo at 2014.03.21 20:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する