2014.05.15

毛との闘い

なんだかすっかり初夏の陽気。ベッドルームが狭くて東に窓があるので、毎朝明るさと暑さで目が覚める。うちの羽毛布団は、合い掛け布団と肌掛け布団の2枚セットで、冬にはその2枚を重ねて使うようになっている。3月の終わりから合い掛け1枚で寝ていたけれど、それでも暑くて昨日から肌掛け1枚になった。

今、うちの中は、私の人生で最高の毛だらけ状態だ。いや、実際にはそんなはずはない。過去には犬2、猫3が家にいたこともあるわけだから、猫2の今が最高のはずはないのだ。

しかし、目で見える抜け毛という意味では、ダントツで過去最高。黒に近いダークブラウンのフローリング床。同じくダークブラウンの家具。ほぼ白猫2匹。日当たりの良い部屋。もう、白い抜け毛が目立つこと、目立つこと。今まで色々な床の家に住んできた。畳、薄いベージュのカーペット、明るい色のフローリング、ミディアムカラーのフローリング。初めての持ち家で、やっと念願のダークブラウンのフローリングを手に入れたが、今まで、床の抜け毛が目立たなかっただけだいうことがよーくわかった。

目立たないということは、毛が落ちていないということとほぼイコールだ。神経質なトムも、抜け毛に言及することはあまりなかった。私も1日に1回掃除機をかけるだけで、すっかりきれいになった気がしていた。あぁ、あの頃が懐かしい。

白猫には明るい色の床や家具、黒猫にはうちのようなダークな色の床や家具、無難なのはどんな色の毛もそこそこカムフラージュするミディアムカラーのインテリアだろう。

私は白猫が好きで、ダークな色の床が好き。どっちも譲れないので、一生闘っていくのだな。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1365-0d63f80e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する