2014.09.18

食器の更新

最近食器類の見直しを行っている。私は結婚と同時にアメリカに行ったので、今持っている食器はほとんどアメリカで必要に応じて買い足してきたもの。当然、ほとんど洋食器だ。当時はそれなりに考えて買ったつもりだが、10年経って多少好みも変わった。

だいたい、私が作る和食中心のメニューに白いシンプルな洋食器など合うはずがないのだ。正直なところ、もう洋食器は1枚もいらないとさえ思う。

まず和食器は5組セットで揃えるものという固定観念は捨てることにした。いいじゃないの、1枚でも2枚でも3枚でも。人が来た時は違う種類を組み合わせればよい。5枚持っていても、どうせいつも上の2枚しか使っていない。

まずは大好きな砥部焼から、楕円形で深さのある中皿とやや深さのある大皿を2枚ずつ買ってみた。どちらもうちではとっても使用頻度が高そうなタイプ。


湯呑みと急須も更新。今まではトムが結婚前に誰かから引き出物でもらったという湯呑みセットがあったけど、好みではなかった。家ではあまりお茶を飲まないのでそんなには使わないけど、そろそろ気に入ったものが欲しい。10年我慢したのでもういいでしょう。昔の旅館や食堂にあったようなレトロな水玉模様。復刻されて11年経っているそうです。見ているだけでほっこりする懐かしいデザイン。

ガラスの小鉢も超レトロ。これは私と年齢が同じというロングセラー品、硝子会社の東京支社もうちの近所という縁のある器。私が子供の頃、これと同じものかよく似たものが実家にあって、柿とか梨とかカキ氷を入れるのに使っていた。懐かしい。

食器といえば、うちは大皿で出して各自が好きなだけ取って食べるスタイルではなく、最初から2人分に分けてプレイスマットにお皿を並べる定食屋スタイルだ。実家がそうだったからというのが1番の理由(うちは両親とも家ではお酒を飲まない)。大きくなってよその家でごはんをいただく機会が増えて、大皿取り分け形式を知った時にはちょっとしたカルチャーショックだった。でも取り分け形式だとどうしても好きなものばかり食べちゃうし、自分が全部でどれくらいの量を食べたか分かりづらいので、普段家族でごはんを食べる時には定食屋スタイルも悪くないんじゃないかと思う。洗い物は増えちゃうけどね。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1393-7bbdb396
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2014.09.18 18:35 | 編集
>非公開コメントさま
ガラスの器、これ(http://www.d-department.com/shop/item_detail/6521298268344254/)なんだけど、たぶんそうだよねぇ。持った時の丸い窪みの感じが懐かしいです。
Posted by tomo at 2014.09.22 15:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する