2016.07.31

羊のドリーさん

エディンバラにあるスコットランド国立博物館が大好きだ。何といっても入場料が無料。広い館内は見所満載。生物の進化を表す動物の剥製や、宇宙やら化石のコーナーやら、世界の文化やら、守備範囲はとても広いが、私が1番好きなのはちょっと地味めなスコットランドの歴史のコーナー。

すでにひとりで何回も足を運んでいるが、今回トムと一緒に訪れたのは、ドリーさんに会うため。世界初の哺乳類のクローン生物である羊のドリーさんの剥製の展示が再開されたのだ。ここ2年ほど館内改装のためお休みしていたドリーさんは7月8日に戻って来た。

てっきり、生物の進化のコーナーにいるものだと思い込んでいたが、ドリーさんは車や機織り機に混じってテクノロジーのコーナーにいた。

fc2blog_201608070608126da.jpgガラスケースごと、クルクル回り続けるドリーさん。足元にはリアルな干し草。


ドリーさんは1996年から2003年まで生きていた。そして2007年にドリーさんの誕生に使われたのと同じ乳腺細胞から作られた4頭のクローン羊は無事9歳を迎えたと、最近テレビのニュースで見た。ドリーさんの一卵性姉妹たちは長生きできるといいね。ドリーさんが自然交配で出産したボニーちゃんはその後どうなったのか気になるけれど、なぜか情報が見つからない。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1542-24e4af30
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ドリーさん!!
当時が凄く話題になりましたね。
剥製になっているとは知りませんでした。

どうしても「ドリー」と聞くと、BUCK-TICKの「細胞具ドリー:ソラミミ:PHANTOM」という曲を思い出します。
歌詞の中に♪ドリーが一匹ドリーが二匹…ドリーが三匹ドリーが四匹 という言葉が何度か出てくるのです。
Posted by がら at 2016.08.08 12:34 | 編集
>がらさん
そうそう、昔すごく話題になりましたよね。やはり、哺乳類初のクローンというのは色々な意味で衝撃的でした。
歌詞のドリーが、羊を象徴しているみたいですね。羊といえばメリーさんという気もしますが、ある種の人たちにとっては、羊といえばドリーさんなのかもしれません。
Posted by tomo at 2016.08.10 01:32 | 編集
羊と言ったら絶対ドリーの種に属しておりますサイモンです。そうでしたか、ドリーさんは2年間も展示さいれていなかったのですね。仕事でGlasgowへ行った後Edinbrughまで電車に乗りドリーさんに会いに行ったのが2年くらい前の様だったら気がしたのですがパスポートみたらなんと2007年の事!一体どうして年を取ると時間の感覚無くなってしまうのですかねー。しかもこのエントリーのおかげでパスポート後5カ月程で切れてしまう事に気がつきました。御礼申し上げます!
Posted by Simon at 2016.08.10 12:52 | 編集
>Simonさん
サイモンさんはもしやリケジョでいらっしゃいますか?
グラスゴーの出張のついでにわざわざドリーさんに会いに来るとは!
私、基本的に動物の剥製は怖くて直視出来ないのですが、ドリーさんは平気でした。優しい顔をしていましたね。
私も年を重ねると共に、時間が経つ感覚がよくわからなくなりました。何というか、時が経つのは早いですねぇ(笑)。
このエントリーがお役に立てて良かったです。パスポートも毎回いつにまにか切れてしまいますよね。
Posted by tomo at 2016.08.12 01:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する