2017.01.20

エディンバラで初の抗体価検査

4年前の今日、たまちゃんがうちにやって来た。その日を誕生日に決め、今日で推定9歳。9歳といえばうめこが亡くなった歳で、もうけっこうおばちゃんだけど、まだまだたまちゃんとは長く一緒にいたい。太り過ぎに注意してなんとか長生きしてほしい。

そんな記念すべき日に、狂犬病の抗体価検査のために動物病院に行って来た。混合ワクチンの有効期限は来月いっぱいだけど、何度も来るのは嫌だろうと思い、3種混合ワクチンも一緒にお願いした。混合ワクチンはインドアキャットには必要ないと言われたが、万が一急にペットホテルに預けることがあるかもしれないので一応接種してもらった。

今回の獣医さんはかなり年配の女性。前回担当の方がちゃんと引きついておいてくれたので、日本の検疫手続きの説明も楽だった。平日なら看護士さんがいると言っていたが、なぜか今日もそれらしき姿はなく。でも特に問題なく、すべての処置が終わった。

先日の狂犬病予防接種は1匹54ポンド(7500円くらい)と高め。抗体価検査は1匹70ポンド(10000円くらい)で、アメリカでの115ドルとあまり変わらない。結果が基準値を超えていれば、180日間の待機期間を経て、日本へ帰国することができる。今のところ予定はないけれど、これでひと安心。

猫たちも特に体調を崩したりしなければ、1年間は動物病院に行かなくてよい。

去年までの混合ワクチンでは、パニャが接種後に毎回具合が悪くなっていたが、今回は帰宅した途端、おやつやごはんをモリモリ食べていた。ワクチンの種類によって相性があるのかな。とにかく良かった良かった。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1604-5acfea89
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する